飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2019/05/15

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2019/5/16  第821号
                    http://www.s-harvest.com/ese/

☆★------------------------------------------------------------☆★

連休最終日に中央区赤坂に引越しました。まだまだ片付けが終わらずあち
こちに段ボールが積まれたままです。全部すっきりするにはしばらくかか
りそうです……。

…………………………………………………………………………………………

家、マンション、土地を売りたい、買いたい、という方は是非えしぇ蔵に
ご相談下さい。
090-1343-9595 shingu@s-harvest.com

…… 蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

武田泰淳 「ひかりごけ」

ちょっと重いテーマの小説です。覚悟はいいでしょうか?この作品はですね、
カニバリズムがテーマです。つまり「食人」ですね。飢餓の極限状態・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「イタリア食堂frutto(フルット)」

イタリアンやフレンチのお店を始めるとなれば、どうしても集客が見込める
福岡の中心部を選ぶのが無難かなと(その分、競争は激しいですが)・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

3月24日(日)晴れ

今日は風が冷たかった。舞鶴公園の桜はまだ咲かない。

姫と自転車で初マークイズ。
映画「グリーンブック(原題:Green Book)」を観た。実にいい映画だった
し、これは多くの人が観るべき映画だと思った。人種差別はどこの国にもあ
る。自分の方が優位だと思うこの愚かな考えを人が持ち続ける以上、戦争を
筆頭に様々なトラブルはなくならないだろう。そんなことを考えながら観た。
しかしモーテンセンの演技は素晴らしかった。役作りの根性にも脱帽。

来たついでにマークイズ探訪。なんと!フードコートにナポリで食べたピザ
屋「スポンティーニ」があった!これは食べずにおられないということで夕
食がわりに食べてみたが……うーん、予想はしていたがなんか違う。あの下
サクサク上フワフワ感がいまひとつ足りない。味はまずまずだが、あの感動
を生んだ食感は体験できなかった。焼き方をもうちょい改善すべきじゃない
かな?

それにしてもマークイズはすごい。全て揃ってるので、ここに閉じ込められ
ても困らないのではないかと思ってしまう。ここを拠点に百道エリアはさら
に発展していくのだろうな。衰退に歯止めがかからない九州の他の地方都市
を置き去りにして、福岡市だけが発展を続ける。この構造はちょっとまずい
んじゃないかな。

「チャリ」

開花前 されどチャリでは 冬の風



3月29日(金)晴れ

「12ヶ月全ての京都を楽しむ」シリーズを始めてはや12年!ついに今回、そ
の最終回を迎える。 今回のテーマは、「大原 隠棲の里を歩く」。京都の市
街地から少し離れた大原を楽しもうという企画。 

今回は飛行機を使った。朝5時起きで、8時発の関空行きに乗り、関空からは
高速バスで京都へ。心配だった渋滞もなく、11時前には京都駅に着いた。 
まずはランチのために「円山公園」に移動。そして第1回の時に食べにきた
「ひさご」で親子丼を食べた。12年経ってもやはりうまかった。 

午後、腹ごなしにぷらぷらと歩いていると、「安井神社」というところに行
列ができてるのを発見。何ごと?と思いつつ見てみると、みんな順番に穴を
くぐっていた。なんでも縁切り、縁結びの神様らしく、表から裏へくぐるの
が縁切り、裏から表にくぐるのが縁結びということだった。 なんとも面白
いものに遭遇したもんだ。 

その後、本日のメインである桂離宮へ。さんざん京都に来てるのにこんな大
物を見逃していたなんて!ここは予約が必要。時間に遅れないように桂へ。 
到着してもまだだいぶ早かったので、中村軒でお茶した。ここはなんと皇室
御用達!園遊会への招待状が額にして飾ってあった。 麦代餅とよもぎ善哉
を食べたが、そのうまいこと!なるほど御用達はやはり違うなと納得。 

時間になり、桂離宮へ。ここは有料だがガイドさんがわかりやすく説明して
くれるので、どんな庭園なのかは大まかに把握できた。 客人をもてなすた
めにありとあらゆる工夫が随所に施されており、日本の庭園の素晴らしさを
存分に味わうことができる造りになっていた。
もう本当に感動の連続! ガイドさんの

「建築物は完成した瞬間に劣化が始まるが、庭園は完成した瞬間から成長が
始まる」

という表現が強烈に印象に残った。まさにその通りだと思う。何十年も先の
姿を思い描いて造園にたずさわる人々の凄さに改めて敬意を感じた。
いくら美しい建築物といえど、自然の美には到底かなわない。だが庭を作る
ことはいわば人間と自然の合作だ。ということはそこに計り知れない可能性
があることになる。工夫と年月によってどこまでも美を追求できるなんて本
当に素晴らしい世界だ。 

名残惜しい桂離宮を後にして京都に戻り、ホテルにチェックインした。今回
の宿は「ホテルリソル京都 河原町三条」。
この時期は春休みだし花見客も多いのでなかなか宿が見つからずここしかな
かったので選んだわけだが、これが大正解。和モダンのデザインが素晴らし
く、細かいところまで配慮した工夫が見られ、実に快適に過ごせるように造
られていた。 

ホテルで一息ついた後、夕食へ。1日目の夕食は今回で3回目となる「アジェ」
の本店。またいつものように肉をたらふく食べて、ワシはビール、姫はマッ
コリを飲んだ。 安くおいしく腹いっぱいになれるこういうお店は本当に重
宝する。

ということで1日目は終了。明日は大原へ。

「桂離宮」 

もてなしの こころ形に 桂離宮
光陰はるか 進化を止めず



--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。