飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2002/05/01

☆★---------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2002/5/2 第118号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★---------------------------------------------------------------☆★

ことあるごとに「化学調味料」や「保存料」のことをよくないよくないと言う
えせグルメですが、「そう神経質にならんでも...」という意見もあるで
しょう。まぁ確かにですね、完全に避けることはもう現代では不可能です。
入ってないものの方が少ないですからね。意外なものに入ってたりしますからね。
でも普段から意識してれば摂取量を減らすことはできますよね。
こないだ恐ろしい話を聞きました。日本人はなんと1年間のうちに添加物を
平均2キロも摂取してるそうですよ。げー!2キロもですよ!更に恐ろしい事実
があります。葬儀屋さんによれば最近の死体は腐りにくいそうです。体の中に
たっぷり保存料が蓄積されているからだそうです。うげげげー!保存料入りの
人間げな!死んでから長持ちしてどうするよって感じですね。
はぁ...おっそろしい時代になりましたねぇ。このまま何も意識しないで
生活してたら、添加物が歩いてるような状態になりますよ。やっぱワシが普段
言ってることはそうオーバーな話でもないんですね。
同じように現代の食生活に警鐘を鳴らす本やホームページがたくさんあります
ね。最初は興味本位で読んでましたが、ああいうのを読み出すと悲しい現実に
ぶちあたります。「安心して食べれる物は極めて少ない」ということです。
これはとにもかくにも量と合理性を優先した20世紀の賜物ですね。戦争に負け
てぼろぼろになった状態からみんなが無我夢中にがんばってここまで発展させ
たのは世界史上自慢できる快挙だと思いますが、同時に生み出した副産物は
ちと深刻なものがありましたね。
要するにメーカー主導だったのでこういうことになったわけで、ワシら消費者
が声を大にして主張して、それが世論の声になることによって主導権を奪い
返して、「買う人が決める」構図を復活させるべきですね。でもそのためには
消費者がもっと現状のひどさを自覚するべきですよ。みんな自覚してぇ〜!
かつては人間にとって理想的と言われた日本食ですよ。また世界に誇れるよう
な食生活に戻しましょう!

今週は語るなぁ。

…… バリアフリーにご協力を …………………………………………………

「福岡えせグルメ」では、バリアフリーの店は常に募集してます。
情報ありましたらお願いします。

…… 掲載店からの訴え …………………………………………………………

「明太子のひろみ屋」
ホームページで販売してる明太子はネット上のみの限定版です!
http://hiromiya.jp/

「万太」
新メニュー「プチ黒豚角煮丼」登場!

「焼肉 黄華園」
「焼肉食べ放題飲み放題2000円」

「リールジャム」
「石窯ぶどう酵母のパン」は外せない!

「ル・シュクル」
新商品の「ラクテ」はいかが?

「オアシス珈琲」
「低温熟成食パン」もめっちゃうまいのご存知?

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

◇ 「焼肉・ステーキ」に「ステーキハウス たなか」を追加しました。

安くてうまくて家族で行けるアットホームな町のステーキ屋さんです。
こういうお店を大事にしましょうよ。

◇ 「和食」に「自然食・雑穀季節料理 キャトルセゾン旬」を追加しました。

現代の食生活はどうもおかしい!と少しでも思う方はここへ行って下さい。
ここは本気です。医食同源なのです。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

4月10日 晴れ
次郎に給料渡した。ちゃんと確認して封筒に入れてるのにこやつは毎回自分
で数えなおす。にくたらしー。
「デジカメ買って下さい」
「なんでよ。あるやんか」
「これ色悪いんすよ。もっといいやつを」
「どうしてそうあんたはそう次から次に買うものを思いつくわけ?今まで思
いついたの全部買ったとよ」
「でもいりますもん」
「もうあんま思いつかんどって」
「そしたらハードディスクを」
「MOもCD-RWもあるやないか。何のため買ったんか」
「これめんどくさいんですもん。ハードディスクやったら早いし....
なんたらかんたら」
ほっといたらそのうち車買えとか言い出しそう。

4月11日 曇り
M商事に行った。事務所に入ったらみんなして、
「おー!せんせーいーとこに来た!」
とあっちもこっちも質問攻め。それぞれパソコンの作業でうまくいかず仕事
が滞ってたらしい。順番に解決していった。
「せんせー!こっちもー!」
「せんせー!次こっちねー!」
売れっ子。
久しぶりにM社長がいた。相変わらず元気いっぱい。この人が元気じゃない
とこ見たことない 

4月15日 (月) 雨
今日教えに行ったある会社での社員同士の会話
「えーと、あの宛名ソフトなんやったっけ。えーっと、筆ぐるめじゃない、
筆なんとかやったんやけど...」
「筆おろしじゃないですか?」
「アホか!お前は!何が筆おろしじゃ!」
会社中爆笑。

4月12日 晴れ
お客さんのキャンセルで午後思い切り時間があいたので、ここぞとばかり
ESTAに行った。みっちり鍛えた。事務所に帰ってきたら「リールジャム」の
たくぼんが来てた。じろーと二人で子供の写真をあーでもない、こーでもな
いと加工してた。しっかしたくぼんが父親かいな。参ったな。帰りにアイド
ルカレンダーを見て「どれも違うな」とセリフを残して帰って行った。あん
たの年の頃にはストライクゾーンは狭いのよ。これがえせ蔵おじさんみたい
に30を越したらね、女の子が20代というだけで...。

4月14日 晴れ
庭のピラカンサスが生い茂ってたので剪定した。一人でチョキチョキしてる
となんかしみじみ「おやじくさー」と思ってしまった。バカボンのパパに頼
めばきれいにしてくれるかなとかわけわからんこと考えながらやった。

4月18日 (木) 曇り
訪問する先々でいろんな物を貰う。本当に申し訳ないと思う。お金貰ってる
のに。今日もあるお客さんに日本酒を貰った。「日本酒がお好きでしょう。
どうぞ」と。よくご存知で。次の訪問先では京都に行ったお土産ということ
で千枚漬けとお茶を貰った。あぁ本当に嬉しい。こういうお客さんの気持ち
を大事にしないといけない。そう思いつつ帰ってきて玄関から入ろうとした
その時!貰った日本酒を落としてしまった。小さいビンだったがまさに粉々。
.....一滴も残らなかった。.....ワシはアホや。.....お客
さんの気持ちを無駄にしてしまった。あぁぁ.....家中酒の匂い...
..まるで酒蔵.....自己嫌悪.....。

…… えせ蔵の独り言 ……………………………………………………………

ワシは春香マニアだ!
ホーガン!ホーガン!ホーガン!ホーガン!ホーガン!ホーガン!ホーガン!

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『パブジーン(http://www.pubzine.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★---------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2002/5/2 第118号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                          ese@s-harvest.com
                     福岡県粕屋郡新宮町下府191-6
☆★---------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。