マーケティング

JMR-LSIマーケティングニュース

日本経済を動かしているビジネスリーダーのためのマーケティング・マガジン。事実・事例・理論に基づき、独自の生活研究の中から実務に役立つ分析、戦略情報を提供していきます。

全て表示する >

JMR-LSI マーケティングトピックス【2009.02.26】

2009/02/26

・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 JMR生活総合研究所 新着情報                   2009.2.26
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           http://www.jmrlsi.co.jp
・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  【本号の主な内容】
    1.トレンドフォーカス「ビール業界」
    2.オリジナル調査「パソコン」ランキング
    3.仕事に役立つマーケティングデータベース

□■□■□■□■ 1.トレンドフォーカス「ビール業界」 ■□■□■□■□

     − ビール4社の2008年12月期決算と戦略分析を読む −


  「出荷量過去最低でも全社営業増益 −2008年のビール市場と2009年の展望」

    1月に発表されたビール大手5社の2008年通年のビール系飲料(ビール、
    発泡酒、第三のビール)の合計出荷量は4年連続過去最低を更新し、
    市場の減少傾向に歯止めをかけることはできなかった。
    そうした中、第三のビールが発泡酒を抜き、サントリーがサッポロを
    抜くという業界構造の変化が起こった。各社はコスト削減努力により
    前年比で営業利益増を達成したが、長年抱える課題に頭を悩ませている。

    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/case/2009/beer200902.html?ID=090226


  【サントリー(新着)】
    2007年12月期の連結決算は、増収減益となった。
戦略ブランド「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」「カロリ。」などに
    対して販売促進費・広告宣伝費と大量投下したことで、酒類事業の
    営業利益は前期比の1割弱となる11億円にまで減少した。
    しかしこれは中長期的なシェア拡大を狙うための戦略的な投資となり、
08年度には1963年に参入以来、46年目にして初のビール事業の黒字化と
シェア3位という躍進の大きな布石ともなった。
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/senryaku/02-drink/suntory.html?ID=090226

  【アサヒビール】
     ビール類シェアトップを守るも「スーパードライ」依存から抜け出せず
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/senryaku/02-drink/asahibeer.html?ID=090226

  【キリンビール】
     「淡麗」「のどごし<生>」好調もビール新定番育成に苦しむ
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/senryaku/02-drink/kirinbeer.html?ID=090226

  【サッポロホールディングス】
     中核ブランド低迷により、08年度はシェア4位に転落
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/sc100/senryaku/02-drink/sapporobeer.html?ID=090226


□■□■□■□ 2.オリジナル調査「パソコン」ランキング □■□■□■□

    世界的な不況に所有率の限界など、パソコン市場を巡る環境は
    厳しい状況となっている。これまで市場拡大の起爆剤となって
    いたWindowsの新OSも「Vista」効果は極めて小さいものであった。

  【デスクトップパソコン 「NEC、トップ独占の復活はあるか」】
    ノート化への潮流の中、2007年に「標準型デスクトップPC」から
    撤退を発表したソニーのVAIO。高いブランド力を持っていたVAIOの
    撤退後の市場で浸透度の高さを示したのはNEC「VALUESTAR」である。
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/consumer/mranking/05-it/mranking77-2.html?ID=090226

  【ノートパソコン 「ネットブックはどこまで伸びるか」】
    かつては高いブランド力を持っていたVAIOが次第にそのプレゼンスを
    低下させている。認知は高いものの、「現在持っている」「今度(も)
    利用したい」では富士通やNECとほぼ同レベル。パナソニックの
    「Let's note」コアなユーザーを獲得している様子がうかがえる。
    またネットブックも今後どこまで伸びるか注目される。
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/consumer/mranking/05-it/mranking77-2.html?ID=090226

□■□■□■ 3.仕事に役立つマーケティングデータベース ■□■□■□

  【◎企画に使えるリサーチデータ】
  乗用車販売と携帯キャリアの加入者数。小売業態別の販売動向を更新。
    ▼ http://www.jmrlsi.co.jp/skillup/data/index.html?ID=090226


・・‥‥‥…………━━━━━━━━━━━━━━━━━■━━━━━━━
■発行:JMR生活総合研究所                http://www.jmrlsi.co.jp
■copyright
 (c)2009 Japan Consumer Marketing Research Institute. all rights reserved. 
■JMRメルマガ編集部

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。