ガーデニング

egg通信

園芸ミニ知識・ガーデニング情報、観葉植物など情報が豊富です。iselyショップ情報等

全て表示する >

egg通信

2001/12/24

─egg-plant───────egg通信Vol.13─────────────────
 
  皆様こんにちは、メルマガ発行が大変遅れてしまい申し訳ございませんでした。
  
  今日はクリスマスですが、お花屋さんではすでにお正月花材でいっぱいです。
  松や南天、葉牡丹など普段使わない花材も和風チックでいいですね。
  そして、今回で今年最後のegg通信となります。皆様よいお正月をお迎えください。
  来年もどうぞよろしくお願い致します。


『 鉢花 』

 室内で冬越する鉢花は日光も不足しがちです。
 お天気のよい日には戸外へ出し、日照不足を補いましょう。
 
 室内での鉢花は受け皿を使用している方も多いと思いますが、
 受け皿にいつもお水がたまっている状態にしていると、根ぐされしてしまう
 事が多いので注意しましょう。
 土が湿っているのに葉がしおれてきたり、下葉が落ち始めたら根ぐされの兆候です。
 土の表面が乾くまで水を控えましょう。
 また水やりは日中の気温の高い時間に与え、気温の下がる夜間は避けます。
 
『 観葉植物 』

 観葉植物は生育休止期間です。水やりを控え乾かし気味に管理しましょう。
 夜間の窓際は特に冷えることが多いので窓際に置いている
 鉢花、観葉植物は30センチほど離して置いてください。
 
 暖房の効いた部屋では空気が乾燥しハダニが発生する事もありますので
 葉水を与えて葉を潤し、時々ほこりなどをティッシュなどでふき取ります。
 
 ほとんどの観葉植物は室内で容易に冬越できますが、
 大きい観葉など移動が大変なものは屋外で冬越することもあります。
 その場合、夜間はダンボールやビニール袋をかぶせてあげます。
 

■□■ 新商品情報 ■□■
  egg-plantの新商品のご紹介です。

  ■モダンパンジー(p-01) \3800
   →http://homepage2.nifty.com/egg-p/poin-1.htm
        紫色の渋いパンジーとシルバー色のヘリクリサムを寄せ植えにしました。
    寂しくなりがちな冬の玄関先にどうですか?
    テラコッタはアンティーク風のどっしりした風格のある鉢で、
    こだわりありです。

  ■アンティークピレア(G-231)\2200
   →http://homepage2.nifty.com/egg-p/G-231.htm
       こちらもアンティーク風のテラコッタに小さい葉が可愛いピレアグレイシー
    のセットです。
    鉢から垂れ下がった丸い葉がいい味だしてます。
    

  ■レッドセイジ(G-232) \2200
   →http://homepage2.nifty.com/egg-p/G-232.htm
        こちらはアンティークピレアと同じテラコッタに赤い葉が特徴の
    レッドセイジを入れています。
    レッドセイジは観賞用としても楽しめますし、お料理にも重宝します。

  
 flower gallery decoではお正月用アレンジをアップしております。
 画像商品以外に葉牡丹入りや竹筒アレンジなどお客様のご要望がございましたら
 お作りします。

--------deco---------http://deco.milkcafe.to---------------------

*egg通信は当店ご利用いただいたお客様、メールマガジン 配信希望の方に
 お届けしております。
 解除の場合、メールでその旨ご連絡ください。
 又 melma、まぐまぐより購読の方は
  http://homepage2.nifty.com/egg-p/contact.htm
  より解除できますのでご自身でお願いします。
 
 皆様のご意見、ご感想などお気軽にお寄せください、心よりお待ち申し上げます。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

<----- From egg plant---------------□

imai hiromi
1-16-18 Shiginonisi Jyoto-ku Osaka
Tel/Fax 06-4258-6000
URL  http://www.egg-p.com/
E-mail  happy@egg-p.com

□--------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-27  
最終発行日:  
発行周期:月間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。