政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】号外:笹本貴之さんプロデュースの映画『サウダーヂ』

2012/02/02

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 一新塾第6期生で地元の山梨をフィールドに地域活性化の取り組みに
邁進されている笹本貴之さん。笹本さんが手がけ、昨年11月開催で4回目
を数える「ワインツーリズムやまなし」は、全国から延べ3,500名の方々が
参加される大きなムーブメントとなっています。
 また笹本さんは、昨年6月には「笹本環境オフィス株式会社」を設立。
社会起業家としても地域の環境・衛生・エネルギーの課題解決にチャレンジ
されています。

 さらに笹本さんは、昨年、エグゼクティブ・プロデューサーとして
映画『サウダーヂ』をプロデュースされました。映画『サウダーヂ』は、
フランスの「ナント三大陸映画祭」でグランプリ「金の気球賞」を受賞
するなど、国内外の映画賞を多数受賞されました。

公式ホームページに現在上映中の映画館情報が掲載されています。
お近くで上映がある方は、ぜひ、ご覧になってみてください。

●映画『サウダーヂ』ホームページ
 → http://www.saudade-movie.com/

【作品紹介】

土方、移民、HIPHOP 『この街で一体何が起きている?!』

  不況と空洞化が叫ばれて久しい地方都市。“中心”街。シャッター通り、
ゴーストタウン。それがアジアNO1の経済大国と呼ばれた日本の地方都市の
現状である。しかし街から人がいなくなったわけではない。崩壊寸前の土木
建築業、日系ブラジル人、タイ人をはじめとするアジア人、移民労働者たち。
そこには過酷な状況のもとで懸命に生きている剥き出しの“生”の姿があった。

 街そのものをテーマに、実際にそこで生活している人々をキャスティングして
つくられたこの作品には、これまで日本映画ではあまり描かれる事の無かった
移民たちの姿が描かれている。特に100年前に日本からブラジルに渡った日本人
の子孫たちのコミニティは国内において大きな規模を成している。移民の問題
は世界的な課題であり、そこでは差別や経済格差、文化間の衝突は避けられない。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。