飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2011/02/23

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2011/2/24  第544号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

ITの新化は常に人の予想の先を行きますが、ついにここまで来たか驚いた
のが「WiMAX」です。これは新しいインターネットの通信方法なんです
が、自宅でも外でも使えて、モバイルなのに高速、しかもパソコンの設定も
いらないというスグレモノです。やがて海外でも自由に使えるようになると
のことです。利用料もそんなに高くありません。すごくないですか?
ネットで検索してみて下さい。次回は絶対これにしようと思います。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

森鴎外 「雁」

いつも森鴎外のことを書く時にはなにか畏れ多いものを感じます。血筋もよ
ければ経歴も申し分なし。多くの実績と名声を残し永遠に語り継がれ・・・

http://zosho.blog19.fc2.com/

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「うどん王子」

まず言っておきます。玉子うどんでもうどん玉子でもありません。うどん王
子です。お店に入ればすぐにわかります。大将が金色の王冠かぶって・・・

http://www.s-harvest.com/ese/db/

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

2月1日(火)晴れ

まずいランチを食った。そんな日は午後いっぱい憂鬱だ。あぁそれにしても
なんでいい加減な飲食店が後を絶たないのだろう。まずい店の料理人は自分
で味見してうまいと思っているのだろうか?それなら根本的な味覚を鍛える
ところからやり直すべきだ。味の良し悪し分からずに人に何かを作って食べ
させようというんだから恐ろしい話だ。ワシの今まで見てきた範囲では福岡
の8割はそういう店だ。嘆かわしい現実だ。下手くそでも家で自分で作って
食べるほうが変なもの入ってないだけまだましだな。
前も書いた気もするけど飲食店を開く場合は筆記や技術の高度な試験を受け
させて、調理環境を厳密に調査して、そうして初めて許可を与えるくらいの
ことをしてもいいんじゃないかと思う。客の健康を害する可能性もある商売
なのだから医学的な厳しさに近いものがあってもいいと思う。そして飲食店
を開業している人が、「あの人は腕も知識もあるすごい人」と社会的にも認
められるようになって然るべきだと思うのだが、昨今そんなことを考えるの
はワシくらいなもんか。
 
「プロ意識」
 
飽食や 何処に消える プロ意識
 


2月2日(水)晴れ

今日も姫は遅いので晩飯は自炊。というわけで「えしぇ蔵飯店」開店。今日
は「麻婆豆腐」。
帰りにスーパーで挽肉と豆腐(木綿)と豆板醤と甜面醤を買った。よほど料
理にうとい人でない限り、ワシの買物かごを見て「こいつの晩飯は麻婆豆腐
だな」と思わない人はいないだろう。ちょっと恥ずかしい。
では調理開始。まずは豆腐の水切りだ。そして鶏がらスープをちょっとだけ
作っておく。
フライパンにごま油をひいて挽肉を炒める。そこににんにくのみじん切りを
入れる。そして豆板醤と甜面醤を入れる。量は好みの問題だ。比率としては
2対1というところか。
鶏がらスープを入れて強火にする。そこに豆腐を豆乳じゃなくて投入!お酒
もちょこっと入れる。砂糖もちょっと。醤油もちょっと。量は身体で覚える
のだ。どれくらい入れたらどうなるか、経験で悟るのだ。数字ではないのだ。
煮立ったらお約束の水溶き片栗粉でとろみをつける。最後にラー油をたらし
て完成。このラー油は好みだな。いらんちゃあいらんけど。
出来たてを熱々のご飯にかけてがつがつ食べる。うまいうまい。誰のためで
もない自分用の飯は適当に作るのに逆にうまく出来たりするから不思議だ。
 
「麻婆豆腐の材料」
 
豆板醤 挽肉豆腐 甜面醤
にんにく ラー油 あれば白ネギ
 


2月4日(金)晴れ

急に1件キャンセルが出て時間があいたのでこの機会を逃す手はないと九州
国立博物館の「ゴッホ展」を見に行った。スケジュールが詰まっててひょっ
としたら見れないかもと思っていたので本当に良かった。
さすがに平日だからかほとんど待たずに駐車場に入れた。チケットも並ばず
に買えた。だがいざ中に入ると結構混雑していた。そうそうゆっくりも見て
いられない。だが「自画像」と「アイリス」と「ゴーギャンの椅子」と「ア
ルルの部屋」だけはしっかりと目に焼き付けてきた。
本物を見た感動もさることながら、何よりゴッホに大いに励まされた。いろ
んな人の作品から学び、様々な技法に挑戦し、試行錯誤の末に独自のスタイ
ルへと到達したゴッホの不屈の姿勢に全く頭の下がる思いだった。芸術の腕
は誰かのために磨くのではない。自分が納得できるものに到達するために磨
くのだ。そう教えてくれたような気がした。
断然、ワシも頑張るゾ。とにかく書くのだ。
 
「自画像」
 
ただ書けと 語るゴッホの 自画像に
諭されし我 霞消えゆく
 


2月5日(土)晴れ

晴れて暖かいので移動もすっかりドライブ気分だ。今日は春日から久留米そ
してうきは。
 
「ル・シュクル」さんでケーキの撮影。バレンタインデーが近いのでチョコ
がどっさり。

なんか最近また海外文学に戻りつつある。今はドストエフスキー。次はバル
ザックか?

「チョコ」
 
貰うなら ルシュクル希望 バレンタイン
 
蔵 

2月6日(日)晴れ

文学の師、井本さん宅にプリンターの納品に行った。そしてまたお昼をご馳
走になった。今日は「福寿庵」のそば。やっぱりここはうまい。2人して大ざ
るにプラスしてお替りまでしてしまった。そしてまたそばすすりながらも話
すのは文学のこと。

井本さん:「どうだ?最近はなに読んでる?」
ワシ:「フランス文学にはまってます。サルトル、カミユ、モーパッサン」
井本さん:「おぉ、いいねぇ。バルザックもいいぞ」
ワシ:「バルザックでしょ?読もうと思ってたんですよ。やっぱすごいです
か?」
井本さん:「そらぁすごいなんてもんじゃないよ。長いのだらだら書いてる
けどな、それを読んでるといつのまにか引き込まれてるんだよ。そして読み
終わってう〜んと唸らせる」
ワシ:「そうですか。『谷間のゆり』を読もうと思ってたんですよ」
井本さん:「バルザック読むならまず『ゴリオ爺さん』から入ったほうがい
いな。それから『谷間のゆり』を読んだほうがいいぞ」
ワシ:「『ゴリオ爺さん』ですね」
井本さん:「ドイツ文学もいいぞ。ブロッホ、シュテフター。まぁ正しくは
オーストリアだがな」
ワシ:「そういう作家たちはネットで調べたら絶賛されてますけど、本屋で
全然売ってませんもんね」
井本さん:「そうだな(笑)」
ワシ:「需要がないっていうのは恐ろしいですね。どんな名作も廃版にしま
すよね」
井本さん:「まぁ今時そういうのはよっぽど文学にかぶれてるやつじゃない
と読まねぇだろうな」
ワシ:「読まないでしょうねぇ」
井本さん:「自分はどんなの書きたいんだ?ブロッホみたいなのか?」
ワシ:「私は、ダンヌンツィオとかユイスマンスみたいなのが書きたいです
ね」
井本さん:「おぉ、いいねぇ。書いたらいい」
ワシ:「ところで、もし無人島に本持って行くとしたら何にします?」
井本さん:「ドストエフスキー全集だろうな。それでたいがい暇は潰せるだ
ろう。あとはバルザック全集だな」
ワシ:「私もドストエフスキーですね」

どうも次はバルザックの世界にはまっていくような気がする・・・。

天気がいいので帰宅してから姫と白水大池公園を散歩した。実に気持ちのい
い日曜の昼下がり。
夜はおつまみメニューで「松島商店」さんに頂いた白ワインを。

「そばと文学」

十割の そばをすすりて バルザック
そば湯飲みつつ ドストエフスキー
 


2月7日(月)晴れ

今朝は3ヶ月おきの九大病院の経過観察の日。頬の中に残ってる腫瘍もどうや
ら変化ない様子。病院側からは特に手術は勧めないとのこと。まぁしばらく
はこのままいくかな。大きくなってないようだし。
 
ブックオフでメルヴィルの「白鯨」を見つけてしまった。あぁこれでまたし
ばらく本に没頭してしまう。
ワシは日本文学のほうが好きだが、引越し前に荷物を増やさない目的で家に
あった姫の海外文学の蔵書を片っ端から読んでいたらすっかりはまってしま
った。あぁ世界中に名作が多すぎる!死ぬまでにどれだけ読めるだろうか?
 
ところでメルヴィルは生前には全く評価されなかったらしい。死後何十年も
経てからようやく評価され、今ではアメリカ文学を代表する作家の位置にま
で到達している。本人は全く失望のうちに死んだのだ。でも彼の書いたもの
は彼が信じたように確かなものだったのだ。名作を残しながら本人は世の賞
賛を浴びていないというのは芸術を生む人間として最も求道的かもしれない。

「古本」
 
ブックオフ ヤフオク駆使して 本探す
もはや戻れぬ 新刊本かな
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                   http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。