飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/03/11

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/3/12 第459号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

毎朝5時半には起きてます。そしてFMのバロックを聞きながら読書するのが
習慣になりました。(まだ散歩まではいきません。)徐々に朝が訪れる時
間帯というのが好きです。天気に関らず好きです。あぁまた新しい一日が
きたなぁと感じれること、また一日生きられること、そういうことに感謝
を感じるようになりました。手術に成功して顔が元に戻り、新しい人生を
貰った日から些細なことにも感動するようになり、些細なことにも感謝す
るようになりました。今思えばあの4年の苦しみは内面的な成長のための
試練だったのかもしれません。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

井上靖 「蒼き狼」

一大帝国を築き上げたチンギスカンの壮大な物語です。

横光利一 「夜の靴」

日本人として知っておくべき偉大な作家の日記です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

和菓子 「吾妻屋饅頭店」

饅頭やぜんざいにあの懐かしきあずきの甘さがあります。

和食 「ひよこ食堂」

あのおいしかった玉子かけご飯に再会できるお店です。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

2月11日(水)曇り時々雨

Frank Zappa

天気予報ってあたらんなぁ。せっかく山に登ろうと思ったのに。
 
かなり久しぶりにジムに行った。もうどれくらい行ってないかな?ジムには
必ず大きな鏡がある。そこに自分の醜い顔が映るのが嫌で行くのをやめてし
まったが、今はもう気にならない。また足繁く通うとしよう。しかしかなり
のブランクがあるので筋肉もなにも落ちてしまった。チェストプレスに座っ
てかつて自分が上げていた重さの目盛を見てみる。とんでもない重さだ。今
じゃとても上げれない。身体も硬くなってしまった。今から出直しだ。新し
い人生、新しい筋肉だ。また鍛えなおすとしよう。
 
「古き友」
 
古き友 筋肉疲労と プロテイン
 


2月12日(木)晴れ

Andre-Nicolas Navarra

今月は28日しかない上に祝日もあったり、結婚式があったり、里帰りもした
りで働く日数が少ない。それだけにスケジュールが異常に過密になる。今日
は「ヘアーショップ ムーヴ」さん、「あおば不動産」さん、「アルファホ
ーム」さん、「センチュリー21 小笠原」さん、「大新住宅」さん、「ギャ
ルソン」さんの6ヶ所。どうだ!って感じ。今月はずっとこんな調子。働け
働けぇ。
 
日本語は面白い。一昨日、「東部ハウジング」の皆さんと飲みに行った時に
、”しっぽり”という表現をOさんにどう説明するかでみんな頭を抱えた。
「おいしいお店できれいな女性としっぽりと・・・」という感覚がなかなか
表現できなかった。そこで辞書で調べてみたら、
 
1 ぬれて十分に湿りけを含むさま。「春雨に―(と)ぬれる」
2 男女の情愛のこまやかなさま。「―(と)語りあかす」
3 落ち着いて静かなさま。しみじみ。
 
・・・だそうな。なるほど。(Oさん、わかった?)
 
それにしても今日は妙に暖かい。春みたいだ。これ書きながらストーブつけ
てないし。しかし春には早すぎるゾ。
 
「如月の風」
 
如月の 風はぬるんで 勇み足
 


2月13日(金)雨

The Beatles

「ウイルホーム」さんで奥さんのお父様の本を貸して頂いた。前から読みた
かった「非戦闘の中の戦闘」。いわゆるお父様の従軍記。めっちゃ面白いら
しい。これからじっくり読ませて頂こう。
 
今日は九大病院で術後の経過を診てもらう日。「ウイルホーム」さんと「R
プランニング」さんを訪問した後、九大病院へ。外来に診察に行く前に病棟
に寄ってナースセンターにお土産持参で挨拶にお邪魔した。ちょうど担当の
看護師さんがいて話ができてよかった。「きれいに治りましたねぇ」と言わ
れた。ほんとにおかげさまさまです。
外来に行って外来担当の美人女医のK先生に再会。「うわぁだいぶ印象違い
ますねぇ」と喜んでくれた。「ちょっと他の先生も呼んできますね」と言っ
て連れて来たN先生も「おぉ!きれいですねぇ。さすがS先生ですね」と言わ
れてた。この「さすがS先生」というセリフを何度聞いたことだろう。よほ
どその腕は確かな実績を重ねてきたんだろうな。おそらくワシのようにS先
生に対して感謝してもしきれないという人はたくさんいることだろう。S先
生にとってワシは今まで治してきた患者の一人にすぎないわけだ。日々、
誰かに希望を与えているわけだ。なんと素晴らしい生き方だろう。今日は
残念ながらS先生は不在だったが、次回はお会いできるということなのでそ
の時にはワシの最大限の敬意と誠意をもって感謝の意を表そう。
帰りがけにK先生が「嬉しいなぁ。治った患者さん見るのが一番嬉しいです。
今日はほんと嬉しいなぁ」と言われた時は、本当にふるえるような感動を覚
えた。
新しい人生を下さってありがとうございます。
 
夜は「粕屋のお客さん」と快気祝いということでお食事。(社長、ありがと
うございます。次回は倍返し致します・・・)今日はいつもより爆笑な話を
たくさん聞かせて頂いた。
 
「はれる心」
 
憂鬱も ともに道連れ 血管腫
いまやはれるは 心なりけり
 


2月14日(土)晴れ

Simon and Garfunkel

今朝も隣のバカ犬は朝5時から吠えている。昼間も吠えている。夜もしかり。
日がな一日吠えっぱなし。声から察するにどうもストレスで吠えているよう
な感じがする。あんまりいい待遇を受けてないんだろう。そう思うとちょっ
と同情する。満足していればあんなにも吠えないだろう。愛情とマナーに欠
けた状態でペットを飼うのは人間の驕りだ。
 
午前中は「シューポート」さんで商品の撮影。外の気温も高いのに照明が熱
くて苦労した。もうなんかほんとに春みたいだな。
 
午後は「大丸別荘」へ移動して「太田自動車鈑金」の京子さんの結婚式へ。
お招き頂き実に恐縮。「大丸別荘」を選ぶというのが京子さんらしいな。あ
の古さがいいやね。内庭からの眺めは伊藤伝衛門邸を連想した。うまい具合
に古さと新しさが同居していて、かつ折り目正しい日本のおもてなしという
筋が一本ぴーんと通っているのが実にいい。料理もまずまずおいしかった。
ここは温泉もあるしちょいと泊まってみるのもいいかなと思った。
会場に案内されてテーブルについたらいきなり、「先生、お久しぶりです」
と言われて驚いた。この会場に太田家の皆さんと粟納さん(旦那さん)以外
に知り合いはいないはず・・・と思って見たら「緒方石油店」のおかーさん
だった!いつもスタンドで働いているおかーさんしか見たことないので見違
えてしまった。
ワシは京子さんのお友達のテーブルだったがワシ以外みんな女性。知ってる
人はもちろんいない。わー今から何時間もワシどうしよう?と思っていたら
、隣の二人の女性に「えしぇ蔵さんですか?」と尋ねられてビックリ!えし
ぇ蔵日記を読んでくれているらしい。「入院されてましたよね?」と近況は
すべてご存知で話題が出来たので一気に緊張はほぐれた。思わぬ場所で読者
に会えると嬉しいもんだ。
披露宴はえんえんと続く・・・いろんな余興が披露される。二人の結婚の披
露ではなくてみんなの余興の披露宴だな。お酒も入ってえらい盛り上がった
。ほのちゃんが歌うぽにょがめっちゃうまいので「うわ、ほのちゃんすごい
やん!」と思ったら歌付きのCDだった。
太田家のある旧筑穂町は町全体が家族的な暖かい雰囲気に包まれているので
こういう会に集まる人も顔見知りばかりなのか非常に和気藹々として楽しそ
うだった。なんだか対馬の結婚式を思い出した。心から二人の幸せを祝って
いるという感じがした。京子さんはずっと泣いていた。
それにしても粟納さんはいい男だ。イケメンという意味もあるが人間的にも
実にいい男だ。まぁ京子さんが選ぶわけだから変なわけないか。いい家には
いい人が集まるんだな。
心配しなくても二人は幸せになりそうだ。優しい女性と誠実な男の組合せ。
なんの不足があろうか。
 
夜は「雷山千如寺」さんへ。結婚式の格好のままお邪魔したので和尚さんに
「おぉしんぐさん、今日は決まってるねぇ」と言われた。こういう時じゃな
いとネクタイも締めないからそれだけでも新鮮に見えるらしい。
 
「高砂の君」
 
行く末を ことほぐ笑みに つつまれし
高砂の君 幸を纏わん
 

(京子さんに捧げます。)

2月15日(日)晴れのち曇り

なし

午前中はM島さんと箱崎のWさん。午後は「マツノデザイン店舗建築」さんへ
 
セガールしゃちょー:「うわーほんときれいに治ったねー」
ワシ:「外側も切ったんですよ」
セガールしゃちょー:「え?外も切ったと?全然わからんよ」
ワシ:「どこから切ったかもわからんでしょ?」
セガールしゃちょー:「現代の医学はすごいねー」
ワシ:「すごいすね」
セガールしゃちょー:「なんかしんぐさん若返ったよ」
ワシ:「ははははは!」
 
今日も社長の歌声が事務所に響く。
 
セガールしゃちょー:「おてぇ〜もぉ〜やぁ〜ん♪」
ワシ:「きたきた」
セガールしゃちょー:「あんたこぉ〜のごぉろぉ〜嫁入りしたではないかい
な♪」
ワシ:「・・・・・・」
セガールしゃちょー:「嫁入りしたこたしたばってん!ご亭どんがぐじゃっ
ぺだるけん、まぁ〜だ盃ゃせんじゃった♪」
ワシ:「はい?」
セガールしゃちょー:「村役、鳶役、肝いり殿♪」
ワシ:「まだいきますか」
セガールしゃちょー:「あん人たちの居らすけんで、後はどうなっと、きゃ
〜なろたい♪」
ワシ:「・・・・・・」
セガールしゃちょー:「川端町さん、きゃー巡ろい、春日、ぼうぶらどんた
ちゃ、尻ひっぴゃ〜で花盛り花盛り♪」
ワシ:「フルコーラスですか」
セガールしゃちょー:「ピーチクパーチクひばりの子、玄白なすびのいがい
がどん♪」
ワシ:「はい?」

今日は珍しく正確にフルコーラス歌ったしゃちょーであった。
 
ワシがエクセルで図形を作っている時、他の図形と大きさをそろえるために
目分量で拡大縮小していたらしゃちょーが横から「もうちょい小さい、もう
ちょうい、あ、いきすぎた、ちょい大きく」と指示するのでその通りにして
いたら不思議とあわせようとしていた図形にピシャリあるから驚いた。
 
ワシ:「すごいすね!」
セガールしゃちょー:「料理人が同じ幅に包丁で切るのと同じよ。」
ワシ:「なるほど」
セガールしゃちょー:「すごかろ?日記に書いといてね(笑)」
ワシ:「了解です(笑)」

夕方ジムに行った。水曜日の筋肉痛がまだとれてないなんて情ない。かつて
のレベルに復活するのに1年はかかりそうだな。
 
「意味不明」
 
意味不明 玄白なすびの いがいがどん
 


2月16日(月)晴れ

Simon and Garfunkel

たまにはネクタイも締めてみるかと今日はスーツにしてみたが、慣れないこ
とはするものじゃない。早朝に「ムラオ商事&やひめ」さんにお邪魔したら
冷やかし倒された。
 
橋本社長:「お?先生どうしたの?今日は結婚式?」
ワシ:「いえいえ」
村尾社長:「選挙よ、選挙」
ワシ:「選挙!(笑)」
梯さん:「何かあるんですか?」
ワシ:「なんもないですよ」
橋本社長:「あぁわかった。うちとは違うどこか格式の高い会社に行くんだ
よ」
梯さん:「あぁそうかそうか」
ワシ:「あははは」
橋本社長:「それで、先生、その後唇の痛みはどうなの?」
ワシ:「痛みは全然ないですよ。感覚はまだ戻ってないですけど」
橋本社長:「奥さんとちゅうした時は感じが違った?ん?どうだった?それ
を最初に試したろ?むふふふ!」

「コスモ不動産」の社長は先週インフルエンザで休んでたそうな。最初に行
った病院では単なる風邪と言われ、それでもどうも熱が下がらずに他の病院
に行ったらインフルエンザと診断されたらしい。やっぱいい病院悪い病院関
係なくセカンドオピニオンは大事だな。
 
ワシは入院中にお見舞いに来てもらったことがすごく嬉しかったので、誰か
が入院したらワシもお見舞いに行こうと思っていたら、「ユーキハウス」の
社長が怪我で入院されたと聞いたので今日早速花を買ってお見舞いに行った
。まさかワシが見舞いに来るとは思ってなかったようでビックリしてあった
がすごく喜んでもらえた。(社長、お大事に!)
 
「ブライダルミュージアム ビッビ」さんに寄って仕事をもらってから帰宅
し、車を置いてJRで箱崎へ。今日は姫が快気祝いをしてくれるということで
フレンチの「山口」へ行った。家庭的な雰囲気の中でリラックスして食べれ
るフレンチはいいもんだ。味も申し分なく、ボリュームも満足。ワインのセ
レクトもよかった。大満足の夜になった。(姫、ありがとう。)
 
「赤ワイン」
 
美味なるは 妻のおごりの 赤ワイン
 


2月17日(火)曇り

U2

(谷崎潤一郎訳 源氏物語風 F井の物語)
 
「住まいのイシダ」様にお伺いしたときのことでした。女官のF井はなにやら
憂いを帯びた様子でわたくしに言いました。
「神宮様、わたくしは最近ある人に餌付けされておりまする」
「餌付けとはさても不思議なことを申されるものよ。いかなる意味でありま
しょうや」
「お菓子や御飯をただで頂くわけでございまする」
「それはそのお方があなたのことを好いておられるということではあります
まいか」
「いいえ、ただ餌を与えられるだけでございます。わたくし先日、N谷の宮
様より『家畜』と言われてしまいました。その言葉がいたく心に残りまして
ございます」
「家畜とはまたN谷の宮様も愉快なことを申されることよ」
 
請わずとも ただめしあたふ ひとあるは
おんな盛りの あかしなりけり
 
ただ飯にありつけるうちが花でございます。
 
豪快無比な女官のF井は社長の帝より、「この書状を未の刻までにしたためお
くやうに」とのお達しがあったにも関らず、帝に対し、「諸々のつとめをか
かへており、そのやうな仕事はできませぬ」と不平を洩らしておりました。
帝に対し奉りそのやうなことが言へるのは女官のF井だけでございます。さて
も元気な女官でございます。
 
「東部ハウジング」さんで隣に座ってるOさんに訊いてみた。
 
ワシ:「Oさん、”しっぽり”わかった?」
Oさん:「わかりました。しんぐさんは今日は誰としっぽりしますか?」
ワシ:「誰ともしません(笑)」
Oさん:「奥さんは?」
ワシ:「そうすね。奥さんとしっぽりしますか。Oさんは?」
Oさん:「ボクは今夜、59歳のおばあさんとしっぽりします」
ワシ:「おばあさんと?(笑)」
Oさん:「はい」
 
Oさんはクレーム対応らしい。お疲れ様です。
 
「紫の上」
 
朝夕に 源氏にはまる 我にとり
しっぽりしたきは 紫の上
 


2月18日(水)晴れ

The Who

駅前のYさんとの会話。
 
Yさん:「最近は朝起ききらんようになった」
ワシ:「夜は何時に寝るんですか?」
Yさん:「1時かな」
ワシ:「遅いすね」
Yさん:「昔仕事しよった頃は3時間しか寝よらんかったよ」
ワシ:「3時間ですか!」
Yさん:「なんかでね、ナポレオンは3時間しか寝らんかったて聞いてから、
3時間でいいんやな思うてそれからずっと3時間よ。忙しい頃やったけんね、
仕事がはかどるはかどる」
ワシ:「すごい体力ですね。なんかスポーツされてたんですか?」
Yさん:「いや、若い頃は女遊びば〜っかしよった」
ワシ:「あははは!」
Yさん:「休みごとに違う女ば連れてね。そして時々は女を全部集めてダンス
パーティーばしよったよ」
ワシ:「へーしゃれてますね」
Yさん:「いろんなとがおったよ。学校の先生もおりゃあパンちゃん(進駐軍
相手の娼婦)もおったよ。パンちゃんが来たら嫌がるともおったばってん、
あれたちは好きでしよるわけじゃないけんね。生活のためにしよるんやけん
みんな平等にせないけんいうて呼びよったよ」
ワシ:「へー」
Yさん:「そしたらくさ、あたしがあんまり遊ぶもんやけん、親戚が全部集ま
って仕事せれ言うて説教されたよ」
ワシ:「あははは!」
Yさん:「それからは仕事一筋や。女遊びはぴたーっとやめた」
ワシ:「すごいすね」
Yさん:「人間はね、そういう時期がいるとよ。世の中の裏も表も知ってね、
初めて強くなれると。あたしゃそう思うよ」
ワシ:「なるほど」
Yさん:「結婚してからは仕事一筋やったばってん、年に一回はかあちゃんば
外国に連れて行ったもんね。そしてかあちゃんが死ぬ時、『あたしは幸せや
った』て言うてくれたとが一番の慰めやね」
ワシ:「そうですか・・・・・・」
Yさん:「今頃くしゃみしよろうよ。ははは」
 
「想い」
 
あとさきに しばし住む世は 違えども
胸に抱きし 想い変わらず
 

2月20日(金)曇り

なし

今日は4社まわった後空港へ。夕方の便で対馬に帰った。ようやく両親に手術
の成功を報告できる。自分のことのように憂い案じていた両親を最初に安心
させるべきなのに最後になってしまった。強風で揺れる飛行機にビビリつつ
も無事に到着。迎えに来てくれた義兄の車で帰宅。さすがにワシの顔を見た
時の両親の表情は嬉しそうに緩んでいた。母は開口一番、「どっち側やった
?」S先生の技術のすごさを証明する一言だった。父はよほど苦にしていたよ
うで、「それにしてもよかったよかった」ばかり何度も繰り返していた。
晩餐は信じられないくらいうまいイカの刺身と対馬の鍋「いり焼き」。みん
ながさっさと食事を終わらせる横で酒好きな義兄とビールと焼酎飲みまくり
。帰省するとリミッターが外れていかんな。なんぼで飲める気がする。
またしてもうちの家系が生んだ最高のコメディアン、もえちゃんの武勇談を
いろいろと聞かせてもらった。そもそもなんでこんな傑作な女の子がうちの
家系に登場したかを考えてみた。もえちゃんの両親であるワシの姉も義兄も
どちらかというと大人しく、ウケを狙いにいくタイプではない(もっとも、
もえちゃんもウケを狙っているわけではないのだが)。では誰に似たのかと
みんなで考えてみると結論は一つ。おばあちゃん(ワシの母)しかいないと
いうことになった。思えばうちのおっかさんの武勇伝も華々しい。バンブー
ダンスのショーを見た時に「どなたかチャレンジしたい人いますかー?」の
呼びかけに何百人もの観客の中で「はーい!」と一番に手を上げてステージ
に上がったり、海外では街角で休憩してるパントマイマーに芸を催促したり
、言葉もわからないのに一人でハワイの動物園に行ったり、ハーレーに乗っ
た警察官に後ろに乗せろと頼んだりと枚挙に暇がない。母のDNAはしっかり
ともえちゃんに受け継がれているようだ。
あぁもえちゃんも春から高校生か。はやいもんだ。こないだまで首がすわってなかったのに。
 
「家族愛」
 
幸せは いりやき焼酎 家族愛
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/3/12 第459号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。