お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.470 ワシの母(^^;

2018/05/18

無頼庵老師である。
メルマガの発行が少々遅れた。それはワシの母が亡くなって色々あったからじゃ。猫ならとうに妖怪変化になっていそうな年齢なので天寿を全うした大往生であった。湿っぽいことが嫌い、楽しく笑えることが大好きなに相応しい実話をお送りいたしますぞっ(^-^)/

◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇
「笑うジジイ」ブログ
http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」
http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」
http://twitter.com/BryanGchan
「つぶやきマトメサイト」
http://yaplog.jp/bryangchan/
なんとなくツイッターはカキコ&リツイート中であります(^^;
そしてブログは…地道に更新しておりますので見てね(^-^)/。

☆★ワハハな小ネタ−−−−−−

■■うちの母(^^;

認知症が少々進んでいた最近の母の言動、笑わせてもらっておりました(^^;

---☆---☆---

■あなた大変ねぇ

母は数年前から老人ホームにお世話になっておった。
要介護となっておる母を手厚くケアしてくれる素晴らしい老人ホームで、悠々自適の生活を楽しんでいた。

認知症…といっても訪問する息子のワシがちゃんと解るレベルなので会話はちゃんと成立する、、のじゃが、たまにトンデモない発言をして息子の腹筋を崩壊させる母である。

母の元を訪れたある日のこと。

「オフクロ、来たよ!」
「あら無頼庵、久しぶりね!」
「えー!、先月の末にも来てるじゃない(^^;」

母は調子を合わせてごまかそうとする表情になっておる(笑)
「あらぁ、そうだったかしら?」

さらに続ける母。
「忙しいから私のところに来られないのよね、

   あなた大変ねぇ、あっちこっちに子供がいて!」


は、はぁ???(^◇^;)
確かに不真面目な息子じゃが、そこら中に子供を作れるほどの甲斐性はございませんって(笑)


---☆---☆---

■別れるの

また別の日。
母を訪問して世間話をしていたところ、突然母が言い出した。

「あたし、あなたと別れなければならないの。で、あなたの奥さんのJ子はは誰と別れるの?」

うちのカミさんが、ワシ以外の誰かと別れる?
(^◇^;)(^◇^;)

このぶっ飛び発言の1年後、本当にワシとお別れした母である。
しかしカミさんのJ子は母以外の誰とも別れてはおらんぞ(笑)
もしかすると、、、カミさんが誰かと別れたのを知らないのはワシだけじゃったりして(^^;(^^;


☆★うひょひょな誤変換−−−−−

今週はお休みいたしますm(_ _)m

−−−☆−−−☆−−−

ワシがお笑い好きでメルマガまで書き続けておるのは、楽しいことが好きな母の影響なのかもね(^-^)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。