飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/11/04

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/11/5 第485号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

急に寒くなってきましたが皆さん体調崩されていませんでしょうか?
インフルエンザがこれほどの猛威をふるっているというのに相変わらず毎日
すこぶる体調のいいえしぇ蔵です。なんだか申し訳ないような気がしてしま
います。
腫瘍の手術前よりも明らかに自分が元気になっているのを感じます。あの
腫瘍は体力も奪っていたのでしょうか?悩み事っていうのは体力も奪うのか
もしれませんね。ストレスをなくすことは明らかに健康にプラスになります
ね。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

小泉八雲 「耳無芳一の話」

小泉八雲という人は恐らく現代の多くの日本人の想像を上回るほどのすごい
人だったのではないかと個人的には思っています。だってもともとは・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

「ホルトの木」

おいしいお店っていうのは共通の特徴が多く見受けられます。例えば量が少
ないこと。これは予算的な問題もあれば、客を満腹にしないという・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

10月19日(月)晴れのち曇り

「水滸伝」をむさぼり読む日々。岩波の「水滸伝」や「西遊記」は講談の形
を残したまま訳してある。今日、「中国鍼灸院」の呉先生に聞いた話だが、
こういう講談というものが中国では呉先生の子どもの頃まで残っていたらし
い。今でいうカフェみたいなところに人を集めて、お茶一杯で一話分聞かせ
る。続きが聞きたい人は二杯目を頼まないといけない。娯楽が少ない時代に
は多くの人の興味をそそったことだろう。呉先生によれば文化大革命の時に
毛沢東によってこういった講談は禁止されたらしい。古今、文化に枷をした
政治にろくなものはない。人の世は衣食住足りれば生きられるというもので
はない。
 
それにしても「水滸伝」は面白い。まったくもって荒唐無稽だが、それがま
た面白い。今までにいろんな作家がこれをデフォルメして好き勝手に小説化
してきたが、元より正解などないわけだから誰がどういうふうに書こうが構
わないわけだ。そのへんが中国の古典文学の興味深い点だ。
 
「講談師」
 
一服の 夢語るかな 講談師
 


10月21日(水)晴れ

昨日、コイン洗車に行ってリカちゃんを洗車機で洗ってたらものすごい音が
したので何かと思えばテレビ用のアンテナをもぎとられていた。へー!こん
なこともあるんだ。あんまりコイン洗車を信じちゃいかんなと思った。
 
今日は5社。忙しいのはいいことだ。感謝感謝。帰ってからもデスクワーク
どっさり。ありがたいが、水滸伝を読む時間をもうちょっと欲しい。
 
最近、自分なりに秘かに「ミッドウェー海戦」について検証しなおしている
(時間がないとか言いながら)。真相を知りたいのだがどうも淵田美津雄の
証言も全て信用できないようなフシもあるし、何を見ればいいのかと暗中模
索の状態。ここはやはり澤地久枝の「滄海(うみ)よ眠れ」を読むべきなんだ
が悲しいかな絶版なんだな。中古であちこち探してはいるが、全巻そろって
というのがまだ見つからない。この作品は日米双方の当事者とその家族に徹
底取材し戦後も隠し通されていた真実を暴露した名著で、菊池寛賞を受賞し
ている。こういう作品を絶版にしちゃいかんよなぁ。非常に貴重な歴史の記
録なのに。残されるべきものが残ってないよなぁこの国は。
 
「ミッドウェー」
 
真実は 遥か波濤の 下にあり
 


10月23日(金)晴れ

今日は3社。仕事を終えてからキャナルシティ近辺で姫を拾って、夜は「御供
所・冷泉ライトアップウォーク」に参加した。こんなイベントがあったなん
て初めて知った。地元の名所旧跡というのは以外とじっくり訪問しないもの
で、由緒ある寺や神社にも「いつでも行ける」と思いつつなかなか足を運ば
ない。今回のイベントでは普段、入れない所にも入れるということで興味津
々で参加した。
まずは「櫛田神社」からスタート。2番目の「東長寺」まではにわか煎餅を買
って食べたり、無料のぜんざいを食べたりしつつ移動。3番目は「妙楽寺」で
最後が「承天寺」。どこも美しくライトアップされてあり、幻想的な眺めだ
った。省エネのために控えめのライトアップになっていたがそれが逆に趣き
があってよかった。圧巻は「承天寺」の枯山水のブルーのライトアップ。本
当に波がうねっているような立体感は強さを秘めた美を見事に表現してあり
しばし心と視線を奪われた。
「承天寺」ではうどんやそばを買って食べれるようになっており、ワシはう
どん、姫はそばを食べた。
こんな素晴らしいイベントは今後も毎年続けて欲しいと思う。実に楽しい夜
の散策だった。
 
「洗濤庭」
 
白砂の 波青くして 洗濤庭
しぶき散らせる さまも見えたり
 


10月25日(日)晴れのち曇り

早いもので志賀島マラソンからもう一週間。あれから全然走ってないから今
日は午後から一人で長谷ダムへ。10kmを測ってみたら、56分36秒だった!ま
た一歩前進したなという感じ。だがやはり55分の壁は厚いな。これでも結構
飛ばしたつもりなんだがな。50分切る人ってつくづくすごいと思う。
 
今夜は姫が「ベジキッチン」で遅くなるから久しぶりにえしぇ蔵クッキング
をしてやろうと明太子パスタとポテトサラダを作っていたら姫から電話。
「ゴトー先生を連れて帰るけん」マジかいや!ひぇー!こんな料理を天下の
ゴトー先生に食べさせられるかい!と思ったがもうどうにも逃げようがない。
そこを見越してギリギリに電話してきたらしい。電話の口調にしてやったり
!という邪悪な響きがあった。くそー。二人が到着してから先生のお土産と
光栄にもちょっとした料理まで作って頂いて思いがけないパーティー状態に
なった。先生がワシのパスタとサラダを食べる瞬間はさすがに緊張・・・西
日本新聞に料理に関する記事の連載をお持ちで、業界の内外を問わず福岡で
その名を轟かせたゴトー先生がワシの料理を食べるなんて・・・。タイミン
グに助けられ先生はちょうど空腹だったようで「おいしい」とあっという間
に完食して下さった!なんという感動・・・末代までの誉れじゃ・・・。
先生が我が家のキッチンに立って一品作って頂くという光栄にも預り、しか
もそのおいしさにまた感動・・・やっぱちがうなぁ・・・。
キッチンから新しいつまみがちょっとづつ追加されながら3人でワインを飲み
つつ遅くまでだらだら。酔っ払った先生はそのままソファでおやすみなさい
・・・。
 
「誉」
 
その道を きわめし人に 畏くも
つたなきものを 供す誉や
 


10月26日(月)曇り

昨日、ブックオフで「滄海よ眠れ」を見つけた。ただし1巻だけ。まぁ気長に
集めるかな。
読みたい本も多いが、書くほうも頑張らないと。あと2ヶ月で準備して、年明
けから1年間、連載ものを書いてみようと思う。あぁここに書いたから本当に
書かないといけなくなったな。あたって砕けろだ。
 
今日は4社。最後は「松島商店」さんで打ち合わせ。早速ワインが売れたとい
うことで幸先のいいスタートだ。ワシとしては1万円で4本のセットが興味あ
る。ワシのような初心者はこのへんから飲むのがいいかも。

 
ワインもそうだがいろんなものがおいしい季節になったな。どうも食べ過ぎ
ていかん。油断するとすぐ太る。土曜あたりちょっと長めに走って体重落とすか

な。で
もその夜に反動で食べすぎたりするんだよな。すぐに体重増加につながるて
のはやっぱおっさん体質になってしまったんだろうな。気合いをいれねば。
ジェフ・ベックのように体型維持できればいいやね。
 
「無意味」
 
我を待つ ビールおもひて 汗ながす
 


10月28日(水)晴れ

41回目の誕生日。早いもんだ。馬上少年過ぐか。なんだかもたもたしている
間に年をとっているような気がする。このままじゃいかんよな。
 
「馬上少年過」
 
伊達政宗

馬上少年過  馬上少年過ぐ 
世平白髪多  世平らかにして白髪多し 
残躯天所許  残躯天の許すところ 
不楽復如何  楽しまずして如何せん
 
 
夜は姫のおごりで高砂にある和食のお店へ行ったが、非常にハイクオリティ
で感動した。大将の手さばきを見ながらカウンターで秀逸な一品一品を味わ
った。なんとも至福な時間だった。一体この水準まで到達するのにどれほど
の修行をされたことだろうか?としみじみ思った。帰り際には大将みずから
お見送り。丁重に感謝の意を表しつつ店を後にした。素晴らしい店だった。
さすが姫セレクト。いい誕生日の夜になった。
 
41歳の1年間でおそらく生活環境が大きく変化するだろうと思う。新しい生
活がどんなものになるか楽しみだ。
 
「齢」
 
またひとつ 齢(よわい)重ねて おもへらく
いまだ故郷に 錦飾れず
 


10月30日(金)晴れのち曇り

Windows7か。今度はちゃんと作ったんだろうな?と言いたくなる。毎回なに
か目新しい機能を自慢にしてるけど、必ずどこかに無理があって動作を遅く
したりシステムを不安定にする。ワシに言わせれば機能はXPレベルで十分だ
からそれよりも動きを速くすることと安定させることに力を注いで欲しい。
「今回のOSは何も新しい機能はありませんが、スピードが従来の2倍になり
ました。安定性も飛躍的に向上しています」なんてうたい文句の新製品を出
してもらえば値段が1.5倍くらいに高くなっても買うけどな。ユーザーの悩
みを解消するほうが先なんじゃないのかい?いい加減にちゃんとやろうぜ。
 
明日は早めに帰るからちょいと走りに行こうかな。次の目標になる大会をな
にか決めないといかんな。
 
「相撲部屋」
 
相撲部屋 博多に冬を 運ぶかな
 


10月31日(土)晴れ

「ウイルホーム」さんで社員さんに聞いた話。社長が深夜に車を運転してた
ら中学生がたむろして煙草を吸ってる現場に出くわしたそうな。そこで社長
はわざわざ車を止めて中学生を叱ったそうな。ワシは社長のこういう真っ直
ぐなところが好きなんだな。正しくないことを見過ごせない性格ってのは尊
敬する。
人の子どもを叱る大人ってのは昔はよくいたもんだ。実際ワシもよく知らん
おっさんから叱られたな。そういうのはある意味子どもへの愛だよな。今思
えば懐かしい。気付けば誰しも他人の子どもなどどうでもいいと考える時代
になってしまった。誰がそうしたのか?きっとワシらの世代だよな。昭和40
年代生まれぐらいから日本人がダメになってしまったような気がするんだな
個人的見解として。ワシらはもうちょっとしっかりせんといかんよな。この
ままじゃ日本はどんどんダメになる。
 
今日は帰りが早かったので長谷ダムでまた10km計測してみた。今日は54分59
秒。この微妙さ!ギリギリ1秒だけ55分を切った。かなり飛ばしたんだがそ
れでもこんなもんか。心臓破裂するかと思った。
 
夜は姫とコラボでつまみを作って酒を飲んだ。こんなこと書くとまたゲリラ
的に我が家にやってくる人が出てきそうやな。今日はワシは一品のみ。納豆
入り卵焼き。めっちゃ簡単。まぁまぁ出来だった。ふわふわのおいしい卵焼
きを作るには卵が3つ必要だが、実際卵3個なんてきついよな。
 
「卵焼き」
 
テフロンは 邪道なりし 卵焼き
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/11/5 第485号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。