飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2011/06/08

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2011/6/9  第556号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

先週は休刊失礼いたしました。毎年恒例の京都の旅に出ておりました。
例によって旅の記録は日記にアップしておりますのでよかったらご覧下さい。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

宇野千代 「色ざんげ」

才色兼備の女文士、宇野千代は多くの追随者を生んだ傑作を世に残して98年
6ヶ月の人生を終わりましたが、中でもこの「色ざんげ」は恋愛小説の・・・

http://zosho.blog19.fc2.com/

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「焼き菓子cafe cqt(クリコット)」

歳をとって自分も中古になってきたせいか、えしぇ蔵は中古のものが好きで
す。何を買う時でもまず中古を探してしまいます。本、CD、DVDから家・・・

http://www.s-harvest.com/ese/db/

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

5月16日(月)晴れ

ちょいとご無沙汰の「中国鍼灸院」さんへ。

「立夏」
 
呉炳宇

卯開知立夏、(卯開きて立夏を知り、)
芍薬杜娟紅。(芍薬杜娟、紅となる。)
紫竹新葉緑、(紫竹の新葉は緑となり、)
花盛香意濃。(花盛んにして香も意も濃し。)
 
(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)
 
卯が開いたら立夏てわかるばい
芍薬やつつじも赤ぉなるし
紫竹の新しか葉は緑になってからくさ
花もいろいろ咲いて香りも気持ちも濃くなると
 
最近、猛烈な忙しさなのでちょっと過労気味かもしれない。こういう時に
ちょっと先生に鍼をしてもらうと全然違う。すっと楽になる感じがする。忙
しい時ほど行くべきだな。
 
「立夏」
 
紫竹の葉 鮮やかにして 立夏知る
 


5月18日(水)晴れ

今日もいい天気。
スピード違反で警察のお世話になって以来、免許とりたてのおばちゃんのよ
うにゆっくり走るようになった。速い車にばんばん抜かれるが気にしない。
極めて安全運転。おかげでピブちゃんの燃費がえらく向上した。よっぽど今
まで乱暴に運転していたんだろうな。
ピブちゃんはスポーツカーのような音も振動もないし、乗り降りも楽。あき
らかに一日が終わった時の疲れ方が違う。目立たないところで結構メリット
のある車かもしれない。
 
「戦争と平和」を夢中で読んでいる。先日、どこかの国で古今東西の小説の
人気投票があったが、未だにこの「戦争と平和」が1位に君臨しているとい
うことに驚いた。どんだけすごい小説かがこれだけでわかる。なんせ発表が
1860年代だからな。いつまでトップにいるん?て感じだ。本当の名作には流
行り廃りはないってことだな。
 
「麦」
 
やわからに 麦黄金色 ふわふわり
 


5月20日(金)晴れ

「センチュリー21 小笠原」さんにお邪魔したらいろんな雑貨が運びこまれ
ていたので何の騒ぎ?と思ったら明日チャリティーバザーをやるらしい。中
にはうまそうなチリのワインもあった。売上は日本赤十字社に寄付されるら
しい。
こういう会社の利益以外の面において社会貢献する会社こそ、逆に生き残る
会社じゃないかと思う。己の利益しか追わない会社は現実的にみて意外に利
益を追えてないものだ。
ところでワシも何か持っていこうかなと考えてみたが・・・家に売れるよう
なものが何もないことに気付いた!その価値があるのはワシの蔵書だけだが
こればっかりは手離したくないし。あ、そうか引越しの時にハードオフに売
ってしまったからか。思えば身軽な人生だ・・・。

「ガンバレ日本!チャリティーバザー」
日時:5月21日(土)11:00〜15:00
場所:センチュリー21小笠原 本社(大野城市白木原2-1-10)
http://www.c21-ogswr.com/
 

専務が「SKBの制服売れるかなぁ・・・」と忘年会の時に着たSKB48(白木原
48)の衣装を眺めてつぶやいていた。S田さんが買うかも。

「チャリティー」
 
チャリティーの ワイン眺めて おもふこと
あわせる料理 あわせるチーズ
 
蔵 

5月21日(土)曇り

「粕屋のお客さん」での会話。

M田さん:「今日こんなに入力がある・・・」
ワシ:「頑張って下さい。頑張ればまたサティの福引が当たりますよ」
M田さん:「私、ほんとによく当たるんですよ」
ワシ:「多分そこで運を使い果たしてますね」
M田さん:「ふん。1円を笑う者は1円に泣くと!こないだもまた当たった。
見てほら、これよ」
ワシ:「ふーん」
M田さん:「アゲナーイ!」
ワシ:「イラナーイ!」

今日の最後は「江田建設」さん。その後急いで久留米に移動して「久留米市
民オーケストラ定期演奏会」を聞きに行った。姫が先に行っていい席をとっ
ておいてくれたので助かった。結構前のほうで演奏者もよく見えた。今回の
メインはシベリウスだったがこれが非常に素晴しかった!もともとシベリウ
スが好きな姫もえらく感動していた。「古雅書店」のヒゲコガさんがバイオ
リン演奏する姿もよく見えた。
ヒゲコガさんのご好意で毎年この「久留米市民オーケストラ定期演奏会」を
聞きにくるが、そのたびに楽器を演奏できる人を羨ましく思う。そして自分
の選んだ楽器でオーケストラに参加し、仲間と一緒に同じ曲を演奏できる喜
びを持てることを羨ましく思う。
プロ・アマ関係なく芸術に深く親しむ生活というのはいいもんだ。
 
「シベリウス」
 
君と聴く シベリウスただ 心地よき
 


5月23日(月)雨

山口昊さん(「ウイルホーム」の太田社長の義父様)が亡くなられた。夕方
に電話で聞いて、仕事が終わってからお通夜に行った。だいぶ遅れて行った
ので遺族の方は控え室に移動されていた。ワシは一人で棺の中の山口さんの
御尊顔を拝した。まるで今にも「新作は出来ましたか?」と催促の御言葉を
頂戴するのではないかと思ったほどにきれいだった。
その御年の半分にも満たない若輩のワシを、その磨きのかかった文章の前に
は稚拙極まりないものしか書けないワシを、「先生」と呼んで下さって、何
度となく作品を誉めて頂いたことが、自信をなくしたワシにどれほど大きな
励みになったことか。戦争体験をはじめとした様々な苦難を乗り越えられ、
文学における賞をいくつも受賞されるなど数々の功績も残された方が、何を
ワシから学ぶものがあろうか。恐縮極まりない。
後で社長と奥さんとほんのつかの間だが一緒に山口さんの思い出を語り合っ
た。奥さんのお話では最後までワシの新作を待っておられ、ワシの作品が世
に出ることを楽しみにされていたそうだ。あぁついに間に合わなかった。涙
は堰を切って流れていく・・・。
もっと早く出会って、多く教えを請いたかった。かえずがえすも残念だ。
山口さんの期待をその思い出とともに心に刻んで、いつの日か必ず賞をとっ
て、山口さんの墓前に御報告に行こうと心に誓った。それをせめてもの恩返
しにしたいと思う。

山口昊さん享年94歳。大往生。波乱の人生、見事な生き様。
心よりご冥福をお祈りします。
 
「文人」
 
文人の 旅立つきわの 夜半の雨
とめどもなきや 悲涙のしずく
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                   http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。