飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2007/10/24

☆★---------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/10/25 第397号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★---------------------------------------------------------------☆★

今年のF1が終わりましたね。今までミハル・シューマッハ一筋に応援して
きたえしぇ蔵は、去年彼が引退してしまったので今年のF1に関しては本当
に冷めてました。もう見るのやめようかなと思ってました。特に応援したい
人もいないしと。
ところが!突出したシューマッハがいなくなったおかげでドライバー間の実
力の差が縮まって、フェルナンド・アロンソ、ルイス・ハミルトン、キミ・
ライコネン、フェリッペ・マッサなどがみんなチャンピオンを狙えるという
状況になっておりまして、今年の後半は非常に盛り上がりました。そして最
終戦はF1史上に残る名勝負となりました。いやぁこんな面白いF1は本当
に久しぶりでした。
というわけで来年も目が放せないなと。F1ファンはまだまだやめれません。

お知らせです。週末にちょっと留守をしますので次回のESEグルメールと
ホームページの更新はお休みします。どうぞご了承下さい。

…… 蔵書からのお知らせ ………………………………………………………

「今週のオススメ」

泉鏡花 「外科室」

まさにこれです。これこそ摩訶不思議な泉鏡花ワールドです。

平林たい子 「砂漠の花」

彼女の人生を知るにも力量を知るにも、最適の一冊です。

蔵書 http://blog.goo.ne.jp/zosho

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

◇「その他の異国」に「韓食酒房 クルクリ」を追加しました。

この絶妙に調節された本場韓国の味にはちょっとはまりますよ。

◇「和食」に「豆冨処 梅乃家」を追加しました。

あらゆる豆腐料理のおもてなしで五感を楽しませてくれます。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

10月17日(水)晴れ

Queen

毎週水曜日は飯塚から須恵町までショウケ越えをする必要がある。結構スケ
ジュールがタイトなのでリカちゃんをかっ飛ばして峠を攻める。そうすると
別に譲ってもらわなくてもいいのに、前を行く車の9割は道を譲ってくれる。
バックミラーに真っ赤なスポーツカーがぐんぐんせまってくるのはいい気持
ちはしないだろうな。やっぱヤンキーと思われてるのかもしれない。ゆっく
り走ってる時も譲ってくれる。おかげで無人の野を行くがごとくショウケ越
えはいつもスムーズ。でもこれがブイちゃんだと誰も譲ってくれないから面
白い。やっぱ車種で判断されてるわけやね。
 
ワシは以前から「アルファホーム」さんにお邪魔した時に社長や奥さんのお
客さんへの対応を密かに勉強させてもらっている。なぜかというと、毎月コ
ンスタントに契約がぽんぽん決まるから何かコツがあるに違いないと思った
から。不動産の契約なんてでかい買物なわけだからそうそう決まるもんじゃ
ない。一体どんなコツがあるのかと観察した結果、一つの要素をつかんだ。
お客さんと対応している時に、「お客さん」対「不動産屋」という図式にな
らずに、「困ってる人」対「相談に乗ってあげてる人」という図式になって
いるということに気付いた。まるで人生相談に乗るように話を聞いてあげて、
迷子の子どもを捜すように必死で物件を探してあげる。そして頻繁に電話し
て「今探してあげるからね」とか、「もうちょっと待ってね」とか、「ここ
にしといたら?こんないいのはもう出ないわよ」とか、まるで子どもをさと
すように話をする。いつのまにかお客さんを仲のいい友達にしてしまってい
る。どんなに忙しくても電話も接客も嫌な顔一つしない。ここまで誠心誠意
やってくれて不満に思うお客さんはいない。恐らくそこに絶対的な安心感を
覚えて、「アルファホーム」さんにみんな頼むのかもしれない。お客さんは
不動産だけでなく、他の相談ごとも持ち込むようで、それがまた別な商売に
つながったりもしているらしい。いい営業というのはまさにこういうことだ
と思った。いやぁ何気にすごい勉強をさせてもらった。見習うべし。
 
「商い」
 
ものを売る
まえに己の
誠売る
真の商い
かくあるべきか
 


10月18日(木)晴れ

Queen

午前中、蓄積した疲労をとるために「中国鍼灸院」さんに行った。呉先生は
相変わらず元気だった。朝早く行ったけどすでに女性の方が一人治療中で、
先生はその人にワシの日記のことを一生懸命説明していた。
 
呉先生:「この人の日記、とても面白いネ。時々この人の日記みて来る患者
さんがいるヨ」
隣の患者さん:「へーそうなんですか」
呉先生:「この人の書く文章は素晴らしいヨ。とても上手。あのね、誰のこ
とも悪く書かない。そして文章がきちんとまとまってる。そしてネ、心に深
く書くネ」
隣の患者さん:「へーそれはすごいですね!心に残るように書くのは難しい
ですよね」
呉先生:「ここで話したことネ、全部覚えてるヨ。全部書いてる」
隣の患者さん:「記憶力がすごいんですね」
呉先生:「ホームページ見たらいろいろあるヨ。おいしいお店のこともある
し、小説もあるヨ。それから詩とか俳句も書いてるネ。とてもすごいネ」
隣の患者さん:「なんていうホームページですか?」
ワシ:「福岡ESEグルメっていいます」
呉先生:「日記にはいろんな人が登場するヨ。登場人物はネ、三国志より多
いヨ」
ワシ:「三国志!(笑)」
呉先生:「きっと才能あるネ。この人の文章そのまま本になるヨ。この人の
お父さんとお母さんも時々来るネ。こないだ来た時にお母さんが言ってたヨ。
小さい頃から文章が上手だったて。感動する文章を書いてたって」
ワシ:「へー、そんなこと言ってましたか」
呉先生:「この人のお父さんとお母さんは対馬の人ヨ。お父さんはネ、郵便
局長さんだった」
隣の患者さん:「あー!こないだいらしてた方ですね」
呉先生:「そうそう。あのハンサムなお父さんネ」
ワシ:「その時いらしてたんですか?(笑)」
隣の患者さん:「はい。ちょうどいました(笑)」
呉先生:「対馬からはね、他にも来てるヨ。あのね、○○醤油のお父さんと
お母さんも来てるヨ」
隣の患者さん:「あー!こないだいらしてた方ですね」
ワシ:「その時もいらしてたんですか?(笑)」
隣の患者さん:「はい(笑)」

呉先生を中心に広がる人の輪も面白い。この後来たご年配の夫婦は重症の癌
が先生の治療でみるみる小さくなったそうな。呉先生のお手柄は枚挙に暇が
ない。こういう話も耳慣れてしまった。
今日のワシは背中に鍼をうってもらった。
 
呉先生:「今日は背中に鍼うつヨ」
ワシ:「はい」
呉先生:「漢方では症状が出る場所とは別の所に原因になる根があると考え
るネ。表面の草だけとってもまた生えてくるネ。根からとらないとだめネ。
人間の場合、その根は背中にある場合が多いヨ」
ワシ:「へー、そうなんですか」
隣の患者さん:「なるほどね」
呉先生:「根をとってしまえば、草は枯れるね。それと同じ」

毎回勉強になるなぁ。今日は帰りにバランスボールでちょっと遊んだ。先生
のようにバランスボールの上で座禅が組めるようになった!「先生!できた
できた!」と妙にはしゃいでしまった。

その後、「ヘアーショップ ムーヴ」さんで在庫管理システムの調整。最近
ワシはチョッパーに興味を持ち始めたので、ハーレー好きのボスにいろいろ
質問してみた。ハーレーを買っていろいろつけてるとすぐに300万円くらい
になるそうな。オーダーメイドのチョッパーだと600万円は軽くするらしい。
あぁワシなどにはとても無理だ。深入りしないうちにあきらめたほうがいい
かな。
 
その後は西区の元岡へ移動。今日は元岡教会という小さいお寺の解散式を取
材することになった。
元岡教会とは、女性の藤田住職が戦後の混乱の残る中で開かれて、60年とい
う長い間お一人で守ってこられた小さいお寺で、藤田住職が平成 年に惜し
まれつつも遷化された後は信者さんだけで支えて来たが、それも限界となり
今回解散して雷山千如寺に合祀されるということになった。
式を取り仕切るのは「雷山千如寺」の喜多村住職。そうなれば全てにそつの
ない和尚さんのことだから段取りはバッチリ。そしてワシはこの解散式を記
録に残すためのカメラマンをした。
信者さんたちが集まって小さいお堂で解散式は始まった。法要の御経をみん
な手をあわせて静かに聞いていた。一番後ろの端に座っておられたおばあち
ゃんは、在りし日の藤田住職の面影が浮かんだのか、小さい目を濡らしなが
ら祈っておられた。
式は無事終了し、参加者全員の記念撮影をしてお食事会へと移った。お食事
会では藤田住職の思い出を語りつつ、歓談の時を過ごした。会場になった古
い家屋の一室は地元の年配の方々の方言と笑い声に満たされた。思いを残し
つつ逝かれたであろう藤田住職もこの場におられて一緒に微笑まれているよ
うな気がした。
ワシはクリスチャンで、仏教とは全く違う世界の人間だが、何かとても大事
なものがここには確かにあると感じた。人の心をふるわせる崇高な何かが存
在して、この場にいる人たちの大きな支えとなっていることは間違いないと
思った。主はなぜかワシにこの場にいるように計画された。それはきっと何
か理由があるに違いない。浅はかな知識で探るよりもただ従容として従うの
みだと思った。
 
「涙の祈り」
 
元岡に
おもひ残して
逝く人に
届くや熱き
涙の祈り
 


10月19日(金)曇り

なし

今日の朝一番は、「いそのさわ」の会長宅へ。ワシは独立して間もない頃、
「高光産業」の社長とある縁で知り合って、お客さんをたくさん紹介しても
らった。社長の交友関係は華々しいもので、福岡の経済を支える大物がずら
り揃っていた。そんなすごい人たちをお客さんとして紹介してもらって、恐
縮しながら教えに行ったもんだった。「いそのさわ」の会長宅にはその頃よ
く指導にお邪魔していた。今日は6,7年ぶりのご用命だった。
 
ワシ:「会長、ご無沙汰しております」
会長:「うん。あなたはお元気でしたか?」
ワシ:「はい。なんとか元気に頑張っております。会長はいかがですか?」
会長:「ん?僕?僕はね、ちょっと病気して3年ばかし入院しとったですよ」
ワシ:「そうなんですか。もうおよろしいんですか?」
会長:「うん。なかなか難病でね。やっと治ってきて出て来たです」
ワシ:「そうですか」
会長:「それでね、入院しとる間にパソコンの囲碁のやり方をすっかり忘れ
てしもうたもんやから、また習おうと思ってね」
ワシ:「わかりました」

ここからパソコンの指導が始まった。会長はインターネット草創期から趣味
の囲碁をインターネットで楽しんでおられた。今回はヤフーの囲碁でネット
上で対戦する方法を指導した。
 
ワシ:「こんなふうにしてやります」
会長:「うん。だいたいわかりました」
ワシ:「じゃぁ、ちょっと誰かと対戦してみますか?」
会長:「うん」

ここで対戦開始。

ワシ:「・・・・・・」
会長:「・・・・・・」
ワシ:「・・・・・・どうですか?」
会長:「うん・・・この人は弱いですよ。今のはここに打たないかん」
ワシ:「ここですか」
会長:「うん」
ワシ:「なるほど・・・」 ←なんでそこなのかさっぱしわかってない

かつて会長にはいろんなお話をして頂いた。浮羽の小さい酒蔵をここまでの
有名酒造会社に育てあげたのは会長の手腕。常識を破る画期的なアイディア
をどんどん実行されて会社を急成長させた。その時の苦労話は当時、暗中模
索状態だったワシには大きな励ましになった。人は出会いで育てられるもん
だ。
 
夕べ、夜中に腹痛がひどくあまり寝てないので体力的につらかった。でも
「システムハウス」さんが終わって昼食を食べると少し落ち着いた。「小笠
原」さんに行って、「質みよし」さんでいつものように大量に着物を撮影し
たが、なんとかこなすことができた。その後は一旦帰宅して夕食をとった後、
「ドリームマーケティング」さんへ。ワキタさんとなんだかんだおしゃべり
しながらもろもろ宿題を片付けた。
9時50分帰宅。あぁ長い一日だった。
 
「大業」
 
大業を
成し遂げし人
静かにぞ
暮らせる日々の
美しきかな
 


10月20日(土)晴れ

Emerson,Lake & Palmer

今日の午後は八女方面巡回。「江田建設」さんでは江田専務と三宅さんご夫
妻と打ち合わせ。「オアシスコーヒー」さんのオアシスバッグのセットをお
土産に持って行ったら、三宅さんの奥様にすごい喜ばれた。これって安くて
おいしくて体に優しいから贈り物には最適やな。
 
江田専務の新しいハイブリッドカーを見せてもらった。なんとリッター22キ
ロを越えるそうな。超経済的。やっぱこれからはハイブリッドの時代やなぁ。
 
「星香園」さんではブログの話。
 
ワシ:「牛島さん、ブログ書いて下さいよ」
牛島さん:「出ました!ブログですか。何を書けばいいですか?」
ワシ:「なんでもいいですよ。星野弁講座とか」
牛島さん:「『ウッシーの星野弁講座』みたいな?(笑)」
ワシ:「そうそう!『ウッシーの星野弁講座 第1回 すぼ』みたいな」
牛島さん:「すぼ!!(爆笑)いきなりすぼですか!」
ワシ:「『すぼとは、ほこりのことを意味します。使用例 ここすぼんしとぉ
〜』みたいなね」
牛島さん:「わはははは!いきなりディープですねぇ」
ワシ:「他のネタでもいいですよ。赤裸々なネタだとアクセス増えますけど
ね」
牛島さん:「例えば?」
ワシ:「○○○○とか」
牛島さん:「わはははは!書けん!書けん!」
 
ここから先はいつものように日記に書けないネタで盛り上がる二人。
今日は面白いお土産を頂いた。「星香園」さんのお茶のくずを飼料に混ぜて
鶏に与えている養鶏業者さんがいるそうで、そこの玉子がえらいおいしいと
いうことで1パック頂いて帰った。玉子かけごはんが楽しみ〜。
 
夜は「和白教会」の特別伝道集会へ。全盲の田中先生のピアノ弾きながらの
説教にはちょっと感動したし、改心させられた。なんか大きなものを得たよ
うな気がする。
それにしても姫がしれーっと証とかしてるし!聞いてなかったからビックリ
した。

「郷愁」
 
郷愁を
さそふ焚火の
にほひして
腰を患う
母おもふかな
 




…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

「束縛があるからこそ
 私は飛べるのだ
 悲しみがあるからこそ
 高く舞い上がれるのだ
 逆境があるからこそ
 私は走れるのだ
 涙があるからこそ
 私は前に進めるのだ」

(マハトマ・ガンジー )

ガンジーの遺言の詩です。鳥肌が立つぐらいのすさまじさです。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★---------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/10/25 第397号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★---------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。