飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2010/03/03

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2010/3/4  第501号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

最近、ジュール・ベルヌを読んでいます。皆さんも子どもの頃に読まれたこ
とがあるかと思いますが、こういったSFもの、冒険ものというのは大人に
なってから子ども向けに書き直されていない原作を読むとまた違った印象が
あって非常に楽しいものがあります。H・G・ウエルズの「タイムマシン」
なんかもまた読み直してみたいと思います。皆さんもいかがですか?

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

芝木好子 「光琳の櫛」

えしぇ蔵は文章がしっとりと優しい感じのものが多い女流文学には目がない
ので結構集めています。中でも冊数の多いのが宮尾登美子と芝木好子・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「LOVE CAFE - 愛茶 - 」

大した料理も作れずにふんぞり返ってるお店がたくさんある一方で、謙虚な
姿勢で健気に腕を磨くお店も、この荒れた飲食業界の中でも探せば・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

2月24日(水)晴れ

http://www.youtube.com/watch?v=Gq4ychrRkQA「Rosanna」 TOTO

All I wanna do when I wake up in the morning is see you eyes
Rosanna, Rosanna
I never thought that a girl like you could ever care for me, 
Rosanna

All I wanna do in the middle of the evening is hold you tight 
Rosanna, Rosanna 
I didn't know you were looking for more than I could ever be

Not quite a year since she went away, Rosanna 
Now she's gone and I have to say

Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna 
Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna

I can see your face still shining through the window on the other
side 
Rosanna, Rosanna 
I didn't know that a girl like you could make me feel so sad, 
Rosanna

All I wanna tell you is now you'll never ever have to compromise 
Rosanna, Rosanna 
I never thought that losing you could ever hurt so bad

Not quite a year since she went away, Rosanna 
Now she's gone and I have to say

Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna 
Meet you all the way, meet you all the way, Rosanna

(以下、えしぇ蔵的博多弁訳)

「ロザーナ」

朝起きたときに俺がしたいこつはくさ おまえの目ば見つめるこつだけたい
ロザーナ ロザーナ
おまんごたよかおなごが俺のこつ想うてくれとるげな全然考えんかったばい

夜中に俺がしたいこつはくさ おまえば抱きしめるこつだけたい
ロザーナ ロザーナ
おまえのほうが俺を求めとったげな 知らんかったばい

あいつがおらんくなってからまぁだ1年もたたんばい ロザーナ
あいつは行ってしもうたばい おれはほんなこつ言いたかばい

おまえに会いたかばい ほんなこつ会いたかばい ロザーナ
おまえに会いたかばい ほんなこつ会いたかばい ロザーナ

窓のこっち側におまえの顔が映っとるとがまぁだ見えるばい
ロザーナ ロザーナ
おまえんごたおなごが俺ばこげん悲しませるげな知らんかったばい

俺が今言いたいとは絶対妥協やらして欲しゅうなかちゅうこつだけたい
ロザーナ ロザーナ
おまえば失うこつがこげん苦しいげな全然考えんかったばい

あいつがおらんくなってからまぁだ1年もたたんばい ロザーナ
あいつは行ってしもうたばい おれはほんなこつ言いたかばい

おまえに会いたかばい ほんなこつ会いたかばい ロザーナ
おまえに会いたかばい ほんなこつ会いたかばい ロザーナ


「TOTO」
 
如月の 終わりはTOTOの 博多弁
 


2月25日(木)曇りのち雨

「雷山千如寺」の和尚さんと「和白バプティスト教会」の黄先生の会合に畏
れ多くもまた参加させて頂いた。兄弟のように親しく交わるお二人は違う宗
教に生きるとは全く思えない。何気なく交わされる言葉の中には非常に価値
あるものがいくつもあった。毎回思うのだがお二人の会話を記録して対談集
として本にしたら絶対に素晴らしいものになるのではないかと思う。全く違
う宗教のリーダー同士が人間について、人生について、愛について語るなん
てそうそうある機会ではない。ワシが横で一人で聞いているには実に勿体な
い話だ。いつか本当に実現してみようかな。

黄先生が言われた言葉を一つ掲載。実に深い言葉だった。

信仰は孤独である
孤独を理解した上で隣に呼びかける
それが宗教である

いつかワシもお二人の次元に達してみたいと思うのだが、まだまだ今のよう
では程遠いな。
 
「両大人」
 
盃も 器も広き 両大人(たいじん)
今ここにある 時の尊さ
 


2月26日(金)雨

日本フィルの公演のチケットを頂いたので姫と聴きに行った。大好きなチャ
イコフスキーのピアノ協奏曲第1番を初めて生で聴いて全身が感動で震えた。
指揮者のアレクサンドル・ラザレフは実にユーモラスな人で、聴衆もリラッ
クスして楽しめたのではないかと思う。他の曲目は「戴冠式祝典行進曲」、
「くるみ割り人形」とチャイコフスキーづくし。じっくりと堪能させてもら
った。
 
「ピアノコンツェルト」
 
如月の 夕べはピアノコンツェルト
流れる調べ 肌で聴くかな
 


2月27日(土)曇り

長谷ダムに走りに行く時に姫から「帰りにおばちゃんのところでポンカンと
玉子買ってきて」と言われたので帰りに寄った。
 
おばちゃん:「今日はみかんがあるよ。あら?こん車見たことあるね。いつ
も奥さんと買いにきんしゃるやろ?」
ワシ:「そうです。いつもお世話になります」
おばちゃん:「今日はみかんがおいしいよ」
ワシ:「ポンカンはありますか」
おばちゃん:「ポンカンここ。ポンカンもおいしいよ。みかんはいらんね?」
ワシ:「みかんですか」
おばちゃん:「甘いよ。ほれ、1個食べてみらんね」
ワシ:「ん!うまいすね」
おばちゃん:「甘かろ?」
ワシ:「・・・はい。それと玉子を下さい」
おばちゃん:「玉子どっちにする?こまかとで6個か大きいとで5個」
ワシ:「小さいので」
おばちゃん:「こまいとは1個でご飯一膳にちょうどいいよ。ほんなら6個ね。
1個おまけしとこ」
ワシ:「ありがとうございます」
おばちゃん:「みかんは?」
ワシ:「えーっと、ポンカン頂けますか?」
おばちゃん:「ポンカン?はいポンカンね。みかんは?」
ワシ:「えーっと、みかんは今日は・・・」
おばちゃん:「ほならポンカンと一緒にみかんもちょっとおまけでいれとこう」
ワシ:「ありがとうございます!」

こういう買物が好きだなー。
 
「買物」
 
顔を見て 物買うことの 楽しさよ
 


2月28日(日)晴れ

兄貴が対馬に帰る途中に我が家に一泊することになり、昼前ぐらいに迎えに
行った。兄貴は日記に登場する「雷山千如寺」さんに行きたいというので姪
浜の「まことうどん」で昼飯を食べた後、糸島市へと向かった。
今まで「雷山千如寺」さんに案内して感動しない人はいなかったが兄貴も例
にもれず、しきりに「すごいねぇ」とうなっていた。恐縮にも和尚さんと奥
様の歓迎を受け、いい時間を過ごせたと喜んでいた。
和尚さんの話の中でしきりに「和白バプティスト教会」の黄先生が登場した
ので、兄貴が会ってみたいというので一度家に帰った後、黄先生宅に挨拶に
伺った。兄貴は少しドイツ語が話せるが奥様との会話で久しぶりにドイツ語
を使ったと話していた。
日記の登場人物に会えて楽しかったと兄貴は喜んでいた。夜は姫の手料理で
ささやかな宴。体調を崩しているのであまり酒を勧めれないのが残念だった
が、それなりに楽しんでもらえた様子だった。
久しぶりに血を分けた兄弟と酒を飲んで、なんとも感慨深いものがあった。
やはり血のつながりは何にも替えがたい。例え世界を敵にまわそうと最後ま
で味方するのは家族だ。その堅固な城が背後にあることで人は勇躍できるも
の。それを実感した一日だった。
 
「兄」
 
兄と飲む 酒嬉しくも ほろ苦し
 


3月1日(月)雨

兄貴を空港に送ってから仕事に行った。雨がひどくて飛ぶかどうか心配だっ
たがなんとか無事に着いたと後で連絡が入った。久しぶりの故郷でゆっくり
休みなっせ。歩き疲れたら全ての荷を降ろして休むが一番。

なんでも中古を買うのがすっかり癖になったのでたまにジュンク堂なんかに
行くと新刊本の値段に驚く。あそこに行けば欲しい本が結構見つかるがなに
せ高い。ジュール・ベルヌの「海底二万里」が欲しかったんだがジュンク堂
で見てみると800円げな!ひぇー。ちょっときついなと思ってあきらめてい
たが今日ブックオフで探してみたらあったあった!横にあった「月世界へ行
く」と一緒に買っても900円。お得だねぇ。状態もなかなかよかったし。本
は中古に限る。
最近はすっかり海外文学にはまってなかなか抜け出せない。トルストイ、ヘ
ミングウェイ、スタインベック、モーム、ジェローム、ルソー、チャペック
・・・面白いったらありゃしない。引越しまでに姫の蔵書を読んでしまうか
もしれない。

そういえば先週、新作を早く書いて下さいと催促があった。読んでばかりい
てもいかんよな。書かなければ!
 
「ジュール・ベルヌ」
 
新作を 書かねばならぬと 思いつつ
ジュール・ベルヌと しばし旅する
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。