お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.456 バレンタイン今昔物語

2018/02/06

無頼庵老師である。
バレンタインデーが近くなってきた。そうなると気になるのは贈り物の手配じゃ。2月13日が誕生日の友人が京都におるのでちょっとしたお菓子を送っておるのじゃが、時期が時期だけにお菓子売り場が大変なことになっておる(^^;。並み居る女性をかき分けての買い物が実に楽しい、、、じゃなくて大変なのであります(笑)

◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇
「笑うジジイ」ブログ
http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」
http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」
http://twitter.com/BryanGchan
「つぶやきマトメサイト」
http://yaplog.jp/bryangchan/
なんとなくツイッターはカキコ&リツイート中であります(^^;
そしてブログは、チョコチョコアップデートしてます〜。

☆★ワハハな小ネタ−−−−−−

■■バレンタイン今昔物語

我が家のバレンタインデーの今昔物語である。

---☆---☆---

■昔のバレンタインデー
バレンタインデーが盛んになったのはワシが社会人になってからじゃ。
学校に通っておるころはモテなかったのでもらえなかったのもある。社会人、特に結婚したころから10個くらいは貰うようになった。

その頃の2月14日、我が家はこんな風であった。

包みを持って家に帰るとカミさんが迫ってくる。
「今年はどれだけ貰ってきたの?、はい、出してっ!」
ほとんど、その場ジャンプさせて小銭の有無を確かめるカツアゲする不良のようじゃ(^^;

そしてチビたちを呼んでチョコを見せる。
「かわいいチョコー!」「わーコレ食べたい!!」
「はい、これはママのねっ!」
高級そうなチョコは自分用に選り分ける(笑)

こうしてチビ達は、バレンタインデーはパパの持ってきたチョコを食べる日としてしばらく間違って記憶していたのでありました(^^;

---☆---☆---

■今のバレンタインデー
娘がこの時期だけ駅ビルに来るポップアップショップのチョコを自分用に買う。
特にROYCEの生チョコがお気に入りである。

いっぱい食べたい娘が旦那さんに訪ねてた。
「チョコ、私の食べる分だけでいいよねぇ!?」
「おいっ(^^;」

旦那さんも、いちおー妻からチョコが貰えるようである(笑)
−−−☆−−−☆−−−
我が家のバレンタインデーはどこか間違っておるのう(^^;(^^;


☆★うひょひょな誤変換−−−−−−

●貴族意識
(帰属意識)
あたしって高貴な生まれなの。今はなき貴族出身だと帰属意識のある女性の一誤。

●契約帰還
(契約期間)
この契約書、契約期間が間違っているので直して下さーい!、何かしら間違えて契約書が自分のところに帰還してしまう慌て者の一誤。明らかにわしのことじゃな(笑)

●先着専任
(先着千人)
はい最初に来た人、これを先着千人の人に配布するの手伝って!先着の人はお手伝いボランティアを頼まれる町内会イベントの一誤。

●人材酵母
(人材公募)
お酒造りはやる気のある人材を広く集めることに加えて酵母が大切なのである。

●ギリのある相手
(義理のある相手)
けっこうギリギリのことを言っても義理のある相手なら大丈夫、と教える人付き合いが大切な一誤。

●眠りに落ちてイルカどうか
(眠りに落ちているかどうか)
イルカに乗った夢を見ながら眠りに落ちている、城みちるの一誤。

---☆---☆---
今週の思わず笑っちゃった誤変換は、、、

契約帰還

であります(^◇^;)
最近契約書のミスをやらかしたばかりで思わず苦笑してしまいましたわい(^^ゞ

−−−☆−−−☆−−−

…実話の続き
その昔、なぜいっぱいチョコをもらえたのか?
モテたというより、誕生日、クリスマスなどマメに対応しておったからである。諸業務でいざというとき頼りになるのは女性達じゃからのう、日頃のお礼の意味を込めて贈り物をしておったわけじゃ。容姿、お金、地位 がなくてもマメ男&気配り君はなんとかなるものであります(笑)
近年はちゃんとカミさんもくれるようになっておりますのでご安心を(^^ゞ

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。