政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】号外:公民起業家〜市役所内のアントレプレナーの可能性(10/3)

2005/09/29

☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
         【号外】 発行日:2005年9月29日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
「仕事人間でいいの?」「今の日本、これでいいの?」そんな方はコチラへ! 
 →  http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html




               シンポジウム      ≪転載歓迎!!≫  
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              公民起業家
        市役所内のアントレプレナーの可能性
       新しい公共サービスの姿をどう創っていくか
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           2005年10月3日(月)


 自治体も変わり始めました。
 起業型の新しい行政サービスが行われるようになってまいりました。
 この担い手が起業家精神を発揮して仕事を進める「公民起業家」です。

 今回は「公民起業家」とは何であるのか?
 どんな可能性を持っているのか? を感じていただく機会としたいと思います。

 さらに、参加者とのインタラクティブな意見交換を通して、
 市民やNPOや民間企業は、今後「公民企業家」とどんなパートナーシップを
 組むことで、どんな社会を生み出していけるのかを考える機会としたいと
 思います。

 今回は、この先端的な取組みをされている、横浜市、志木市の現場で
「公民起業家」として活躍する職員の方をお招きいたします。
 また、霞ヶ関からもお越しいただきます。

 このシンポジウムによって、「自分もできる!」と
 新たな公民起業家の誕生の連鎖と、市民やNPOや民間企業との協働が進み、
 新しい時代を切り拓くきっかけとなることを心より願います。

 皆さま、ふるってご参加下さい!
 定員がございますので、ご希望の方はお早めにお願いします。
 
 → http://www.isshinjuku.com/04i_hassin/ev_mosikomi.html

---------------------------------------------------------------------

 ■『公民起業家〜市役所内のアントレプレナーの可能性』

 日  時:2005年10月3日(月)19:30〜21:30

 場  所:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html
---------------------------------------------------------------------

  パネラー:尾崎誠一氏(志木市 市民病院事務部管理課長心得 )

            齋藤紀子氏(横浜市財政局財政部総務課広告事業推進担当課長補佐)

            坂本忠弘氏(財務省、金融庁出向中)

 コーディネーター
     :大西範幸氏(徳島県東京事務所・一新塾16期)


【タイムテーブル】

19:30 趣旨・目的説明

19:40 志木市事例報告『市民主体の自治に向けた志木市の挑戦』

20:00 横浜市事例報告『横浜市の広告事業について』

20:20 財務省 坂本忠弘氏 事例報告

20:40 パネルディスカッション 

      テ  ー  マ:『新しい公共サービスの姿をどう創っていくか』

             ・行政と市民、民間との協働
             ・古い価値観の破壊と創造

21:05 会場から質問



【 参 加 費 】:500円(当日受付にて承ります)

【 定  員 】:50名(先着順)

【 申   込 】:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

【 問 合先  】:特定非営利活動法人一新塾
               東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
               Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
               E-Mail: iss@isshinjuku.com
               URL: http://www.isshinjuku.com/


 -------------------
 プロフィール紹介
 -------------------

 ●尾崎誠一氏(志木市 市民病院事務部管理課長心得 )

  志木市政策審議室主幹を経て、
  本年7月に就任した長沼市長の政策実現マニフェストの実現を目指し、
   8月より、市民病院事務部管理課長心得。市民病院の日常業務に加え、
   開院以来26年を経過し、一般会計から2億円程度を補てんしている
   志木市立救急市民病院の経営改善、施設の整備等、市民病院の再生計画
   を検討するための志木市立救急市民病院ルネッサンス・プロジェクト」
   を企画段階から担当。


 ●齋藤紀子氏(横浜市財政局財政部総務課広告事業推進担当課長補佐)  

   1984年横浜市役所入庁。
  職員として、衛生局市民病院医事課・企画財政局資金課(現・財政局
  総務課市債係)係長として、瀬谷区地域振興課・総務局報道担当・
  財政局財政課衛生局地域医療課(現・衛生局医療政策課)を経て現職。
  広告料収入の拡大というテーマで事業提案を行い、役所が収入を得る
  という発想の転換のもと、公用車タイヤホイールでの広告や、防災訓練
  実施にあたってのローソンとのタイアップなど、斬新な実践を行っている。


 ●坂本忠弘氏(財務省、金融庁出向中)

  1990年大蔵省(現財務省)入省、外務省出向や証券取引等監視委員会勤務
   などを経て、主計局で予算編成を担当、現在、金融庁に出向中。
   仕事の傍ら、納税者のための行革ネットワーク「WHYNOT」、
   コミュニティファンド育成ステーション、社会起業家ネットワークなどに
   関わる。
   現在取り組んでいることの一つは、「コミュニティカンパニー」づくり。



----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■シンポジウム『公民起業家〜市役所内のアントレプレナーの可能性』
  10月3日(月)19:30〜21:30 に参加します。


氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


------------------------------------------------------------------------



---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://melma.com/contents/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。