飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2011/02/10

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2011/2/10  第542号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

強烈な寒さが続いていましたが、先週後半あたりから暖かくなってきまし
たね。ちょっとホッとしました。
でもまだこのまま春へとはいかないでしょうね。
もう一山、二山来るでしょう。油断しないようにしましょう。
今年は本当に春が待ち遠しく感じられますね・・・。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

水上勉 「五番町夕霧楼」

本屋でその名前を見つけたら吟味することなくすぐに買う作家が何人かいま
すが、水上勉もその一人です。かなりの数を読みましたが未だ外れた・・・

http://zosho.blog19.fc2.com/

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「らーめん二男坊」

「○○ランキング」、「○○総選挙」、「○○人気投票」、「○○バトル」
・・・正直、こういう類の企画を飲食店を対象に行うのは嫌いです・・・

http://www.s-harvest.com/ese/db/

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

1月15日(土)雪

今日は午後から対馬の両親を連れて四人で黒川へ。久しぶりの温泉旅行じゃ
ない温泉出張。雪が心配だったのでチェーンを買ってから出発。
高速に乗る前に筑紫野の一作でそばを食べた。かなり久しぶりに来たが味が
落ちてなくてホッとした。
筑紫野インターから日田インターまではあっという間。日田で少し買物した
後、212号線をひたすら南へ。黒川荘に電話すると黒川周辺のみチェーンが
必要という情報だったので小国までは問題ないだろうとみたのは甘かった。
杖立あたりから雪はひどくなり、小国の少し手前でノーマルでは無理と判断
し、チェーンを着けた。高いほどつけやすいらしいが、高いほうを買ってお
いて本当によかった。添付のDVDを見てやってみると意外に簡単に付けるこ
とができた。気づいたら周囲にチェーンを付けてる人がたくさんいた。
チェーンを付ければなんでも来いだ。ゆっくりしっかりと雪道を噛んで進み
、無事に宿に到着。さすがにこの雪道でかなり到着が遅れた客もいたらしい
。黒川周辺は白以外の色がない世界。白い黒川というのもいいもんだ。お袋
は「いつか東北に旅行したかったけどもうここでいいばい」と笑っていた。
寒さは半端じゃないがここに来て露天風呂に入らない手はない。雪がちらつ
く中、湯に浸かった瞬間の例えようのない極楽気分は何にも代えがたい。周
囲の木々には枝も折れんばかりの雪。風が吹くと粉雪を降り落とす。気づい
たら髪の毛が凍っていた。
食事は申し分なし。さすが黒川荘だ。部屋食でゆっくり堪能させて貰った。
苦労してきた甲斐があってめったに見られない雪景色を楽しめたのは本当に
よかった。余計に思い出深いものになった。

「湯」

雪の宿 湯にの真ん中で 髪凍る



1月16日(日)曇り時々雪



快適な目覚め。まずは風呂。露天風呂の真ん中に一人でぽかんと顔出して雪
を眺めた。枝の末端まで雪を乗せた枯木はまるで白い珊瑚みたいだった。湯
を囲む岩の上に誰が置いたのか手の平に乗るような小さな雪だるまがあった。
朝食もまた素晴らしかった。親父は「今までで最高やの」と言っていた。量
が多いかなと思ってたがうまいうまいと結局完食してしまった。どうも旅行
中の朝食は食べ過ぎていけない。
何も予定はないのでゆっくりと出発した。時折見える青空に照らされて一面
の雪景色が見れた。昨日は吹雪で何も見えなかったのでその美しさが新鮮だ
った。どうも昨日の雪はワシらの通過後に更にひどくなったようで、昨日チ
ェーンを装着した場所を過ぎてもチェーンを外せなく、結局日田まで降りて
外した。それにしても頼もしいタイヤチェーン。今回の殊勲賞は車とチェー
ンだ。MPVがMVPだ。
田主丸まで高速には乗らず、「シェ・サガラ」でパンの昼食を済ませ、朝倉
インターから高速で帰宅した。
今回は雪の宿の醍醐味を発見してしまった。チェーンがあるので敢えて挑戦
することもできるわけだ。いつかまた計画してみよう。

「雪見酒」

降る雪と 積む雪われを 阻むとも
湯と雪見酒 待つとおもへば
 


1月20日(木)曇り

気付いたら4日も日記を書いていなかった!いかんいかん。なんせ仕事多過
ぎ。日記書く暇もない。気付いたらもう20日やし!こんなバタバタしてる間
に春になってしまうのか?
それにしても寒いな。最近は車の運転中もコートを着ている。基本的に体温
が高くて冬にコートを着る回数は極めて少ないが、今年は頻繁に着ている。
お客さんに「コート着てるの初めて見た」と言われた。姫に言わせるとそれ
は「じじいになりよる証拠よ」だそうな。うるさいわ。

ワシは買ったものを安易に買い換えるのが嫌いで、メンテしながら長く使う
のが好きだが、そのせいでいざ買い換える時に長い年月がたっているので技
術の進歩に驚くことがよくある。MPVのピブちゃんを買った時、音楽をUSBメ
モリから転送できることを知って感動してしまった。もうどっさりCDを積む
必要はないわけだ。そんなことに今頃驚いているのかと思われそうだが、驚
いているのだ。狂喜雀躍してどっさり曲をピブちゃんのハードディスクに転
送した。聴きたい曲をすぐ聴ける。いやぁなんて便利なんだ。引越した時に
今どきのマンションの設備に驚いて、そしてまた車でも驚いて、完全に田舎
もん状態だったことに気付く今日この頃だ。

「テクノロジー」

テクノロジー パソコン以外は 知らんがな
 


1月21日(金)曇り

年末に買った山岡荘八の「小説太平洋戦争」を読み終わった。こんなに夢中
になって読んだ作品というのは久しぶりかもしれない。綿密な調査とあらゆ
る角度からの意見を参考に10年の歳月をかけて完成された大変な力作で、単
なる小説ではなく太平洋戦争に関する極めて貴重な資料になるものだと思っ
た。
第1巻は太平洋戦争に至るまでの経緯。第2巻は真珠湾攻撃とマレー、シンガ
ポール、フィリピンの戦い。第3巻は運命のミッドウェーとガダルカナルの
死闘。第4巻はニューギニアの戦いとインパール作戦。第5巻はインパール作
戦の始末とサイパン島玉砕。第6巻は神風・神雷特別攻撃隊と捷号作戦、レ
イテ島の決戦、フィリピンの攻防。第7巻は硫黄島の戦いと米軍沖縄上陸。
第8巻は大和水上特攻と沖縄の攻防、終戦工作、原爆投下。第9巻が終戦と連
合軍進駐、東京裁判、満州の解体と引揚者の悲劇。
この9冊を読めば太平洋戦争の顛末がおおよそ理解できるようにポイントは
全て網羅されている。ワシはこの作品を読んでまた少し太平洋戦争に対する
認識が変わった。これまでに何度もワシらが学生時代に習った歴史というも
のを一度全くクリアにして学びなおすべきだと思ったが、今回もそれを痛切
に感じた。一方的に提供された情報だけで結論を出してはいけない。自分の
手であらゆる情報を入手し、あらゆる角度から見直さないと真実は見えない
。太平洋戦争に関しても当時開戦及び終戦に関係した人々が皆鬼籍に入った
現在だからこそ見えてくる新事実もあると思う。日本人はもっと日本の歴史
を学びなおして、先人の足跡を正しく知るべきではないかと思う。

「真実」

民族の 栄え祈りて 花と散る
御霊に謝して 真実を知る 
 


1月22日(土)晴れ

「江田建設」さんにいる時に庭が何やら騒がしいと思ったらなんと野生の雉
が物怖じもせずに田んぼの中をとことこと歩いていた。どこから飛んできた
のか、みんな珍しそうに眺めていた。専務の息子さんが追いかけても鶏のよ
うに走って逃げていた。
きっと山に餌が少ないんだろうな。東北や北陸では熊が降りて来たというし
猿の話も聞くし、猪の被害はざらにある。異常気象の原因に関与しているの
は人間だが、最初にその影響を受けるのは野性の動物なわけだから彼らはい
い迷惑だな。
江田専務のブログがきっかけで、「江田建設」さんは全国ネットのテレビ番
組に登場することになったとのこと。リフォームの現場を紹介するそうなの
でチェックしなければ!番組名は「がっちりマンデー」。放送は2月?
 
「星香園」さんに行くと彼女がいた。ワシの元彼女、リカちゃん。牛島さん
が整備工場の人に見せたらとても20万km走ったとは思えないとエンジンの快
調さに驚いていたそうな。牛島家では大人気で息子さんたちが取り合ってる
らしい。かなり喜ばれたようで本当によかった。牛島さんは車の知識もある
し運転の技量もあるのでリカちゃんの性能をフルに引き出してくれるだろう
。落ち着くべき場所に落ち着いたのかもしれない。

「終の棲家」

長閑なり 終の棲家の 星野村
谷に谺す 赤い爆音
 


1月23日(日)晴れ

ワシの文学における師匠の井本さんから「おぅ、パソコン買いに行くから一
緒に選んでくれよ」と頼まれてヨドバシで待ち合わせ。自宅用とフランスに
持って行くものと2台買われた。自宅用を持って行けばいいじゃないですか
と言ったら、「だめだよ。あっちは治安が悪いんだよ。盗られるかもしんな
いからな」だそうな。日本は平和やなぁ。
パソコン買った後、ラーメン屋で昼食。昼間のラーメン屋で文学談義するお
っさん二人も珍しいだろうな。世界最高の作家は誰かという議論で、結局は
ドストエフスキーだろうということで意見は一致した。
昼食後は井本さんの自宅でパソコンのセッティング。井本さんは横でバッハ
を聞きながら昼寝してた。大会社の社長を務めあげて引退し、文学と美食と
旅の毎日か。優雅だねぇ。
 
「文学」

文学を 語りて麺も のびるかな
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                   http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。