飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2019/11/27

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2019/11/28  第835号
                    http://www.s-harvest.com/ese/

☆★------------------------------------------------------------☆★

福岡マラソンが終わった後は夜の大濠公園を走る人が一気に減りました。
これから春までは静かに走れそうです。

…………………………………………………………………………………………

家、マンション、土地を売りたい、買いたい、という方は是非えしぇ蔵に
ご相談下さい。
090-1343-9595 shingu@s-harvest.com

…… 蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

鶴田知也 「コシャマイン記」

アメリカ大陸においては先住民であるインディアンとヨーロッパからの開拓
民との間での争いは西部劇などで描かれて誰しもご存知の通りですが・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「菓子工房 cotori no te」

友達とか、お得意先とか、恩師とか、その他お世話になってる人のところを
訪問する時は何かちょっと手土産持って行きたいですよね。でもそう・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

10月18日(金)雨

福岡市美術館で「ギュスターヴ・モロー展」が開催中で、しかも10月中は金
曜と土曜は夜8時までやってるということなので、仕事を終えて自宅で夕食
を済ませてから、姫と見に行った。
雨の影響か、平日のせいか、夜だからか、中はガラガラ。おかげで海外の美
術館のようにじっくり見ることができた。

ギュスターヴ・モローの「出現」の本物が見れて強烈に感動した。ワシはモ
ローの幻想的な世界が好きだ。いつまでも眺めていたくなる。 残酷な場面
を芸術にするその世界観に浸っていると、ふと「エイリアン」をデザインし
たH・R・ギーガーの世界を思い出した。あのぞくぞくする世界とどこか通じ
るものを感じた。

それにしても全作品モローだったのでたっぷり楽しませてもらった。最近は
肝心の本人の作品はほんのわずかで、あとはデッサンや同時代の他の人の作
品、影響を受けた人の作品などで水増ししてる時が多いから国内で美術館の
催しに行く時には慎重になるようになってたが、今回は大満足。

その後は「RAMUSIO」でお茶して帰った。いい夜だった。 

「ファム・ファタル」 

今まさに 我が目の前に ファム・ファタル



10月20日(日)晴れ

久しぶりに朝ランした。朝5時に起床。姫が起きるのを待って6時過ぎに家を
出た。
早朝にも関わらず走ってる人はたくさんいた。福岡マラソンが近いせいかも
しれない。ゆっくりと4周走った。

その後は歩いて浄水通りへ。「Saturday . AND READY」でモーニング。なか
なか雰囲気のいいお店で、コスパも良かった。

朝早かったので帰宅してシャワーを浴びたら寝ようと思っていたが、なんだ
かんだと雑用しているあいだに気が付くと夕方だった。全然休めなかった。

夜は姫が料理教室の復習をしたいということで急遽白ワインにありついた。
思いがけない喜び。

引越し以来、梱包したままだったオーディオセットを取り出してつないでみ
たら、CDトレイが開かなくなっていた。ショック……。MDがついてるという
古い型なのでもう寿命なのだろう。ブルートゥースの受信機だけつけてスマ
ホから音楽を飛ばして聞くことにした。
それにしてもブルートゥースは本当に便利だ。家電の電源も飛ばせるように
ならないだろうか?そうすれば鬱陶しい電源コードともおさらばなんだが。

「喪失感」 

お昼寝を しそびれた この喪失感



10月22日(火)晴れ

せっかくの秋晴れにどこか登らずにはおれないということで、今回は宮若市
にある「六ヶ岳」。その名のとおり、「出穂の峰」「高祖の峰」「旭の峰」
「羽衣の峰」「?門の峰」「天冠の峰」とピークが6つある。通常、「六ヶ
岳」という時は「旭の峰」のことを指すが、そこに行くだけだとあっという
間に終わってしまうので、思い切って全ての峰のピークハントに挑戦した。

いくつも登山口があるが、比較的車が止めやすそうな内野池登山口を選んだ。 
まずは「出穂の峰」へ。最初の登り始めからどこがルートだかわからないと
いう手強さ。登山道も何もない。ピンクや白のリボンを探して道なき道を行
く状態。足場も悪く、傾斜はひどいところでは70度くらいあったのではない
だろうか?それなのにロープもない。しがみつくようにして登った所もあっ
た。 

時間も結構かかったので、一つ目からこれなら6つは無理だなと感じたとこ
ろで、ようやく「出穂の峰」に到着。 

写真を撮ってすぐに移動。下って、また登り。そして「高祖の峰」到着。

そしてまた下り、今度はかなり急な坂だがきちんとした登山道に出た。ロー
プを使って一気に登って「旭の峰」に到着。
ここは360度の眺望が最高!ここでお昼にした。

エネルギーを補給した後は、来た道とは別のルートへ。転んだら下まで行き
そうな急な坂をどんどん下り、そしてまた登り。ほどなく「羽衣の峰」に到
着。

そしてまた下り。せっかく登った分をどんどん下る。今度は結構歩いて、
「?門の峰」に到着。

さぁ、あと一つ!持ってきた地図によると結構離れているから頑張らないと
!と思いながら歩いていると、あっけなく到着。

ついに6つのピークを制覇!だが喜びも束の間。結構奥まで入っているので
登山口まで下るのが大変。来た道を戻るとかなりの距離とアップダウンがあ
るので、別のルートで登山口に戻ることにした。

そしてここからさらに一苦労。道案内の表示が全くない。ピンクのリボンを
見つけてはその方向に歩く。でもそのリボンが行きたい方角のリボンなのか
がわからない。スマホのGPSで現在地と方角を確認しながらおそるおそる歩
く状態。
本当にこっちでいいのか?と不安になりながら、登ったり、下ったり。山と
いうのはしっかりと道が把握できていない不安な精神状態の時は余計に疲れ
る。まぁ迷ったら最悪、また登ってどこかの山頂まで行って、そこからやり
直そうと考えていた時に、見覚えある分岐に戻ることができた。この時は本
当にホッとした。
後は普通の登山道を下って登山口に戻ることができた。

道がわからず焦るワシをよそに、姫は蔦のブランコで遊んでた。

下山後はコンビニでアイスを食べ、産直の「ドリームホープ若宮」でキムチ
を買い、「脇田温泉 湯乃禅の里」で湯に浸かってから帰宅した。

なかなかハードな休日になった。夜のビールが死ぬほどうまかった。

「六ヶ岳」 

上り下り 道なき道の 六ヶ岳
たかが里山 あなどるなかれ



--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。