飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/08/20

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/8/20 第476号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

最近は妙に創作意欲がわいて、黙々と小説を書いています。ようやく自分で
もまずまずかなと思えるものが書けるようになりました。自分の書き方とい
うものが見えてきたような気がします。こういう時にたくさん書いておこう
と思います。いつまたスランプになるかわかりませんからね。
年内に4つの賞に応募する予定で、すでに3つまで投稿しました。あと1つ
です。来年も書いては応募、書いては応募を繰り返すつもりです。いつかは
どれかあたるかなと。下手な鉄砲ってやつです。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

有島武郎 「小さき者へ」

「不幸なそして同時に幸福なお前たちの父と母との祝福を胸にしめて人の世
の旅に登れ。前途は遠い。そして暗い。然し恐れてはならぬ。恐れない者の
前に道は開ける・・・

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

そば 「蕎麦庵 なな草」

八女の古い町並みに残る町屋は風情があって大好きです。こういう雰囲気の
中でおいしいものが食べれるなんて最高ですね。しかもそれが極上の蕎麦と
くれば言うことなし・・・

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

7月24日(金)大雨

なし

夕方から大雨。それにしてもよく降った。たまたま仕事が早く終わって家に
帰りついていたからよかったが、おそらくかなりの渋滞になったことだろう
。いつぞやの大雨を思い出すなぁ。死者が出たっけなぁ。畏敬すべきは自然
の力だ。やれIT革命だ、バイオテクノロジーだなんて言ったところで未だに
たった2時間大雨が降れば右往左往するんだから人間の力なぞ虚しいもんだ。
恐らく永久に自然の脅威のもとで生きていかざるを得ないのだろうな。何千
年もの間、人間は同じことを考えてきただろうが、それにも関らず自然への
畏敬の念は減る一方だ。昔の人は自然に逆らえないことを知っていたから恐
れ敬った。そして共生の道を探った。それが本当なんじゃないだろうか?
 
「梅雨」
 
七月の 暦少なし 未だ梅雨
 


7月26日(日)大雨

Paul McCartney

朝から再び大雨。自宅がある丘の下に流れる川は橋の下を洗うほどで結構危
ない状態だったが、昼前に雨は上がりなんとか危機はしのいだ。それにして
も恐ろしいもんだ。金曜日にあれだけ降ってまた今日だからな。もういい加
減梅雨も明けて欲しいもんだ。
 
ESEグルメの新データベースがやっと完成した!あぁ涙・・・めっちゃきつか
った。予定通り8月1日からスタートできそうだ。これでこっちはよしとして
8月は短編を一つ書かなくては!
 
「雨雲」
 
七月や もはや雨雲 見飽きたり
 


7月28日(火)曇り

Sting

応に住する所無うして其の心を生ずべし
 
心を一箇所に留めず、時に応じて自由に動かす。つまりはそういうことだな
。悩み苦しみ続けるのもそれは一つの執着なのだ。喜ぶべき時に喜ぶ。怒る
べき時に怒る。悲しむべき時に悲しむ。あとは心を自由に。ワシなんか一箇
所に留まってもう半年になる。これじゃ内側から腐ってしまいそうだ。早く
解き放とう。
小説のことを考えている時は唯一心が軽くなる。やっぱこれしかないなと思
う。無心に書くべき時だな。
 
「雲のごとく」
 
雲のごとく 鳥のごとくとは 言いえたり
心縛らぬ ものになりたし
 


7月30日(木)曇り

The Police 

仕事帰りに御笠川の近くを通ったら公園で盆踊りの練習をしてた。今年初め
て夏らしい光景を目撃した。気付けばもうあさってから8月。まだ梅雨明けし
ない。今年は夏が短くなってしまった。なんだか寂しいものがある。
 
価値観というものは変化するものだが、ワシの場合それが極端なのかもしれ
ない。先週、ブックオフであるCDを買った。大学時代にレコードで持ってた
あるイギリスのロックアーティストのアルバムで、当時は英語の歌詞全曲暗
誦できるほど毎日聞きまくった。自分なりにこれは傑作だと判断していた。
そのCDが安くで売ってたので懐かしさに浸りたくて買って聞いたら・・・・
・・ちょっと寂しくなった。ワシはこんなアルバムを傑作だと思っていたの
かと。この20年での価値観の変化の激しさに唖然とした。当時、音楽評論家
たちには駄作として貶されていたが、ワシはそれに対して憤慨していたもの
だった。今は評論家たちはさすがに適確な判断をしていたというのがよくわ
かる。本当の傑作は時代によって色褪せることはなく、逆に駄作は時代がそ
のメッキをはがすということがよくわかった。
 
昨日、「新郷商会」さんの事務所で源太さんの子どもたちがレゴで遊んでい
た。いいもんだと思った。世の子どもがゲーム機で遊ぶ光景は見飽きたから
な。ゲーム機はプログラムという限られた範囲の中で遊ぶものだが、レゴは
物自体がシンプルなだけに可能性は無限大で子どもの創造性を大いに育てる
。遊びながら自分の創造性を育てていることになる。さすが源太さんだなと
思った。またゲーム機欲しがらない子どもたちもおりこうさんだ。
 
「御笠川」
 
水ひいて 夏は短し 御笠川
 


2009年08月01日

昨日は飲み会で、久しぶりに博多駅で人と待ち合わせした。少し早過ぎたの
でぼーっと人間観察。夕方だから人が多い。しかしあんなにたくさんの人が
目の前を通ったのに知ってる人を一人も見なかった。博多も都会になったも
んだ。
小説を書くようになってからいろんなものを見る目が変わってきた。無意識
に観察している自分がいる。そして今自分が見たものを頭の中で文章にして
いる。いいのが出来たら忘れないうちに携帯から自分のパソコンにメールし
たりする。作家っていつもこんな感じなのだろうか?そういえば創作ノート
を持ち歩く作家は多いわな。
 
本はもっぱら古本屋で買う癖がついているから、今日博多駅の本屋に行って
買おうと思った本の値段見てビックリして買うのをやめた。新刊本は高いよ
な。古本屋を知ってしまうともう新刊本は買えない。まぁどっちみち昔の作
品ばっかり読むから古本屋で十分なんだが。
 
8月に書く短編の構想ができた。明日から書き始める。できたらある賞に応募
する予定。夏から年末にかけて応募しまくり。少なくとも4つの賞に応募する
つもりでいる。下手な鉄砲ってやつか。
 
「知らぬ人」
 
知らぬ人 いづれもなにか 背負うかな
 


2009年08月02日

「ル・シュクル」さんの商品撮影があったので姫を連れてうきはへ。ハム・
ソーセージのお店、ブルーベリー園と寄ってから「ル・シュクル」さんへ。
今日はお腹が膨れている状態だったので二人ともケーキは食べないつもりだ
ったが、奥さんが新作を出して下さって、それを一口食べてあまりのうまさ
に全部ペロン。不思議なもんだ。一体どこに入っていくのか?
「ベジキッチン」のゴトー先生にお土産を届けてから帰宅。先生の感想が楽
しみ。
 
誰かが言ってくれたほんの一言で大いに励まされたという経験は誰しもある
と思う。ワシの場合は大学生の頃、就職が決まって喜んでいる時に親父に
「お前はどこに行ってもちゃんとやれる」と言われたことや、ある有名な年
配のデザイナーさんに「いい目をしてるねぇ」と言われたこと、あるお客さ
んに「あなたの強さは柳の強さだ」と言われたこと、呉先生に「えしぇ蔵は
大作家になれるヨ」と言われたことなどが強く自分の中に残っており、その
時その時でかなりの発奮材料になった。
今日久しぶりに親父と電話で話したが、親父が電話を切る時に「すまんのぉ
。頼りにしとるぞ」と言ったその一言がワシの脳天から足の先まで電気を走
らせた。あぁ悩み苦しんでばかりいられる身分じゃなかったんだ、果たすべ
き義務が山ほどあるんだと気付いた。長い悪夢から覚めたような気がした。
 
雪裡梅花只一枝 (せつりのばいか ただいっし)
 
梅は雪に耐えて花を咲かせる。苦難の向こうに真実があるのだ。よっしゃ。
やったるで。
 
「憂いの雨雲」
 
われおもふ 老いゆく父の ひとことに
いまぞ消えゆく 憂いの雨雲
 


2009年08月03日 | Weblog
「中国鍼灸院」の呉先生がたくさん詩をメールしてくれたのでまとめて紹介。
 
「氣功身美」
 
呉 炳宇
 
楚国美女多細腰、(楚国の美女細腰多くして、)
天下名士背常直。(天下の名士の背常に直ぐなり。)
深吸徐呼腰易細、(深く吸いて徐に呼せば腰細くなること易く、)
松肩頸長背正直。(肩松のごとく、頸長くせば、背正直なり。)
 
楚の国の多くの美女は腰が細く、
天下の名士は背骨が常に真っ直ぐしている。
深く息を吸ってゆっくり吐くと腰は簡単に細くなり、
肩の力を抜いて頸を真っ直ぐすると背骨は真っ直ぐなる。
 
 
「日食」
 
呉 炳宇
  
月入日中日似月、(月日の中に入りて、日月に似たり、)
日黒昼可観金星。(日黒くして昼金星を観る。)
有縁二十六年見、(縁有れば二十六年に見え、)
宝石指環上天行。(宝石の指輪上天を行く。)
 
月は日に入ると日が月のように見え、
日が真っ黒になると昼でも金星が観察できる。
縁があれば26年後また再び見え、
宝石の指輪が空の上に行く。
 
 
「山笠祭」
 
呉 炳宇
 
梅雨声稀東稲緑、(梅雨の声稀になりて東稲緑なり、)
蝉鳴漸稠西瓜甜。(蝉鳴漸く稠くして西瓜甘し。)
迎来博多山笠祭、(博多山笠祭を迎え、)
男児壮歌響地天。(男児の壮歌天地に響く。)
 
雨の音が少なくなると稲の緑が増し、
蝉の鳴き声が濃くなると西瓜が甘くなる。
待ち遠しい山笠祭が来て、
「おいさ!おいさ!」の掛け声が天まで届く。
 
 
さすがですな。いづれも甲乙つけ難し。そして以下は今日頂いた詩。
 
「Time」
 
呉 炳宇
 
生命皆有限、(生命皆限りあり、)
時間定存亡。(時間存亡を定める。)
善用分秒者、(分秒を善く用いる者、)
不息君自強。(君子自強してやまず。)
 
生命には皆限りがあり、
時間が存亡をきめる。
分秒を上手に使う者は、
自らを強くしてやむことがない。
 
最後の部分は「易経」の「天行健 君子以自強不息」からとられたそうな。
漢詩の世界を海に例えればワシは浜辺で遊んでいるだけだが、それでも面白
いと思う。もうちょい沖まで行ってみたくなるね。
 
今日は帰りに久しぶりに「あい書林」さんに寄った。この店の品揃えだけは
ワシを和ませてくれる。本物が山ほどある。見ているだけで嬉しくなってく
る。
 
「詩の海」
 
詩の海の 汀(みぎわ)で遊ぶ 四十路かな
 


2009年08月05日

午前中は久しぶりに個人宅のインターネットのトラブル対応に行った。以前
はよくこうやって個人宅をまわったっけなぁ。なおるとえらく感謝されて、
なんか村に一人の医者の往診のように歓待されたもんだった。困ってる個人
宅をまわる仕事も損得抜きで誰かがやるべきだとは思うんだがな。土日限定
とかで引っ越し先でまたやってみるかな。
 
梅雨が明けたらしい。やっとか。やっと夏か。でももう8月5日。夏が1ヵ月に
満たないなんて!これじゃ秋の到来への感動が薄れてしまう。毎年当たり前
っていうふうにはなかなかいかないもんだ。
 
姫の料理の腕がさらに上がったような気がする。ゴトー先生のおかげや。感
謝感謝・・・。ワシもそろそろえしぇ蔵クッキングせんとな。
 
「夏休み」
 
夏休み 日差しと汗と蝉しぐれ
かえらぬおもひで ただ美しく
 


2009年08月07日

Here come old flattop he come grooving up slowly 
He got joo-joo eyeball he one holy roller 
He got hair down to his knee 
Got to be a joker he just do what he please
 
He wear no shoeshine he got toe-jam football 
He got monkey finger he shoot coca-cola 
He say "I know you, you know me" 
One thing I can tell you is you got to be free 
Come together right now over me
  
http://www.youtube.com/watch?v=Pn5LS8x5YlU
 
The Beatles の「Come Together」。ワシにとってこの曲ほど飽きない曲はな
い。Johnの最高傑作ではないかと個人的には思う。多くのミュージシャンが
カバーしてるが、ワシはMichael Jacksonバージョンと、Aerosmithバージョ
ンが好きだな。基本的にかっこいい曲だから誰が歌ってもさまになるのかも
しれないが。
 
Michael Jacksonバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=jaZzZactGQU
 
Aerosmithバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=HgyQugqoscY
 

九州自動車道の福岡〜太宰府間がまだ復旧しないので福岡の東半分の渋滞は
半端じゃない。3号線もだめ、バイパスもだめ、都市高速もだめ・・・・・・
あげくには裏道もいっぱいときた。このままお盆に突入となるとえらいこと
になりそうだ。間に合うのだろうか?しかし夜を日に継いでフル稼働で復旧
作業をする人々には頭が下がる。あまり急かすもんではないな。こっちが計
算して移動すればいいわけなんだし。
 
それにしても暑かった。強烈に暑かった。だがこれが夏だ。これこそ夏だ。
バカボンのパパに言わせれば、これでいいのだ。夏が暑いから秋の到来に心
和み、冬が寒いから春の訪れが待たれるのだ。
 
「梅雨明け」
 
梅雨明けや 暦は秋と なりにけり
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/8/20 第476号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。