政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】号外:『中日新聞』中濃版に宮田久司さんの活動が紹介されました。

2012/02/05


 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 一新塾第12期・22期「名古屋」地域科卒塾生の宮田久司さんは、
震災直後から宮城県東松島市に入り、被災地支援に取り組まれてきました。
昨年11月には美濃加茂市役所を退職し、独立。引き続き、被災地支援の
活動に尽力されています。
このたび、宮田久司さんの取り組みが、1月29日の『中日新聞』中濃版
にて紹介をされました。

---------------------------------------------------------------------
2012年1月29日『中日新聞』中濃版より

■東日本大震災から10ヵ月「中濃からの被災地支援」
 熱意で続く多彩な活動

 東日本大震災から十カ月がたった今も、全国の個人や団体が被災地の支援
活動を続けている。さまざまな手法で思いを届けている中濃地域の人たちの
活動を追った。

 昨年十一月に美濃加茂市役所を退職した宮田久司さん(二九)=可児市=は、
年末年始の十二日間、宮城県東松島市の仮設住宅の集会所に寝泊まりしながら、
住民有志の観光構想「小野駅前郷プロジェクト(PJ)」をまとめる手伝いを
した。

 宮田さんは東松島市の避難所で炊き出しなどのボランティアを経験し、住民
らと知り合った。市内には景勝地や海水浴場として知られる奥松島があり、
観光と地域づくりを両立している白川郷をヒントに構想を練った。行政で観光
振興に関わった経験も生かし、観光案内所やツアーガイド、観光マップ作りを
進め、仮設住宅から奥松島を全国に発信する計画を形にした。

 今月十三日には地元ボランティア「RQ被災地女性支援センター」や学生団
体「みまもり隊」の協力で、特産品開発に向けた料理教室も行われた。宮田さん
は「あくまで主体は住民。そこに応援者が少しずつ手助けすることで、復興に
つながる」と話す。(以下略)

★写真入りの新聞記事はこちらのブログでご覧いただけます
 →http://onoekimae.exblog.jp/14586231/
----------------------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。