政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第215号:地方議会を民主主義の学校に!

2005/10/31

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
        【第215号】 発行日:2005年10月31日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

●日本全国を一新塾に!

 近い将来、日本全国が一新塾になると思います。
 それは、一新塾の分校が全国各地に生まれるというのではありません。

 今、一新塾の教室で起こっていること、平日夜間に市民が仕事帰りに、
 地域のビジョンを語り、政策を論じ、議員に提言しにいくという一新塾生の
 ライフスタイルが皆さんの地域の「地方議会」を舞台に全国に広がっていく
 のです。皆さんの地域の「地方議会」が民主主義の学びと実践の場になるのです。 
 
 そこでは、議会は平日の夜間に開催され、議員は昼間の仕事を終えてから
 地方議会に立ち寄り、地域のために政策を議論し、問題解決に取り組みます。
 ですから、サラリーマンであっても誰でも地方議員になれる。そうなると、
 これまで以上にその地域の問題に精通した現場の知恵を持った人がたくさん
 政治の世界に入って来やすくなります。

 米国では既にこうした制度になっています。
 しかも、地方議員の人数も報酬も、日本の地方議員の5分の1です。
 なんと、議員の人件費は25分の1の負担ですむわけです。
 議員の人数が減ることで質が下がるという心配をする方もいるかもしれません
 が、米国のような制度を導入すれば、心配はありません。

 米国ではどこの市議会でも市民が発言できます。
 各州に公開会議法などの法律が整備され市民の自由な発言機会の保障が規定
 されているのです。カリフォルニア州では、各議題につき、一人一回、
 3分以内で発言できます。発言したい人がいる限りいつまでも続きます。
(多すぎる場合、1分以内とか注文がつく場合はありますが)

 さて、地域では、歳入不足や累積債務によって財政は逼迫し、まもなく、
 行政サービスも限られた部分しか出来なくなります。そして、行政でまかなえ
 なくなる部分は、そこに住む市民が自分たちで問題を解決する時代が訪れます。

 そのための準備、一緒に始めませんか?

                         一新塾事務局
                                                      森嶋伸夫

 
 説明会はいよいよ最終回!
 この機会をお見逃しなく!!

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             いよいよ最終回!
                一新塾第17期説明会
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日 時:11月 2日(水)19:30〜21:30【 最終回 】
     〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会 場:一新塾セミナールーム
     [住所] 東京都港区芝3−28−2カスターニ芝ビル2F
      [地図] http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 申 込:下記フォーマットにてお願いいたします。

 主な内容:・社会創造のプロフェッショナルになる為の6つの知恵
      ・現場主義でPlan-Do-Seeを回すには?
      ・ファシリテーター型リーダーシップとは?
      ・なぜ、3コースなのか?
      ・一新塾の問題解決フレームワーク「6つの箱」
      ・新しい時代を拓く「一新力」とは?
      ・OB/OGと語ろう!


----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第17期説明会
 11月 2日(水)19:30〜21:30 【最終回】

氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:

------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://melma.com/contents/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。