お笑い

笑うジジイの文筆

無頼庵老師である。ワシが毎日集めておる誤変換&お笑い実話コラムをメルマガで配信することにしたのじゃ。ヒマな上にいーかげんなジジイだなぁと笑ってもらえりゃ、コレ幸いなのであぁる!

全て表示する >

笑うジジイの文筆 Vol.345 盲導犬体験記その2+3

2015/12/30

 
無頼庵老師である。
会社と我が家の掃除で多忙をきわめており、メルマガが発行できなかったであります(^^;
ということで、2015年最後のメルマガを1日遅れで発酵、、、いや発行いたしますぞ(あせ)。年内に体験記を配信したかったので2と3を同時にお送りします。少々長いけど読んでみてね!

 ◇■◇■◇ 笑うジジイの文筆 ブログ版 ◇■◇■◇

「笑うジジイ」ブログ     ; http://warau.bryan-g-chan.net
「世の中知らないことばかり!」; http://blog.bryan-g-chan.net
「無頼庵 on Twitter」     ; http://twitter.com/BryanGchan

最新の誤変換や実話はブログをご覧くださいな。
ブログではメルマガのネタに加えて写真付きの記事もUPしております。
クリスマスの新宿はサザンテラスのイルミネーションを紹介しておるのじゃ。
http://goo.gl/yb9M0s

★☆今週の「知らないことばかり」−−−−−
困り事体験家でもあるワシが書いているもう一つのブログのサマリーをご紹介。。。
11月末に盲導犬ウォーク体験記を連載中。こちらの内容は今週からメルマガで紹介!!
http://goo.gl/uMX0uG

---☆---☆---
毎日の何気ない日常や写真をpostしておるツイッターはコチラ。
ツイッターアカウント:@BryanGchan
ツイッターサイト  :https://twitter.com/BryanGchan つぶやきマトメサイト:http://yaplog.jp/bryangchan/


☆★盲導犬体験記 その2+3−−−−−−



盲導犬体験記 前回からの続きである。

いよいよ建物の外に向かって歩き出した。
あ、いま玄関マットに踏み込んだ!。そう、視覚を失ったとたん全身で受ける刺激に気がつくようになった。普段まったく気にしたことがない床と玄関マットのわずかの高さの違い、踏み心地の違いを感じる、、、いや、気がつくようになったのである。
二重自動ドアに踏み込んでいよいよ外の世界へ。室内からドア間、そして外と、音の反響でなんとなく空間がわかる。空気の温度で外の世界を身体で感じる。

たぶん晴眼者(見える人)の我々も全身で受ける周囲の情報を身体は気がついているのに、視覚情報を優先して感じているので他の刺激を情報として気にしていないのだと思う。晴眼者がいかに視覚情報に頼って生活しているかを思い知らされる。

体験歩行ではトレーナーさんが体験者の代わりに盲導犬に指示をしてくれる。指示は英語じゃ。
ワシは英語にしておくと、ワンちゃんが周囲の言葉に惑わされず指示を確認できるからかと思ったのじゃが、英語にしておくと訛りなど個人の差で指示が異なるようなことがなくなるという理由があるそうじゃ。

「はい、会場を出て斜め左方向に行きますよ。」

さっき歩いて入ってきた入口から出たにもかかわらず、位置関係がまったく分からない(あせ)。地面の踏み心地が変わって歩道へ。と、ワンちゃんがピタリと止まった。

「ここに段差があります。こうして歩行者に段差などの危険を知らせるときは止まるんですよ。」

足を少し前に出して探ってみると建物の敷地から歩道に降りる段差がある。
す、すごい…おりこう!!

段差を超えて歩道に出た。

「では、ここから歩道沿いに進んでみましょう。」

トレーナーさんの英語の指示に従いワンちゃんは左に進む。彼女は絶妙な速度でハーネスを持つワシをリードする。ワシの左側を歩くワンちゃんに軽く足が触れながら進むのじゃが、その感覚が非常に心地よい。視界がない中でそっと触れるワンちゃんの身体に、この子にリードしてもらえれば大丈夫!という安心感を覚える。

今まで右横から聞こえてきた車の音が、しだいに正面からも聞こえ始めた。交差点だな、と思ったらワンちゃんが止まった。

「交差点につきました、足で探ると前に段差がありますよね。犬は段差や交差点で止まって教えることができるのですが、進むかどうかは人間が指示します。信号は人間が判断しないといけないんです。」

あぁっ、たしかに!
トレーナーさんが言われるように強度の近眼で白黒画像しか見えない犬が信号を判断できる訳がない。言われてみれば当たり前のことなのに、頭からそんな事実は消し飛んでいた自分に気が付いた。

「犬はGPSやカーナビではないですから、行く先は人間が判断して指示するんですよ。」

これまた、あまりにも当たり前のことなのにそこまで考えが回っていなかった。
盲導犬は万能ではないのだ。視覚障害を持つ歩行者の目の前に現れる差し迫った危険から身を守ってくれる素晴らしいパートナーではあるが、外出移動のすべてを担ってくれるわけではない事実。なぜ当たり前のことに気づけなくなっておるのじゃろうか。

それは、盲導犬をはじめとしたハンディキャップを持つ人達の周りのことについての情報が少ないこともあるとは思うのじゃが、それ以上に健常者が関心を持っていなさすぎることが理解不足に繋がっておるのじゃろう。

会場を出て1ブロック先の交差点まで、ワンちゃんの案内のおかげで楽にたどり着けた。

「さあ、いま来た歩道を戻っていきますよ。」

ワンちゃんと来た歩道をUターンして歩き始めた。

「歩道には割と大きなイチョウの並木があります。
犬は左寄りをあるくようにしているんですが、そのイチョウの木々を上手によけて誘導してますよ。」

難易度が高めの歩道なのだそうだが、なんのストレスもなくスタスタと歩ける。ワンちゃんのハーネス通りに歩くワシには、どこがすごいのかよく分からない(あせ)。

気持よく歩いているとトレーナーさんから声がかかった。

「ハーネスを持つ手がリラックスしてますよ、だいぶ慣れましたね!」

ハーネスの感じと、足にそっと触れるワンちゃんの脇腹の毛の感覚でなんの不安もなく歩けていることに、改めて気がついた。これが盲導犬の与えてくれる安心感なのじゃろう。


そうこうしているうちに再び自分の前を横切る車の音が近くなって来た。交差点が近いことを音で感じる。ワンちゃんが止まって交差点に来たことを知らせてくれる。

そして盲導犬体験も概ね終了。再び一ツ橋ホール前の広場を通り、二重自動ドアを抜けブース近くに戻る。最後にすぐ横にある階段でワンちゃんの挙動を体験して全て終了。

生まれて初めての大変貴重な体験ができた。
トレーナーさんとワンちゃんにお礼を言って帰宅の途に。

さて、先ほど歩いた歩道ってどんなんだろう?、難易度高めらしいけど、快適に歩けているしのう。。。

帰りがけに現場を見に行ってビックリ!
http://goo.gl/Y9GqK8

次の盲導犬体験している方がおっかなびっくり歩きだしているのがワシがスタスタ歩いて帰ってきた歩道じゃ。

けっこうな太さのイチョウが何の仕切りもなく歩道にニョキニョキ生えているではないか!。もし、こんなところを目隠し白杖のみで歩いたとしたら、イチョウに衝突しまくることであろう。

改めて盲導犬のものすごい能力に感心したのである。


さて、最後のワシなりのまとめじゃ。

○盲導犬は貸し出されていること
○盲導犬は全盲だけでなく視覚障害者の皆さん全般に貸出しできること
○盲導犬は視覚障害者の安全を守るスペシャリスト
○盲導犬は行き先までの道案内をするわけではないこと
○でも視覚障害者にとって大きな安心と安全を運んでくれていること

うむ、大変勉強になったわい。
まさしく気が付いていないこと、知らないことを体験出来たのじゃ。これからも盲導犬や介助犬を支援していきたいと思わせてくれたワンちゃんとトレーナーさんに感謝!

盲導犬について詳しいことは日本盲導犬協会のWebを御覧あれ。
支援したいと思っている方も、是非協会までアクセスして下され!!

日本盲導犬協会
https://www.moudouken.net/


−−−☆−−−☆−−−

これで2015年のメルマガも最後。
良い子のみなさん、よいお年を!!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-31  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ週刊  
Score!: 97 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。