お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.473 一番○○な子!

2018/06/05

無頼庵老師である。
今日は6月5日。明日は6月6日、、、オーメンの日であーる ゞ(^-^;コラコラ。わかいよい子の皆さんは知らないじゃろうが、その昔流行った恐怖映画「オーメン」の主人公が背負っておる数字が「666」、悪魔の数字なのだそうじゃ。映画は1回くらい観たのじゃが昔の事ゆえよく覚えておらぬ(^^;、666=やばい数字というのだけ、しっかり記憶されておる。こうした数字、ある占い師の方によれば、、、(後半に続く)

◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇
「笑うジジイ」ブログ
http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」
http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」
http://twitter.com/BryanGchan
「つぶやきマトメサイト」
http://yaplog.jp/bryangchan/
なんとなくツイッターはカキコ&リツイート中であります(^^;
そしてブログは、、、ちょっと手が入ってませんのう(^^ゞ

☆★ワハハな小ネタ−−−−−−

■■一番の子!

すぐに見つかる一番○○な娘さんのお話であーる。

---☆---☆---

■あの部署の誰に?
社内に回す書類に上司の承認をもらった。
上司に尋ねた。

「この書類、管理部門の誰に渡せばよいですかのう?」
「管理部門のKちゃんに渡してっ!」

「ええっと…Kちゃんってどの子?」
「あの部署で一番かわいい子(笑)」

遊び人で男女ともに人気の高いワシの上司の返事である(^^;

ワシにとってはほぼすべての女性が『かわいい』ので(^◇^;)、女性がいっぱいいる管理部門で迷いそうな気がした。すると上司は続けた。

「大丈夫、無頼庵さんでもKちゃんにたどり着けるよ!」

自信が持てないまま管理部門へ。数分後、上司のもとに戻ってひと言。
「うん、ワシも迷わなかったですぞ(^^;」
「そうでしょ!?(爆)」

恐るべし我が遊び人上司である(笑)

---☆---☆---

■誰でもいいのに
先日母が入院していたときのこと。
先生に呼ばれて母の入院フロアに行ったのじゃが、忙しい時間のようでナースステーションの受付に人がいない。
誰かを捕まえて面談の確認をしないと。。。

廊下をカワイイ子が歩いておる。おっ、先のメルマガでおなじみ、「病棟のにこるん」ではないかっ!
「こんにちはっ!」
「あ、どうも(^-^)」
「母の件で先生と面談するのですけど…」

ふう、なんとか話が進められた。
別段病棟で一番カワイイ子を選んで声をかけたのじゃなくって知った顔じゃから声をかけたんじゃからねー。
声を掛ける相手は誰でもいいはずなのに、説得力ない説明だって? (^^ゞ


☆★うひょひょな誤変換−−−−−

●部門超会議
(部門長会議)
これからの時代は部門長でも超会議に参加すべしと示す、時代を先取りする一誤。

●明日が見えない教の出来事
(明日が見えない今日の出来事)
混沌として見えない明日を憂う教団の今日の日誌の一誤。

●予定は班日
(予定は半日)
半日は班のメンバーとすごす日を班日という、クラスの仲良し班の一誤。

●岩缶
(違和感)
あけると岩しか入っていない、違和感がある缶詰の一誤。

●アインシュタイン白紙
(アインシュタイン博士)
頑張ってアインシュタイン博士のようになろうと思ったけど、ぜんぜん覚えられなくて頭の中身が白紙のままのアホなワシの一誤(^◇^;)

●実際床となる
(実際と異なる)
普通のソファーにしか見えないのに実際とはことなって、ベッドに変身して床となるよくできたソファーベッドの一誤。

---☆---☆---
今週の思わず笑っちゃった誤変換は、、、

明日が見えない教の出来事

であります(^◇^;)
他のも面白いけど、明日が見えない教って新しい宗教を興した誤変換の面白さに笑いましたわい(笑)


−−−☆−−−☆−−−

ある占い師の方によれば。すべての数字は連続にているもので数字自体に意味はない。なので4や9,13を忌み嫌う必要はまったくないので気にしなくてよい!、とのことじゃ。オーメンも666の数字より「おまえ、オーメン(大面)だよな!」と顔のでかいヤツをイジっていた後輩のジョークを思い出すくらいで丁度よいのかも(笑)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。