飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/04/22

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/4/23 第464号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

4月21日の日記を見て頂くとわかりますが、異業種交流会において中原さん
という”鉄人”のマッキンリー登山の話をうかがって非常に感動しました。
アタックキャンプから頂上を目指す最後の場面において、高山病のチェック
をしてその危険性がある人は断腸の思いで登攀をあきらめるそうです。中原
さんも登攀できなかったそうで、何年も準備してやっとこの日が来たという
時の苦渋の決断は、想像を絶するくやしさだったろうと思います。
これは、登攀するチームの中で一人でも高山病の症状が出ればチーム全員
登攀を断念しなければならないため、その危険性のある人は仲間のために
あきらめるわけです。その現場では涙の別れがあるそうです。人のために
己をどこまで犠牲にできるか?こういう瀬戸際において本当の人間性が出る
そうです。そういう場面で笑って見送ってあげれる人間になりたいものです。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

倉田百三 「出家とその弟子」

この作品は宗教文学というよりもむしろ青春文学です。

壷井栄 「二十四の瞳」

読む人を大きな愛で優しく包み込んでくれる名作です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

そば・うどん 「福寿庵」

いい素材と高い技術が生み出した絶品そばです。

ラーメン 「天舟」

あっさり系のうまさが癖になるちゃんぽんです。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

4月6日(月)晴れ

Eric Carmen

今週も「中国鍼灸院」さんで鍼をうってもらってから始まる。
今日先生から頂いた詩はわかりやすくて心に残るものだったのでいつか小説
の中で使わせて貰おうかなと思う。
 
「縁」
 
呉 炳宇
 
盛衰世間言因果、(世間の盛衰は因果の言うところ)
悲喜交替縁先知。(縁先に知る悲喜の交替)
有縁千里飛来会、(縁有りて千里を飛来して会う)
無縁同舟不相識。(縁無くして同舟にても相識らず)
 
世間の盛衰は因果によるもの
いいことわるいことの交替を縁は先に知っている
縁があればいくら離れていても会う運命にあり
縁なければ同じ船に乗っても知り合うことはない
 
訳:えしぇ蔵
 
いいなぁ。この詩いいなぁ。
これ見た人で、「知」と「識」が韻を踏んでないじゃないかと思う人もいる
かもしれないが、中国語の発音では韻を踏んでいるそうな。
呉先生がこの詩を「雷山千如寺」の和尚さんに見せたらきっと理解してくれ
るはずと言われていた。なるほど仏教的な詩だな。
 
今日は「コスモ不動産」さん、「ユーキハウス」さん、「戸次染工場」さん。
なぜか戸次さんのところには訪問販売が多い。おそらく連中は名簿をまわし
てるんだな。とにかく最近はNTTと名乗って営業しかけてくる偽者が多い。
だいたいきちんと名乗らないやつにろくなやつはいない。経営者よ須らく警
戒すべし。もしなにかトラぶったら以下に相談すべし。
 
福岡県消費生活センター
福岡市博多区吉塚本町13番50号 福岡県吉塚合同庁舎内
092-632-0999
 
「縁」
 
知己となり 師となり 竹馬の友となり
すべて縁(えにし)の なせる妙(たえ)かな 
 


4月7日(火)晴れ

KISS

「当世源氏物語」(谷崎潤一郎訳 源氏物語風)
 
食欲
 
「住まいのイシダ」様にお伺いした時のことでございます。女官のF井が太
って動くのが物憂いと申しておりましたところ、店長の后様より痩せなさい
と諭されておりました。ところが女官のF井はあまり気にかけておらぬ様子
でございました。
「えしぇ蔵様、わたくしついに腹が妊婦のごとく縦に出てきておりまする」
「腹が縦に出るとはいかなるものでありましょうや」
「腹と腹のあいだに物が挟めるのでございます」
「これはまた不思議なことを申される。物が挟まるのでございますか」
「はい。胸と腹の間にも挟まります」
「では二箇所も物が挟まると申されるのでありましょうや」
「下腹にも挟まりますので三箇所になりまする」
「なんとも困ったことでございますな。なぜそのやうなことになるのであり
ましょう」
「食欲が止まらないので困っておりまする。先日も姉と二人で回転寿司を十
九皿食べましてございます」
「普段ごはんは何杯ほどお召し上がりでしょう」
「わたくしご飯はあまり食べませぬ。おかずをひたすら食べておりまする」
「ではたとえばラーメン屋でラーメンを食べる時は餃子もつけますでしょう
か」
「もちろんでございます」
「替え玉はされますでしょうか」
「いいえ」
「それはなぜに」
「恥ずかしいからでございます」
「恥ずかしくなくば替え玉なさいますか」
「いたします」
「ご飯はいかがなされます」
「ご飯はいりませぬ」
「まさかご飯はいらぬが炒飯はいるとは申されますまいな」
「申しませぬ(笑)」
「それで終わりとはいかぬような気がいたしまする」
「はい。家に戻りましてのちアイスを食べまする」
 
ラーメンと 替え玉餃子 たいらげて
アイスでしめて 痩せるわけなし
 
わたくしもはや女官のF井に痩せたほうがよろしいのではと申し上げること
が虚しくなりましてございます。
 
 
「東部ハウジング」さんでOさんに昨日の呉先生の漢詩を読ませたら「これ
はすごいですよ」と感心してた。やはり中国の人が見てもすごいんだな。ま
ぁ当然だが。いつかOさんに呉先生を紹介して中国語で会話してもらおうか
いな。
 
「替え玉」
 
恥じらいて 替え玉たのめぬ F井かな
 


4月9日(木)晴れ

Sex Pistols

「あおば不動産」さんで久しぶりにI本さんとお会いした。思いがけず文学
の話ができて楽しかった。
 
ワシ:「こないだ国民的大ベストセラーの○○○を読んだんですけど、あま
りのひどさにがっかりしました」
I本さん:「まぁ、ああいうのは大衆小説だからな。俺は文学小説のほうが
好きだからああいうのは読まねぇな」
ワシ:「やっぱそうですか」
I本さん:「ほら、俺の場合さ、小説とはこういうもんだ!っていうのがい
わゆるドストエフスキーとかトーマス・マンだからさ、それを基準に考える
とあんなものくだらなくて読んでられねぇな」
ワシ:「なるほどね。最近はどんなの読んでます?」
I本さん:「最近はブロッホとかシュテフターあたりが好きだな。あとダン
ヌンツィオとかな。これが素晴らしいんだよ。こういうの三島由紀夫が読み
そうだなと思ったらやっぱり読んでたよ」
ワシ:「ブロッホ、シュテフター、ダンヌンツィオですね」
I本さん:「そう。でもそういうのあんまり読まねぇほうがいいぞ。小説書
けなくなるぞ」
ワシ:「あはははは!」
I本さん:「俺がどうしてあんまり小説書かねぇかっていうと、そういうの
読むからなんだよ。うわ、こんなの俺には書けねぇと思ったらもうだめだね」
ワシ:「わかります。私も自分で書く前に谷崎潤一郎とか永井荷風とかは読
まないようにしてます」
I本さん:「最近の芥川賞の作品とかなら、なんだこりゃ、これなら俺にも
書けるって思うけどさ(笑)」
ワシ:「わかります(笑)」
I本さん:「まだ読んでない素晴らしいのがいっぱいあるからな。下らねぇ
の読んでる暇ないよな」
ワシ:「ほんとですね。今度ブロッホとかシュテフター読んでみます」
I本さん:「書けなくなるぞ(笑)。でも小川国男は読んどけよ。あと金子
光晴な」
ワシ:「はい」
I本さん:「金子光晴とはよく新宿で一緒に酒飲んだなぁ・・・」

話は延々と続く。I本さんはやくざに間違われたほど強面でぶっきらぼうな
イメージだが、強烈な信念を柱とした純真朴訥な人間性がなんとも魅力的だ
。こういう人好きだなぁ。
 
今夜の月はなぜか妙に赤い。妖しくも文学的だな。
 
「赤い月」
 
ピストルズ 聞いて眺める 赤い月
 


4月10日(金)晴れ

なし

今日は暑かった。これじゃ初夏だ。リカちゃんの窓を全開にして走りまわっ
た。
 
「ウイルホーム」さん、「Rプランニング」さん、「シューポート」さんと
まわった後は買物してから帰宅。今日はえしぇ蔵クッキング。旬のカレイを
使いたかったので煮付けにした。それとこれも旬の新玉ねぎで一品。冷蔵庫
に豆腐があったから豆腐ステーキも作って、みそ汁も作った。一汁三菜。結
構やるじゃない。来週の火曜日は姫が夜いないので自分で作る予定。何を作
るか今からわくわくしてる。すっかり料理にはまったな。酒のつまみは買っ
て来たものより、ちょいと手間かけて作ったもののほうが酒もうまく感じる
から不思議だ。それと買い足さないで手元にある材料だけで工夫して何かを
作るというのも好きだな。知恵と技術は質素を喜びに変える。
 
「笑顔」
 
食べる人の 笑顔でおもふ また作ろう
 


4月12日(日)晴れ

Ron Carter

「レッドクリフ パート2」を見た。いやはやなんともスケールのでかさには
圧倒された。俳優の演技も自然で脚本も無駄がなく、カメラワークも美しか
った。壮大なエンターテイメントとしてたっぷりと楽しませてもらった。
三国志は史実に基づいてはいるがかなり脚色された物語であり、今回の映画
化でも更に独自の脚色が施されてはいたが、西暦208年に長江の赤壁におい
て大規模な戦闘が行われ、曹操軍が大敗を喫したというのは紛れもない事実
であるわけで、そう思うと一度は赤壁に行って同じ風を感じ、かつて赤く染
まった水面を見つめてみたいと思うのがロマンというものではないだろうか
?英雄たちの生きた証、自然が目撃した事実・・・一度歴史の面白さに魅せ
られたら二度と抜け出せない。
 
ちなみに赤壁の戦いの際に曹操が詠んだ詩が歴史に残る傑作なのでついでに
ご紹介。「レッドクリフ パート2」でも曹操が酒の席でこの詩を吟じるシー
ンがあるので見に行く人は注目すべし。
 
 
「短歌行」
              
曹操
 
 
對酒當歌,
人生幾何。
譬如朝露,
去日苦多。慨當以慷,
憂思難忘。
何以解憂,
唯有杜康。

青青子衿,
悠悠我心。
但爲君故,
沈吟至今。

鹿鳴,
食野之苹。
我有嘉賓,
鼓瑟吹笙。

明明如月,
何時可輟。
憂從中來,
不可斷絶。

越陌度阡,
枉用相存。
契闊談讌,
心念舊恩。

月明星稀,
烏鵲南飛。
繞樹三匝,
何枝可依。

山不厭高,
水不厭深。
周公吐哺,
天下歸心。 


酒に對しては  當(まさ)に 歌ふべし,
人生  幾何(いくばく)ぞ。
譬へば  朝露の如く,
去日  苦(はなは)だ 多し。
 
慨して  當に 以って 慷すべきも,
憂思  忘れ難し。
何を以ってか  憂ひを 解かん,
唯だ  杜康の 有るのみ。
 
青青たる  子の衿,
悠悠たる  我が心。
但だ  君が為め 故,
沈吟して  今に至る。
 
として 鹿 鳴き,
野の苹を  食ふ。
我に  嘉賓 有り,
瑟を 鼓し  笙を 吹く。
 
明明たること  月の如きも,
何の時か  輟(と)る可けんや。
憂ひは 中 從り 來たり,
斷絶す可(べ)からず。
 
陌(みち)を 越え  阡(みち)を 度り,
枉(ま)げて 用って  相ひ存(と)はば。
契闊 談讌して,
心に  舊恩を 念(おも)はん。
 
月 明るく  星 稀(まれ)にして,
烏鵲  南に飛ぶ。
樹を 繞(めぐ)ること  三匝(さふ),
何(いづ)れの枝にか  依(よ)る可き。
 
山 高きを  厭(いと)はず,
水 深きを  厭はず。
周公  哺を 吐きて,
天下  心を 歸せり。
 
 
「赤壁」
 
曹操有矜持、 (曹操矜持を有し)
周瑜信勝利。 (周瑜勝利を信ず)
孔明尽叡智、 (孔明叡智を尽くし)
強風与勝機。 (強風勝機を与う)
 


4月13日(月)晴れ

Sex Pistols

「中国鍼灸院」さんでの会話。
 
ワシ:「先生、わたしの赤壁の漢詩どうでした?」
呉先生:「よかった。ちゃんと韻も踏んでるヨ」
ワシ:「曹操ってすごい詩人だったんでしょ?」
呉先生:「曹操もすごいし、息子もすごかった」
ワシ:「曹否と曹植ですね」
呉先生:「あの時代では一番すごいヨ」
ワシ:「へー」
呉先生:「曹操は”氣功”もやってたヨ」
ワシ:「”氣功”ですか」
呉先生:「そう。今日から”氣功”の奥義について少しづつ教えるヨ」
ワシ:「はい」
呉先生:「まずこの詩を読んで」
 
氣功密傳(1)
 
呉 炳宇
 
両吸一呼、
不満除元氣足。
如湯暁雪、
冰化凝消病出。
 
呉先生:「”両吸一呼”というのは呼吸する時に二回吸って一回はくこと」
ワシ:「スー、スー、ハー」
呉先生:「そう。そうすれば不平不満が除かれて、元気が入ってくるネ」
ワシ:「はい」
呉先生:「”如湯暁雪”というのは、雪にお湯をかけた時のようにというこ
と。どうなる?」
ワシ:「とけます」
呉先生:「”冰化凝消病出”というのは、とけてなくなるように病が出てい
ってしまうということ」
ワシ:「なるほど」
呉先生:「嫌なことがあった時にはこれをやる。二回吸って一回はく。そう
すればまた元気になる」
ワシ:「はい」

スー、スー、ハー・・・か。幸い今のところ会いたくない人もいないし今の
生活に不満もないけど、時々やってみよう。スー、スー、ハー、スー、スー
、ハー。
 
「こころ」
 
楽しくも 苦しくするも おのが身を
いざなふものは 心なりけり
 


4月14日(火)雨

Kemal Gekic

「東部ハウジング」さんは外国人への対応が可能なのが強み。N嶋さんは英
語が話せるし、Oさんは中国人だし。インターナショナルな会社。今回、Oさ
んが主体となって中国語のページを作ることになった。
 
ワシ:「Oさん、『中国人の方へ』ってどういうふうに書くんですか?」
Oさん:「え〜っと・・・こうかな?・・・あれ?・・・」
ワシ:「あれ?(笑)」
Oさん:「ちょっと調べます(笑)・・・あ、あってました」
ワシ:「Oさん、中国語忘れたんやないですか?」
Oさん:「僕は高校生まではいい生徒ではありませんでした」
ワシ:「へー、そうなんですか」
Oさん:「僕、お母さんに勉強しなさいと言われて、『どうして勉強する必
要ありますか?』と言ったら、『どうしてご飯食べる必要ありますか?』と
言われて怒られました」
ワシ:「あはははは!お母さんいいこと言いますねー!」
Oさん:「真剣に勉強したの、日本に来てからですよ」
ワシ:「こっちじゃ日本語覚えんと生きていけんからですね」
Oさん:「そうそう(笑)」
ワシ:「Oさんの写真入れときますね」
Oさん:「小さくお願いします(笑)。僕の携帯の番号も入れといて下さい」
ワシ:「了解です」
Oさん:「女性の方は24時間受付しますと書いて下さい」
ワシ:「24時間対応ですか(笑)。男性は?」
Oさん:「男性は、朝9時から9時半までです」
ワシ:「30分だけですかい!(笑)」
 
Oさん、一緒に宅建受けましょうねー。
 
今夜は姫がいないのでまた自炊。ぶり大根にしようと思ったが仕事帰りに
「ひとまるの里」に寄ったら豚バラ肉があったので急遽豚バラとじゃがいも
の煮物に変更。それと「くまや蒲鉾店」のかまぼこを焼いてつまみとした。
それに芋焼酎だな。BGMはケマル・ゲキチの弾くショパンだ。そして文学は
アンドレ・ド・リショーの「禁断のプロヴァンス」。これが面白いんだな。
この作家はプロバンスのドストエフスキーと呼ばれた人で、あのカミュが多
大の影響を受けたそうな。そしてこの作品を訳したのはワシの文学における
師匠のI本さんの息子さんなのだ。実に見事な訳文で作品の質を見事にその
まま日本語に転換している。すごいやね。うまいものといい音楽、いい文学
。これにいい女がいれば・・いかん!今度はスコーピオン・デスロックだ!
 
「学ぶ」
 
飯を食う ごとく若人 学ぶべし
 


4月15日(水)晴れ

Michael Jackson

「三開発」さんで奥さんから次男のM君の武勇伝を聞くのが楽しみで時々催
促する。今日は飛び切りのネタを頂いた。
 
奥さん:「Mはですね、川で遊ぶとが好きやとです。でももう蛇が出る頃や
きぃ行ったらいけんち言いよるとにきかんとです。それでこないだ川で遊ん
で来た時に怒ったとですよ。そしたらその後すぐにですね、『おかーさん、
明日水着持って行くけん』て言うとですよ。」
ワシ:「あはははは!(爆笑)」
奥さん:「『あんた今行ったらいけんて言うたろうが!』て言ったら、『今
日パンツで泳いだきぃ』て言うとですよ」
ワシ:「全然話聞いてないですね(笑)」
奥さん:「『あんた今怒られよんばい!怒られた後そんなこと普通言わんめ
ーもん!』て言うたら『ケケケケ』て妖怪みたいに笑うとです」
ワシ:「妖怪!(笑)」
奥さん:「父親もどき(社長)が帰って来た時にそのことを話したとですよ
。そしたら父親もどきも笑うんですよ。そしてそれ見てまたMが『ケケケケ
』て妖怪みたいに笑うとです」
ワシ:「M君やっぱ傑作ですね(笑)」
奥さん:「全然反省してなくて、『もやしが流れてくるんばい』とか『鯰が
足噛むんばい』とかいろいろ話すとです」
ワシ:「鯰が?」
奥さん:「鯰が明日をぱく!っち噛むそうなんですよ。それをお母さんたち
の集まりで私が話したとですよ。『そんなことないですよねー』て。そした
らそこにおったこどもたちがみんな『俺も噛まれたよ』『あたしも噛まれた
よ』て言い出して、それでみんなで川で遊んだことがばれてですね(笑)、
それぞれ親に怒られよんですよ」
ワシ:「あはははは!(爆笑)」
奥さん:「そしてそこでまたMが言うとですよ。『ね?ほんとやったろ?』
って」
 
M君の今後の活躍を大いに期待したい。
 
「鯰」
 
春の川 鯰に足を 噛まれたり
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/4/23 第464号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。