政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】号外:新しい一新塾本が出版されます!『根っこ力が社会を変える』

2011/05/02


 メルマガ読者の皆さま

 このたび、一新塾16年の歩みの中で育まれた市民の知恵を皆さまに
 お届けできることとなりました。

 新しい一新塾本、
『「根っこ力」が社会を変える〜志と共に市民の時代を生きる』
 がいよいよ出版されます。

 今時代が求めているのは、“誰もが志を生きる”こと。
 すべての人たちが、人生のイニシアチブを取り戻し、ゼロベース
 で社会ビジョンを描き、全員参加で新しい国づくりに挑戦していく
 ことではないでしょうか。
 その一歩を踏み出す時に何より大切なのが「根っこ力」なのです。

 誰もやったことがない新しい挑戦をするとき、つねに困難の壁が
 立ち現れます。その壁が高く険しいとき、あらゆる手立てを尽く
 そうと奮闘するわけですが、結局、それを乗り越えるためには、
 自分自身の動機に立ち戻るしかありません。
 動機とは、木にたとえれば根っこのようなものです。
 根っこがしっかり張っているからこそ、高く太い幹を支えることが
 できます。巨木は地中に大きな根っこを張り巡らせているからこそ、
 嵐が来てもびくともしません。

 この試練を前にじっくり動機に立ち戻り、根っこを掘り下げる機会と
 していただければと思います。

 森嶋伸夫

--------------------------------------------------------------
    2011年5月9日発刊  一新塾本・最新刊

『「根っこ力」が社会を変える 〜志と共に市民の時代を生きる〜』 
     
    編:NPO法人 一新塾 出版社:ぎょうせい
      
◎ご購入は以下をクリックください        
 http://www.isshinjuku.com/03bosu/b_issryku_book.html

※この本の印税は被災地復興支援の義援金にあてられます。

--------------------------------------------------------------

■目次

プロローグ  すべての人たちは志を生きられる! 

第1章 根っこ理論

□ カリスマリーダーの時代から一市民の時代へ
□ 根っこ理論 

第2章 あなたのタイプを自己診断

□ あなたのタイプは?

第3章 激動の時代だからこそ"市民"を生きる 

□ タコツボ脱出
□ 現場主義
□ パラダイムシフト
□ 答えはあなた自身の中に! 

第4章 中央集権から地域主権へ、会社人間から市民へ 

□ 会社人間から市民への転換
□ 中央集権国家から地域主権国家へ
□ 市民を生きるのが必然の時代に 

第5章 「 根っこ」と「幹」をつなげるフレームワーク「6つの箱」 

□ 「 6つの箱」の原型
□  まずは、「4つの箱」からスタート!
□ いよいよ「6つの箱」の登場です!
□ 「 6つの箱」の回し方
□ 「 ビジネス」と「社会変革プロジェクト」の違い
□ 理想の人生(ミッション)・理想の社会(ビジョン) 

第6章 社会変革に挑んだ市民の物語

    「6つの箱」の事例紹介 

□ 大前研一氏の市民の知恵
□ 青山貞一氏の市民の知恵
□ 前澤哲爾氏の市民の知恵
□ 熊谷俊人氏の市民の知恵
□ 宮治勇輔氏の市民の知恵
□ 澤登和夫氏の市民の知恵
□ 加藤智久氏の市民の知恵
□ 木村 聡氏の市民の知恵
□ 深田智之氏の市民の知恵 

第7章 一新塾の社会変革実験の歩み 

□ 第1ステージ:1期〜3期
□ 第2ステージ:4期〜6期
□ 第3ステージ:7期〜10期 2000年、一新塾の転機!
□ 第4ステージ:11期〜
□ 根っこを掘り下げ、志を生きる同志からのメッセージ 

第8章 さあ、あなたの「6つの箱」に取り組んでみよう! 

□ 「6つの箱」取り組みシート 

エピローグ  サラリーマンだったからこそ今がある!


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。