飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/04/15

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/4/16 第463号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

最近、調べものをするのに Youtube を使います。それまでは例えば三島由
紀夫について調べようと思ったら、google で検索して出てきたサイトを利
用したりしていましたが、Youtube で三島由紀夫で検索するとかつてテレビ
で放映された特集番組やニュース映像などが出てくるのでこれを使わない手
はないともっぱらお世話になってます。少なくともテレビで放映されたもの
ならいい加減な情報であることも少ないですしね。
Youtube の意外な利用法を見つけて重宝してます。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

松本清張 「わるいやつら」

面白すぎて夢中になりますから時間がある時にどうぞ。

大岡昇平 「武蔵野夫人」

大岡昇平の名を不動のものにした文学史上の傑作です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

そば・うどん 「五島軒」

五島のあごを使っただしのうまさは何とも言えませんね。

和菓子 「御饅頭所 承天庵」

日本の饅頭発祥の地である福岡が誇る銘菓です。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

3月27日(金)晴れ

Glenn Herbert Gould

「ウイルホーム」さん、「Rプランニング」さんとまわった後、久留米へ移
動。「WOODS」の森社長と「江田建設」の江田専務と「TOTOリモデルクラブ
久留米店会」のホームページの打ち合わせ。
今日こそは先に写真撮ってやろうと江田専務が車を降りる時の不意をついた
。よっしゃ、今回は勝ったと思ったがその後、森社長の事務所にいる時に撮
られてしまった。帰りには森社長にも撮られてしまった。明日あたり両者の
ブログに載ってることだろう。
 
今夜は姫は夕食をすませてくるということなので、ワシは一人で酒盛りした
。明日のえしぇ蔵クッキングの仕込みをしながら、有り合わせのおかずで焼
酎を飲んだ。今度の焼酎もうまい。我が家は頂き物で食っていけるのではな
いかというぐらいいろんなものを頂くが、中でも日本酒と焼酎には苦労しな
い。ここ数年自前で買ったことがない。しかもいいものばかり頂くので開け
るのが毎回楽しみ。今回の薩摩の芋焼酎も珍しいものらしく、香り、味とも
になんともたまらない。アジの三杯酢やら明太子やらをつまみにお湯割りで
飲む。今夜のBGMはグレン・グールドの「ゴールドベルグ バリエーション」
。あぁ実にいいねぇ。これにきれいなおねーちゃんがいれば・・・なんて言
うと姫からカナディアン・バックブリーカーを喰らうのでそれは我慢。
だが今日はそんなに酔ってはいられない。明日の仕込みを失敗しないように
しないと。なかなかいい感じにはなったが、あとはじっくり煮込まないとい
けないからその後の味がどうなるか・・・かなり心配だが、まぁ失敗しても
食えんことはないだろう。
 
「家族」
 
和むもの 昼に花見る 家族かな
 


3月28日(土)晴れのち曇り

なし


 
「シューポート」さんで靴の撮影をした。今日は久しぶりに野外で撮影。何
年か前にともちゃんをモデルにした撮ったっけなぁ。今回のモデルはえりち
ゃん。足のきれいな人が履くと商品が引き立つね。だが今日は寒かったから
えりちゃんとみつださんにはちょっと大変だったかも。
 
その後はプラリバの休憩室でショッピングカートに写真をアップしたり、コ
メントを書く作業。このコメントが面白いんだな。若い女の子をターゲット
にした商品が多いからいわゆるギャル系の言葉で書かないといけない。例え
ば・・・
 
「ヒールなしペタンコサンダル。ゆるカワスタイルにピッタリ!!」
 
とか、
 
「トレッキング風ブーツの進化形!!本皮ハラコ素材。なんと牛柄!!モウ
モウで目立っちゃおうー!!」
 
とか、
 
「オープントゥのブーティー。ボーダーマリンに合わせてカッコカワイく!
!」
 
・・・みたいな感じ。これらはスタッフの皆さんがギャル系の雑誌を買って
きて研究を重ねた上に書かれたもの。普通に書いてもダメなんだな。世代に
あわせないとね。難しいもんだ。ちなみに今時のギャル系雑誌の文章には漢
字が少ないらしい。おいおい。
 
「齢」
 
ギャル系の ことばでおもふ 齢(よわい)かな
 


3月29日(日)曇り

Dream Theater

午後、姫を連れて浄水通の「NIIHARA」でランチ。その後、福岡市美術館で
開催中の「レオナール・フジタ」展を見に行った。たっぷりと感動させても
らった。腹いっぱいという感じ。いい芸術は心の栄養だ。たまには補給しな
いとな。
 
絵画とか彫刻とか文学とか音楽とか、もともとないものを創造して人に感動
を与えるというタイプの仕事においては、結局は己のスタイルを確立してそ
れを貫き通すことが最も大事なのかもしれない。師匠と意見が対立しても、
世間に無視されても、メディアにたたかれても、信じた道を迷わずに歩き続
けた者が最終的には勝者となるのではないだろうか?どうもそんな気がする。
あぁ俺何やってんだろ?書かないと!人生がもったいない!
 
「風」
 
散る時を 迷う桜や 風寒き
 


3月30日(月)晴れ

U2

ソウルからずっと腰が痛い。こういう時は「中国鍼灸院」の呉先生。おかげ
でスッキリ。今更だがソウルに行く前に治療してもらってたらソウルでは痛
くならなかったのではないだろうか?ちと知恵が足らんかったな。
というわけで本日の漢詩。
 
「順」
 
呉 炳宇
 
順心想、 (心想うに従えば)
人常楽。 (人常に楽し)
順意聞、 (聞きたいものに従えば)
美音楽。 (音楽は美し)
順人言、 (人の言に従えば)
皆双喜。 (皆ともに喜ぶ)
順天地、 (天地に従えば)
得道易。 (道を得るは易し)
百川不止貴在順、 (百川の止まらざるは従うことにあって貴し)
生命不息順如神。 (神の如くに従えば生命は止まらず)
 
心想うままに従えば 人は常に楽しい
聞きたいものだけ聞けば 音楽は美しい
人の言うことを聞けば 皆喜ぶ
天地に従えば 道を得ることはやさしい
たくさんの川が止まらないのは自然に従っているから
神様に従えば人間も長生きできる
 
訳:えしぇ蔵
 
いいねぇ。いろんなものに従うこと。流れに身を任せ、常に自然体でいるこ
と。大事だねぇ。
 
「コスモ不動産」さん、「システムハウス」さん、「ユーキハウス」さんと
まわった後、「九州大学病院」へ。術後の診察。今日は手術の執刀をして下
さったS先生も来られた。予想より回復が早いとのこと。手術前とのギャッ
プがあまりに激しいのでS先生が「最初どんなになってたっけ?」と言われ
たのには笑った。ご自分の仕事に満足されている様子だった。口下手なワシ
は月並みな御礼しか言えなかったが、内心では足元に跪いて靴でも舐めよう
かというくらいに恐縮と敬意と感謝の気持ちでいっぱいだった。
(S先生、本当にありがとうございました。うまく表現できなくてすいませ
ん。)
 
「したがふ」
 
人常に 心おもふに したがへば
得るにやさしき おのが平安
 


3月31日(火)晴れ

Queen

「当世源氏物語」(谷崎潤一郎訳 源氏物語風)
 
寝言
 
「ウイルホーム」様にお伺いした時のことでございます。太田の后様が社長
の帝の寝言について教えていただいたことが大変おもしろうございました。
「帝に、おいと呼ばれて返事いたしましたところ、それは寝言だったことな
どは数えきれませぬ。先日は歌など歌っておりました」
わたくしは、寝言で契約した話など、社長の帝の寝言についてはいろいろと
お聞きしておりましたが、寝言で歌といふのは初めてお伺いしました。
「それはまためずらしきことにございます。どのやうな歌を歌われるのでご
ざいますか」
「曲まではわかりませぬ。なにやら鼻歌でふんふんと」
 
寝言にて 鼻歌うたふ そのよこで
合いの手入れし 后様かな
 
いとめずらしきことゆえ、わたくしもいつか聞いてみとうございます。
 
 
店長の后様
 
「住まいのイシダ」様では店長の后様に小ネタをいただきました。
女官のF井が書類を書きながらこう申しました。
「履歴の履の字をど忘れいたしました。どのやうな字でございましたでしょ
う」
そこで店長の后様が申されました。
「あれ、あれでございます、りは履歴の履でございます」
わたくし、吹き出さずにはおれませんでした。
 
履歴の履 文字をわすれて 尋ぬれば
履は履歴の履と 言われ虚しき
 
他にも后様は、ぱわーきゃんぱす というのをうまく言えず、
「きゃ、きゃ、きゃわーぱんぱす!」
と申されてました。
店長の后様本日絶好調でございました。
 

 
夜桜の宴
 
今宵は「東部ハウジング」様にさそわれて夜桜の宴にいきました。太政大臣
のN嶋様、右大臣のA貞様、左中弁のO様、少納言のK様の「東部ハウジング」
の方々をはじめとしまして、古賀市の不動産業の方々、関連業者の方々も数
多お集まりになりました。以前「東部ハウジング」様にご在籍でした、前
(さきの)中納言のO田様もおいでになり、久しぶりにお顔を拝見できまし
て本当に嬉しくおもいました。
桜の花はまさに盛りの頂きにありましてそれはそれは美しく、微かな風に散
る花がひらひらと舞う風情はなんとも言えぬ趣きがございました。ただ春の
宵とはいえ寒さが残っておりまして、そのせいかわたくしは飲んでも飲んで
も酔いがまわらずにおりましたが、わたくしの隣の右大臣のA貞様は麦酒を
お過ごしになられたのか大変絶好調になられまして、下ネタ全開で愉快そう
に騒いでおられました。
 
花のごとく 今が盛りの A貞様 
さむき下ネタ 風に散りけり
 
おかげさまで楽しい春の宵となりました。心より感謝申上げます。
 
 
「縁」
 
風に舞う 桜の下に あいつどい
盃かわす これも縁(えにし)か
 


4月1日(水)晴れ

KISS

今日は仕事で田川に行った。土手の桜並木が美しい中元寺川沿いをリカちゃ
んで飛ばす。見上げれば香春岳。おぉ!青春の門の世界だと思った。今にも
伊吹信介が菜の花の向こうから肩をいからせて歩いて来るのではないかと思
った。物語の舞台に実際に行くと感慨深いものがある。いいねぇなどと一人
で悦に浸っていたら客先にちょっと遅刻した。
それにしてもバイパスが完成してから飯塚との距離がえらく短く感じる。便
利になったものだ。伊吹信介が飯塚に行く時に越えた烏尾峠をわざわざ通る
必要はないわけだ。そう思うと少し寂しいものはある。まぁ利便性が興をそ
ぐというのは毎度のことだが。
あ、しまった、黒ダイヤ買ってくればよかった。来週は必ず買うべし。そう
いえば亡くなったダンディ深見さんが黒ダイヤ好きだったな。深見さんは田
川出身だったから田川の町に行くたびに胸の中を寂しさが横切って行く。
深見さん、中元寺川沿いの桜並木は今年もきれいに咲きましたよ。
 
「桜」
 
散る花は しのぶ桜の 涙かな
 


4月3日(金)晴れ

Grand Funk Railroad

今朝、「ヘアーショップ ムーヴ」さんに寄って、バラ(エイブラハム・ダ
ービー)を頂いた。これから大事に育てていこう。育てるといえば、昨日か
ら「ヘアーショップ ムーヴ」さんには新人の女の子が二人入った。Kさんと
Hさんがいろいろと教えてあげていた。ほんの2年前にはこの二人が新人だっ
たのに早いもんだ。こうやって世代は変わっていくんだな。時の流れは全て
を飲み込んで過去にするね。ゆく川の流れは絶えずしてか。抗し難きは時の
流れだ。
 
 
「当世源氏物語」(谷崎潤一郎訳 源氏物語風)
 
姉妹
 
「Rプランニング」様にお伺いした時のことでございます。なべの姫様がま
ことにご機嫌なご様子で雑誌を持って坪大納言様の席においでになり、こう
申されました。
「坪大納言様、わたくし先日雑誌の取材を受けましてございます。ほれほれ
、これでございます、ほれほれ、ここの部分でございます、ほれほれ」
坪大納言様は驚いて言われました。
「雑誌の取材とはまた珍しきこと。なにゆえにそのやうなことに」
「街で姉と二人で写真を撮らせて欲しいと急に言われましたものですから。
ご迷惑ではと言われましたのですが」
「全然迷惑ではありませぬと答えられたのでしょう」
「もちろんでございます」
なべの姫様は雑誌を得意げに拡げておいででした。坪大納言様はそれを見て
言われました。
「お姉様はまことに美しいお方でありますな」
「はい。皆様そうおっしゃいます。姉のほうがもてるのでございます。まこ
とに口惜しく思います」
わたくしも好奇心に勝てず、
「わたくしにも見せていただけましょうや」
と申上げて見せて頂き、思わず言ってしまいました。
「お姉様はなんと美しいことで・・・」
坪大納言様は大変お笑いになって言われました。
「えしぇ蔵様、『お姉様は』というのはあまりにもわかりやすいリアクショ
ンでございます」
「これは失言でありました。お姉様も、と言うのを間違えてしまいました」
全てを見透かしておいでのなべの姫様は申されました。
「えしぇ蔵様、”お姉様は”と”お姉様も”の違いは大変大きいものでござ
います」
 
同じ血を うけし姉妹で なにゆえに
もてるもてぬの 異なる運命(さだめ)
 
姉妹でも両方もてるというのは難しいものなかもしれませぬ。
 
 
今夜は姫がいないので一人で酒盛り。つまみはこないだの牛すじが残ってる
ので今度は醤油ベースの煮込みを作ってみた。なかなかにいい感じ。豆腐や
明太子も用意して焼酎のお湯割りをちびちびと。今夜のBGMはバッハの無伴
奏チェロ。いいねぇ、いいねぇ、まさに芸術の中に酩酊するってとこだな。
あぁこれにきれいなお姉ちゃんがいれば・・・なんて言うと姫からジャパニ
ーズレッグロールクラッチホールドを喰らうのでそれは我慢我慢・・・。
 
最近、Youtubeでハッチポッチステーションの「What's entertaiment」の動
画をたくさん見つけたので片っ端から見てる。これってもはや幼児番組では
ない。完全に大人向けのお笑い番組になっている。特にロックファンはめっ
ちゃ笑える。「Bohemian Rhapsody」と「犬のおまわりさん」を筆頭にロッ
クの名曲が童謡と見事に融合している。パロディもここまでくると芸術だ。

「焼酎」
 
焼酎の 残り量りて おやじかな
 


4月4日(土)雨

Queen


 
まずは「ムラオ商事」さんでトラブル対応。そしてうきはへ。「ル・シュク
ル」さんで新作ケーキの撮影。ついでにちょいとうきは探索。
午後は山越えして星野村へ。「星香園」さんで打ち合わせ。「ル・シュクル
」さんのキャラメルをお土産に持って行った。それと「ル・シュクル」さん
から「星香園」さんへと預かったマカロンを持って。
 
ワシ:「持って来ましたよ。例のキャラメル」
牛島さん:「おぉ、これですか」
ワシ:「花畑牧場なんてめじゃないです。全然こっちのほうがうまいですよ」
牛島さん:「どれどれ・・・」
ワシ:「私も初めて食べた時は・・・」
牛島さん:「うわ!!うま!!なんこれ!!」
ワシ:「わはははは!」
牛島さん:「俺、甘いとはだいたい食べきらんとですけどこれはうまいわ。
うわーマジうまい」
ワシ:「でしょー?私も今まで福岡のいろんなケーキ屋行きましたけど、未
だにル・シュクルが私の中では一番ですよ」
牛島さん:「こっちのも食べてみよ」
ワシ:「マカロンもうまいですよ。ところでこの三つ折のチラシですけど、
折ってないやつないですか?」
牛島さん:「あ、今パソコンで印刷・・・うわ!!うま!!なんこれ!!」
ワシ:「わはははは!」
牛島さん:「これはかなりの衝撃でした!」
ワシ:「マカロンでそんなに衝撃なら普通のケーキはもう大変なことになり
ますよ」
牛島さん:「マジですか!?」
ワシ:「はい。マカロンはまだ前頭九枚目くらいですよ」
牛島さん:「前頭ですか!?(笑)」
ワシ:「はい。もっともっとめっちゃうまいのがいっぱいありますよ」
 
もうすぐ新茶の季節。新茶をどのタイミングで刈るのかを質問してみた。
 
ワシ:「いつ刈るかをどうやって決めるんですか?」
牛島さん:「茶畑を見よったらですね、なんかふっと、『今日刈ってくれ』
ってお茶が言いよるとですよ」
ワシ:「へー!お茶が言うんですか?」
牛島さん:「なんかそんな気がするとですよ。若い時は”お茶が刈ってくれ
って言う”って習ってもそんなんあるわけないと思いよったとですよ。それ
がある時から、『あ!今日やないかいな?』ってわかるようになったとです」
ワシ:「でもそれが正解とは限らんとでしょ?本当は次の日がよかったとか」
牛島さん:「まぁ何日か分けて刈りますからね。次の日刈りながら、『あれ
?今日やったんかい』て思ったりもしますよ(笑)」
ワシ:「わはははは!」
牛島さん:「昨日もちっと残しときゃよかった〜みたいな(笑)」
 
次回の小説は星野村が舞台なのでこうしてちょっとづつ取材しているワシだ
ったりする。
 
お次は八女に移動して「江田建設」さんで専務と茶飲み話。専務も車が好き
なので車の話を始めるときりがない。専務がワシにベンツのSLKを買えと言
うけど、どこにもそんな銭はないし身分不相応なので永久に無理だろうな。
あぁ国産のメーカーにもっとスポーツカー作って欲しい〜!
 
「春の雨」
 
積む時を 待ちて茶畑 春の雨
 


4月5日(日)晴れ

Rod Stewart

M島さんの四国の城めぐりの写真が素晴らしい。天気も快晴だしどれもカレ
ンダーにできるいい絵だった。今年もいいのが出来そうだ。
 
今日のお昼は恒例の町内のお花見。今年はまだ桜が残っていたから本当の花
見なんだが、誰も花は見ていない。まぁそんなもんか。皆さんお元気でなに
より。そういえば今年は参加少なかったな。
 
その後、粕屋のお客さんの奥さんが習ってる書道教室の作品発表会を見に
「久我美術館」へ。あんないい美術館が須恵にあるとは知らなかった。山の
木立の中にあっていいシチュエーションだった。
ちなみに詩はワシが作った。「草能く霜に耐えて花猶美くし」。粕屋のお客
さんご夫妻の人生を表現した詩なんだが、ワシの詩がこうして書になってい
るというのを見ると感動せずにはいられない。それにしても奥さんの腕前の
見事なこと!ちょうどそこに書道の先生がおられて、「うん。これはよぉ書
けとる」とつぶやいておられた。ワシの詩でよかったんだろうか?なんか恐
縮してしまう。
 
「花咲くとき」
 
七文字に 託す辛苦の 幾十年
今ぞ花咲く ときをむかへて
 

 
(粕屋のお客さんご夫妻に捧げます)

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/4/16 第463号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。