飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2009/03/04

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/3/5 第458号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

最近は暇があれば「源氏物語」を読んでおりまして、その影響で日記も時々
「源氏物語」風に書いております。面白いので調子に乗ってやっていますが
先日、お客さんと会話している時に思わず、「わたくしは・・・ではござい
ませぬ」と雅な口調で話そうとしてしまいました。頭の中は平安時代になっ
ている今日この頃でございます・・・。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

宮沢賢治 「銀河鉄道の夜」

年齢問わず楽しめる日本文学史上最高の童話です。

田山花袋 「蒲団」

自然主義の道を切り開いたパイオニア的作品です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

パン屋 「丘の上のパン工房 キャトールセゾン」

ハード系が充実した丘の上の実力派パン屋さんです。

和菓子 「山田饅頭」

やはり人の手が作ったものはあたたかみがあります。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

2月3日(火)雨

Yes

「ウイルホーム」さんで奥さんに「父が心配しておりましたので、無事成功
してよか男になって帰ってきんしゃったよと伝えておきました」と言われた
。恐縮の至り。お父様とゆっくり文学談義したいなぁ。
 
「住まいのイシダ」さんではF井さんが「わー!違う人みたいー!」と騒い
でた。ワシよっぽど変な顔の男と思われとったんやな。
F井さんのキャラメールコーンに関する話を源氏物語風に・・・。
 
(谷崎潤一郎訳 源氏物語風 F井の物語)
 
「住まいのイシダ」様にお伺いしたときのことでした。F井という女官がおり
まして、日頃から「嫁行きてぇ、嫁行きてぇ」とこぼしておられるような大
変愉快な人でございました。近頃大変粒の大きなキャラメルコーンを買われ
そのことをブログに書いておられたのをお見受けしましたものですから、
「そのような粒の大きなキャラメルコーンを買われてどうなさいます。あれ
は粒が小さいからよいのではないですか」
とわたくしが言いますと、
「はい。わたくしも後悔しております。あれは口の中を怪我してしまいます」
と少し嘆いておられました。
 
さてそこに いかなる意味を 見出ださん
キャラメルコーンの 粒の大きさ
 
たべものには適度な大きさがあるということを学ばれたことと思います。
 
 
「東部ハウジング」さんの面々と来週飲みに行く約束をした。N嶋さんに「し
んぐさんのおごりで快気祝いをしましょう」と言われた。古賀には不思議な
風習があるものだ。
 
「福岡国際高等学院」さんでホームページの打ち合わせをした後、駅前のYさ
んに退院の報告にお邪魔した。
 
Yさん:「心配したぁ・・・」
ワシ:「すいません」
Yさん:「もう大丈夫と?」
ワシ:「はい。全然大丈夫です」
Yさん:「あぁ治っとるねぇ」
ワシ:「はい」
Yさん:「御見舞い行こうと思っとったと。そしたら自分が具合悪うなってか
らくさ、行けんかったと」
ワシ:「いえいえいえ、そんなお気遣いなく。具合はよくなったですか?」
Yさん:「今日はいいごたあるね」
 
琴の先生にも報告に行かなければ。あぁ報告したい人が多すぎる・・・。
 
「日々の幸せ」
 
いかにせば
あまたの恩に
報いんと
おもひわずらふ
日々の幸せ
 

2月4日(水)晴れ

Jule Emile Frederic Massenet

朝、目が覚めたらすぐに唇を触る。元に戻ってないか確かめる。きれいに治
ったことがまだ信じられない。
 
駅前のYさんはまだ具合が本調子ではないのでパソコンは休むけど話がした
いので遊びに来てと言われ、のこのこと茶飲みに出かけるワシ。たまには
そんな暢気な時間もいとをかし。(いつもか?)
 
「新郷商会」さんでは社長と源太さんがワシの回復を喜んでくれた。経過は
日記で毎日チェックしてくれてたそうな。「新郷商会」さんとももう10年の
つきあい。家族のような親しみを感じる。ありがたい話だ。
源太さんの子どもさんが所属する野球チームの協賛として気持ちだけ協力さ
せて頂くことにした。一回応援に行かんといけんなぁ。
 
「三開発」さん、「太田自動車鈑金」さんとまわって、「ヘアーショップ 
ムーヴ」さんで髪を切った。
 
ワカガシーラ坂本さん:「すっきりしましたね。手術したって全然わかりま
せんよ」
ワシ:「でしょ?すごいですよね」
ワカガシーラ坂本さん:「日記見ましたけど、食事がまずかったみたいで」
ワシ:「ええ。あれは強制ダイエットですね」
ワカガシーラ坂本さん:「俺も入院したことあるんですよ」
ワシ:「へー、なんでですか?」
ワカガシーラ坂本さん:「検査入院で福大病院に。カテーテルしたんですけ
どね、ずーっと動けんのがつらかったです」
ワシ:「あ!私もしたんですよ、カテーテル。6時間安静で腰が痛くてつら
かったです」
ワカガシーラ坂本さん:「俺も動けんでつらかったのはなんとなく覚えてま
す」
ワシ:「膝曲げても寝返りうってもダメですからね。つらかったですよ。6
時間たってようやく開放されてホッとした時に看護師さんに『きつかったで
すね。足が片方しか曲げれないですからね』って言われたんですよ」
ワカガシーラ坂本さん:「あははははは!(爆笑)」
ワシ:「片方は曲げてよかったんかい!って言いたかったです。横で姫がケ
ラケラ笑ってました」
ワカガシーラ坂本さん:「はよ言わんかいって(爆笑)」
ワシ:「ほんとですよ。あれには参ったですね」

今思えば、あのカテーテルの前に呉先生に鍼をうって貰ってればあんなにつ
らい思いをすることもなかったかなと。ちょいと知恵が足らなかった。
 
「しののめに」
 
しののめに
すべて夢かと
くちびるを
なぞりてひとり
胸なでおろす
 


2月5日(木)曇り

テ・ジョヨンのサントラ

「ヘアーショップ ムーヴ」さん、「あおば不動産」さん、「アルファホー
ム」さん、「センチュリー21 小笠原」さん、「大新住宅」さんとまわった。
この心地よい忙しさ!感謝だねぇ。みつをだねぇ。
 
今月から忙しさは更にアップ。新規のお客さんが1社、再契約のお客さんが
2社。今年は新しい顔でちょいと気張るかね。ちったぁ銭もためんとな。自
営だからな。
 
手術の顛末を行く先々で説明するが、その度に同じようなコメントが返って
くる。「九大の口腔外科はすごいって言いますもんね」なんだみんな知って
たのか?知らんのはワシだけ?
ワシの腫瘍の件はいづれ手術前と手術後の写真入りで日記に記録しておくつ
もり。同じ症状で悩む人の参考のために。
 
「光と水」
 
我が命
地に投げられし
種ならば
主は光なり
君は水なり
 


2月6日(金)晴れ

Queen

「ウイルホーム」さんのホームページに物件の動画を掲載しているが、容
量を軽くするためにサイズをおとしている。そのためにどうしても画質が
粗くなってしまうのでそのことを社長に説明した。
 
社長:「画質が粗くてさ、なんか昔のブルーフィルムを見よるみたいや」
ワシ:「ブルーフィルム!(笑)」
Sさん:「なんすか?ブルーフィルムて」
ワシ:「社長、ブルーフィルムって死語ですよ」
社長:「むかーしのやらしい映画よ」
Sさん:「へー。ブルーレイなら知ってますけど」
社長:「部屋をくらーくして、『おーい、みんな集まれー』言うてさ、友
達と上映会しよったよ。くらーい中でみんなでじーっと見よったよ。それ
がなんべんもダビングしたような粗い画質でね」
ワシ:「あはははは!」
 
しかしなんでブルーなんだろう?っと調べてみたら、その昔アメリカでは
ポルノの8mmのフィルムは法律の関係でブルーに着色されていたんだそうな。
へー。
 
「Rプランニング」さんにお邪魔して山のような課題をこなした後、「戸次
染工場」さんへ。息子さんがipodの使い方を知りたいということでお邪魔
した。
 
戸次さん:「今、これに曲が入ったんですか?」
ワシ:「はい」
戸次さん:「もう聞けるとですか?」
ワシ:「聞けますよ」
戸次さん:「なんか嘘みたいですよねぇ。私らの頃とかレコードからテー
プに録音しよったですけどね」
ワシ:「してましたねー(笑)」
戸次さん:「針が古くなって替えないけんとか言うてね」
ワシ:「そうですそうです。レコードに埃がついたらきれいに拭いてね」
戸次さん:「そうそう(笑)。テープに録音した後、早送りとかして聞きた
い曲を探すとが大変やった」
ワシ:「頭だし機能とかありましたよね(笑)」
戸次さん:「そうそう(笑)」
ワシ:「あんまり早送りとか巻き戻しとかしよったらテープが伸びたりして」
戸次さん:「それで何回も聞くようなとはメタルテープにせないけんとかね」
ワシ:「TDKのテープの種類とか覚えとったですよね」
戸次さん:「ノーマルとメタルの間にクロームとかありましたよね」
ワシ:「ありましたありました(笑)」

なんかカセットテープで盛り上がってしまった。あぁ今やipodか。あんなち
っこいのに何千曲も入るんだからな。すごい進歩だな。
 
粕屋のお客さんにお邪魔したら、社長御夫妻と事務のMさんがワシの回復を
喜んでくれた。
 
Mさん:「治ってよかったですねー」
ワシ:「はい」
奥さん:「二枚目に戻って、またモテるやないですか」
ワシ:「あはははは!腫瘍ができてる間に年取ったからだめですよ」
Mさん:「早く手術すればよかったですね」
ワシ:「ほんとですよ。4年回り道しました」
社長:「治ったけん言える話やけど、しんぐさんはいい経験になったと思う
よ。これでまたいいのが書けるね」
ワシ:「いえいえいえ、それはどうかわかりません」
社長:「僕はね、腫瘍ができても気にしてないふうやったけ、しんぐさんは
大したもんやなぁって思いよったとよ。でも去年の後半ぐらいから日記にも
書くようになったけん、あぁやっぱつらかったんやねぇてわかったんよ」
ワシ:「いつか治るやろうっていう希望がある時は気にならんかったですけ
どね。いろいろ試してどれもダメってわかった時に初めて焦り始めましたね」
社長:「いやー、よかったよかった」
奥さん:「お祝いせないけんですねぇ」

粕屋のお客さんとも約10年のお付き合い。しょーもないワシを長年ずっと励
まして下さり、飯が食える商売人にまで育てて下さった御恩は一生忘れられ
るものではない。あぁここにまた大恩の人々・・・。
 
「カセットテープ」
 
青春は
カセットテープの
ノイズかな
 


2月7日(土)晴れ

Dream Theater 

今月より契約復活の「シューポート」さん。今後のネット販売の展開に関す
る打ち合わせ。靴もネットで買う時代になってきたのかな。っていうかなん
でもネットで買うのが主流か。ワシこういう仕事してるくせに商売は対面が
一番だと思ってる超アナログ派だったりする。
 
「日栄」さんではお客さんの古い畳の中から初代が作った畳が出てきたそう
な。実に80年も前の作品。初代が売りにしていた、”蓑縫い”という方法で
作られたもので今ではめったに見ることができないものだそうな。通常の畳
と違い、藁が斜めに走っている。この方法で作ると一日に一枚しか作れない
らしい。
 
昔は通常の畳でも一日十二枚くらいしか作れなかったらしい。それが今では
工場で1時間に15枚は作れるというからこの80年の技術革新っていうのはすさ
まじいものがあるな。「日栄」さんの工場の設備は最新式で、ここまでのも
のを有している工場はほとんどないという話。この工場を初代が見たらどん
な顔するだろう・・・?
 
「江田建設」さんにお邪魔して回復のご報告。専務は見舞いに来られる予定
だったそうな。(ありがとうございます。)いろんな人の話を聞いてるとど
うもみんな手術がある週を避けて翌週に見舞いに来る予定だったみたいで、
ワシが5日も早く退院したからそれが果たせなかったらしい。もうちょいゆっ
くりしてればよかったかも??
専務は数回心霊体験があるらしい。屋根から落ちて生死の境をさまよった時、
死んだ友人に三途の川の手前で身体をどんと押し戻されて、気付いたら病院
の集中治療室にいたらしい。そういう話って結構好きなんだな。死後の世界
の不思議とか恐怖とかそういう観点から興味があるのではなく、生前深いつ
ながりがあった人と死後もなんらかの絆で通いあうものがあると信じるとな
にか暖かいものが感じられてくるから。時間がある時にもっとゆっくり専務
の心霊体験の話を聞いてみたい。
 
今日の最後はお久しぶりの「村田運送」さん。こうして忘れずに時々呼んで
頂けるのは嬉しいかぎりだ。「村田運送」さんともおつきあい長いな。10年
近いかも?(いつもありがとうございます。)
 
「たより」
 
先立ちて
彼岸にくらす
ひとびとに
せめてたよりの
すべもありせば
 


2月8日(日)晴れ

Billy Joel 

午前中はヨドバシでもろもろお買物。終わってすぐに星野村へ移動。「星香
園」さんへ。
 
牛島さん:「どれどれ、おー!」
ワシ:「治ったでしょ?」
牛島さん:「よか男になって」
ワシ:「わはははは」
牛島さん:「手術はどげんやったですか?」
ワシ:「6時間かかりましたよ」
牛島さん:「おぉすごい手術やったんですねぇ」
ワシ:「まぁ私は全身麻酔ですからあっという間ですけど」
牛島さん:「全身麻酔ですか」
ワシ:「はい。したことあります?」
牛島さん:「ありますよ。俺も手術した時は全身麻酔でした」
ワシ:「あれすごいですよね?」
牛島さん:「すごいすね。数を数えて下さいって言われて1って言った後、
2って言った記憶がないです(笑)」
ワシ:「私も意識ある間は返事して下さいって言われて1回しか返事してな
いです(笑)」
牛島さん:「あっという間ですよね」
ワシ:「それと尿道管にはまいりました」
牛島さん:「あれでしょ!?いやですよねー。抜く時のなんともいえん痛
さ!」
ワシ:「うぐぅぅぅぅ〜!!!って感じですよね」
牛島さん:「わはははは!」

手術体験談で盛り上がる二人・・・。
 
山越えしてうきはへ。「ル・シュクル」さんは今日も盛況。新商品の撮影を
したが、その中でカシスオレンジを食べた。これがあ〜た、め〜〜っちゃめ
ちゃうまいんだな!この感動を誰かに表現したいと見回すけどみんな接客で
忙しそうにしてるので感動のやり場がない。うぅ〜と1人で悶えているとこ
ろを奥さんが見てゲラゲラ笑ってた。
バレンタイン用のチョコが並んでた。はぁ・・・うまそー・・・。
  
「誘惑」
 
誘惑は
悪女のごとし
チョコレート
 


2月9日(月)雨

The Rolling Stones

「中国鍼灸院」さんでの話。
 
呉先生:「今日は王義之の話ネ。王義之知ってる?」
ワシ:「いいえ」
呉先生:「この人は書の父と言われてる人ネ。中国では書聖というヨ。今の
書道の基礎を作った人ネ」
ワシ:「へ〜」
呉先生:「面白い話があるヨ。この人は鵞鳥が好きだったヨ」
ワシ:「鵞鳥?」
呉先生:「そう。ある人が王義之に字を書いてもらいたいと思ったけど、王
義之はなかなか人に書いてあげることしなかったネ。お金払ってもなかなか
書いて貰えなかった。それでこの人は立派な鵞鳥を集めて毎日毎日王義之の
家の前をうろうろしたヨ」
ワシ:「あはははは!」
呉先生:「それを見た王義之が鵞鳥売ってくれと何度も頼んだけどその人は
お金じゃダメと断ったヨ」
ワシ:「それで交渉したわけですね?字を書いてくれと。なるほど」
呉先生:「それとこういう話もあるヨ。王義之は息子も字が上手だったヨ。
ある日息子が字を書いたけど、点を一つ忘れてたヨ。それを王義之が見て、
点を書き足したヨ。その後、王義之の奥さんが息子の字を見て、なかなかお
父さんの字にはなれないけど、この点だけはお父さんに負けないくらいよく
書けてると言ったヨ」
ワシ:「あはははは!」
呉先生:「これは歴史に書かれてる話ヨ」
 
それにしても呉先生はいろんな話知ってるなぁ。小説のネタに困ったら呉先
生に訊けばいいか。

「コスモ不動産」さんで作業してると、社長が入って来るなりワシの顔を覗
きこんで、「お!しんぐさん治っとる!いい男になっとる!さすが九大やね
ぇ〜」と驚いていた。ちなみにワシが入院してた時に社長も別の病院に検査
入院してた。でも社長は個室。お金持ちは違うなぁと思ったら、病室で仕事
するために個室にしたらしい。よぉ働くなぁ。
 
午後は「システムハウス」さん、「ユーキハウス」さん。夕方は「雷山千如
寺」さんへ。
 
ワシ:「こんばんはー」
和尚さん:「はーい、どうぞどうぞ。ではお顔を拝見・・・えええ!!」
ワシ:「すごいでしょ?」
和尚さん:「すごいねぇ!きれいに治ったねぇ〜」
ワシ:「ですね。自分でもビックリしてます」
和尚さん:「いやぁ現代の医学はすごいね」
ワシ:「すごいすねぇ」
 
和尚さんと奥さんがワシの回復を本当に喜んでくれて、またしても感謝感激
の思いにうるうる・・・。しかも和尚さんは快気祝いの予定もたててくれて
いるとのことでもう〜なんというか恐縮しまくり。
 
それにしてもみんなワシの顔見てあまりの変わりようにビックリする。まだ
一巡してないからしばらくは誰かを驚かす日々が続きそう。
 
「雨後の晴れ間」
 
憂いなし
こころは雨後の
晴れ間かな
 


2月10日(火)晴れ

なし

「ウイルホーム」さんでの会話。社長は外出中。
 
S田さん:「こないだ社長が裏で、うまいなぁ〜うまいなぁ〜て言いながら
なんか食べてるんで何食べてるんかな?て見てみたらバナナでした」
ワシ:「あははは」
S田さん:「毎日なんか笑わせてくれますからね」
ワシ:「社長てなんかバナナ似合いますよね」
S田さん:「しんぐさん、それはしんぐさんだから言えることですよ。僕た
ちはとても言えません。バナナが似合うとか(笑)」

とは言いつつ、営業のS田さんは社長を人間性の面においてかなり尊敬して
いるという話もされてた。社員に尊敬される社長というのは今の時代極め
て珍しいかもしれない。さすが社長やな。
 
(谷崎潤一郎訳 源氏物語風 F井の物語)
 
「住まいのイシダ」様にお伺いしたときのことでした。わたくしがとても
古いぱそこんのお手当てをいたしておりましたところ、急に起動しなくなり
ました。そこへあの女官のF井が参りまして、わたくしのことをあしざまに
申します。
「あぁ神宮様がぱそこんを壊しなされた、神宮様がぱそこんを壊しなされた」
たいへんむかつく女官でございます。なんとか復旧できましたものの、休む
まもなく次は、
「神宮様、ぶろぐを書いて下さいませぬか。わたくしどもたいへんいそがし
くしておりまして、ぶろぐまで手がまわりませぬ」
と申されます。
「これはすたっふが書くものではありませぬか。わたくしが書いたのでは都
合が悪く思います」
「いいえ、わたくしどもは神宮様のことをすたっふと思っておりますので、
問題はありませぬ」
女官はひどくわたくしをいじめるのでございます。しかたなくぶろぐを書き
ましたが、次回はいかなる課題が待っておりますことやら。
 
「東部ハウジング」さんでは税理士さんがワシの机の前で一生懸命作業され
てた。その方は西南出身でワシの後輩だった。学籍番号を聞いてショック。
ワシより10期も前だった。バリバリの税理士の人が10年も後輩だなんて・・。
 
「やひめ」さんにお邪魔して退院のご報告。
 
T尾さん:「先生、どこ手術したんですか?」
ワシ:「わからんでしょ?ここです」
T尾さん:「全然わからんすね!」
橋本社長:「どれどれ、うん?うんうん」
ワシ:「なんですか(笑)。うんうんって」
橋本社長:「先生、俺、御見舞いに行こうと思ったんだよ。そしたらさ、東
京出張になっちゃってさ、それで御見舞いじゃなくてお土産買って来たよ」
ワシ:「おお!虎屋の羊羹!ありがとうございます」
橋本社長:「それで?もう再発はしないの?」
ワシ:「どうでしょう?しないんじゃないでしょうか・・・」

虎屋の羊羹大好きなんだな。(社長、ありがとうございます。)
 
帰宅後、JRで古賀駅まで移動して再び「東部ハウジング」さんへ。N嶋さん、
A貞さん、Oさんと宗像の「和膳屋 吉田」に飲みに行った。常にハイレベルの
技を保つこのお店は何回行っても感動させられる。今日も旬の素材を使った
様々な美味にみんな感動していた。Oさんは中国人だから京風の味はどうかな
?とちょっと不安だったが、うまいうまいと夢中で食べてた。Oさんは味覚も
言葉もすっかり日本人になってしまった。
仕事の話から下ネタまでいろんな話題が出たが、Oさんの入社後の急激な成長
も話題になった。Oさんは”あいうえお”しかわからない状態で6年前に日本
に来たそうな。
「空港に着いた時、どうしたらいいかわからなくて、お母さんにすぐ電話し
ました。『どうしたらいいですか?』って。そしたらお母さんが『好きにし
なさい』って(笑)」
それが今や不動産会社で普通に営業やってて宅建の試験にトライしているん
だから大したもんだよなぁ。
今日みたいな比較的若い飲み会もまた楽しい。みんなで温泉に1泊してだら
だら飲みたいねぇという話が出た。いいねぇいいねぇ、実現したいねぇ。
 
「宗像の月」
 
宗像の 月また赤く 酔い心地
 


--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2009/3/5 第458号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。