マーケティング

JMR-LSIマーケティングニュース

日本経済を動かしているビジネスリーダーのためのマーケティング・マガジン。事実・事例・理論に基づき、独自の生活研究の中から実務に役立つ分析、戦略情報を提供していきます。

全て表示する >

JMR-LSI マーケティングトピックス 【2004.04.16】

2004/04/16

・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMR生活総合研究所 新着情報                    2004.04.16
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            http://www.jmrlsi.co.jp
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*ご注意!各URLの前の、
 「★」は会員限定メニュー、「▼」はオープンメニューを示しています。

■□■□■□■□■□ 新 コ ン テ ン ツ ■□■□■□■□■□

  ┌────────────────────────────┐
    │◎シリーズ「戦略的マーケティングの経済学」       │
 _│ 「価格差別化戦略                    │
 \│   −利用チャネルのWTP格差に基づく戦略的プライシング│/
 /└─┬────────────────────────┬─┘\
  ̄ ̄ ̄~                          ~ ̄ ̄ ̄
  「価格は聖域か?」
  「価格戦略論」(ヘルマン・サイモン/ロバート・J.ドーラン著)
  などの文献が増えているように、プライシングに関する注目度が高
  まっています。
  価格を戦略的に利用する。消費者の支払い意思価格をとらえ、流通
  への最適な価格提案を通じて、収益の向上は可能です。
  本稿は、価格設定の実務に携わる消費財メーカーのスタッフに向け
  て、価格を戦略的に利用し利潤を向上させる価格差別化戦略を提示
  することを狙いとしています。

 ◎第1回(オープン公開)
  「1.問題の所在」
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/report/2004/esm_kakaku01.html

 ◎第2回(メンバーシップ)
  「2.価格戦略の主要な研究」 
  「3.価格差別化の経済理論
  「4.消費者行動理論に基づく需要関数の導出 
  ★ http://www.jmrlsi.co.jp/member/ronbun/2004/esm_kakaku02.html


_┌──────────────────────────────┐_
\│        ◎ネット評判記「カップ麺」          │/
/└─┬──────────────────────────┬─┘\
 ̄ ̄ ̄~                           ~ ̄ ̄ ̄
  1970年代初めの、世界初のカップめん「カップヌードル」発売より
  約30年になります。いまや日本の国民食となった「カップめん」で
  すが、現在もその生産量は増加し続けています。市場が拡大基調に
  あり、カップめんメーカーの競争は大変激しく、1年間に数百種類
  の新製品が投入されても、生き残るのはわずか数種類と言われてい
  ます。
  今回のネット評判記では、当社ネットモニターを対象に調査を行い、
  カップめんの食生活への浸透具合やその変化、そしてその背景にあ
  る価格や利用チャネルとの関係について探りました。

 ◎第1回「ユーザー広がる日本の国民食−女性やシニアの食機会増加」

   1回目は、カップめんの食実態についてです。「女性が昼食とし
   て食べる」といったユーザー層の拡大と食シーンの多様化が進ん
   でいることがわかりました。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/nhbk/2004/nhbk74_1.html

 ◎第2回「ロイヤリティ第1位は日清具多[GooTa]−若い層からの支持」
   従来は、「インスタントラーメン」というお手軽・手抜きイメー
   ジが感じられたカップめんですが、具材や麺のこだわり・名店の
   味・高価格といった、いわゆる「高級カップめん」という新セグ
   メントが注目されています。
   第2回目の今回は、その背景要因を購入価格や利用チャネル、選
   択ブランドからみていきます。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/nhbk/2004/nhbk74_2.html


◆新着情報(3)◆
-----------------------------------------------■-----■□■□■□■
◎マーケティングデータベース
 「週刊ビジネスガイド4月8日号」
   1.イオン、4期連続最高益を更新
   2.イトーヨーカ堂グループ、新情報システム構築
   3.2003年度の携帯電話契約数、auが純増トップ
   4.景気動向指数、一致指数9ヶ月で連続50%超える
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/wbg/2004/wbg0408.html

 「週刊ビジネスガイド4月15日号」
   1.日清食品、中国2位メーカーに出資
   2.イオン、いなげやと業務提携
   3.高島屋とクレディセゾンセゾン、カード提携
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/wbg/2004/wbg0415.html


◆新着情報(4)◆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎消費を読む
 「消費からみた景気指標 2004年4月分データ更新」 
   当社が選定した景気指標を、一覧表形式でお届けします。
  ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/menu/keiki/index.html

   メンバーシップ用の完全版はこちらからどうぞ。
  ★ http://www.jmrlsi.co.jp/member/keiki/index.html


■□■□■□■□■□■□ メンバーシップご案内 □■□■□■□■□■

 豊富な戦略ケース事例、一歩先を行く論文集など仕事に役立つ情報が満載
 です。また、複数の個人や部署での申し込みについて、お得な法人会員も
 ご用意しています。
 ご案内、お申し込みはこちらから:http://www.jmrlsi.co.jp/kaiinn.html

・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━■━━━━━━━
■発行:JMR生活総合研究所                http://www.jmrlsi.co.jp
■ご意見をお聞かせ下さい           web@jmrlsi.co.jp
■copyright
 (c)2004 Japan Consumer Marketing Research Institute. all rights reserved. 
■編集担当 川口

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。