政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第469号:『伊良部島つかさ応援プロジェクト』

2011/12/19


 ■ 塾生活動レポート
          『伊良部島つかさ応援プロジェクト』

                     一新塾第27期本科 橋本弥生

 ■ 一新塾本の最新刊『「根っこ力」が社会を変える』のお知らせ
  http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 沖縄本島から南西に約300km、東京から約2000kmに位置する宮古諸島の一つ
 伊良部島。この島に魅せられて、この島の問題に直面することで「何か力に
 なれないだろうか?」と東京で「伊良部島つかさ応援プロジェクト」を立ち
 上げた27期本科の橋本弥生さん。橋本さんの情熱に、それまで伊良部島とは
 縁のなかった賛同者が同志として集い、何度も現場に足を運びながらプロジェ
 クトを展開中です。
 このたび、橋本さんよりメッセージをいただきました。ぜひ、皆さんも橋本さん
 の熱き志、そして、日本人が忘れかけている大切なものに触れてみてください。

■■■■■□──────────────────────────────
■■■■  塾生活動レポート
■■■        
■■         『伊良部島つかさ応援プロジェクト』
■■■           
■■■■                      一新塾第27期本科
■■■■■□                         橋本 弥生


  先月、11月6日(日曜)は一新塾の卒塾式でした。
  一年前は、理事や塾生の前に立って、プレゼンすることになるとは思っても
 いませんでした。しかし、入塾後、チームメイトと出会い、みんなから叱咤激励
 され、「伊良部島つかさ応援プロジェクト」はスタート地点に立つことができ
 ました。この場を借りて感謝したいと思います。どうもありがとうございます!


●伊良部島との出会い

  何故、私のような全くのよそ者が遠い島の問題に関わることになったかという
 と、ひょんなことから伊良部島の「つかさ」の問題を知ってしまったからです。

  そもそも初めて行ったきっかけは、2008年夏、日本経済がこんな時に、
 海外旅行をする気にならなかったからです。スノーケルが大好きな私は、透明
 度が高いと言われる沖縄の離島を選びました。白い砂、透き通ったような青い海、
 波打ち際からすぐの所から色とりどりの熱帯魚泳ぎまわっており、食べ物も力強
 く、空気はおいしく、正直いって期待以上でした。貴重な一週間休暇なのに、
 2回3回と、迷わず宮古に行こうとしている自分に、ふと、なんでこんなに素晴
 らしいのだろう?と思い、色々調べてみると、伊良部島全体がほぼ聖地だという
 ことがわかりました。


●何か日本の為に貢献したい!

  私は、外資系金融機関に勤めているのですが、ひとつのもの(お金)を奪い合
 うゼロサムゲームの1プレーヤーだけでいることに疑問を感じ、何か日本の為に
 貢献したい!と思っていました。 その神高い宮古諸島でなら、的確な人生の
 アドバイスをもらえるのではないか、と思っていたら、ちょうどそういう力を
 持った人と出会えたので、相談すると、逆に次のようなつかさの問題を相談され
 ることになりました。


●御嶽(うたき)存続の危機!

  沖縄県宮古諸島では、「御嶽(うたき)」といって、本土でいう神社のような
 場所、祖先神を祀る場で、地域の祭事の中心施設があります。ここで神事を行う
 「つかさ」という役割の人達がいて、島の中にある聖地(パワースポット)や、
 「御獄」を守っています。

  ただ、つかさの役割は、厳しい制約や、長時間の拘束などがあり、かなりの負担
 が本人・家族にかかります。 例えば、髪を3年切ってはいけないとか、島を3年出
 ては行けない(親類に不幸があってもダメ)とか、5日間御嶽にこもりっぱなしで
 なくてはならない神事もあります。一方、補助費といえば年間にたった10万円ほど
 で、神事に必要なお線香やお神酒を購入して終わってしまいます(逆に足りないくらい!)。

  こうして、徐々に後継者になる人が減ってきて、地域によっては神事ができなく
 なって、閉じてしまった御嶽もあるそうです。 いったん閉じてしまうと、掘り起
 こしから始めなくてはならないので、今以上に大変な作業になってしまいます。 


●日本人が忘れかけている大切なもの

  自分の生活もままならないのに、地域の為に奉仕している「つかさ」は、地域
 の「和を尊び」「自然に感謝する」心を守り続けています。 私は、「つかさ」
 の文化は、日本人が忘れかけている大切なものだと思っています。 宮古諸島
 全体で、つかさを支える雰囲気が島民の中でできており、つかさも精神的・経済
 的に満足し、後継者不足の問題が無くなれば、「つかさに選ばれると、生活が
 苦しくなって大変だ」という現実から、「つかさに選ばれても、生活が成り立っ
 ており、その上幸せだ」ということになります。


●よそ者に何ができるのか?

  では、よそ者の自分達に一体何ができるのか? プロジェクトは「まず現場、
 現場第一!」という一新塾のポリシーのもと、とにかくみんなで現場に行きました。
 現場では、御嶽と聖地の視察、つかさとの対談、そして、チームから御嶽でお線香
 をあげさせていただく機会をもつこともできました。宮古島が初めてのメンバー
 の一人が、「確かに宮古島はバカンスでくるところじゃないですね」という感想
 をもらしていたのが、(一回目の自分と比べても)すごく印象的でした。 

  あくまでも、我々は応援という後方支援に徹しようということが3回の視察
 をとおして導き出したことだったので、解決策を、島内と全国での「情報」の
 共有と、現地での「組合」の結成の提案にしました。 


●つかさを始め、地域の人々、観光客、全国の人々がみんなハッピーに!

  情報の共有では、島民サイド向けに、伊良部島の素晴らしさを、外部の声を
 通じて伝えることと、つかさの大切さを呼び掛けることを、ラジオや新聞、HP
 ブログを通じて伝えていくことです。首都圏サイド向けには、自分自身、宮古
 諸島が聖地だとは知らなかったこともあったので、つかさがマナーを知らない
 観光客に困っていると聞いた時、彼らは「マナーを知らない」のではなく、
 ただ「そういった情報がない」とわかっていたので、情報を載せたHP・ブログ
 を作成することにしました。
 ◆ホームページ: http://irabujima3.jimdo.com/    
 ◆ブログ   : http://d.hatena.ne.jp/irabujima/

  組合の結成は、来年度の目標なのですが、全国につかさ応援の会員を募って
 会費を集め、年に1−2回伊良部の品物を送り、残りをつかさに寄付する、
 という仕組みです。 とりまとめは地元の人達でやって頂きます。

  このように、つかさを始め、地域の人々、観光客、全国の人々がみんなハッピー
 になれればいいなと、夢を抱いております。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

        一新塾本・最新刊 2011年5月出版 

タイトル:「『根っこ力」が社会を変える 〜志と共に市民の時代を生きる〜』

   編:NPO法人一新塾 
 出版社:ぎょうせい 
  定価:1600円(1524円+税)

※この本の印税は「被災地復興の義援金・支援金」にあてられます。

 誰もが志を生きられるフレームワーク『6つの箱』を開発しましたので、
 その方法論をお伝えさせていただきます。
『6つの箱』を回して、根っこを掘り下げ、志を生きている社会変革の先駆者
 の方々のロールモデルも紹介していますので、ご参考にしていただくことで、
 あなたの中にある、かけがえのない可能性が引き出されることになるでしょう。
 ぜひとも、“あなたが志を生きる”一助とされてください。

◎ご購入は以下をクリックください        
 (一新塾HP)http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html
  (ぎょうせい)http://shop.gyosei.jp/index.php?main_page=product_info&products_id=6507
 (アマゾン) http://amazon.co.jp/dp/4324092885

【目次】

プロローグ  すべての人たちは志を生きられる! 

第1章 根っこ理論

第2章 あなたのタイプを自己診断

第3章 激動の時代だからこそ"市民"を生きる 

第4章 中央集権から地域主権へ、会社人間から市民へ 

第5章 「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク「6つの箱」 

第6章 社会変革に挑んだ市民の物語

    「6つの箱」の事例紹介 

  大前研一氏の市民の知恵(一新塾創設者)
  青山貞一氏の市民の知恵(一新塾代表理事、東京都市大学教授、環境総合研究所所長)
  前澤哲爾氏の市民の知恵(一新塾理事、山梨県立大学教授、一新塾第1期)
  熊谷俊人氏の市民の知恵(千葉市長、一新塾第18期)
  宮治勇輔氏の市民の知恵((株)みやじ豚代表取締役社長、一新塾第13期)
  澤登和夫氏の市民の知恵(株式会社ありがトン代表、一新塾第21期)
  加藤智久氏の市民の知恵(株式会社レアジョブ代表取締役CEO、一新塾第5期)
  木村 聡氏の市民の知恵(湘南サドベリースクールファウンダー、一新塾第10期)
  深田智之氏の市民の知恵((株)くつろぎ宿代表取締役、一新塾第4期)

第7章 一新塾の社会変革実験の歩み 

第8章 さあ、あなたの「6つの箱」に取り組んでみよう! 

エピローグ  サラリーマンだったからこそ今がある!


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。