飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2008/05/14

☆★------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/5/15 第424号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★------------------------------------------------------------☆★

独立して10年たちました。いろんなお客さん、いろんな会社を見てきました。
いい会社、悪い会社、いろいろあります。そして経営者はみんな”答え”を
探しています。成功へ到る”答え”ですね。そして今のところわかったこと
は、”答え”はないということです。成功はいろんな要素が集まって発生す
るもので、その要素の組合せは無限です。そこから一つの答えを出すことは
不可能です。ただ確実に言えることは、”悪くならない”方法はあるという
ことです。堅実に伸びていく会社というのはこれを毎日毎日しっかりと実践
しています。要するにロッククライミングでいう、「三点確保」ですね。自
分の位置をしっかり固定した上で、空いた片方の手で次の地点を探す。結局
はそういうことが大事なのかなと思いました。

経営学の本もいろいろありますが、えしぇ蔵はいつも「孫子の兵法」を参考
にします。孫子が今に生きて会社を経営したらどうなってたでしょうね。

……  蔵書 今週のオススメ ……………………………………………………

大岡昇平 「俘虜記」

哲学的なものを根底においた戦争記録文学の傑作です。

小林多喜二 「防雪林」

北海層の貧農の悲惨を描いた文学的にも優れた作品です。

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

中華 「博多一口餃子 万天」

一品をここまで掘り下げて極めてきた姿勢を高く評価したいです。

惣菜・食材・デリカ 「農楽園八木山」

八木山の自然と生産者の合作である高原野菜はいかが?

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

5月4日(日)晴れ

なし

たらのスープの店で朝食をとって第二日目をスタート。まずは宗廟のイベン
トを見に行こうとぷらぷらと歩いていたらドラマのロケに遭遇。若い男性が
年配の占い師に話し掛けるシーンのようだった。ぼーっと眺めてると・・・
・・・あれ?チャングムに出てたトックおじさんだ!それが判明してからは
最大ズームでおじさんを撮りまくり。さすがに演技はうまかった。思わぬ収
穫がうれしかった。
カフェでお茶してから宗廟のイベントへ。朝鮮時代の李氏のお祭ということ
で、この日は歴代の王族の霊が集まるらしい。歩道の真ん中には石を並べた
道があるが、そこは霊が集まる道なので通ってはいけないらしい。荘厳な儀
式は李氏の子孫たちによって一日かけて行われる。観客は大変な数で、写真
撮るのが一苦労だった。小さい姫は人混みの中で踏みつぶされそうだった。
 
少し買い物し、昼はクリスピーで済ませてから南大門へ移動・・・のはずが
地下鉄を反対に乗ってしまい、知らないところに出てしまった。ただ戻るの
もしゃくなので何か見て帰るべく見回すと、「南山コル韓屋マウル」を発見
!しかもちょうど入場料ただだし、迷わず突入。昔の韓国を紹介する文化村
みたいで非常に興味深いものを見学できた。怪我の功名。旅は文化に触れて
意味を増すもの。予定外の思い出一つ。

次は間違いなく南大門へ。市場をぶらついた後、先月の火災で話題になった
南大門を見に行くと、全面覆い隠されて修復中だった。中が見れるようにな
った部分から覗いてみると足場が編み目のように組まれていた。どうも放火
らしいが町のシンボルを焼かれた地元の人たちの傷心やいかに。
その後は姫の食材収拾開始。大量の収穫をホテルに置いて、夕食はこれで三
度目になるお気に入りのサンギョッサルの店へ。変わらぬ美味を楽しんで二
日目は終了。

「宗家」
 
石道を
踏みて集える
宗家かな
 


5月5日(月)晴れ

なし

歩き疲れて夕べは熟睡。昨日買ったパンで朝食を済ませ、いざ行動開始。イ
ベントの準備に慌ただしい街中を散歩。公園になった川沿いの道の賑わいを
眺めつつぶらぶらと仁寺洞へ。ウィンドウショッピングを楽しんだ。ワシは
韓国で買いたいものは特にない。姫の買い物に付き合うのみ。ただ様々な異
国の事物を観察しておきたいという欲求は常にある。いつか小説のネタに使
う可能性も無きにしもあらずということで。
昼食は宮廷料理。いわば今回の旅のメインディッシュ。味の後ろに歴史の裏
付けがある上品な味にしばし会話も忘れて浸ってしまった。

午後は市場をはしご。どこの国も市場には国の力が溢れている。海外旅行で
市場探訪は必須。

明洞で休憩した後、野外クラシックコンサートの会場へ移動。広い会場には
肌寒い風が吹きつつも、見上げればたそがれの空は澄み渡り、美しい音色は
そこへと吸い込まれるようだった。誰かが離した風船が風に揺られながらゆ
っくりと上っていく様子がそれを象徴していた。
最後の夕食はジャージャー麺で簡単に済ませ、また朝通った川沿いの道を散
歩した。ソウル広場では若いミュージシャンたちのコンサートで盛り上がっ
ていた。今日は街中が楽しげな雰囲気に満たされていた。

「ソウルの民」
 
オリニナル
ソウルの民は
熱きかな
 


5月6日(火)晴れ

なし

午前中の便にて無事帰国。今回も楽しかった。行く度にソウルの街が洗練さ
れていくような気がする。初めて行った十数年前に比べるとかなりの進歩だ
と思う。しかし彼らは伝統を捨てたりはしない。古き良きものを守ることも
忘れない。もしこのまま古さを愛しつつ新しきを目指す姿勢を保つのであれ
ば、この国はやがて理想的な発展をとげるのではないかと思った。日本は新
しきのみを追い求めたために大きなものを失った。隣人にはワシらの国の失
敗を教訓にして欲しいと思った。
 
「民族の力」
 
民族の
力に学ぶ
旅の空
 


5月7日(水)晴れ

テ・ジョヨンのサントラ

なんだか韓国であっという間に連休が終わったので長く休んだような気がし
ない。いつもどおりの水曜日って感じ。「新郷商会」さん、「三開発」さん
、「オアシスコーヒー」さん、「ブライダルミュージアム ビッビ」さんと
まわった。
 
「オアシスコーヒー」さんではついに「グァテマラ ナチュラル」の販売を
開始された。社長の長年の夢がついに実現した。オアシスでないと出せない
未知の味をみんなどう受け止めるのか?反響が楽しみ。
(社長は明日の「めんたいワイド」の生放送に出演して、「グァテマラ ナ
チュラル」の魅力について語ります。お時間ある方は見て下さい!)
 
「蛙」
 
初蝉と
耳をすませば
蛙なり
 


5月8日(木)晴れ

Peter Ilyich Tchaikovsky

もう昼間は暑い。しかし夕方の空気は冷たい。こういう寒暖差激しい時こそ
風邪をひく。我が家にも一人帰国早々ダウンしている人がいる。まったくし
ょーがねーなー。こういう時にとばかり、鼻声で「アイスクリーム買ってき
てぇ」とか言うし。知らんがな。(ワシも食べたかったから買いに行ったけ
ど。)
 
「ヘアーショップ ムーヴ」さんには朝一番に行くが、若手の女性3人は早く
から来て練習してる。こういうこつこつと技を磨いていくという世界は好き
だね。みんな10年後にはベテランになってるんやろうな。何事も10年続ける
と目が出るっていうし。みんながんばれ!
 
「あおば不動産」さんの甥っ子さんは吉本興業の芸人だそうな!帰ってから
吉本興業のホームページ見てみたらいたいた!でも話聞いてると凄まじい世
界だ。先日出た番組のギャラが500円だったそうな。それでもやめる気はな
いらしい。お笑いが大好きなんやね。ブレイクして欲しいなぁ。
 
午後は「アルファホーム」さん、「センチュリー21 小笠原」さん、「ブラ
イダルミュージアム ビッビ」さんとまわった。
「センチュリー21 小笠原」さんはチームマイナス6%に登録されてるそうな。
地球の温暖化を防ぐ運動のあれ。今まで全然興味なかったけど、今日ホーム
ページ見てからちょっと反省。ワシもなんか身近なところから省エネやって
いかんとな。ちなみにこれって個人でも登録できるらしい。M塚さんは登録
してるそうな。さすがやね。
 
「躑躅」
 
日は眩し
今や躑躅の
晴れ舞台
 


5月10日(土)雨

U2

5月10日とくれば毎年恒例の「雷山千如寺」さんの「御経会」の日。今日は
雨だったので御堂の中で護摩を焚いた。ワシは特別に許可を得て、近くまで
寄ってその様子を撮影するわけだが、護摩の煙が目にしみた。ゆらめく炎に
映し出される和尚さんの横顔には信じるものを持った人が見せるあのゆらぎ
のない真剣さがあった。和尚さんのまわりでは他のお寺から応援に来た人た
ちが力強い読経とともに経典をぱたぱたとめくっている。さらにそのまわり
には檀家さん、信者さんが手をあわせて一心に祈っている。なんと荘厳な、
真剣な空間だろうと思った。毎年のことながら感動させられる。
 
「住まいのイシダ」さんでF井さんの愚痴を聞いてあげた後は、太宰府の
「九州国立博物館」へ。「国宝大絵巻展」を見に行った。これはどうしても
見たかったが時間がなかなかとれなかったので今日は半ば強引に時間を作っ
た。絵巻の本物を間近で見るのは初めて。平安時代のものもあったが、1000
年以上の時を経ても細かいタッチと鮮やかな色合いが保たれているのには驚
いた。絵巻は文章も入っているのでいわば漫画を読み進むような感じで見て
いける楽しさがある。何かを伝えようと思いを込めて描かれたものが1000年
以上も後の人間にまで伝わっていることを描いた人たちはどう思うだろう?
 
「絵巻物」
 
つたえたき
おもひ抱きて
時を越え
今開かれし
絵巻物かな
 


…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

「 ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。 」

(オノ・ヨーコ)

有名な言葉ですね。これ結構好きです。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2008/5/15 第424号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。