出産・育児

「うちの子の先生」

教師が仕事を辞めて,母として自分の子を学校に送り出す立場になったとき,初めて見えてきた教師の姿を本音で語るマガジンです。子どもを楽しく学校へ行かせたい思いから作りました。親と先生が話し合っています。

メルマガ情報

創刊日:2000-12-20  
最終発行日:2005-07-08  
発行周期:旬刊+投稿掲載(月水金)  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント

  • 春菜2007-06-17 12:48:02

    セクハラって最低

  • 板橋区2006-12-13 23:41:03

    中学3年生の親です。私たち両親は学歴はそこそこですが共働きでも収入が低く子供に接する時間が取れなかったせいでしょうか。2学期は5教科合計で11でした。つまりオール2。自分の父は教諭でしたが両親に勉強を見てもらったり塾にも行かないでも大学に受かりました。わが子はもうやる気がまったく無く。なぜか分かりません。高校も今はアピールのみで入試テスト無しの高校があり、そこを受験することに決めているので勉強がどれだけ人生にとって大切か説明しても聞き入れません。学校の先生はオール2の生徒を作って平気なのでしょうか?親も子供を養育するため必死に働いています。子の通っている公立の先生の義務感がこれほどないとは気づきませんでした。2年のとき1部の生徒が荒れて授業が成り立たないときも学年全体の両親を集めておうちでも指導してくださいと訴えてきました。ココにいる親は全員最低限のルール以上のことを子供に教えています。来ていない親がしてないのです。会社で自分尾仕事が出来にくいので環境を変えてくださいなんて泣きついたら評価は下がり即解雇でしょう。わが子はこの学校に駄目にされました。これから義務教育の学習内容を習得するため高校に行きながらでも、人として最低限の知識の習得のため塾に行かせようと思っています。