政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第458号:『関ヶ原!誇れるまちプロジェクト』

2011/09/07


 ■ 塾生活動レポート
         『 関ヶ原!誇れるまちプロジェクト 』

               一新塾第26期「名古屋」地域科 丹羽尚美

 ■【参加者募集】「第29期説明会&体験ワークショップ」
          〜“根っこ力”が社会を変える!〜
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html
    ●東 京: 9月14日(水)19:30〜21:40
          9月17日(土)15:00〜17:30
          9月21日(水)19:30〜21:40
          9月25日(日)15:00〜17:30
          9月28日(水)19:30〜21:40 
    -----------------------------------------------------
    ●大 阪:10月1日(土)13:30〜16:00 
    -----------------------------------------------------
    ●名古屋:10月2日(日)13:30〜16:00 


 ■【参加者募集】「一新塾ワークショップ in 仙台」(無料)
           〜誰もが志を生きる時代〜

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 名古屋駅からJRで45分、NHK大河ドラマ「江」をご覧になっている方
 でなくとも、日本人ならその地名を知らぬ人はいない関ヶ原。
 皆さんは訪れたことがありますか?

 今回は岐阜県の関ヶ原町で地域活性化に奮闘中の第26期「名古屋」地域科
 の丹羽尚美さんよりメッセージをいただきました。
「関ヶ原町のために、会社員である私が何かできることがないか」、そうした
 丹羽さんの思いが、丹羽さんならでは、関ヶ原ならではのお米の商品開発に
 つながりました。
 丹羽さんの熱きメッセージ、ぜひ、じっくりお読みください。
 
■■■■■□──────────────────────────────
■■■■  塾生活動レポート
■■■
■■         『 関ヶ原!誇れるまちプロジェクト 』
■■
■■■                   一新塾第26期「名古屋」地域科
■■■■                           丹羽 尚美
■■■■■□──────────────────────────────


●20年後、私と子どもが笑顔で過ごしている関ヶ原に!

 「20年後、生活者でもある私(高齢者)と子ども(子育て世代)が、笑顔で
 『関ヶ原町に住んでいてよかったぁ。』と、誇りに思えるまちづくり」が私の
 ビジョンです。

  一新塾入塾前の私の思いは、「関ヶ原町の地域活性化」でした。堅苦しく
 また大規模なテーマだと違和感を覚えながら、一新塾説明会の際に、自分の
 思いを語ったのを思い出します。

 「ビジョンは、実現した暁には目に見えるものでないといけない」「一人の
 対象者を救うことにより連鎖して全体が救われる」という一新塾の教えによっ
 て、私と子どもが20年後笑顔で過ごしている具体的シーンを想像しました。
 一家族が笑顔で過ごすことができれば、町内の多くの家族も笑顔で過ごせるこ
 とができると思ったとき、地域活性化といったぼんやりした思いが具体化しま
 した。

  自分が高齢者、子供が子育て世代になったとき、果たして町は元気だろうか、
 公共サービスは満足のいくものであるのだろうか、そのために、今から少しで
 もできることは何であるかを考え、遠回りでも形にしていくことの必要性を感
 じました。


●ミッション

  関ヶ原といえば、日本全国知らない人はいない歴史的知名度の高い観光資源
 があります。しかし、その資源をうまく活かすことができていないのが現状
 です。

  関ヶ原町の強みである観光産業を「日本一誇れる観光産業にする」。
 行政まかせにしない、関係者一部だけで盛り上がらない、住民一人一人が継続
 的にトライしていくしくみを作る必要があります。地域産業の確立→町の財政
 に貢献→公共サービスの充実→町全体が元気になるといった連鎖をつくりたい
 と本気で思っております。


●転換

  子どもの頃は、歴史といった古いイメージの関ヶ原町がなんだか田舎臭く、
 恥ずかしいという思いでした。都会にあこがれ、逃げるようにして大学、就職
 先も都市へと進みました。外にでると初めて関ヶ原の良さを認識するようにな
 りました。出張先の日本各地で「出身地は関ヶ原です」と自己紹介をすると、
 100%の人が場所はどこにあるか分からないけど、「あの関ヶ原合戦の関ヶ原で
 すね」と答えてくれる事に、なぜか誇らしげな自分がいました。

  かたや、電車に乗って関ヶ原駅に着くと、時折、旅行者から「ここ、あの
 “関ヶ原”の駅と違う?でもなんにもないねぇ」という言葉を聞くうちに、
 なんだか悔しく思う自分がいました。

  いつのまにか関ヶ原町を大切に思う気持ちが芽生えます。しかし、まだ他人
 任せでした。関ヶ原町をよくするのは行政の仕事だと思っていました。

  やがて、出産を経験し、諸手続きなどで、行政と関わること(福祉関連では
 あるが)多くなりました。行政とのやりとりの中で、行政サイドだけでは、
 様々な日常生活の問題が解決できないこともあるのだということを、保育園
 入園手続きをきっかけに強く思うようになりました。

  行政まかせではいけない、住民1人1人が思いをもって、行政と一緒に問題
 に取り組んでいかなければいけないことを思い始めました。
「関ヶ原町のために、会社員である私が何かできることがないか」にようやく
 辿り着きました。


●批判があるということは行動していること

  熱い思いを持つようになりましたが、人口8000人ほどの町では、何か人が動
 こうとすると、「失敗すると笑われる」「うまくいってもやっかみになる」と
 いうことは、重々知っておりました。人の目が怖くて1歩を進めることができ
 ませんでした。

  人に何か言われても自分の思いの軸がぶれないようにするにはどうしたらい
 いか。議員にならないと自分の町を良くすることはできないのだろうか。
 1歩でなくてもいい。たとえ0.5歩からでもいいから前へ進めないか。

  そうして辿り着いたのが一新塾でした。

  冒頭でも述べました説明会に参加し、自分の考え・やりたいことが人に説明
 するといかにまとまっていないか、ぼんやりしているかを思い知らされました
 が、1つこれだけは伝えたいものがありました。

  自分の思いの軸をぶれないようにしたい、そのために一新塾の力をお借りし
 たい。

  何度も講義をきくうち、
  「批判があるということは行動していること」
 という森嶋さんの言葉に後押しされ続けました。

  現場視察などをし始めたころ、案の定、「行政がやればいいんじゃない」
 こんな言葉を耳にしました。今までの私であれば、その一つ一つの言葉に踊ら
 され軸が揺れて揺れて仕方がなかったと思います。しかし、「待っていました
 批判の声」とばかり、うれしかったのを覚えています。確実に自分が変化して
 いることに気づいた瞬間でした。


●「さんしまい」の開発!

  入塾から1ヶ月後、早速大きく前進するときがきました。観光プロジェクト
 の公募に、一会社と一緒に応募しましたが、残念ながら企画内容はいいが、
 実績がないという理由で、敗退してしまいました。「実績がない」のであれば、
 「実績をつくればいい。」答えは簡単でした。一商店である自店(米屋)の
 お米を使ったお土産品を開発することに決めました。誰かが、何かに取り組み
 はじめることによって、一歩踏み出せないでいる他の商店や町内の人、行政の
 人の何かがかわるのではないか、そんな思いを胸に前へ前へと進みました。

  お米の新商品を開発する。
  以前、夢物語で話していたことを実現する時がきました。

  自分が働く女性の1人。仕事をして疲れて帰ってきて、明日のお米の準備。
 計量し、研ぐという作業がとても面倒くさく思われました。
 ペットボトルに無洗米を3合計量しておけば、入れるだけ。
 今年は浅井三姉妹にちなんで3種の穀物(岐阜県産無洗米ハツシモ、赤米、黒米)
 をブレンドするというおもしろいアイデアも仲間と議論を重ねた結果です。
 ペットボトルに無洗米を入れている商品はあれど、雑穀米を入れたものは他
 でもみたことがなく、前例でないものを作りたいという思いから「さんしまい」
 米(URL:http://34mai.com/)が誕生しました。

  岐阜県産ハツシモは、国内産のお米の中では1、2を争うほど粒が大きいお米
 です。食べ応えもあり、光沢が良く、あっさりしていて甘みが強いのが特徴です。
 冷めてもおいしく食べられ、お寿司をはじめどのような料理にもあうお米です。
   黒米・赤米は、栄養価が高く、歯ごたえがあります。白米と同じように炊き
 上がり、雑穀特有のにおいやクセもありません。薄紅色のご飯が炊き上がります。

  夫、家族の無事(健康)を思いやる妻、母としての思いは、現代も戦国の世
 でも同じ女の気持ちとし、家族の健康を願う(雑穀米入り栄養価アップ)とい
 う商品コンセプトのもとに「さんしまい」米が作られました。

  企画〜仕入れ〜製造〜販売と今までの人生で経験したことのないことばかり
 で、課題が次々とでてきます。ある時は、仲間との意見が最後まで合わず、
 プロジェクト中止という言葉も会話の中にでてきたこともありました。
 熱い思いがあるがゆえの議論だと、とてもいい勉強をさせていただいております。
 前に進んでいるからこそ、行動しているからこそ、課題が出てくるのだという
 考え方がいつのまにか身につくようになったのは、一新塾のおかげです。

  今年度、仲間の会社がプロジェクト公募に採用され、現在準備段階まできま
 した。

  今までの取り組みと違うところは、一過性のイベント的に行うのではなく、
 「住民との協働」、「継続性のあるしくみづくり」が柱となり、事業を企画
 されていることです。

  日本人100%が知っている関ヶ原町を誇れる町にするために、
  1歩1歩前進していきたいと思います。

   最後に、私の生活スタイル(会社員・子ども2人)で受講、プロジェクトを
 継続できるか不安でしたが、数々のご配慮をいただき、無事に1年間受講する
 ことができました。
  自分が、時間をうまく使えずに気持ちだけがあせっている時も、
「生活スタイルを犠牲にしてまで無理をすることはない」といった励ましや
 アドバイスをいただき、気持ちがとても落ち着きました。
 一新塾での教えを、これからの一歩一歩前進の糧とさせていただきます。


■■■■■□────── 【 参加者募集ご案内 】 ──────────
■■■■   
■■■  一新塾 第29期(11月6日開講) 説明会&体験ワークショップ
■■         「“根っこ力”が社会を変える!」
■■         〜削ぎ落とす学びで志を鮮明に〜
■■
■■■          東京・名古屋・大阪で開催!
■■■■□─────────────────────────────

 すべての人たちは志を生きられる。
 1997年より、一新塾事務局長を担わせていただき、3500名の主体的市民 
 の目覚めに立ち会わせていただいた私の確信です。

 私が出会わせていただいた全ての人が、胸の奥にかけがえのない、
 その人ならではの個性溢れる熱き志を抱いていました。

 その志を鮮明にしていく学びがあります。
 それが、『削ぎ落とす学び』です。

 私たちは、学びというと、外からの情報や知識をどんどんインプットして
 いくことを連想してしまいますが、こうした学びを続けるだけでは、
 志を埋もれさせてしまう可能性があるのです。

 だからこそ、いらないものを徹底的に削ぎ落とす。
 それによって、本当に大切なものにアクセスできます。
 さらに、その本当に大切な志に全力を注ぎ込めるのです。

 ぜひ、『削ぎ落とす学び』を体験しにお越しになりませんか?

 NPO法人一新塾 
 代表理事・事務局長
 森嶋伸夫

 説明会の主な内容(予定):
     ●試練の時代だからこそ、削ぎ落とす学びでミッションを鮮明に!
     ●「自分の人生」と「社会の現実」を交じり合わせる現場主義
     ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク『6つの箱』
     ●誰もが社会創造に参加できる「志のコミュニティ」とは?
     ●1年間でここまで変る!(学び、発見、成長、同志)
     ●三束のわらじを履こう!〜「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」
     ●OB / OGとの交流タイム・質問タイム

----------------------------------------
【東京本科 説明会&体験ワークショップ】
----------------------------------------

 日 時:(6)2011年9月14日(水)19:30〜21:40
     (7)2011年9月17日(土)15:00〜17:30
     (8)2011年9月21日(水)19:30〜21:40
     (9)2011年9月25日(日)15:00〜17:30 
     (8)2011年9月28日(水)19:30〜21:40

       (※まずは確定した日程です。ご都合あわない方はこの先も予定しています。)

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。


------------------------------------------
【大阪地域科 説明会&体験ワークショップ】
------------------------------------------

 日 時:(1) 2011年8月27日(土)13:30〜16:00 終了しました
     (2) 2011年10月1日(土)13:30〜16:00 

 会 場:「難波市民学習センター」
     (住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
     (地図)http://www.osakademanabu.com/namba/

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。


--------------------------------------------
【名古屋地域科 説明会&体験ワークショップ】
--------------------------------------------

 日 時:(1) 2011年8月28日(日)13:30〜16:00 終了しました
     (2) 2011年10月2日(日)13:30〜16:00 

 会 場:「ウィルあいち」 
     (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
     (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。




■■■■■■□────── 【 参加者募集ご案内 】 ──────────
■■■■■             
■■■■      
■■■     「一新塾ワークショップ in 仙台」(無料) 
■■■
■■         〜誰もが志を生きる時代!〜
■■■           
■■■■■■□────────────────────────────


     3.11以降、時代の渦にのみ込まれている私たちが、
     どこまで混沌の現実を引き受けることができるのか?
     どこまで新しい道を拓くことができるのか?

     その挑戦が今日から始まる。

     私たちが築き上げてきたもの、信じてきたものが、
     瞬時に瓦礫と化し、襲いかかるニヒリズム。

     しかし、種をまくことなら、今からでもできる。 

     灰色の空気に覆われても、うつむくことはない。
     なぜなら、希望の光は自らの志の中にあるからだ。

     だから、誰もが志を生きる国を、今こそ創ろう!


-------------------------------------------------------
【一新塾ワークショップ in 仙台(無料)】
-------------------------------------------------------

プログラム(予定):

【基調講座】テーマ「誰もが志を生きる時代へ〜一人ひとりが未来を描く」
   
  〇削ぎ落とす学びで志を鮮明に
  〇「自分の人生」と「社会の現実」をつなげて未来創造に挑む
  ○東北復興支援の活動をしている塾生の事例紹介

【ワークショップ】テーマ「問題解決フレームワーク『6つの箱』」

  ○『6つの箱』に取り組みワーク

    〜社会変革の3つの道「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」 

      ・6つの箱取り組みガイダンスと取り組み
      ・取り組み発表と意見交換

 日 時:2011年9月19日(月・祝)13:30〜18:00

 会 場:仙台市民会館 第三会議室
    (住所)宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園 4−1
    (地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm
    (電話)022−262−4721

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 定  員:25名




< 一新塾「第29期」概要 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎開 講:2011年11月6日(日)
 ◎期 間:12ヶ月、『講義』『プロジェクト実践』『コンサルティング』
      平日夜間・土日で学びます(月4〜5回程度)
 ◎コース:政策提言・実現コース
      社会起業コース
      市民プロジェクトコース
 ◎ 科 :本 科(東京)
      地域科(大阪・名古屋)
      通信科
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■一新塾第29期(11月開講)説明会&体験ワークショップに参加します。

 【東京会場】
  ( )2011年9月14日(水)19:30〜21:40
  ( )2011年9月17日(土)15:00〜17:30
  ( )2011年9月21日(水)19:30〜21:40
  ( )2011年9月25日(日)15:00〜17:30 
  ( )2011年9月28日(水)19:30〜21:40

 【大阪会場】
  ( ) 2011年10月1日(土)13:30〜16:00 

 【名古屋会場】
  ( ) 2011年10月2日(日)13:30〜16:00 


 ■一新塾ワークショップin 仙台に申し込みます。
  ( )2011年9月19日(月・祝)13:30〜18:00


 お名前:                   
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:                           
 FAX:
 E-mail:
 --------------------------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。