出産・育児

「うちの子の先生」

教師が仕事を辞めて,母として自分の子を学校に送り出す立場になったとき,初めて見えてきた教師の姿を本音で語るマガジンです。子どもを楽しく学校へ行かせたい思いから作りました。親と先生が話し合っています。

全て表示する >

「うちの子の先生」臨時713号

2005/04/28

___________________________________

_/_/_/  うちの子の先生   _/_/_/_/_/_/_/_/_/ 現在不定期発行 _/_/_/_/_/

         ☆★  臨時713号  ★☆            2005.4.28 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 元教師が語る本音マガジン _/_/  
___________________________________


≪目次≫
  ◇ はじめての方への挨拶
 ○  投稿コーナー 
       [ 投稿 1504 ] 定期便 Vol.97について
       [ 投稿 1505 ] 定期便 Vol.97について
 _/ 購読解除・後記


◇◆はじめての方への挨拶◆◇

はじめまして、発行者「はるか」です。元中学校の教師です。
このメルマガは子どもたちが楽しく暮らしていくために 親と先生が本音を出
し合って話し合おうというメールマガジンです。
今回の臨時便では投稿者の方のご意見を載せています。発行者は旬刊発行の定
期便で考えを述べさせていただいていますので臨時便ではコメントを加えない
ことにしています m(_ _)m


○● 投稿コーナー ●○


> 中学の入学説明会が行われた今年2月のことでした。
> 息子が学校から帰ってくるなり、
> 納得できないという顔をして私に尋ねました。

> 息子:「お母さん。髪を染めることはよくないんだよね。」

> 私: 「そうだね。よくないと思うわよ。」

> 息子:「それなら、何故、茶色に染めてしまった子は『黒色に染め直してこい』
>     と言うんだろ?」
>     
> 私:(息子が言いたいことの察しはついたのですが、黙っていました。(^^ゞ))    

> 息子:(畳みかけるように)
>    「髪を直すことにならないでしょ?
>     黒色だって染めることに変わりはないじゃない?
>     変じゃない?
>     ねえ、変だ(間違っている)と思わない?」
>     

> あなたなら、どうお答えになりますか?
> (親としてでも先生としてでも結構です。)
(定期便 Vol.97)

[ 投稿 1504 ] 定期便 Vol.97について
[ 投稿 1505 ] 定期便 Vol.97について

お便りありがとうございました。


=*=*=*= [ 投稿 1504 ]*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

親が髪を染めるのは自分の責任でやってるわけだから、
勝手にすれば?と思いますが、
子どもを染めさせるのは明らかに間違っていると考えています。

これだけ茶髪が市民権を得てしまっていても、
やはり親は「ダメだ」と言うべきであり、
本当は親も染めるべきではないと考えています。
(白髪染めはいいです。
 そこまで言ってくる人は屁理屈こねてるだけだと思いますが)

同じレベルで「黒く染めるのはいいのか?」というのも
実は屁理屈に過ぎないのであり、
本来やるべきことは、茶髪に染めさせない、ということだと思うのです。

その指導(親への指導も含めて)をやらなかったり、
限界を感じたからといって、
指導しなかったにもかかわらず、
黒く染め直すことにエネルギーを費やすのは、やはり根本的に違うと考えるの
です。
すみません、生意気なこと言って m(_ _)m

(HN)くろちゃん


=*=*=*= [ 投稿 1505 ]*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

高校2年生の娘が髪を染めました。
いえ、染めていましたが正解かな?
私、気がつきませんでした・・・お恥ずかしい・・・

久しぶりに、家に戻った長女が教えてくれました。
それまで、私は気がつきませんでした。

なんともはや・・・それほど、目立ちません。
いいわけっぽいですが、気がつかないほどだけど
染めたのは事実です。

バトルです。叱りました。烈火のごとく!
高校生だから、今時の子だから、染めたかどうか分からないくらいだから、と
色々、自分の中で葛藤はありましたが、染めたことを容認するわけには
行きません。

高校にはルールがあります。
茶髪、ピアスは禁止です。
そこに、所属している以上は守るべきルールです。
でも、その前に「我が家の掟」が存在します。

高校生の間は、我が家では、茶髪は禁止です。
もちろん、ピアスもです。
ピアスは、社会人になっても禁止です。
門限もあります。連絡した場合、しない場合の門限です。

理由?「私が嫌いだから」です。
変ですよね、でも、それが、正当な理由です。

高校生が10時を過ぎてもコンビニの前にいたりするのも嫌いだし、
制服を着た姿に茶髪も似合わないから嫌いだし
自分の体に色を入れたり、穴をあけるのも
嫌いです。

「お母さん、勝手だ〜」と子供達はブーブー言います。
私も、自分でそう思いますが、主張は曲げません。

自立し一人で生きていく力がないから、親と暮らしているわけで
その間は、多少親のわがままにつき合ってもらいましょ!と言うわけです。

で、高2の娘の髪は染め直していません。
頭髪検査にも引っかからないほどの茶色だからと言う事が理由ではなく
染めると言う行為をこれ以上して欲しくないかなと。

でも、あからさまに茶色だったら・・・
黒くしてと言うかもしれませんね。

だって、親は呼び出されるし、子供も学校の中で闘わなくてはいけないわけで
そこまで、腹をくくって染めたようでもないのなら、「黒くすれば」と。

腹をくくるというのは、謹慎、停学、退学という処罰されるリスクを
背負ってでもという強い意志かどうかということです。

私たちと一緒に暮らす事を辞めて、自分で働き収入を得て
自立し、そして、自分の好きなことをす自分の責任でするということです。

学校好きな娘にはそんなつもりはないようです。

「我が家の掟」を破った娘に対するペナルティーは
私が親を放棄するという事を言い渡しました。

髪が自然な色に戻るまで、懇談等の学校の行事は欠席です。
お弁当は作りますが、つめるのは自分で、おかずは超手抜きです。

きわめつけは、私がアフロヘヤーにして、上から下までピンク色の
服を着て娘と一緒に買い物にいくという案がありましたが主人に
止められました(笑い)

いつか、マルマガに載っていましたよね。
「子供は廊下を走り回るのが仕事でそれを叱り続けるのが私の仕事です」
という内容の文が。

「1回やってみたかっただけ」という娘の行為を黒く染め直すのは
違和感がありました。

その違和感はいったい何なのでしょうか?

内緒ですが、28年前の夏休み、叔母の家に遊びに長期行っていたとき
私も、パーマをかけました。
高校2年生でした。
そのとき、私の母が同じ事を言いました。

ちなみに、パーマを取ることもできましたが、取ることはさせませんでした。
私は、ピンで、パーマを止めたピンだらけの頭で学校に通いました。
母も違和感を感じていたのだろうと、今更ながら思います。

(HN)ユメ


=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*==*=*=*=*=*=*=*=*=


ご意見をお待ちしています。  
投稿者のメールアドレスは公開しません。
匿名で結構ですのでハンドル名をお書き添えください。


_/_/_/_/_/ うちの子の先生  読んでくださって ありがとう  _/_/_/_/_/_/_/

  発行者 [はるか]  harukadesu@anet.ne.jp

  関連のHP       http://www.aa.alpha-net.ne.jp/haruka3/

  このメルマガの解除は ここでできます
             http://www.aa.alpha-net.ne.jp/haruka3/merumaga.htm


 JR宝塚線で起きた脱線事故のこと・・・

 いつもなら見ない時刻に、息子が偶然テレビをつけて、
 事故発生の報道の初期の頃に知りました。
 私も息子も吃驚して、現実が信じられませんでした。
 知人や読者の方が兵庫県近辺在住なので
 知っている名前がありませんようにと願いながら
 次々に発表される名前を読み続けました。
 あの時、多くの方々が祈るような気持ちで
 あの画面、あのテロップを
 見つめていらっしゃったのでしょう。
 
 事故の詳細が分かり、
 さらに、犠牲者、被害者の方々のご様子が伝わってくるにつれ、
 事故の大きさや痛ましさが現実となって迫ってきます。
 胸が締め付けられる思いになります。 

 ・・・
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りしています。
 怪我をされた方々が一日も早く元気になられますようにお祈りしています。

 二度とこんな悲惨な事故が起きませんように。

 
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ では,次回に  See you♪ _/_/_/_/_/_/_/_/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-20  
最終発行日:  
発行周期:旬刊+投稿掲載(月水金)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。