飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2013/06/12

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2013/6/13  第634号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

梅雨入りしましたがあまり雨が降りませんね。大丈夫なのでしょうか?
慢性的に水不足の心配がある福岡はこれまで何回か渇水を経験をしているの
で、梅雨に雨が降らないと住民である我々はすぐに不安感を抱いてしまいま
す。いつになったら水に関して安心できる街になれるのでしょうかね?

…… 蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

灰谷健次郎 「砂場の少年」

灰谷健次郎という人はその作品の良し悪しをどうこう言うよりも、テーマに
取り組む姿勢そのものを一番評価されるべき人ではないかとえしぇ蔵・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「そふ珈琲 」

カフェはブームに乗って福岡の街に一挙に増えましたが、どうも時代が必要
としたのか一過性のものでは終わらず、しっかりと一つのジャンルと・・・

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961
(年内休載します。再会は来年1月からになります。)

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

(日本時間)4月29日(月)ローマ快晴

快晴。夏のように気温が上がった。暑いが空気が乾燥しているせいか、じめ
じめした気持ち悪い汗はかかない。日陰に入ると十分涼しい。こういう気候
が好きだ。
本日の目玉は古代ローマの散策だ。近接する「コロッセオ」、「フォロ・ロ
マーノ」、 「カピトリーノ美術館」をはしご。

「コロッセオ」はもともと皇帝ネロの宮殿「ドムス・アウレア」の庭にあっ
た人工池の跡地を利用して作られた闘技場だ。長径188m短径156mの楕円形。
高さは48mもある。なんと45,000人も収容できたらしい。日除けに布を張る
ことができたらしいからちょっとしたドーム球場だ。この日除けの布がなく
ても全ての席が1日に20分以上直射日光があたらないように設計されていた
というから古代ローマの建築技術には舌を巻く。
それにして上の階から全体を見渡すとなんとも壮大な建物だ。古代ローマ人
の歓声や剣闘士の剣の音が聞こえてきそうだ。

「フォロ・ロマーノ」はローマ帝国の時代に約300年ほど政治・経済の中心
地だったところ。初代アウグストゥスが起工した「コンコルディア宮殿」、
ドミティアヌス帝が建設した「ウェスパシアヌス神殿」、元老院議事堂の
「クリア・ユリア」、パルティア遠征の戦勝記念である「セプティミウス・
セウェルスの凱旋門」、カエサルを神として祀っているいる「ディウウス・
カエサル神殿」、公文書館の「タブラリウム」などが集まっていた。さぞか
し壮観な街並みだったろうと思うが、今ではほとんどの建物は倒壊しており、
わずかな痕跡を留めるだけのものが多い。だがそれだけに空想の都は果てし
なく広がる。

「カピトリーノ美術館」は古代ローマの美を鑑賞する場所だ。なんといって
も堂々たる「マルクス・アウレリウスの像」が素晴らしい。ローマでキリス
ト教が国教になって以来、かつての多神教時代の皇帝の像は破壊されていっ
たらしいが、この像はどういうわけかキリスト教を公認したコンスタンティ
ヌスの像だと誤解されていたので破壊されずに済んだそうな。運のいい像だ。
それとローマ建国の祖であるロムルスとレムスが狼の乳を飲む像もある。

昼食休憩の後は「トレヴィの泉」までバスで移動しようと思ったが、地図で
見るとそれほど遠くないのでコルソ通りをぶらぶら歩くことにした。休みな
のでコルソ通りは歩行者天国状態だった。この道はかつてゲーテが歩いて祭
りの様子を「イタリア紀行」に残しているから歩きながらも感慨深いものが
あった。
それにしてもローマは魅力がいっぱいだ。なるほどゲーテが合計で1年以上
ローマに滞在してなかなか帰らなかったというのもよくわかる。

「トレヴィの泉」はバロック時代の噴水。像が3つ立っているが真ん中が水
の神ネプチューン、左が豊穣の女神ケレス、右が健康の女神サルース。だが
観光客にとってはそういう由来よりもコインを投げるおまじないの方が大事
だ。後ろ向きに投げ込まないといけないが、1枚だと再びローマに来ること
ができる、2枚だと好きな人とずっと一緒にいられる。3枚だと恋人や伴侶と
別れることができるという言い伝え。泉の周囲は観光客で埋め尽くされてい
るが、いろんな人種がみんなしてコインを投げているから面白い。世界中の
人が同じことをして楽しそうに笑っている。なんとも素晴らしい光景だ。世
界平和だ。戦争なんかやめようぜ。
ちなみに投げ込まれたコインの半分はチャリティに寄付される。後の半分は
どうなるんだ?

「スペイン広場」には言わずと知れた「ローマの休日」で有名になった「ス
ペイン階段」がある。上の方に座ってあのシーンを思い出す。ジェラートを
食べるオードリー・ヘップバーンの後ろから偶然を装ってグレゴリー・ペッ
クが声をかける。「Hey! It's you!」
後ろの「トリニタ・ディ・モンテ教会」の美しさは格別だ。

「サンタンジェロ城」をたそがれに訪れた。ここはハドリアヌス帝が自分の
霊廟として作らせたものだが後に軍事要塞的な存在になった。その前にある
「サンタンジェロ橋」はジャン・ロレンツォ・ベルニーニのデザインだ。ロ
ーマはこの人が関係しているものが本当に多い。
かつてペストが流行した頃、時の教皇グレゴリウス1世がこの城の頂上で剣
を鞘に納める大天使ミカエルを目撃したらしい。その時の姿が銅像になって
城の頂上に再現されているんだが、全くかっこいい話だ。剣を納める姿の凛
々しさ!その剣でペストを退散させたのだろうか。

この古い城にはなんとカフェがある。お茶しながらローマの街を眺めること
ができるなんて最高だ。たそがれていくローマを見下ろしながら思った。
「いつか住んでもいいなぁ」

「ナボーナ広場」はこれまた ジャン・ロレンツォ・ベルニーニによる「四
大大河の噴水」がある。今日の晩飯はこの広場の一画にあるお店にした。ベ
ルニーニを眺めながら食事か。見上げると淡い夜空。この空は今日だけの空。


「トレヴィ」

トレヴィにて コインを投げて 誓うひと
言葉違えど 笑顔は同じ



--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。