政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第216号:「2007年問題」

2005/11/01

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
         【第216号】 発行日:2005年11月1日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

●「2007年問題」

  戦後のベビーブーマーとして生まれ、受験戦争を生き抜き、ビートルズ
 やグループサウンズに熱中し、日本の高度成長を第一線で引っ張ってきた
 約700万人に上る、いわゆる「団塊の世代」が07年以降次々と60歳
 を迎えます。

  こうした時代背景もあってか、一新塾に、50代の方が第二の人生設計
 にお越しになる方も増えてきました。今から定年までの時間を助走期間
 として、第二の人生設計にじっくり取り組もうといった方々。あるいは、
 早期退職されて、第二の人生に挑もうという方です。

  05年10月8日に一新塾で『シニア世代の第ニの人生設計〜
 “会社貢献”から“社会貢献”へ』のシンポジウムを開催し、4名の団塊
 世代を含む50代の塾生にパネラーを引き受けて戴き自らの体験を語って
 いただきました。

 「会社員としての人生は規定演技。
  これからは自由演技。伸び伸びと演技を!」

 「“事に仕えて”きた企業戦士から、
  自尊心を持って現場に飛び込む社会戦士へ!」

  舞台を「組織」から「地域」に乗り換え、
 新しい生き方へ向う実験が始まっています。

  組織の論理ではなく、今度は自分自身のミッションを生きたいと、
 地域社会を舞台に、一新塾でのチームプロジェクトに注力する。20代、30代、
 40代と世代もバックグラウンドも超えて、価値観の違うもの同士、
 コミュニケーションや合意形成で試行錯誤することがありますが、それで
 身につけた力が、組織から地域に舞台を移したときに底力を発揮します。
 多様な価値観が交じり合い、個々の異質の個性が発揮されると、計り知れ
 ない創造性やエネルギーが生まれるからです。

  2007年より地域デビューする団塊世代は、高度成長のときには経済
 大国をつくり、今度は地域をつくり変えるかもしれません。団塊世代が
 地域再生の起爆剤になる可能性を実感したシンポジウムでした。

 *さて、このシンポジウムの模様が
 『リタイアメント・ビジネス・ジャーナル』誌に掲載されました!
  → http://www.isshinjuku.com/01issin/t_kiji_051031.html
 
 以下、掲載記事をご紹介させていただきます。

                           一新塾事務局
                              森嶋伸夫

 ------------------------------------------------------------------
 
『 ■一新塾が公開シンポジウム開催
   団塊世代のパワーを地域活動に

 政策提言や社会起業家養成を行うNPO法人一新塾(東京・港)は10月8日、
  シンポジウム「シニア世代の第2の人生設計〜”会社貢献”から”社会
 貢献”へ」を開催した。主に団塊世代のセカンドライフに焦点を当て、
 地域活動の実践者らがパネルディスカッション「社会貢献で第2の人生の
 道を切り拓く!」を行い、事例報告と提言がなされた。

  地域で生活する在日外国人のためのケア活動を行っている井口正富さんは
  「人との出会いを大切にしながら活動したい。一つのことに留まらず、
  さまざまなこと に挑戦していくだろう」と、積極的な姿勢で生きること
  の重要さをアピール。

 福島県に I ターンし、自然を活かした地域貢献活動で、「炭焼きキット」
 導入による循環型生活を実践する浅野勝吾さんは「炭焼きキットは田舎暮ら
 しのコミュニケーションツールとして活用できる」と提案した。

 団塊世代を地域で活かそうとNPO起業をめざす坂田静子さんは「地域に
 サロンが必要。同時にそこでさまざまな事業が行えることが大事」と述べた。

 また、選挙投票後の「選挙済証」を持参して地元商店街で買い物すると割引
 など得点が受けられる「選挙セール」による商店街活性化事業に取り組む
 渡辺雅則さんは「チーム活動を通じて自分も磨かれていく」と主張した。

 また、弊紙・佐野真編集記者が「シニア世代のセカンドライフ、
 そのトレンドを掴む」をテーマに講演、「リタイアメントビジネスに必要
 なものは押し付けでない生きがい提供とコミュニケーション。
 地域コミュニティ活動によって、そうした場を提供できる可能性が高い」
 と、団塊世代の活動に期待を示した。 』

 ------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://melma.com/contents/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。