飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2008/09/24

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/9/25 第440号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

お知らせです。
えしぇ蔵愛用のG4Macを17インチCRTモニター付でお譲りします。
できれば取りに来れる人がいいですが、近いならえしぇ蔵が持ってっても
いいです。詳細な性能につきましてはメールにてご説明しますので、希望
される方は以下までご連絡下さい。

esezo@s-harvest.com

Macが好きで大事にしてくれる方に貰って頂きたいなと思ってます。
よろしくお願いします。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

田宮虎彦 「小さな赤い花」

親からの温かい愛に飢えた子どもの辿る悲劇を描いています。

石川淳 「普賢」

こんな作品を一つこの世に残せれば物書きとしては本望です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

市場・農場 「Farm (農園)」

心に余裕を持つことも教えてくれる優しいおばちゃんのお店です。

パン屋 「オットーベーカリー」

「幸せな日常の中にあるパン屋さん」をそのまま形にしてます。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

9月6日(土)曇り

Yes

9月からは土曜日に毎週固定のお客さんを入れないようにした。そしてア
ポイントが入らないなら休むことにした。果たしてアポイントが入らない
土曜日があるだろうか?今日は早速2件入った。
 
早朝から高速乗って二丈町へ。「浮岳茶寮」さんにお邪魔して女将さんに
ブログの書き方を指導した。ついでに茶道に関するいろんな知識を女将さ
んに教わったら、蔵書の中から茶道に関する本を二冊も譲って頂いた。な
んと光栄な!茶道を趣味とするのはワシには無理だが、客として呼ばれた
時のために最低限の作法くらいは知っておきたいと思った。頂いた本で勉
強しよう。次回の「浮岳茶寮」さんでのお茶会にも参加する予定。それに
しても女将さんの料理やお茶に関する知識と技術はかなり奥の奥まで到達
されているようで、会話の端々にそれを感じる。どの道にしろそれを究め
た人、究めようとしている人のひたむきな姿は美しい。
 
一時帰宅して、近所の歯医者さんへ。歯医者はかなり久しぶり。待合室で
待ってるワシの周りには子どもとその母親ばっかり。「しまった!姫に謀
られたか!ここは子ども向けの歯医者か?」と一瞬あせったが、後から大
人も来てホッとした。えらい親切な先生で好感度抜群。行きつけにしよう
と思った。
 
帰宅してからまた外出。「ブライダルミュージアム ビッビ」さんへ。仕
事の話で社長を訪問したのに9割ぐらい山の話をした。しかし社長がこれ
ほど山にはまるとは。共通の趣味があると会話は弾むもので、つい長居し
てしまう。社長は月曜から久住らしい。あぁワシも登りたくなった!
 
夕方、姫にひっぱり出されて近所をジョギング。やっぱり姫についていく
のはきつい。ゴールした後、姫は息があがってないのにワシは酸素マスク
が欲しいくらい喘いでいる。情けない。がんばらないかんなぁ。
 
「その道」
 
その道を
究めし人の
茶事語る
言葉のはしも
雅なるかな
 


9月7日(日)晴れ

Johann Sebastian Bach

久しぶりに部屋のマイナー模様替えを。だいぶすっきりした。なんだかん
だやっぱりモノが多いな。もっともっとシンプルに暮らしたい。仕事に必
要な最低限の環境と本だけでいい。
 
「福岡和白バプティスト教会」から戻った後はゆっくりと読書。ちょっと
だけ庭仕事をした。
今日は「対馬の樹」の早田さんを我が家にお迎えしてのお食事。夕方に姫
と福工大前駅まで迎えに行った。一緒におばちゃんの店でイチジクを買っ
てから帰宅。宴が始まった。ビールとワインを久しぶりにしっかり飲んだ
。早田さんは食べっぷりも飲みっぷりもいい。いろんな話題も肴にして楽
しい時間を過ごした。
 
「白ワイン」
 
見上げれば
月二つなり
白ワイン
 


朝、「中国鍼灸院」さんで自分のメンテナンス。今日も漢詩を頂いたがこ
れは後日発表しよう。今日は「水滸伝」の中のエピソード、「武松、景陽
岡に虎を打つ」を聞いた。あ〜「水滸伝」がめちゃめちゃ読みたくなった
。全集終わったらまず「水滸伝」か?
 
今日は姫の誕生日。こういう日にはいいものを食わないといけないという
ことで、お客さんでもある「ル・フラマンローズ」さんへ。料理をフレン
チからイタリアンにスイッチされたが、きっと今までの常連さんも喜ぶに
違いない質の高さは感動ものだった。ここはワインバーでもあるのでグラ
スワインでいろんな種類が飲めるのが嬉しい。ワシも今日は3種類飲んだ
。牛島さんのチョイスは素晴らしくどれもうまかった。アラカルトにした
が料理も結構食べてワインも3杯飲んだけど非常に良心的なお値段で感動
は倍増。
以前から牛島さんの人柄には惹かれるものがあったが、今回の食事でそれ
を再確認した。誠意あるおもてなしの姿勢の裏には長年の経験と知識の裏
打ちがある。さすがやなぁ、牛島さんやっぱホンモノやなぁと思った。群
英会に呼ぶべし!
 
「誕生日」
 
祝うかな
美味を尽くして
祝うかな
 


9月9日(火)晴れ

Led Zeppelin 

リカちゃんのワックス洗車はいつも那珂川の「ウイルホーム」さんの近く
のスタンドでしてもらう。今までいろんなスタンドで洗ってもらったけど
ここが一番丁寧にやってくれる。水洗いは自分でするけどワックスはやっ
ぱりプロがやったほうがきれいになる。今日はピカピカのリカちゃんで仕
事開始。
 
「ウイルホーム」さん、「住まいのイシダ」さん、「東部ハウジング」さ
ん、「ムラオ商事&やひめ」さんといつものコース。
 
「東部ハウジング」さんでの会話。
 
N嶋さん:「しんぐさん、不動産業者の集まりがあるんですけど、お願い
したら講演とかしてもらえますか?」
ワシ:「どんなこと話せばいいんですか?」
N嶋さん:「なんでもいいですよ。趣味の話でもなんでも」
ワシ:「今後のインターネットの行方とか?」
N嶋さん:「そうですそうです」
ワシ:「いいですよ。昔はよく経営者対象にインターネットに関する講演
とかしてましたよ」
N嶋さん:「そうですか。ありがとうございます」
A貞さん:「どうしたんですか?」
N嶋さん:「不動産業者の集まりでしんぐさんが講演してくれることにな
ったよ」
A貞さん:「おお!どんなネタで?」
ワシ:「そうすねぇ、『いかにして無料でアダルトサイトを見るか?』と
かどうでしょう?」
N嶋さん:「多分、すごい参加人数になると思いますよ(笑)」
ワシ:「『アダルトサイトの詐欺をいかにして見破るか?』とか」
A貞さん:「それ、男性の業者さん対象になりますね(笑)」
 
・・・そして横で聞いて密かにフフフと笑うOさんであった。
 
「夜風」
 
虫の音や
蝉に冷たき
夜風かな
 


9月10日(水)晴れ

Grand Funk Railroad

「新郷商会」さんで源太さんがなにやらパソコンを食い入るように見つめ
て一所懸命に何かを読んでるので後ろから覗いたら「千の灯火」だった。
 
ワシ:「なにを読んでるかと思えば(笑)」
源太さん:「いやぁ・・・今日が最終回やけんですねぇ・・・」←目はパ
ソコンから放さない
ワシ:「読んで頂いて光栄です」
源太さん:「・・・・・・読み終わりました。はぁ。なんか終わってみれ
ば短く感じますね」
ワシ:「そうすね」
源太さん:「また小説書かれますか?しばらく充電期間ですか?」
ワシ:「いや、また何か書こうとは思ってますけど」
源太さん:「そうすか。楽しみです」
 
「三開発」さんではとしこさんが一人で留守番してた。
 
としこさん:「小説、読み終わりましたよ」
ワシ:「そうですか。ありがとうございます」
としこさん:「最後をあんなふうにしたのは読む人が自分で結末を考える
ようにということでしょ?」
ワシ:「うん、まぁ、そんな感じですね。としこさんはどんな結末にしま
した?」
としこさん:「私はぁ、千秋の思い出がぁ、悲しいものではなくてぇ、楽
しいものに変わってぇ、それを大事にしながら主人公は一人で生きていく
・・・という感じかなと」
ワシ:「ほぉ。なるほど」
としこさん:「でも、あのお祭の夜に手つないじゃうでしょ?あれが許せ
ない」
ワシ:「そうですか(笑)」
としこさん:「うん。あと、福田さんの部屋に行っておせちなんか食べち
ゃって、あれもだめ。許せない」
ワシ:「としこさんはロマンチストですね(笑)」

「太田自動車鈑金」さんに行くとみんな席を外してて事務所に誰もいなか
った。ちょうどそこに宅急便が来たのでワシが受け取った。何かなと思え
ば京子さん宛ての青汁だった(笑)。
事務所の向かいは工場になってて、太田さんの自宅はその上にある。事務
所で太田さん、おかーさん、京子さん、ワシの4人がいる時に、自宅から
奥さんとほのちゃんが出てきて上から手を振ってた。おかーさんが「ほの
ちゃーん!お昼何食べたとー?」と叫ぶと、ほのちゃんが大きな声で「ナ
ットー!」と答えたのが妙にウケた。ほのちゃんは納豆とか梅干とか漬物
とかが好きらしい。素朴な子だ。
 
その後、「日栄」さん、「ランドリー・キッチン」さん、「ブライダルミ
ュージアム ビッビ」さんとまわって終了。今日は6社。
 
「稲穂と蝉」
 
つかの間の
稲穂と蝉の
同居かな
 


9月11日(木)晴れ

なし

気合が入ってる会社が好きだ。ワシのお客さんはいい会社ばかり。特に
「ヘアーショップ ムーヴ」さんには常に前進して行こうとする企業努力
を感じる。ワシは毎週木曜日の早朝に「ヘアーショップ ムーヴ」さんに
お邪魔するが、いつも若手は一生懸命練習している。今日は全員で接客の
ノウハウを研究していた。この研究というのがいい。ボスが頭ごなしにこ
うしろ!というのではなく、どういうふうにすればいいかをみんなで考え
る。結論が出ればそれを実践する。あまりいい結果を生まなければまた研
究して改良する。常にこういう努力を積み重ねる会社は着実に伸びていく。
楽しさと厳しさの同居。挑戦と改良の反復。この緊張感が好きだな。
 
「ブライダルミュージアム ビッビ」さん、「アルファホーム」さん、
「センチュリー21 小笠原」さん、「雷山千如寺」さんとまわった。
久しぶりの「雷山千如寺」さんでは和尚さんに「ダライ・ラマ」の講演会
に誘われた。おそらく人生で二度とないチャンスかもしれないから行って
みようかなと思う。
 
連載が終わってホッとした反面、また何か書きたくてうずうずしてる。
今構想を練っている最中。連載用のものの前に短編を一つ書こうかなと
思う。あ、そう言えば「対馬の樹」の早田さんにも連載頼まれてたんだ
っけ・・・。
 
「早足の秋」
 
早足の
秋は静けき
千如寺の
庭を満たして
月を待つかな
 


9月12日(金)曇り

Led Zeppelin 

「ウイルホーム」の社長と二人でアプライドにパソコン買いに行った。
 
ワシ:「これがいいかな・・・」
社長:「わー!ダメダメ!高い!こっちこっち」
ワシ:「どれすか?」
社長:「これはどう?」
ワシ:「うーん、ダメすね」
社長:「なんで?」
ワシ:「Officeが入ってません」
社長:「じゃこれは?これ入っとるよ」
ワシ:「ダメです」
社長:「なんで?」
ワシ:「DVD-ROMだから」
社長:「うーん・・・難しいねぇ中古のパソコンは。中古の家ならよぉわ
かるんやけど」
ワシ:「社長、これにしましょう」
社長:「高いもん」
ワシ:「インターネットに申し込めば2万円引きですよ」
社長:「あそう?これがいい?」
ワシ:「うん。これですね」
社長:「よっしゃわかった。これにしよう」

新品でえらいお得な機種が見つかったのでそれをすすめた。
事務所に戻ってきたら奥さんが待ち構えていて、おもむろに言われた。
 
奥さん:「先生、父が先生の小説を読んでえらく感動しておりました」
ワシ:「ホントですか!ありがとうございます」
奥さん:「『先生は本格的に活動はされているのか?』とか、『何かの
賞に応募したらどうか?』とかいろいろ言っておりました」
ワシ:「そうですか(笑)」
奥さん:「それで、あの、長いのがあったら是非読ませて下さいと申して
おりました」
ワシ:「長いのですか?ありますよ。では次回持って来ますね」
奥さん:「すいません、ありがとうございます。父は耳が遠くて電話での
会話が通じにくいので、先生にお手紙を書くそうですので今度持って来ま
す」
ワシ:「おー!光栄です。ありがとうございます」

御尊父のお手紙はおそらく大家の作品の文中に登場するような名文なんだ
ろうな。頂いたら大事に保管しておこう。お返事はやはり手書きにすべき
かな。字が下手なのはこういう時につらい。
 
「Rプランニング」さんに行ったらみんな出張やら休みやらで事務所はア
サさんだけだった。そういう時に限って電話がよくかかってくるわけで、
アサさんだけでは対応しきれずワシも電話をとった。その電話の相手が
社長だったりくまさんだったり。くまさんはワシがいよいよ社員になった
と電話口でケラケラ笑ってた。
新人のポンちゃんは入社間もないちうのに既に武勇伝をいろいろと残しつ
つある。先日も鹿児島出張の際に名刺を持っていくのを忘れたらしく、鹿
児島支店長代理の名刺に上からテプラで自分の名前を入れて使ったらしい
。だがなんと”鹿児島支店長代理”という肩書きを消すのを忘れていたら
しく、お客さんに「支店長代理なんですか!?」と驚かれたらしい。いい
ぞ!ポンちゃん!もっとやらかせ!
 
「質みよし」さんでいつものように着物の撮影をしていたら、70年ぐらい
経過してそうなアンティークの着物があった。保存状態がよく、見事な柄
もそのまま残っており時代を感じさせてくれた。持ち主の方はよほど大事
にされていたのだろう。その人の着物への思いが伝わってくるようだった。
  
「よむひとありて」
 
おもふままに
つたなきわれの
綴りしを
よむひとありて
よろこびありて
 


…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

「私は音楽を、愛という以外の形では、理解できない。」 

(ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー)

うわぁ・・・なんと美しい感性だろう・・・。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/9/25 第440号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。