飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2010/03/17

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2010/3/18  第503号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

暖かくなって、桜がスタンバイしているのがわかりますね。種類によっては
咲き始めているのもあります。
今年も花見をしたいなと思うわけですがえしぇ蔵の理想とする花見は、あの
酔って歌ってドンチャン騒ぎ、桜の花には目もくれずというあの花見ではな
く、本当にじっくり花を愛でつつ冷酒を一献、また一献、微風に舞う花びら
一つ、盃に入り微かに波紋を作る・・・みたいな花見がしたいのですが、あ
まりに古風すぎますかね?

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

夏目漱石 「我輩は猫である」

言わずと知れた日本の近代文学の最大の貢献者夏目漱石のデビュー作であり
代表作です。夏目漱石が文学の世界に入ったきっかけは小説ではなく・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「プリン専門店 杏の樹」

えしぇ蔵は国境の島と言われる対馬の出身です。当然ながら故郷は贔屓にし
たいわけですが対馬のおいしいものを多くの人に知ってもらうために・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

3月9日(火)みぞれ

寒いと思ったらみぞれ混じりの雨。なかなか春には手が届かず。待ち遠しい
もんだ。
 
同人誌「午前」に正式に入会することになった。毎月の会合に出席しないと
いけないがなんとなく気が重い。というのは現会員の人はなんらかの賞をと
ったことがあるツワモノばかり。数多い同人誌の中でも「午前」は高く評価
されており、かつて三島由紀夫や島尾敏雄も投稿したことがあるなど、由緒
格式もそりゃあ立派なもんだ。要するにワシごときがいる場所ではないのだ
。だがお世話になってるI元さんの紹介なので断るわけにはいかない。プレ
ッシャーを感じるがまぁせいぜい「午前」の名声を汚さないように頑張らな
いといけない・・・。
それにしても会員の人の作品を読むとワシのレベルの低さを痛感する。未だ
に方向性にも迷ってるしな。あぁ我が文学はどこへ行きたいのか?
 
「道」
 
文学と ともにまよふか 生きる道
 


3月10日(水)雪

朝から結構寒かった。今日は飯塚方面に行くから峠が心配だったが、大野峠
の一部こそ道の端に雪があったが通行には支障がなかったので安心していた
。ところが飯塚にいるうちに雪はどんどん激しくなり、最後のお客さんが終
わって福岡に戻ろうと八木山に向かうとパトカーがとうせんぼ。全面通行止
めで通ってはならぬという。急遽八木山バイパスへまわった。こっちは通れ
たが同じように迂回した人が多かったようでトンネルの手前から渋滞。おか
げでこの時期には見たくもない雪景色を見せられた。
あぁもうほんとにこれで寒いのは最後にして欲しい。寒いことがつくづく嫌
になった。それはワシが年とった証拠と姫は言う。昔は「寒い」という言葉
すら出なかったと。確かにそうかもしれない。基本的に暑がりだから。体質
変わってきたかな?
 
「春の雪」
 
片足を 春にかけつつ 見る雪の
景色今更 感慨もなし
 


3月11日(木)晴れ

http://www.youtube.com/watch?v=PlcTe73ghT4

「Rhythm Of The Rain」 The Cascades

Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that it would go and let me cry in vain
And let me be alone again

The only girl I care about has gone away
Looking for a brand new start
But little does she know
That when she left that day
Along with her she took my heart

Rain please tell me now does that seem fair
For her to steal my heart away when she don't care
I can't love another when my hearts somewhere far away

The only girl I care about has gone away
Looking for a brand new start
But little does she know that when she left that day
Along with her she took my heart

Rain won't you tell her that I love her so
Please ask the sun to set her heart aglow
Rain in her heart and let the love we knew start to grow

Listen to the rhythm of the falling rain
Telling me just what a fool I've been
I wish that it would go and let me cry in vain
And let me be alone again

Oh, listen to the falling rain
Pitter pater, pitter pater
Oh, oh, oh, listen to the falling rain
Pitter pater, pitter pater


(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

「雨の調子」

雨が落つる音ば聞きよる
俺はたいがいつまらん男やったて教えてくれよる
雨やらどっか行けて 俺ば泣かしてくれて
また一人にしてくれて

俺が好きやった子は行ってしもうた
新しか道ば探すげな
ばってんあの子は知らんばい
行ってしまう時にくさ
俺の心まで一緒に連れていったとば

雨て 教えちゃらんや? これあんまりやろ
あの子は俺の心ば盗んだとにからくさ あの子はなぁんも気にしとらんばい
あの子が俺の心ば持って行ってしもうたけんくさ もう他の人ば好きになれ
やせんばい
 
俺が好きやった子は行ってしもうた
新しか道ば探すげな
ばってんあの子は知らんばい
行ってしまう時にくさ
俺の心まで一緒に連れていったとば

雨て あの子に伝えちゃらんや? えらい愛しとるて
あの子の心ば燃やすように太陽に言うちゃらんや?
あの子の心に雨ば降らして 前んごと愛ば育てちゃらんや?

雨が落つる音ば聞きよる
俺はたいがいつまらん男やったて教えてくれよる
雨やらどっか行けて 俺ば泣かしてくれて
また一人にしてくれて

あ〜 雨が落つる音ば聞きよる
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ
あ〜 雨が落つる音ば聞きよる
ぴっちぴっち ちゃっぷちゃっぷ


「雨」
 
せつなさを 雨にたとへて 歌にする
古今東西 想いは流るる
 


3月13日(土)晴れ

今日から姫は韓国なので月曜までは自炊。予め今日のために「久山酒店」で
買っておいた芋焼酎をどんなつまみで飲むかが問題。今日は「雷山千如寺」
さんに行ったので帰りに「雷山地豆腐」を買って来た。姫が作っておいたふ
ろふき大根もあるし、自家製明太子もある。それと冷蔵庫のキャベツと豚バ
ラ肉を軽く塩をしてチャビーで焼いたみた。これで十分かなと。
さて、一人宴の始まり。テレビ見ながら楽しもうと思うが、あんまり面白そ
うな番組はない。しょうがないのでNHKのニュースなど見ながらちびりちび
り。その昔、ワシが幼稚園の頃親戚のおばあちゃんが実家に寄宿してた頃が
あったが、おばあちゃんはNHKしか映らない白黒テレビを見ていたので、ワ
シが「NHKだけじゃ面白くないやろ?」と訊いたら、「NHKだけ見れたらよか
よ」と言ってたことを思いだした。今になってそれがわかるような気がする。
つまんねぇ番組が多いよな。
懐かしいな。おばあちゃんは火鉢で餅焼いてワシに食べさせてくれたりした
っけ。物腰に品のあるおばあちゃんだった。女性は肉体的に老化しても優し
さと品性を失わなければ輝くものを持ち続けることができるということを証
明しているような人だった。もう亡くなって久しいが実に美しい晩年を過し
た人だった。
思えば昔の日本の女性は品があったと思う。外見の美醜ではなく、心の品性
を保つことで内側から光っていた。それこそ本当の女性の美ではないかと思
う。要するに男は中身というが女も中身なのだ。
結局何が言いたいのだろうか?訳分からんな。とりあえず今はグレン・グー
ルドの「ゴールドベルク組曲」を聴きながら「ポテトハウス」のポテトチッ
プスを食べている・・・。
 
「芋焼酎」
 
芋焼酎 湯は少なめの 酔い心地
甘みの中に 夢をおふかな
 


3月14日(日)曇りのち晴れ

M島さん宅を訪問したり、「ヘアーショップ ムーヴ」さんのSOSに出動した
りで午前中を終わり、午後は少しのんびりした後に長谷ダムへ走りに行った。
だが今日はいつもよりへろへろに疲れてしまった。原因は昼飯。やきそばを
作って食べたが1人前だけだったのでスタミナが切れてしまった。ワシは食
べたものの消化が異常に早い。やきそばくらいなら2人前は食べないとダメ
だ。ことに走るなら尚更。それに今日は気温も高くしっかり汗もかいたので
スタミナの消耗に拍車をかけた。最後は手足の先に少し痺れがあった。帰っ
て体重を測ると64キロ台だった。反動で晩飯はたらふく食べた。

長谷ダムの桜は春の舞台の袖で出番を待つかのように、つぼみに渾身の力を
こめていた。開花は近い。42回目の春が来る。
 
「春弥生」
 
春弥生 桜当番 梅非番
 

(川柳「夜が明けて 蝿が当番 蚊が非番」のパクリです。)

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。