政治・経済

一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!

1994年に大前研一を創設者として開塾したネクストリーダー養成のNPO法人一新塾。社会起業家、政治家を目指す方、仕事をしながら市民プロジェクトを立ち上げたい方へ最先端の市民の知恵をお届けします。「あなたの市民力で社会を一新」しませんか?

全て表示する >

【一新塾ニュース】第204号:塾生起業!カフェを通じて育児の世界に関わって行きたい

2005/09/09


☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆
        一新塾ニュース〜今のニッポンを変えろ!
           http://www.isshinjuku.com/
         【第204号】 発行日:2005年9月9日
☆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓☆

目次
 ■カフェを通じて育児の世界に関わって行きたい!
                      天野太雅氏(一新塾第13期)

 ■第17期説明会〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします!
  東 京:9月10日(土)15:00〜17:00
      9月14日(水)19:30〜21:30   ほか
  名古屋:9月23日(金・祝)14:00〜16:00
  大 阪:9月24日(土)15:00〜17:00

 ■一般公開講座
   (1)9月15日(木)『ハコモノ再生 第2のチャレンジ!』
   (2)10月3日(月)『公民起業家〜市役所内のアントレプレナーの可能性』
   (3)10月8日(土)『シニア世代の第2の人生設計』
   (4)10月14日(金)『焼け跡経済は面白い!』

======================================================================

 メルマガ読者の皆さま、こんにちは。事務局の森嶋です。
 現場主義で社会変革アクションにチャレンジする塾生、卒塾生の方から
 最近、嬉しいお知らせが続いています。

 既報の『選挙セール』は、その後も、新聞やラジオなどメディアで続々と
 取り上げられています。昨日の『中日新聞』では、塾生有志が立ち上げた
「選挙セール.com http://www.senkyosale.com/ 」のアドレスもばっちり
 紹介されています
 → http://www.chunichi.co.jp/00/ach/20050908/lcl_____ach_____008.shtml

 また、「道州制.com」チームのメンバー8名で、9月3日に日本青年会議所
 茨城ブロック協議会に招かれ、100名を越える市民の方とワークショップ
 を実施してきました。
 → http://www.doshusei.com/

 さらに、塾生の起業が続いています。
 グリーンピア土佐横浪の再生を手がけた深田智之さんが、新たなチャレンジ
 として会津東山温泉の3旅館の一括再建を担われることが7日に発表され
 ました(詳細は別途メールマガジンでご紹介させていただいます!)
 → http://www.kahoku.co.jp/news/2005/09/20050908t62040.htm

 本日も第14期生の市原俊亮さんが「Raijin」というデータベースを扱う
 コンサルティング会社を起業され、教室を訪ねてくださいました。

 そして、現在、コミュニティカフェ起業に向け奮闘されているのが今回
 ご紹介させていただく第13期の天野太雅さんです。
 11日には、天野さんの志に賛同する塾生有志が、応援団として、
 カフェの物件周辺で「まち歩きワークショップ」、その後、天野さんと
 一緒に事業計画を練り上げます!


    __________________________

       カフェを通じて育児の世界に関わって行きたい
    __________________________

                            一新塾第13期
                               天野太雅


 初めまして、13期政策提言コースを卒塾しました天野太雅と申します。
 この度、東京都世田谷区にコミュニティ・カフェを開設することになりました。
 入塾からカフェ開設に至る経緯を簡単にご説明したいと思います。


 私の入塾動機は特に明確なものではなく、「何となく世の中がおかしい・・・」
 と言った漠然としたものでした。友人に誘われて入塾したのですが、そんな
 自分にとって、塾のカリキュラムは驚きの連続で、


 ・とにかく現場を歩くこと
 ・既成概念に捉われず、ゼロベースで考えること
 ・常にplan→do→seeを回し、思考を磨くこと


 を初日から実践することになりました。
 頭でっかち気味であった私にとっては、世の中の見方が大きく変わりました。
 そこで私の目に飛び込んできたのは、


 「子供が育てにくい社会」


 でした。娘が生まれたこともあったのでしょうが、


 ・核家族化で母親に集中する育児(息抜きの場が少ない)
 ・足りない保育園、余る幼稚園(両立できない仕事と育児)
 ・仕事で育児に関われない父親達


 と言った問題点の数々を、この眼で直に見ることになりました。
 現場には新聞やテレビだけでは知りえない現状・本質がありました。
 行政も頑張っているのだが、手の届かない部分がどうしてもある。
 一人の市民として何か出来る事はないだろうか・・・


 自分が出した解は「コミュニティ・カフェ」でした。
 子供を軸に老若男女が気軽に集い、語らい、つながって行き、
 少しでも子供や子供を取り巻く人々・社会が幸せになれたら・・・!


 こうして自分のミッションを導き出した後も、
 塾からは様々なサポートを頂いています。
 概念的な部分から、事業計画作成・資金調達ノウハウ等の実務的な部分まで、
 豊富な蓄積・人脈に裏づけされた各種アドバイスは、私が開業を進める上で
 大いに役立ちました。
 また塾は背中を押すだけではありません。
 新規事業を立ち上げる時は、やはりその思いが強くなる余り、自分を見失って
 しまう事も多々あったのですが、私の方向性がずれていたり、現実的でない
 計画に対しては、塾は「心は熱く、頭はクール」に、私を適宜軌道修正して
 くれています。


 また、何よりも有り難いのが、塾で得た仲間達です。
 私の理念や思いに共鳴して、いわゆる手弁当で応援に駆けつけてくれています。
 その仲間達が塾内外の人を集めて、今では「カフェ応援団」なるものまで結成
 され、その数およそ40名、メンバーはまだ増え続けております。カフェを地域
 に愛され喜ばれる憩いの場とする事で、少しでもこの仲間達に報いようと思っ
 ております。


 開業予定はこの10月、いよいよ間近に迫って参りました。
 1年後、2年後、更にその先と、この場で再び良いご報告が出来る様に頑張って
 行きたいと思っております。どうぞお楽しみに!




      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             一新塾第17期説明会
        〜新しい時代を拓く知恵をお伝えします〜
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 一新塾で取り組んでいる主体的市民教育について、映像をまじえて、
 詳しく紹介させていただく機会を設けています。
 OB、OGの方にもお越しいただき、交流する機会もあります。
 ぜひお気軽にご参加ください。

【説明会の主な内容】
 ●主体的市民とは?
 ●現場主義の行動実践型教育とは?              
 ●ファシリテーター型リーダーシップとは?
 ●なぜ「市民プロジェクト」「政策提言」「社会起業・NPO」
  の3コースがあるのか?
  ●一新塾オリジナル問題解決フレームワーク
 ●新しい国づくり・地域づくりのために求められる「一新力」とは?
 ●OB/OGと語ろう!

≪東京会場≫
 日時:(1)9月10日(土) 15:00〜17:00
    (2)9月14日(水) 19:30〜21:30
    (3)9月17日(土) 15:00〜17:00
    (4)9月20日(火) 19:30〜21:30 ほか

 会場:一新塾セミナールーム
    [住所] 東京都港区芝3−28−2カスターニ芝ビル2F
     [地図] http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html


≪名古屋会場≫
 日時:9月23日(金・祝)14:00〜16:00
 会場:なごやボランティアNPOセンター集会室
     [住所] 名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階 
       [地図] http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/center1.html


≪ 大阪会場 ≫
 日時:9月24日(土) 15:00〜17:00
 会場:エール学園1号館109教室
    [住所] 大阪市浪速区難波中3-9-3
    [地図] http://www.ehle.ac.jp/so_main.html#1

  ※以下は共通

   申 込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。

  問合先:特定非営利活動法人一新塾
       東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
           Tel 03-5765-2223     Fax 03-5476-2722
           E-Mail: iss@isshinjuku.com
           URL: http://www.isshinjuku.com/




        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             一般公開講座
        “ハコモノ再生” 第2のチャレンジ!!
           2005年9月15日(木)
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ハコモノ有効活用で地域を元気に!」をミッションに脱サラ起業、
 高知県の須崎市の年金保養施設「グリーンピア土佐横浪」を地域活性化と
 連動させて再生、毎年平均7000万円の運営赤字を積み重ねてきた同施設を
 2年で黒字化させることに成功した一新塾OBの深田智之氏。

 その深田さんが、いよいよ“ハコモノ再生”の第2のチャレンジに挑みます!
 深田さんは、現在、福島県のある地域の地域振興にかかわっており、同地域
 の複数の民間企業の事業再生を担われる予定です。
 この事業再生は、地域振興のモデルとなることを期待されているとのことです。
「ぜひ、色々な方と共に考える機会をいただきたい!」との呼びかけを深田さん
 よりいただきました。

 そこで、 皆さんで一緒にディスカッションする機会を設けさせていただき
 ました。 深田さんに”第2のチャレンジに向かう意気込みを存分にお話
 頂き、後半は「どのような地域振興のモデル作りの可能性があるだろうか?」
 とディスカッションしていきたいと思います。

 是非皆さんも、社会起業家と市民プロジェクトによる新しい協働モデル創造
 に参加してみませんか?

 「地域振興」「ハコモノ再生」「まちおこし」「社会起業」などに、
 ご関心ある方、ぜひふるってご参加下さい!

 日 時:2005年9月15日(木)19:30〜21:30

 会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 概 要:●深田智之氏基調講演
      ・グリーンピア土佐横浪の再生
      ・そして第2のチャレンジへ
     ●市民プロジェクト実践例紹介:一新塾グリーンピア勉強会
     ●質疑応答
     ●会場を交えてディスカッション
     ●総括

     ※深田さんの著書『ハコモノ再生請け負います!』(彩流社)の
      販売もございます!

 参加費:500円(当日受付にて承ります)

 定 員:50名(先着順)

 申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。




              ≪ シンポジウム ≫
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              公民起業家
        市役所内のアントレプレナーの可能性
       新しい公共サービスの姿をどう創っていくか
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           2005年10月3日(月)

 自治体も変わり始めました。
 起業型の新しい行政サービスが行われるようになってまいりました。
 この担い手が起業家精神を発揮して仕事を進める「公民起業家」です。

 今回は「公民起業家」とは何であるのか?
 どんな可能性を持っているのか? を感じていただく機会としたいと思います。

 さらに、参加者とのインタラクティブな意見交換を通して、
 市民やNPOや民間企業は、今後「公民企業家」とどんなパートナーシップを
 組むことで、どんな社会を生み出していけるのかを考える機会としたいと
 思います。

 今回は、この先端的な取組みをされている、横浜市、志木市の現場で
「公民起業家」として活躍する職員の方をお招きいたします。
 また、霞ヶ関からもお越しいただきます。

 このシンポジウムによって、「自分もできる!」と
 新たな公民起業家の誕生の連鎖と、市民やNPOや民間企業との協働が進み、
 新しい時代を切り拓くきっかけとなることを心より願います。

 皆さま、ふるってご参加下さい!


 日  時:2005年10月3日(月)19:30〜21:30

 場  所:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 パネラー:尾崎誠一氏(志木市 市民病院事務部管理課長心得 )
      齋藤紀子氏(横浜市財政局財政部総務課広告事業推進担当課長補佐) 
      坂本忠弘氏(財務省、金融庁出向中)
 コーディネーター
     :大西範幸氏(徳島県東京事務所・一新塾16期)

 概 要 :(1)事例報告&質疑応答
         ●志木市 尾崎誠一氏
         ●横浜市 齋藤紀子氏 
         ●財務省 坂本忠弘氏 
      (2)パネルディスカッション 
         テーマ:「新しい公共サービスの姿をどう創っていくか」
              ・行政と市民、民間との協働
              ・古い価値観の破壊と創造

 参 加 費:500円(当日受付にて承ります)

 定  員:50名(先着順)

 申   込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。




              一般公開講座
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      シニア世代の第2の人生設計
                〜“会社貢献”から“社会貢献”へ 〜
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           2005年10月8日(土)

 戦後のベビーブーマーとして生まれ、受験戦争を生き抜き、ビートルズや
 グループサウンズに熱中し、日本の高度成長を第一線で引っ張ってきた、
 約700万人に上るいわゆる「団塊の世代」が07年以降次々と60歳を
 迎えるいわゆる「2007年問題」が注目を集めています。

 一方で、個人に目を向けて見ると、リタイアという節目を積極的に捉え直し、
「第2の人生」をよりよく生きようといきいきと新しい世界への挑戦を楽しむ
 方が増えています。とりわけ、再就職や趣味の世界での活動以外に、
“社会貢献”が新しい生き方の選択肢としてシニア層に注目を集めています。

 10月8日には、「シニア世代の第2の人生設計」をテーマに、前半は
 基調講演としてシニア世代のセカンドライフについてのトレンドを概観し、
 後半は、社会貢献で第二の人生の道を拓くチャレンジを始めた3名の方に
 具体的な体験談をお話いただきます。

  社会構造が大きく転換する中で、社会貢献に目覚めたシニア世代の方たちと
 ともにどんな新しい社会を創造していけるか、お集まりの皆さんと一緒に
 考える機会とできればと思います。
 そして、これから新しい人生の扉を開こうとするシニア世代の方に一歩を
 踏み出すきっかけとなればうれしく思います。

 ぜひ、幅広い世代の方にお集まりいただきたいと思います。
 ご関心ある方ぜひご参加下さい!


 日 時:2005年10月8日(土)13:00〜15:00

 会 場:一新塾セミナールーム
     [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
     [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 概 要:【第1部】基調講演
     「シニア世代のセカンドライフ、そのトレンドを掴む!」
      講師:佐野真氏(『リタイアメント・ビジネスジャーナル』記者)
       ≪プロフィール≫
       2002年リタイアメント産業新聞の立上げに関わり中高年向けの
       サービスを取材。2004年、リタイアメント・ビジネス研究会
       で中高年向けサービスの勉強会立上げに関わる。

     【健康体操】by 15期「生き生き元気塾」チーム

     【第2部】パネルディスカッション
     「社会貢献で第二の人生の道を切り拓く」
      コーディネーター:
           井口正富氏(一新塾第14期)
           :多文化共生社会を目指して社会貢献活動展開中!
      パネラー:坂田静子氏(一新塾第16期)
           :団塊世代を地域で活かすNPO起業を目指す!
           浅野勝吾氏(一新塾第15期)
           :福島県にIターン、炭焼きキットで地域貢献!
           渡辺雅則氏(一新塾第13・15期)
           :病院のモノサシ、選挙セール、ビジネスで培った
            分析スキルを武器に市民プロジェクト推進!

 参加費:500円(当日受付にて承ります)

 定 員:50名(先着順)

 申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。




             一般公開講座
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            焼け跡経済は面白い!
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          2005年10月14日(金)


 民間の人たちでも紛争後の復興に貢献する道があります。
 今回は「焼け跡経済は面白い」をテーマに、
 民間の人たちが紛争地域の戦後復興にどんな形で関わることができるのか?
 皆さんと一緒に考えたいと思います。
 以下、講師の伊勢崎さんからのメッセージです!


「 紛争は人間の営みを全て焦土と化す。

  人間の秩序をもゼロから立ち上げる復興の現場は、
  いわば「何でもあり」の世界。
  焦土と化した地でも、人間の生存がある限り、“商い”は始まる。

  戦後復興では、法の形成より、無秩序な経済が先行し、
  その無秩序が自然発生的な秩序を形成するのだ。
  焼け跡経済は、戦後復興の活力であり、
  その大きさが、復興のスピードを決定付けると言っても過言ではない。

  無秩序な社会に、敢えて商機を見出す果敢さが、日本人から無くなって久しい。
  日本の平和貢献が叫ばれるが、
  自衛隊を出すだけ、そして外務省に任せておくだけでいいのか。
  大戦後に見せた日本人の民の活力、そして60年代にゲートルを巻いて
  アフリカのジャングルに入って行った日本の商社マンたちの商い精神を、
  日本の平和外交の柱にしようではありませんか! 」              


 日 時:2005年10月14日(金)19:30〜21:30

 場 所:一新塾セミナールーム
    [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 講 師:伊勢崎賢治氏(日本紛争予防センター所長・立教大学教授)

 概 要:●ケーススタディ:東チモールの復興
       講師の伊勢崎氏の東チモール暫定統治機構県知事時代を
            フィーチャーしたNHK報道のビデオ鑑賞後、まさに社会をゼロ
            から立ち上げるダイナミズムを講演いただきます。
     ●平和構築事業の”商品化”の可能性について。
           「いいことをしているから募金下さい」ではなく、平和構築への
            支援が、民間企業にとっても”先行投資”になる提案を
       NPO法人日本紛争予防センター(JCCP)からプレゼンテーション
     ●質疑応答
     ●ミニワーク「自分たちはどんな貢献ができるか?」

 参加費:500円(当日受付にて承ります)

 定 員:50名(先着順)

 申  込:末尾フォーマットにてiss@isshinjuku.com 宛にお申込下さい。




----------------<申込フォーマット宛先:iss@isshinjuku.com>-----------------

■一新塾第17期説明会
【 東 京 】
 ( )9月10日(土) 15:00〜17:00
 ( )9月14日(水) 19:30〜21:30
 ( )9月17日(土) 15:00〜17:00
 ( )9月20日(火) 19:30〜21:30
 ( )9月25日(日) 15:00〜17:00

【 名古屋 】
  (  )9月23日(金・祝)14:00〜16:00

【 大 阪 】
 (  )9月24日(土) 15:00〜17:00

■一般公開講座
 ( )9月15日(木) 19:30〜21:30
    『ハコモノ再生 第2のチャレンジ!』

 ( )10月3日(月) 19:30〜21:30
    『公民起業家〜市役所内のアントレプレナーの可能性』

 ( )10月8日(土) 13:00〜15:00
    『シニア世代の第2の人生設計』

 ( )10月14日(金) 19:30〜21:30
        『焼け跡経済は面白い!』

氏 名:                     
ご住所:                       (〒    )
TEL:                          FAX:
E-mail:


------------------------------------------------------------------------


---------------------------------------------------------------------
<編集・発行は>  特定非営利活動法人 一新塾 事務局    森嶋伸夫
●ご意見・ご感想はこちらへ  >>>  iss@isshinjuku.com
●一新塾ホームページはこちら >>>  http://www.isshinjuku.com/
●メールマガジン退会はこちら >>>  http://melma.com/contents/taikai/
---------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-01-16  
最終発行日:  
発行周期:月2回  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。