お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.399 言い方一つで

2017/01/10

無頼庵老師である。
現在屋根の吹き替え中である。素敵な職人さんに出会えて素晴らしい作業をしてもらっている。作業途中に生まれて初めて自宅の屋根にあがらせてもらった。意外と眺めが良い、これはいいなあ〜。屋根を改造して外が見える屋根裏部屋が欲しくなったわい(^◇^;)

 ◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇

「笑うジジイ」ブログ
http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」
http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」
http://twitter.com/BryanGchan
「つぶやきマトメサイト」
http://yaplog.jp/bryangchan/

「世の中しらないことばかり」で文房具好きのワシが数十年探して見つからない超便利綴じ具のお話をポスト。未だ愛用する綴じ具の生産国は、なんと…
http://blog.bryan-g-chan.net

☆★ワハハな小ネタ−−−−−−

■■言い方ひとつ

そう、言い方ひとつで悲劇は感動話に、欠点は長所になるものである(^^;

---☆---☆---

■詳しい人

よその課の若い子がワシのところに来た。
「無頼庵さん、僕の使っているノートPCが社内ネットに繋げないんです。見ていただけませんか?」
「誰にワシに聞いてみたら?と言われたの?」

「はい、うちの課長です。以前無線LANが繋がらないときに無頼庵さんに何とかしてもらったとのことで。無頼庵さんはPCに詳しいからと言われました。」

確かにその課長のPCをつないだことはあるけど…。
ワシはPCに詳しいのではない。人より多くひどい目に遭っているだけのこと。誰も助けられなかったので自分で泣きながら何とかしてきたということなんじゃがね。

あ、そういう人を詳しい人というのか(笑)

---☆---☆---

■邸宅街の分譲地

新聞の折り込み広告に分譲住宅のチラシが入ってきた。何気なく開いてみるとこんなコピーが。

  駅前より広がる美しい邸宅街

ほほぅ、とても環境の良さそうなところじゃのう。あれ?、駅前から邸宅街が広がっているってことは…駅前にはスーパーも商店街も何もないってことではないのか!?

「不便」な住宅街も言い方ひとつで好環境に聞こえちゃうのじゃね(^^;


☆★うひょひょな誤変換−−−−−−

今週はFusachanさまより誤変換をいただいております!

〇菓子付きと女子付き
(加湿器と除湿器)
ねえ、どっちがいい?
俺はやっぱり女子付き!おまけならこっちを希望だね。可愛いこを頼むよ!振り返れば仁王立ちの彼女!!
誤変換はこれだからやめられない的な一誤でした。


---☆-こちらはいつもの誤変換-☆---

●才女ウラン
(最上欄)
鉄腕アトムの妹ウランちゃんは兄に似た才女。なので紹介も最上欄に書かれるのであります。


●仲美葉御土産
(中身はお土産)
頂いたお土産、中身は「仲良きことは美しき哉」武者小路実篤翁の葉っぱ型絵皿だったという、非常に苦しい解説を強いる一誤(笑)


●執印に連絡
(室員に連絡)
はい皆さん、印鑑を押してね、必ず押してね!、絶対に押してね!!、朝礼で室員に執拗に印を迫る連絡事項の一誤。


●一日の将校客はなんと10万人!
(一日の昇降客はなんと10万人!)
将校さんだけで10万人も乗り降りする一大軍用施設に隣接する駅の一誤。


●配って沖升
(配っておきます)
お土産に買ってきた、漁師の沖の升漬け、配っておきますね!、気の利く部下がいて助かる出張の多い上司の一誤。


●打ち合わせ包國
(打ち合わせ報告)
将軍、最前線では敵國を完全に包囲した模様です!、勝利が近い軍議打ち合わせの一誤。

---☆---☆---

今週の思わず笑っちゃった誤変換は、、、

 菓子付きと女子付き

であります(^◇^;)
Fusachanさまよりいただいたメール見て、思わず吹いてしまいましたわいww
皆さんも誤変換に出会ったら教えてね〜(^-^)/

−−−☆−−−☆−−−

さて屋根葺き替えのお値段。作業が細かく違うので単純比較は出来ないけれど、怪しい工務店の見積は約200万、職人さんダイレクトの今回は約85万!。リフォームは手仕事の世界なので技術も価格も色々あるので、よーく学んで調べて臨まないといかんと思い知らされましたわい(^^;

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。