政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第457号:『 9.11から10年 ― 今、地方からできること 』

2011/09/01

 ■ 塾生活動レポート
     『 9.11から10年 ― 今、地方からできること 』
            一新塾第12期・第22期「名古屋」地域科 宮田久司

 ■【参加者募集】「第29期説明会&体験ワークショップ」
          〜“根っこ力”が社会を変える!〜
  (参加予約)→ http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html
    ●東 京: 9月10日(土)15:00〜17:30 
          9月14日(水)19:30〜21:40
          9月17日(土)15:00〜17:30
          9月21日(水)19:30〜21:40
          9月25日(日)15:00〜17:30 
    -----------------------------------------------------
    ●大 阪:10月1日(土)13:30〜16:00 
    -----------------------------------------------------
    ●名古屋:10月2日(日)13:30〜16:00 


 ■【参加者募集】「一新塾ワークショップ in 仙台」(無料)
           〜誰もが志を生きる時代〜

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。一新塾の森嶋です。
 一新塾代表理事の青山貞一さん(東京都市大学教授・環境総合研究所長)が
 2011年8月23日〜25日に三陸海岸津波被災地現地調査を行い、被災地実態及び
 復興状況を視察し、要所で知人、地域住民、復興作業員などへインタビューを
 実施いたしました。調査報告をご覧ください。
 http://eritokyo.jp/independent/aoyama-touhoku1001..html

 今回は名古屋地域科の卒塾生、岐阜県可児市在住の宮田久司さんのメッセージ
 をご紹介させていただきます。
 2003年、学生時代に一新塾の門を叩いていただいた宮田久司さん。
 これまで、地元の岐阜県で、「日本ライン広域観光推進協議会」の事務局として、
 美濃加茂市、可児市、各務原市、犬山市、坂祝町のまちおこしに取り組まれたり、
 NPO法人まちづくり協働研究所を立ち上げ美濃加茂市の中山道太田宿のフリー
 ペーパーを発行するなど、地域に根ざした活動を積み重ねてきました。
 このたびの東日本大震災に際しては、何度も宮城県に足を運び復興支援に奮闘
 されています。
 
■■■■■□──────────────────────────────
■■■■  塾生活動レポート
■■■
■■     『 9.11から10年 ― 今、地方からできること 』
■■
■■■               一新塾第12期・第22期「名古屋」地域科
■■■■                            宮田 久司
■■■■■□──────────────────────────────


●2001年9月11日

 2001年9月11日。私は当時経済学部の学生として、テレビでニューヨーク
 の光景を目にしました。
 何千人もの人がその災難に巻き込まれた中、私が次にとった行動は、ドルを買う
 というものでした。一時的に下がるドルを買って利ざやを稼ごうという単面的
 な発想に囚われていたのです。ウォールストリートに憧れがあったのも事実で、
 当時は金融関係への就職も考えていました。

 しかしその後において、それらの行動の浅ましさを感じることとなります。人の
 不幸を契機に懐を肥やす節度ない行動。私は、何のための金か、金融か、あるい
 は富かについて、考えさせられることになったのです。

 自動的に資金が集約できる国家についても素朴な疑問を抱いていました。権力
 統治のシステムが確立されているばかりでなく、様々な問題や不透明性が指摘
 されるなか、代替される仕組みをもたない国家システム。
 当時、より効果的な公共的な意思決定や資本の分配システムが構築できるので
 あれば、もはや既存の国家システムは必要ないだろうと考えました。
 そのような思索の経緯もあり、大前研一氏の著書の巻末で政策学校「一新塾」
 をみつけ、門を叩き、また後に大学は中退しました。


●我々は、今後も実体経済の中で生活をしていく

 国家のみならず、経営危機に瀕したビッグスリーのCEOがプライベートジェッ
 トに乗って公的支援の要請に駆けつけ、更に高額の報酬を取り続けていること
 に批判が向けられたことも記憶に新しい事実です。
 慣習や、環境はその人格を大きく左右するものなのでしょうか、あるいはその
 人の価値観との相互作用がそのような結果を招く要因になったのでしょうか。

 ソビエト連邦の解体や、中国の資本主義システムの導入により、社会(共産)
 主義体制は事実上終焉。サブプライム問題や国家財政の破綻危機、英国やノル
 ウェーなどでの暴動の頻発は、私たちの生活の基盤を成す自由市場主義経済に
 対しても、十分なものではないということを時折、知らしめられます。

 一方で、価値・信用を数値化したお金、その融通、経済循環に変わる、価値交
 換の効果的な仕組みについては、今のところ有事・緊急時以外には想定できま
 せん。

 我々は、今後も実体経済の中で生活をしていくことになるでしょう。
 マルチプルやサイバーと言った浮遊する資金的動きを理解しながらも別の次元
 で、実体経済やボーダレス経済を軸に地域や生活者の豊かな生活の基礎を作り
 上げていくこと、また、その背景としての自己管理や制御を市民・国民の手で
 築きあげていくことが大切なのだと思います。

 スイスのワインが国外に輸出されなかったり、ドイツの企業グループが、国内
 の資本家による自己資本比率を高めるよう指導をされていたりと、外部の思惑
 とは別に、地域や国が国民の豊かさを守るポリシーを貫いている姿勢も、多く
 の国で見受けられます。
 
 社会における富を築き上げ、享受し、守る手段として資本(あるいはそのパラ
 ダイム)を活用する術を、今日ではもたなければならないのだと思います。


●2011年3月11日

 2011年3月11日の東日本大震災では、タイミングもあって、今まで未踏
 の地であった宮城に、結果として7度足を運ぶこととなりました。
 同じ国民としてできることをしたいという想い、9.11の反省、そして、多
 くの犠牲の中で今までと違った考え方や仕組みが問われることになるだろうと
 感じ、動きました。
 また、安直な増税議論や国家への依存度の高まりに危機感を覚えました。

 現在私は、ある地方自治体で、国外の地方都市との多面的な都市間交流の枠組
 み構築及び、それを踏まえた都市としての立地優位性の構築についてを中心的
 課題として捉え、取り組んでいます。
 分野や地域など、様々なレベルでの多元化が進み複雑化する社会の中で、
 3.11も含めた悲しみや苦しみの経験を糧にし、人類史上繰り返されて来た
 侵略と支配の歴史やDNAに終止符を打ち、平和と共生の理念を以て、新たな
 社会秩序を生み出す。

 それを、一地方からできること、一地方だからできることとして、今問われる
 役割を発揮したいと考えています。

 エブラハム・リンカーンは、「黒人奴隷の解放無くして自由の合衆国は存在し
 得ない」との信念を持ち、南北分裂から統合のプロセスにおいて役割を果たし
 ました。彼がいなければ、今日のアメリカや世界は違ったものになっていたで
 しょう。

 原発事故、国民国家の危機、繰り広げられる戦争、食糧・エネルギー問題。
 今、直面している文明の齟齬から、有志は手を取り合い、社会を再び創造する
 ことが、人類として、この時代に生かされた者としての使命であると感じ、
 私も今後、断続的な努力、行動を重ねたいと思っています。

 ※活動はブログで紹介しています。ご覧下さい。
 http://mouyakko.exblog.jp/



■■■■■□────── 【 参加者募集ご案内 】 ──────────
■■■■   
■■■  一新塾 第29期(11月6日開講) 説明会&体験ワークショップ
■■         「“根っこ力”が社会を変える!」
■■         〜削ぎ落とす学びで志を鮮明に〜
■■
■■■          東京・名古屋・大阪で開催!
■■■■□─────────────────────────────

 すべての人たちは志を生きられる。
 1997年より、一新塾事務局長を担わせていただき、3500名の主体的市民 
 の目覚めに立ち会わせていただいた私の確信です。

 私が出会わせていただいた全ての人が、胸の奥にかけがえのない、
 その人ならではの個性溢れる熱き志を抱いていました。

 その志を鮮明にしていく学びがあります。
 それが、『削ぎ落とす学び』です。

 私たちは、学びというと、外からの情報や知識をどんどんインプットして
 いくことを連想してしまいますが、こうした学びを続けるだけでは、
 志を埋もれさせてしまう可能性があるのです。

 だからこそ、いらないものを徹底的に削ぎ落とす。
 それによって、本当に大切なものにアクセスできます。
 さらに、その本当に大切な志に全力を注ぎ込めるのです。

 ぜひ、『削ぎ落とす学び』を体験しにお越しになりませんか?

 NPO法人一新塾 
 代表理事・事務局長
 森嶋伸夫

 説明会の主な内容(予定):
     ●試練の時代だからこそ、削ぎ落とす学びでミッションを鮮明に!
     ●「自分の人生」と「社会の現実」を交じり合わせる現場主義
     ●「根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク『6つの箱』
     ●誰もが社会創造に参加できる「志のコミュニティ」とは?
     ●1年間でここまで変る!(学び、発見、成長、同志)
     ●三束のわらじを履こう!〜「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」
     ●OB / OGとの交流タイム・質問タイム

----------------------------------------
【東京本科 説明会&体験ワークショップ】
----------------------------------------

 日 時:(4)2011年9月 7日(水)19:30〜21:40 定員となりました。
     (5)2011年9月10日(土)15:00〜17:30 
     (6)2011年9月14日(水)19:30〜21:40
     (7)2011年9月17日(土)15:00〜17:30
     (8)2011年9月21日(水)19:30〜21:40
     (9)2011年9月25日(日)15:00〜17:30 

       (※まずは確定した日程です。ご都合あわない方はこの先も予定しています。)

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。


------------------------------------------
【大阪地域科 説明会&体験ワークショップ】
------------------------------------------

 日 時:(1) 2011年8月27日(土)13:30〜16:00 終了しました
     (2) 2011年10月1日(土)13:30〜16:00 

 会 場:「難波市民学習センター」
     (住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
     (地図)http://www.osakademanabu.com/namba/

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。


--------------------------------------------
【名古屋地域科 説明会&体験ワークショップ】
--------------------------------------------

 日 時:(1) 2011年8月28日(日)13:30〜16:00 終了しました
     (2) 2011年10月2日(日)13:30〜16:00 

 会 場:「ウィルあいち」 
     (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
     (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 お申込み:末尾の申込フォーマットにてお願いします。
      なお、各回とも定員がございますので、お早めにお申込み
      いただければ幸いです。




■■■■■■□────── 【 参加者募集ご案内 】 ──────────
■■■■■             
■■■■      
■■■     「一新塾ワークショップ in 仙台」(無料) 
■■■
■■         〜誰もが志を生きる時代!〜
■■■           
■■■■■■□────────────────────────────


     3.11以降、時代の渦にのみ込まれている私たちが、
     どこまで混沌の現実を引き受けることができるのか?
     どこまで新しい道を拓くことができるのか?

     その挑戦が今日から始まる。

     私たちが築き上げてきたもの、信じてきたものが、
     瞬時に瓦礫と化し、襲いかかるニヒリズム。

     しかし、種をまくことなら、今からでもできる。 

     灰色の空気に覆われても、うつむくことはない。
     なぜなら、希望の光は自らの志の中にあるからだ。

     だから、誰もが志を生きる国を、今こそ創ろう!


-------------------------------------------------------
【一新塾ワークショップ in 仙台(無料)】
-------------------------------------------------------

プログラム(予定):

【基調講座】テーマ「誰もが志を生きる時代へ〜一人ひとりが未来を描く」
   
  〇削ぎ落とす学びで志を鮮明に
  〇「自分の人生」と「社会の現実」をつなげて未来創造に挑む
  ○東北復興支援の活動をしている塾生の事例紹介

【ワークショップ】テーマ「問題解決フレームワーク『6つの箱』」

  ○『6つの箱』に取り組みワーク

    〜社会変革の3つの道「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」 

      ・6つの箱取り組みガイダンスと取り組み
      ・取り組み発表と意見交換

 日 時:2011年9月19日(月・祝)13:30〜18:00

 会 場:仙台市民会館 第三会議室
    (住所)宮城県仙台市青葉区桜ヶ岡公園 4−1
    (地図)http://www.tohoku-kyoritz.co.jp/shimin/koutu/guide.htm
    (電話)022−262−4721

 講 師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料

 定  員:25名




< 一新塾「第29期」概要 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎開 講:2011年11月6日(日)
 ◎期 間:12ヶ月、『講義』『プロジェクト実践』『コンサルティング』
      平日夜間・土日で学びます(月4〜5回程度)
 ◎コース:政策提言・実現コース
      社会起業コース
      市民プロジェクトコース
 ◎ 科 :本 科(東京)
      地域科(大阪・名古屋)
      通信科
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


-------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

 ■一新塾第29期(11月開講)説明会&体験ワークショップに参加します。

 【東京会場】
  ( )2011年9月10日(土)15:00〜17:30 
  ( )2011年9月14日(水)19:30〜21:40
  ( )2011年9月17日(土)15:00〜17:30
  ( )2011年9月21日(水)19:30〜21:40
  ( )2011年9月25日(日)15:00〜17:30 

 【大阪会場】
  ( ) 2011年10月1日(土)13:30〜16:00 

 【名古屋会場】
  ( ) 2011年10月2日(日)13:30〜16:00 


 ■一新塾ワークショップin 仙台に申し込みます。
  ( )2011年9月19日(月・祝)13:30〜18:00


 お名前:                   
 ご住所:                        (〒  −   )
 TEL:                           
 FAX:
 E-mail:
 --------------------------------------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。