飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2011/06/22

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2011/6/23  第558号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

19日の日曜日に博多座で歌舞伎を見て来ました。先日、京都で能を初体験し
て、19日は歌舞伎と日本の伝統芸能を続けて見て、いよいよはまっていく自
分を感じています。能や歌舞伎が生み出す美学は日本の風土や人間性による
ところが大きい独特なものです。特に人生経験を積めば積むほどその良さが
わかってくるような気がします。夏にはまた能を見る予定ですが、日本の伝
統芸能の世界にもっともっとはまっていきたいなと思っています。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

夏目漱石 「草枕」

夏目漱石が日本を代表する作家であり、知名度も実力も群を抜いているとい
うことを否定する人は、よほど独自の道を行く評論家でもない限り・・・

http://zosho.blog19.fc2.com/

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「月うさぎ」

中央区の高砂周辺を車ではなく徒歩で端から端までぶらぶらすることを強く
オススメします。車で通過すると見落してしまう、小さくてよさげな・・・

http://www.s-harvest.com/ese/db/

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

フェイスブックを使ってていつも思うのだが、あの「知り合いかも?」のと
ころに表示される人っていうのはどういう根拠で選んでいるのだろうか?今
日はそこにライオンの写真が表示された。名前はアラビア文字で書いてあっ
た。おそらくアラブの人なんだろう。知らんがな。なんでワシの知り合いな
ん?
一番笑ったのが先々週あたりに表示されたヒラリー・クリントン。友達なっ
たろか?と思った。「いいね!」を押してみた。ワシで18,869人目だった。
笑った。
ちなみにクリント・イーストウッドを見てみたらファンの数が907,284人げ
な!今日誕生日らしい。おもろいねー。世界中からおめでとうのメッセージ
が届いてるけど全部のメッセージとても見れんやろ。

人の商売ならフェイスブックをうまく利用する方法を思いつくんだが、自分
の商売じゃなかなかいいアイディアが浮かばない。もどかしいったらない。
自分の頭の悪さがうらめしい。
 
「テクノロジー」
 
砂埃 バス停に われ 一人なり
テクノロジーの 次の便待つ
 


6月1日(水)晴れ

「粕屋のお客さん」での会話。

ワシ:「こないだ、お掃除ロボのルンバを実際に使ってる家に行きましたよ」
M田さん:「ああ、あれね。丸っこいやつ」
奥さん:「でもあれって丸くしか掃除しないでしょ?」
ワシ:「そうですね。障害物を避けながらね」
M田さん:「それじゃあたしの掃除といっしょやん」
ワシ:「物をどけないで掃除するとこがね(笑)」
M田さん:「あたしが掃除してルンバ踊っとけばいいやん」
ワシ:「でも100年後ぐらいには人間型のロボットが掃除してますかね?」
M田さん:「どうですかねぇ」
ワシ:「家に帰ったら、『掃除しときました』とか言ったりして」
奥さん:「あはははは!」
ワシ:「一回一通りやって見せたらその通りに覚えるとか」
奥さん:「それいいわね!」
ワシ:「でもなんでも覚えるから、M田さんみたいに何かにひっかかってす
っ転んだりしたらそれも律儀に真似したりしてね」
M田さん:「はい、はい、」

数日前にM田さんは会社の前ですっ転んで鼻の頭を怪我してる。頼んでもな
いのにネタを提供してくれる人だ。
 
「M田さん」
 
図らずも 日々ネタ作る M田さん
 


6月2日(木)曇り時々晴れ

今日から2泊3日で京都の旅。「12ヶ月全ての京都を楽しむ」シリーズも早い
もので第5回。今回は6月の京都。テーマは「能を知る」。2日目に平安神宮
に薪能を見に行くのがメインイベント。能は初めてなのでいろいろと基礎知
識を学んだり、ネットで動画を見たりして準備してきた。明日が楽しみだ。

ちょうどお昼時にホテル着。荷物を預けて早速自転車を借りに行った。前回
自転車のあまりの便利さに感動したワシらは今回もフルに活用する予定。
バスや地下鉄を乗り継ぐと時間のかかる場所も自転車ならあっという間。ま
ずは御苑の近くの和食の店「雲月」へ。ここで湯葉御膳を堪能した。正直こ
んなにうまい湯葉は初めて食べた。最後の鯛そぼろ飯にもまた感動。幸先の
いい出だしだ。

腹ごなしに店の近くの「梨の木神社」へ。明治維新を語る上で欠かすことの
できない三条実美親子が奉られている小さな神社だが、新緑に包まれて清浄
な空気に満たされていた。ここに湧き出る「染井の水」は京都三名水の一つ。
飲んでみたが確かにうまい。水を汲みに来る人が耐えなかった。
次はそのまたすぐ近くの「盧山寺」へ。ここは紫式部が源氏物語を執筆した
邸宅跡らしい。庭がきれいだった。

次の目的地の「相国寺」に行く前にちょっと買物。もはやお約束となった
「出町双葉」の豆もちと今の季節限定の水無月を買って鴨川の河原へ。土手
に座って食べた。
ふとそこへ妙な動物が登場。でかい鼠みたいだがどこか表情に愛嬌がある。
もしかしてかわうそ?なんでこんな所に?警戒心ゼロで好き勝手に泳いだり
岸を歩いたりしていた。そいつが何を思ったかワシらの目の前の岸に登って
きたので真っ正面から写真を撮ってやった。一体なんなんだこいつは。ネッ
トで調べるとやはりたくさんの人が目撃している。ビーバー説、カピバラ説、
かわうそ説、ヌートリア説といろいろあったが、多分かわうそだろう。鴨川
の名物なのか?

その後は阿舎利餅を買ったり、「野呂本店」で漬物を買った後に「相国寺」
へ。「相国寺」は全国の禅寺の最高峰、京都五山の一つ。ワシらは既に別格
の「南禅寺」を筆頭に、「東福寺」、「万寿寺」、「建仁寺」は訪問済み。
今回は「相国寺」ということで残りは「天龍寺」のみ。これは次回のお楽し
み。
ちょうど期間限定公開の龍の天井画を見ることができた。天井が微かにドー
ム状になってるらしく、ある場所で柏手を打つと見事に反響する。その音を
龍の鳴き声というらしい。ワシらも試したが確かに反響した。面白いもんだ。
その後は庭やかつて修業僧が使ったという浴場を見た。ここは室町時代から
修業僧を育ててきた寺だが、ちょうどこの時にも修業僧が一週間の座禅の修
業をしている期間だった。一週間の座禅の修業とはどういうものだろうか?
次に境内にある美術館へ。福岡で見ようかなと思いつつ行きそびれた「ハン
ブルク浮世絵コレクション」がちょうど開催中だったので嬉しかった。時間
をかけてじっくり堪能した。モダンでおしゃれな美術館も非常によかった。
「相国寺」での収穫は大きかった。

次は買物。創業二百年を越える「関東屋」の味噌、去年も買った「辻和金物」
の金物、女性のビアマイスターが作る「キンシ正宗」の地ビール、日本初の
洋菓子専門店「村上開新堂」のクッキーをゲットしてホテルに戻った。

晩飯はホテルの近くにあるイタリアン「サルティンバンコ」へ。ここがまた
圧倒的ハイレベルで一皿ごとに感動した。姫セレクト恐るべし!ワインもた
っぷり飲んで千鳥足でホテルに戻った。

充実の一日目が終了。自転車のおかげで予定以上にまわれたので明日からの
スケジュールに余裕ができた。

「都の風」

鴨川の 流れや去年(こぞ)と 変わりなし
都の風は 夏のさきがけ



--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                   http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。