飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2011/01/26

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2011/1/27  第540号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

先週は休刊失礼致しました。大雪の黒川温泉に行っておりました。ちょうど
今年一番の寒波と重なって、黒川は完全に雪国でした。道はチェーンなしで
はとても通れない状態で、到着までかなり苦労しましたが、九州ではなかな
か見れない白銀の世界を堪能してきました。
若い頃を思い出してスキーをしたくなりました・・・もう無理?

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

斎藤茂吉 「寒雲」

短歌に興味を持ったら必ず行き着くのが偉大なる歌人、斉藤茂吉です。彼は
伊藤左千夫に弟子入りして短歌の道を歩み始め、大正から昭和初期に・・・

http://zosho.blog19.fc2.com/

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「Sushi Den」

料理人の腕が売りの優れたお店というのは材料に妥協をしないせいか料理以
外のことにあまりお金をかけないところが多いです。いや、かけられ・・・

http://www.s-harvest.com/ese/db/

…… 連載小説「吉雄君行状記」 ………………………………………………

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=62961

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

12月28日(火)曇り時々暴風雨

年末恒例の「コスモ不動産」さんのお餅つき。今日は用事はなかったのにわ
ざわざお餅を貰うためだけにお邪魔した。このあつかましさ!しかも2パッ
クも貰うし!お正月に食べるのが楽しみだ。
 
引越しの前後からずっと推理小説の世界に浸っていた。8冊立て続けに読ん
だが1冊を除いてどれも当たりで非常に面白かった。ここらでちょっと方向
転換しようと思い、友人に貰ったサルトルの「嘔吐」を今読んでる。これが
すごいんだな。この哲学的文学の世界がすごいんだな。完全にノックアウト
されつつある。なるほどサルトルが賞賛されるのもわかるような気がする。
これは常人には書けない。これは文学の形をとった哲学であり、言葉をもっ
て表現された絵画だ。果てしない散文詩だ。飾らない心象スケッチだ。あぁ
まさにワシが憧れるところの文学の形だ。友人には感謝し尽くせない思いだ。
次からはきっと本屋でサルトルを探すだろう。
とは言うものの、明日あたりヤフオクで落札した山岡荘八の「小説太平洋戦
争」全9巻が届くからしばらくはそれを読んで今の知識の整理をしつつ、あ
の忌まわしい戦争の時代を一通り検証してみたいと思う。
 
今日は2010年の仕事納め。ワシを選んでくれたお客さんにただ感謝、感謝。
ワシの使命は期待を裏切らないこと。それに尽きるな。来年も気合だ!

「サルトル」
 
サルトルに 出会いてひとつ 開く扉
いかなる部屋の 我を待つらむ
 


12月29日(水)曇り

ワシは今日から休みだが姫は仕事。一人で退屈なので朝から「中国鍼灸院」
さんへ。
今日頂いた漢詩はこれ。太極拳の極意を表現されたそう。

「太極拳」

呉炳宇

頭如懸鐘体中正、(頭鐘を懸ける如くすれば体中正し、)
氣汎丹田足生根。(氣丹田に汎すれば足根を生やすごとし。)
松肩提肛膝微曲、(肩松のごとく肛提げ膝微かに曲げ、)
舎己従人可入門。(己を捨て人に従えば入門可なり。)

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

頭ば釣鐘みたいに思うたら体はまっすぐなって
丹田に氣ば入れたら足に根が生えたごと体は動かんばい
松の枝んごと肩の力ば抜いて肛門ば締めて膝ばちょっと曲げて
謙虚になって人ん言うことばよーっと聞いたら入門でくるばい

今日は時間もあったのでゆっくりさせてもらった。腰は時々先生に鍼をして
もらわないといけない。やはり運転時間が長いのが悪いんだろうな。

明日でついにリカちゃんとお別れだ。艱難辛苦を共にした相棒だからさすが
に万感胸に迫るものがある。せめて最後の晴れ姿をと思い、スタンドでワッ
クス洗車してもらった。これでリカちゃんも引退か・・・と思いきや!星野
村の「星香園」さんで余生を過すことになった。これで月に1回は会えるこ
とになる。牛島さん、「おろにゃ」とか言わないでどうぞ最後まで可愛がっ
てあげて下さい。

姫の帰りが遅いので今日は久しぶりのえしぇ蔵クッキング。今回は親子丼。
まぁまぁいい感じにできた。姫にも満足してもらえた。工夫しながら何回も
トライして京都の味に近づけるべし!

山岡荘八の「小説太平洋戦争」が届いた!さー、年末年始読みまくりだ。ど
うせ雪で出かけられんし。

「太極拳」

太極拳 動きで学ぶ 人の道
己を捨てて 人にしたがふ
 


12月30日(木)曇りのち雪

新しい車を迎えに「太田自動車鈑金」さんへ。そしてそのままリカちゃんを
ワシ、MPVのピブちゃん(姫が命名)を姫が運転して星野村の「星香園」さ
んまでリカちゃんを届けに行った。あぁついに長年の相棒ともお別れ。車好
きな牛島さんに引き取ってもらえるから安心できる。余生を長閑な星野村で
おくるのはリカちゃんにとっても幸せだったかもしれない。

最終走行距離 232,473km

アデュー、リカちゃん。最高の相棒。楽しい8年間をありがとう。

「リカちゃん」

一夜にて 千里を走る 赤兎馬も
君には勝てじ 我が友リカちゃん
 


12月31日(金)晴れのち曇りのち雪

あぁついに終わるか2010年。
今年は後半から転機が訪れて、めでたく家も売却できて那珂川への引越しが
完了した。なにか停滞しているような気分のまま無駄に時間が流れているよ
うな鬱屈ともようやくおさらばできて、目の前が大きく開けてきたような気
がする。
これを契機に新しい自分になって気合を入れなおし、誠実に勤勉に面白く楽
しく生きていこうと思う。

(いつもご覧頂いてる皆様、今年一年大変お世話になりました。本当にあり
がとうございました。来年も頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します!)

「夜明け」

今ぞ知る 天の与えし艱難も
永遠にはあらじ 黎明の道
 


1月1日(土)曇り時々晴れ

謹賀新年。今年は生活環境も一新して後顧の憂いもなくなったからには前進
あるのみだ。やるべきことをやる。やりたいことをやる。思い切り働き、思
い切り遊ぶのだ。

食ってばかりの年末年始はやばいのでちょいと散歩にでも行こうということ
になった。そうなると近くの白水池公園はもってこいだ。ここは散歩にもジ
ョギングにも最適だ。散歩してる時はちょうど晴れて気持ちよかった。雪を
頂く背振が美しかった。
あぁなんかこのエリアの生活もいいもんだな。

「新たなる道」
 
我のぞむ 山に霞の かかるなし
勇みてゆかん 新たなる道
 


1月2日(日)雨のち曇り

天気が悪いので行動を制限されるが一日引きこもるのは性に合わない。鳥栖
のアウトレットにでも行ってみるかということで出かけた。途中の渋滞には
閉口したがアウトレットに着いたら雨もあがり楽しい買物ができた。
今回、ジャケットと靴を買ったがワシにとっては1年分にも相当する買物だ
った。もう今年は本しか買わない?

昨日は日本酒で新年の宴、今日はアルザスワインでまた宴。姫の料理は相変
わらずうまいし、なんとも幸せな正月だ。
 
「馳走」

アルザスと 蟹はいかでか 知らねども
笑顔そふれば 馳走ならんや
 


1月3日(月)曇り時々雨

どうも正月とくれば山に登って飛ばないことには気がすまない。だが姫の体
力低下の影響(なぜか韓国では超人的な体力を発揮する)ですっかり軟弱登
山隊と化してしまったワシらはここしばらくは低い山ばかりに登っている。
今回も「楽な山がいい」という天の声により、軟弱もここまできたかという
天拝山を選んでしまった。
武蔵寺の隣の公園から登り始めてたったの25分で頂上へ。しかも最後の階段
意外は道も広く平坦で傾斜も少ない楽勝の道。登山というのはおこがましい。
完全な散策だった。だが頂上からの眺めは素晴しかった。たまに小雨が落ち
る天気だったが結構広く見渡せた。
そしてお約束の新年のジャンプ。
 
飛ぶ瞬間。まるでスキーのジャンプのようなフォームの美しさ!

(写真はホームページ参照)
 
今年は高度も高く滞空時間も長かった。我ながら満足。
 
下山してすぐ近くの「天拝の湯」に行き、疲れを癒した。「アマンディ」も
いいがここもなかなかいい感じだ。露天風呂からの見晴らしはここならでは
だな。

夜は「ベジキッチン」のゴトー先生をお迎えしてささやかな宴。
うーん、いい正月だ。
 
「なすべきをなす」

菅公の 祈りし山に 立ちて誓ふ
なすべきをなす なしがたきをなす
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                   http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。