お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.487 電話をしたら

2018/09/11

無頼庵老師である。
湯河原の実家の庭木、腰が完治していないので全然手入れできておらぬ。仕方がないのでネットで依頼できる庭師さんにお願いすることになった。その総額は10万円以上!、今まで庭を維持管理してきたお仕事ってお金に換算するとけっこうなものじゃったのね(^^;。

◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇
「笑うジジイ」ブログ
http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」
http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」
http://twitter.com/BryanGchan
「つぶやきマトメサイト」
http://yaplog.jp/bryangchan/
なんとなくツイッターはカキコ&リツイート中であります(^^;
そしてブログは…今回は休憩中(^^ゞ

☆★ワハハな小ネターーーーーー

■■電話をしたら

最近見聞きした電話の笑話であーる!

---☆---☆---

■電話がかかってきた(^^;
仕事中、ワシのスマホに電話がかかってきた。初めて見る携帯電話番号じゃ。

「もしもし?」
「あ、ジュン君!、それでね、あれをやってるんだけどさ!、それが中々うまくいかないのよー、でね、…」

電話の向こうでは、出た途端から御婦人がものすごい勢いで喋り続ける。声からするとワシと同世代くらいか。
「あのー、間違いだと思い…」
「…いろいろ試したいんだけどね、ほら、それはあれよ、いろいろあるじゃない?!、だから何をどうすると…」

電話の向こうの御婦人は全く話を聞いてくれない(^^;。このまま数十秒、修行の時間が続く(笑)。しばらくして話がやっと途切れかけた。

「もしもし、あのーすみません!」
「え、なに?ジュン君??」
「間違え電話のようですけどぉー、何番におかけですか?」
「え?、、、あ、ああ、あらら…ごめんなさいー!」

ワシは間違い電話で済んでおるが、ジュン君はさぞや苦労されておることであろう(爆)

---☆---☆---

■電話をかけた(^◇^;)
職場の同僚・次郎さん(仮名)が実家に電話をかけたときのこと。彼のお母さんが電話口に出た。

「はい、○○です。」
「ああ、オフクロ?、げんきに…」

声をかけた途端、電話の向こうから大声が返ってきた。
「あたしは騙されないからね!、あなたオレオレ詐欺でしょ!!、息子のふりしたってそうはいかないんだからっ!!!」

「いやオフクロ、俺だよ、次郎だよー。」
「ほら、オレ、オレって言ってる、しかも息子の名前まで名乗って!」

しばらく話しても埒が明かなくて弱る次郎さん、
「オフクロ、いいから兄貴に代わってよぉ〜。」

その場は同居するお兄さんに電話を変わってもらい、なんとか事なきを得たとのこと(笑)。実はつい最近、お母さんのところにオレオレ詐欺の電話がかかってきて警察が出動する騒ぎになったばかりじゃったのである。そのためお母さんが過剰反応してしまったかららしい(^^;

さて、ここで気になったことがひとつ、、、おフクロさんったら電話をお兄さんに代わるのだけ素直に言うことを聞いちゃってるけど、それってどうなの?(^◇^;)


☆★うひょひょな誤変換ーーーーー

●金属の妖怪
(金属の溶解)
溶解した金属が動き出した!、妖怪か?、ターミネーターじゃっ!!と叱られた一誤(^^;

●期待が発生
(気体が発生)
ほーらブクブクしてきたでしょ、実験が進み気体が発生する期待に胸も膨らむ小学校の理科室な一誤。

●熱電動
(熱伝導)
熱を与えると発電する素子で動く機械は熱伝導よく作べしと教える一誤。

●熱電どう
(熱伝導)
って言ったけどさあ、実際の機械の熱伝導はどう?と思わず裏で確認しちゃった一誤。

●待機の大龍
(大気の対流)
台風などで大気が激しく対流するときは空を駆ける大龍も待機している一誤。

●希少減少
(気象現象)
穏やかで平穏な例年の気象現象が希少になり減少してしまった異常気象な最近の一誤。

---☆---☆---
今週の思わず笑っちゃった誤変換は、、、

期待が発生

であります(^◇^;)
なんとなく実験のワクワクを思い出すところが楽しいのう(^-^)

ーーー☆ーーー☆ーーー

今日は9月11日。
亡き父の命日でもある今日は、忘れようのない一日である。
そんな思いがよぎる9月、今年は何があったのかと言いたくなるくらい豪雨、台風、地震と天災続きじゃ。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。そして各地のライフラインが一日でも早く復旧することを願いつつ頑張っている現場の皆さんにお礼を申し上げますわい。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。