マーケティング

JMR-LSIマーケティングニュース

日本経済を動かしているビジネスリーダーのためのマーケティング・マガジン。事実・事例・理論に基づき、独自の生活研究の中から実務に役立つ分析、戦略情報を提供していきます。

全て表示する >

JMR-LSI マーケティングトピックス 【2004.06.01】

2004/06/01

・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMR生活総合研究所 新着情報                    2004.06.01
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            http://www.jmrlsi.co.jp
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*ご注意!各URLの前の、
 「★」は会員限定メニュー、「▼」はオープンメニューを示しています。


■□■□■□■□■□ 新 コ ン テ ン ツ ■□■□■□■□■□

  ┌────────────────────────────┐
  _│           新・流通戦略           │_
 \│  「高収益を回復するための差別的チャネル戦略とは」  │/
 /└─┬────────────────────────┬─┘\
  ̄ ̄ ̄~                          ~ ̄ ̄ ̄
    「大手組織小売業へ集中化したが儲からない」こういう話
    をよく耳にします。収益改善のための解決策を提案します。
    流通構造の激変下、メーカーは、どうすれば高い収益性を
    回復し、消費者にとってより価値のある製品サービスを開
    発・製造し、提供することができるのでしょうか?
    収益に苦しむメーカーが今、採るべき流通戦略とは?

 ◎提言論文 第1回(オープン公開)
   1.問題の所在
     卸と小売の再編が進んでいます。とりわけ、小売段階の
     組織化と寡占化の進展によって、メーカーが持続的な収
     益性を維持することは極めて困難になっています。
     その原則を経済モデル分析によって探っていきます。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/report/2004/esm_ryuutuu01.html

 ◎第2章以降は、メンバーシップ限定となります。以下が構成です。
   2.チャネル戦略の基本モデル
   3. チャネル戦略にみるメーカー収益性の低下メカニズムとジレンマ
   4.差別的チャネル戦略の仮説と分析モデル
   5.各ケースの分析結果
   6.分析結果と考察
   7.チャネル戦略の新原則
   8.差別的チャネル戦略の成功の鍵
   9.ケーススタディ(医薬品業界・菓子業界)

 【関連コンテンツ】

 ◎戦略ケース
  「ロート製薬株式会社
         −「オバジ」にみる新しいチャネル戦略の可能性」
    オーバーストア状態のなかで激しい価格競争を繰り広げている
    小売業。消費回復期にある今こそ、メーカー主導権を回復する
    チャンスです。新しいチャネル戦略の可能性を紹介します。
    【期間限定オープン】
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/caseshort/2004/s02_rohto.html

 ◎提言論文
  「価格差別化戦略
        −利用チャネルをシグナルとした戦略的プライシング」
    低価格化の常識を破った高価格商品が続々とヒットしています。
    新・価格戦略を構築するためのヒントとなるお奨めコンテンツ
    です。現在、一部をオープン公開中。この機会をお見逃しなく。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/report/2004/esm_kakaku01.html


 _┌────────────────────────────┐_
 \│      消費回復へのマーケティングチャンス     │/
 /└─┬────────────────────────┬─┘\
  ̄ ̄ ̄~                          ~ ̄ ̄ ̄

 ◎いっきゅうが斬る  
  「クール・ジャパンが消費回復を牽引する」
    節約から消費へ、潮目がかわりました。個人消費が動き出し、
    予想以上の経済成長をもたらしています。収入など実態の変化
    ではなく消費マインドの回復によると分析されます。コンテン
    ツ産業の輸出の伸びにみられる、外から見た日本の評価=「ク
    ール・ジャパン」が日本人の「自信」を回復させ、新しい消費
    の空気をもたらしています。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/kiru/kiru2004/kiru2004_05.html

 ◎戦略ケース
  「ソニー QUALIA−高性能デジタルAVの高価格戦略の成否」
    「デジタル・ドリーム・キッズ」と高らかに自社ブロードバン
    ド時代の戦略を打ち出したソニーですが、強みであった「もの
    づくり」がおざなりになり、一転業績不振に陥っています。
    「QUALIA(クオリア)」はソニーのものづくり復活の狼
    煙となるか?
  ★ http://www.jmrlsi.co.jp/member/caseshort/2004/s04_sony.html


◆新着情報◆
-----------------------------------------------■-----■□■□■□■
◎Economics of Strategic Marketing(戦略的マーケティングの経済学) 
 「戦略的マーケティングのためのミクロ経済学入門」
  このコンテンツは
  (Economics of Strategic Marketing : ESM)」へのイントロダク
  ションという観点に立ち、ESMの前提となっているミクロ経済学並
  びに産業組織論の基礎を解説いたします。

 【本編−会員限定】
  第8章 不完全競争のミクロ経済学(3):ベルトラン型寡占競争、独占的競争
   第5節 考察・検討
    ―「差別化されたベルトラン競争」の枠組みを通して、
                    企業の競争環境を眺めると―
  ★ http://www.jmrlsi.co.jp/member/io/d08/io08_5.html

 【ご案内と全体構成】 
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/io/index.html  


◆新着情報◆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎「週刊ビジネスガイド5月27日号」
   1.トヨタ自動車、年内に中国で「レクサス」チャネル
   2.イオン、メーカーとの協業で新たなブランド導入
   3.月例経済報告−上方修正見送り
   4.百貨店、チェーンストア売上高、2ヶ月連続前年割れ
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/wbg/2004/wbg0527.html

■□■□■□■□■□■□ メンバーシップご案内 □■□■□■□■□■

 豊富な戦略ケース事例、一歩先を行く論文集など仕事に役立つ情報が満載
 です。また、複数の個人や部署での申し込みについて、お得な法人会員も
 ご用意しています。
 ご案内、お申し込みはこちらから:http://www.jmrlsi.co.jp/kaiinn.html

・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━■━━━━━━━
■発行:JMR生活総合研究所                http://www.jmrlsi.co.jp
■ご意見をお聞かせ下さい           web@jmrlsi.co.jp
■copyright
 (c)2004 Japan Consumer Marketing Research Institute. all rights reserved. 
■編集担当 川口

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。