飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2008/07/30

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/7/31 第433号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

先週、対馬に帰省した際に故郷のあまりの過疎化を目の当たりにしてかなり
ショックを受けました。最近は都心部でも景気が悪いとか、物価が高いとか
で生活が脅かされつつありますが、これが田舎になると更に倍増されるわけ
です。特に対馬のような離島は船や飛行機で運び込みますので物価に”運賃”
が加算されます。ガソリン代なんてとっくに200円を突破しています。就職
も見つからないので、島民は続々と福岡へ脱出しつつあります。
故郷を救うべく、なにかいいアイディアはないかと思案中です。対馬出身の
方、あるいは対馬に興味ある方、どうぞ知恵を貸して下さい。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

尾崎士郎 「人生劇場」

あなたの人生劇場を思い浮かべつつ読んでみてはいかが?

坪田譲治 「善太の四季」

児童文学という言葉の中にはとてもおさまりきれない名作です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

そば・うどん 「手打生粉打そば 不老庵」

東区香椎周辺の人は「我らに不老庵あり」と胸をはれますね。

ラーメン 「雷蔵らーめん」

男ならたまにはこってり系豚骨ラーメンも食べたいですよね。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

7月12日(土)晴れ

Eric Clapton

こんなにガソリン代が上がってるのに去年の同時期とリカちゃんのガソリン
代がそんなに変わらないのが謎だったが、その答えがようやくわかった。多
分、数ヶ月前に「太田自動車鈑金」の太田さんに入れてもらった鉱石の効果
だろうと思う。今度はブイちゃんにも入れて試してみよう。
 
午後、「ウイルホーム」さんへ。今日は社長の名前(太田)のネタ。
 
社長:「ワシ、10年くらい前に○○でスーツ買って帰った時にね、店の人か
ら電話があって『ふとったさん、スーツができました』て言われたことある
よ」
ワシ:「あはははは!」
社長:「そん時、ワシ太っとったけんね、あぁこいつは冗談で言いよるんや
なて思って『はい。ふとったです』て答えたとよ。そしてお店にスーツとり
に行った時にまた『ふとったさんですね』て言うわけ。あ、こいつほんとに
間違っとるて思うてやかましゅう言うたよ」
ワシ:「どうして太田を”ふとった”て読みますかねぇ?」
社長:「そうそう、○○のバカ営業マンもワシの名刺見て『なんてお読みす
るんですか?ふとださんですか』とかぬかしよるし。もう頭にきてさ」
ワシ:「あはははは!」
社長:「それはそうと、うちのホームページをESEグルメぐらいのアクセス
にして」
ワシ:「今の10倍にせんといかんですね」
社長:「そうよ(笑)。どうしたらESEグルメみたいにたくさん見てもらえ
ると?」
ワシ:「え〜と、○○したり、○○もしたり・・・」
社長:「ん〜じゃそれうちも全部して」
ワシ:「わかりました」

「ふとったさん」
 
太田さん
どげな読みして
ふとったさん?
 


7月13日(日)晴れ



賛美歌

なんで春日市だけガソリン代が安い?
 
どうしても今日は庭仕事をしないといけない。今日しなければまたいつでき
るかわからんし。汗かくためにスエット着て帽子かぶって月桂樹の剪定、ピ
ラカンサスのピーちゃんの剪定、芝刈りをした。ものすごい汗。風呂上りに
はかったら63.5キロだった。全身疲労がすごい。明日は呉先生に全身に鍼を
うってもらわんといけん。
 
「芝刈り機」
 
庭のふち
芝を残すな
芝刈り機
 


7月14日(月)晴れ

U2

韓国ドラマの「テ・ジョヨン」に出てくる李世民は、高句麗を苦しめた唐の
悪い皇帝というイメージで描かれているが、実際はどうだったのか「中国鍼
灸院」さんで呉先生に訊いてみた。呉先生によれば、「唐を作った人でとて
もすごい人ヨ。とても書が上手だった。武術も強かったヨ。皇帝になった人
は部下の意見を聞かない傲慢な人が多いけど、この人は部下の意見もよく聞
いたヨ」ということだった。英雄というのは見る人によっては悪党だ。豊臣
秀吉なんて韓国の人からすればとんでもない悪党だろうと思う。歴史を一つ
の方角からだけ見ていても絶対に真相には到達し得ない。
今日は少し武術も習った。先生みたいに強くなれたら楽しかろうやぁ。
 
今日は「コスモ不動産」さん、「粕屋のお客さん」、「藤田」さんの3社。
 
「追い山」
 
ふみづきや
はや追い山は
明日の朝
 


7月16日(水)晴れ

Dinu Lipatti

「日栄」さんでの会話。
 
ワシ:「最近、日本建築が見直されてきましたね」
社長:「そうですね。やっぱ梁やら土壁やら昔んとはいいですもんね」
ワシ:「土壁って呼吸するからいいんですか?」
社長:「そうです。呼吸するけん湿気がこんとです。昔の家は結露とかしま
せんもんね」
ワシ:「でもその土壁を作れる業者が少ないんでしょ?」
社長:「土壁作る時は最初に竹を編むでしょうが?あれしきる人がもうほと
んどおらんですよ。どうやろか?筑豊に1人ぐらいやなかろうか?」
ワシ:「そんなにいないんですか!?」
社長:「そうですよ。茅葺屋根の業者とかも少ないですしね。だから高いで
すよ」
ワシ:「なるほど」
社長:「もう今は家がほんと簡易的になってしもうて、1ヶ月くらいの工期
でできてしまうけんですね」
ワシ:「すぐ建ちますよね」
社長:「すぐ建つばってん、すぐガタがきますもんね。昔は家1軒建てると
に半年も1年もかかりよったばってん、それで100年はもちますけんね」
ワシ:「今じゃ新築10年保証とか言ってますけど、10年とかすぐですよね」
社長:「あぁすぐですよ。スレートの屋根とかやりかえないけんですしね」
ワシ:「瓦はやっぱいいですよね」
社長:「いいですよ。木造の瓦葺ちゅうだけで中の温度がだいぶ違いますよ
。夏は涼しくて冬はぬくくて。昔ん家はよかったですよ」
 
結局、日本に住むかぎりは従来の日本建築が一番いいってことだな。
今の技術で建てた家が30年くらいでダメになって、昔の技術で建てた家は
100年くらい平気となると、一体技術の進歩とはなんぞや?と思いたくなる。
 
「梁」
 
消えてのち
ものの真価や
身に沁みる
古き実家の
梁の太さよ
 


7月17日(木)晴れ

KISS

「ヘアーショップ ムーヴ」さんのお店の裏には、なぜか突如農耕に目覚め
たワカガシーラ坂本さんによる「坂本農園」がある。ナスビ、かぼちゃ、ト
マト、ゴーヤ、いちごなどがちょっとづつ作られてる。今日はいちごに初め
て実がなって、「お!いちごに実がなっとる!」と嬉々としてワカガシーラ
坂本さんは写真を撮ってた。その姿をワシが写真に撮ってきた。
 
ちなみにボスはぶどうを作ってる。こちらは店の前にぶら下がってる。美容
室と農園のかけもち?
 
「あおば不動産」さんに行くと、I本さんが待ち構えていた。今日はご自宅
のパソコンのメンテにうかがう。ついでに蔵書を見せてもらうことにした。
I本さんの部屋はまさに作家の書斎という感じ。積み上げられた本、転がっ
た酒瓶、たまった埃・・・なんか名作の原稿でも出てきそうだった。
 
I本さん:「これが俺の作品が載った時の新潮だよ」
ワシ:「おいくつの時ですか?」
I本さん:「20代の頃だよ」
ワシ:「うわ!三島由紀夫とか一緒に載ってるし」
I本さん:「俺にも新潮の担当がついたことあったよ。ちやほやされたもん
だよ。よその出版社に持って行かないようにってね」
ワシ:「へー、すごいすね!」
I本さん:「でも何回も書き直しさせられたのには閉口したな。『また書き
直しですか?』って言ったら、『君、何回も書き直ししないと駄目だよ。大
江健三郎でさえ”万延元年のフットボール”を何回も書き直しさせられたん
だよ』って言われたよ」
ワシ:「えー!大江健三郎ですら書き直しさせられてたんですか?」
I本さん:「そうだよ。そうやって鍛えられていくんだな」
ワシ:「へー」
I本さん:「これが俺が出した詩集だよ。1冊やるよ」
ワシ:「ありがとうございます」
I本さん:「もう最近は小説書くの面倒くさくなっちゃってさ、詩ばっかり
書いてるよ。それからこれが先週言った午前っていう同人誌。これも2冊あ
るから1冊やるよ。ここはおばちゃんが多いけどな。みんなすごいよ。芥川
賞とったやつはまだいないけど、候補になったのはごろごろいるよ」
ワシ:「みんなすごいすねぇ」
I本さん:「まだ時間あるだろ?1階の書庫見るか?」
ワシ:「見ます!」
I本さん:「こっちだ。まぁ人の蔵書見てもしょうがないだろうけど」
ワシ:「いえいえいえいえ」
I本さん:「ここだけどな」
ワシ:「うわ!すごいー!」
I本さん:「俺は金子光晴が好きだな。このへんにあるよ。ここは大江健三
郎。大江健三郎は最近のは嫌いだけどな。この棚は1920年代のヨーロッパ文
学だ。ここは全集。ここは古典の棚だ。このへんは基本だな。それからここ
は東欧文学だ」
ワシ:「古本屋状態ですね。香椎駅前のあい書林さんって知ってます?」
I本さん:「おー!時々行くよ」
ワシ:「あそこいいですよね!日本文学が多くて」
I本さん:「そうだな」
ワシ:「私最近集英社の日本文学全集88冊にチャレンジしてます。勉強のた
めに」
I本さん:「おぉそうか。誰がよかった?」
ワシ:「いやぁ・・・いづれ劣らぬって感じでみんなすごいです」
I本さん:「横光利一が好きって言ってたな」
ワシ:「そうですね」
I本さん:「横光利一っていうと『上海』だな。あと『日輪」か」
ワシ:「はい」

文学の話はえんえんと続く・・・お互い文学を語り合える同志を発見したと
いう喜びに我を忘れて時間はあっという間に経過していた。しかし面白い人
だ。これから大いに勉強させてもらおう。
 
その後、「アルファホーム」さん、「センチュリー21 小笠原」さん、「雷
山千如寺」さんとまわって8時前に帰宅。
 
「文学の道」
 
草深き
道はさだかに
あらねども
分け入り行かん
文学の道
 


7月18日(金)晴れ

Wings

M島さんからの梨を買ってきたという知らせを受け、朝からそそくさと頂戴
にあがる。今年初の梨だな。(M島さん、ありがとうございます!)
 
日曜日に庭仕事した時に、病気を持った月桂樹の剪定をしたせいか、両手が
かぶれてしまった。ここ数日はかゆみとの戦いだった。たまりかねて今日は
「中国鍼灸院」さんに行って呉先生に助けてもらった。先生が「曲池」とい
うところに鍼をうつとかぶれているところの赤みがすーっと引いたのにはビ
ックリした。恐るべし東洋医学!
 
呉先生:「劉宰相の話知ってる?」
ワシ:「いいえ」
呉先生:「じゃぁその人の話しましょか。その前に屈原という人の話を先に
しましょう」
ワシ:「はい」
呉先生:「屈原は楚の時代の政治家で詩人だったヨ。この人は楚の国の将来
に絶望して川に身を投げて自殺したヨ。中国では5月5日に葉に包んだ餅を川
に投げる風習があるヨ。これは屈原の死骸を魚が食べないように投げたのが
始まりとされてるヨ」
ワシ:「へー」
呉先生:「次は劉宰相ネ。この人はずっと後の時代、清の乾隆帝に仕えた人
ヨ」
ワシ:「はい」
呉先生:「ある日、乾隆帝が劉宰相に『お前は死ねと命令されたら死ねるか
』と訊いたヨ。劉宰相は『帝王の命令は絶対です。死ねます』と答えたヨ。
そしたら乾隆帝は『では今すぐ川に飛び込んで死ね』と言ったヨ」
ワシ:「はい(笑)」
呉先生:「劉宰相は『わかりました』と言って、池のほうにゆっくりゆっく
り行ったヨ。何か助かる方法はないか、考えながらゆっくりゆっくり行った
ヨ」
ワシ:「はい(笑)」
呉先生:「そして飛び込む寸前までいって、急にやめて戻って来たヨ。そこ
で乾隆帝が『どうして戻って来た?』と訊いたヨ」
ワシ:「はい(笑)」
呉先生:「劉宰相は答えたヨ。『飛び込もうとしたら水の中に屈原がいまし
た。彼は私に自殺してはいけないと言いました。自分が自殺した時は悪い皇
帝だったけど、あなたの皇帝はいい人だからあなたが自殺したら皇帝の名前
を汚してしまうと言いました』」
ワシ:「あはははは!」
呉先生:「それを聞いた乾隆帝は、『そうか、じゃぁ死ななくていい』と言
ったヨ」

先生のおかげで断然、中国の歴史に興味が湧いてきた。
 
今日は「福岡大手門」さん、「Rプランニング」さん、「コスモ不動産」さ
んとまわった。
 
「Rプランニング」さんではenoちゃんにネタを頂いた。
 
(電話が鳴った)

enoちゃん:「はい、Rプランニングでございます・・・こーひー・まめおさ
ん・・・いつもお世話になります・・・少々お待ち下さい」
(電話を保留にする)
enoちゃん:「ねぇねぇ、こーひーまめおさんて人から電話なんやけどわか
る?」
アサさん:「あはははは!(爆笑)それ、コーヒー豆屋さんじゃないと?」
enoちゃん:「あ、コーヒー豆屋さん(笑)?○○の電話番号教えて欲しい
てことなんやけど」
アサさん:「□□に訊いて下さいって言って(爆笑)」
(電話に戻る)
enoちゃん:「あ、お待たせしました。□□に訊いて頂けますか?申し訳あ
りません、よろしくお願いします」
(電話を切る)
ワシ:「なんですか、こーひーまめおとか。コントのキャラクターじゃない
んですから」
enoちゃん:「あはははは!私、メモ用紙にも”コーヒーマメオ”って書
とる」
アサさん:「あはははは!(爆笑)」←完全にツボに入った。
ワシ:「どんな人ですか、こーひーまめおって。ブラジル出身ですか?」
アサさん:「またそんなこと言う!(爆笑)」

この後しばらくアサさんは笑いが止まらなかった。
 
「夕立」
 
夕立と
抜きつ抜かれつ
帰り道
 


…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ。

(石川達三)

大いに賛同。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/7/31 第433号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。