飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2007/10/03

☆★---------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/10/4 第394号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★---------------------------------------------------------------☆★

女流文学者会が70年の歴史を閉じて活動を終了したそうです。なんとも感慨
深いものがあります。かつて吉屋信子、宇野千代、林芙美子らの手によって
発足したこの会は、女流作家同士でお互いの作品の評価をしたり、励ましあ
ったり、あるいは男性に比べて低い評価を受けていたその地位を向上させる
ことを目的として、1936年に幕を開けました。それ以来、錚々たる人たちが
会員として名を連ねました。芝木好子、佐多稲子、平岩弓枝、平林たい子、
河野多恵子、円地文子・・・彼女らは文学の世界において女性のために道を
切り開きました。
そして今、女性の作家が珍しくなくなり、高く評価もされるようになったと
ころでこの会が活動を終了ということで、本当に心から「お疲れ様でした。」
とその70年に拍手を贈りたい思いでいっぱいです。
この会のおかげで今に生きる我々は多くの女流作家の名作に触れることがで
きます。感謝せずにはいられません。

お知らせですが、掲示板スパムの攻撃が頻繁になってきましたので、残念
ですが閉鎖しました。ご意見、ご感想などはメールにてお寄せいただくと
助かります。よろしくお願い致します。

…… 蔵書からのお知らせ ………………………………………………………

「今週のオススメ」

滝井孝作 「松島秋色」

とにかく素晴らしいの一言。極めて優れた芸術的旅行記です。

尾崎一雄 「なめくじ横丁」

日本文学史を飾る作家たちが続々登場!あこがれますねぇ。

蔵書 http://blog.goo.ne.jp/zosho

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

◇「異国」に「エル・プチェロ」を追加しました。

無意識にパエリア鍋の底のおこげまでこそげ落としたくなります。

◇「ラーメン」に「豚黒ラーメン」を追加しました。

あっさり系の人もこってり系の人もおいしく食べれるお店です。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

9月22日(土)晴れ

なし

「太田鈑金」さんの後に「緒方石油店」さんに寄ったけど、さおり専務から
看板娘の座を奪ったS子ちゃんはいなかった。残念。おばあちゃんの話によ
るとS子ちゃんは手伝いに来るのがすごい楽しみらしい。来た日は一日中手
伝うそうな。背が低いから窓が拭けないのでライトを拭きなさいと言ったら
お客さんが来るたびにタオル持って走って行ってライトを拭くそうな。なん
てかわいい!!!
 
「オアシス珈琲」さん〜「粕屋のお客さん」とまわって、ヨドバシで買物し
てから「ドリームマーケティング」さんへ。
 
ワシ:「ワキタさんて落ち込むことありますか?」
ワキタさん:「んーほとんどないですね」
ワシ:「やっぱり。落ち込んだらどれくらいで立ち直ります?」
ワキタさん:「30分ですね」
ワシ:「30分すか!?すごいすね」
ワキタさん:「切り替えるのにコツがあるんですよ。テンションが高い時に
何か動きをきめておくんです」
ワシ:「動き?」
ワキタさん:「そうです。イチローがバッターボックスで袖を上げるでしょ
?あれでモチベーションを上げてるんですよ。調子のいい時にやる動作を落
ち込んだ時にもやるんです。それが刺激になって気持ちが切り替わるんです」
ワシ:「へー!いい勉強させてもらいました!ありがとうございます!」
 
よし!ワシもなんか動きを決めよう。ってか落ち込むことがあんのかよ?っ
て姫につっ込まれそうや。ワキタさんみたいに30分とはいかんけど、ワシの
場合は風邪と同じ。寝りゃなおる。
 
夕食での姫との会話。
 
ワシ:「今日は忙しかった〜!めっちゃきつかった!」
姫:「ワキタさんて忙しいとか言う?」
ワシ:「う・・・言わん」
姫:「そやろ?きついとか言う?」
ワシ:「う・・・言わん」
姫:「そやろ?できる人ほど言わんとよ」
ワシ:「う・・・今日は全然楽勝やった」
姫:「そういう意味じゃないと!」

「蝉」
 
むし暑さ
季節はずれの
蝉の鳴く
 


9月23日(日)晴れ

Martha Argerich

ゴミの分別収集で始まる一日。その後はM島さん宅へ。6月くらいから足掛
け4ヶ月かかった動くアルバムの制作がようやく完成した。めちゃめちゃす
ごいものが出来上がった。なんか映画を一本作ったような感じ。こりゃぁ
プレゼントされるほうは涙流して感想するやろうな。んーやっぱりこのソ
フト(ライフ)はすごい。
 
「和白バプティスト教会」からの帰り、リカちゃんに乗ったら全然動いて
くれない。そして例に寄って「太田鈑金」さんへSOS。太田さんは休みなの
に「すぐ行きます!」と言ってくれる。あぁなんか申し訳ない・・・いつ
もありがとうございます!
 
姫のブイちゃんで「住まいのイシダ」さんへ。パソコンの入れ替え作業。
終わってからは「ブライダルミュージアム ビッビ」さんで高橋支配人の
「壊れた!データが消えたかも!まずいっすよ!まずいっすよ!」という
窮状を救うために訪問。幸いすぐに復旧できてデータも無事だった。「さ
ぁすが!やっぱ違うもん!」と高橋支配人マジでホッとした表情だった。
 
あ〜デスクワークの山だ。がんばらにゃ。小説書きたいけどなかなかそっ
ちまで手がまわらない。でもそれは言い訳というのは自分でもわかってい
る。あの偉大なる小林多喜二は党の仕事が忙しくて小説を書く暇がないの
で電車の中で書いたそうな。時間は誰にでも同じだけあるのだ。使い方次
第なのだ。
 
「時」
 
はやる心
もてあます我
置き去りに
時は流るる
ただゆるやかに
 


9月24日(月)曇り

なし

午前中にデスクワークを済ませて、午後から小説の校正。一応、納得のい
く状態で完成した。後は印刷して郵送するだけ。1月8日から書き始めて約
8ヶ月半かかった。それで250枚は遅すぎ。松本清張や北方謙三を見習わな
いけん。
 
インターネットカフェは行ったことあるけど、マンガ喫茶はないのでどん
なものかなといつも興味があったのだが、ついにうちの近くにできたので
姫と散歩がてら行ってみた。快適な個室でマンガ読み放題というのもいい
もんだ。あっという間に時間がたつ。きりがないので1時間半くらいで帰っ
たけど、一人だったら1日くらい居続けたかも。
 
夜は久しぶりにワインを飲んだ。結構たっぷり。なんか二人してハイテン
ションになった。
 
「マンガ喫茶」
 
これもよし
マンガ喫茶に
浸る時
 


9月26日(水)晴れ

Yes

「新郷商会」さんが終わった後、「太田鈑金」さんにバッテリー交換をお
願いしてたリカちゃんを引き取るためにブイちゃんに姫を乗せて飯塚へ。
時間がないので車内でバタバタとランチ。それでもこういうのが好きな姫
は楽しそう。韓国風海苔巻きはうまかった。
 
「三開発」さん〜「オアシス珈琲」さん〜「アルファホーム」さんとまわ
って帰宅。
夕食後に「韓一館」さんのホームページのメンテナンスをしてたらどこを
どう間違ったか文字化けしてしまって、修正するのに時間かかってしまっ
た。時計を見たらもうすぐ12時。しかし毎日死ぬほど忙しい。もうそろそ
ろ限界か?
 
「満月」
 
今宵こそ
白雲照らす
満月の
ひかり詠まずして
いかに過ごさん
 


9月27日(木)晴れ

Emerson, Lake & Palmer

今日は「ワキタ総合印刷」さん、「ヘアーショップ ムーヴ」さんとまわっ
た後、午後から久留米へ。「尾道屋」さんに行く前に「森光商店」に寄っ
て粉類を買い込んだ。姫のお使い。今日も森光さんのアドバイスをもらっ
た。これがいいです、それ下さい、これもいいです、それも下さい・・・
言うがまま買い込む。しかし何を聞いてもスラスラと答えるところにプロ
意識を感じるなぁ。大変素晴らしいと思うのであります。森光さんはこれ
読んでるらしい。また行きますね〜。
 
「尾道屋」さんで宿題をこなして、次に「星香園」さんに行こうと思って
カーナビで最短経路を調べたら、何やら知らないルートが出て来た。きっ
とワシの知らない近道なのだろうとそれに従って走ると・・・どんどん知
らない道に入って行き、途中から山を登り始めた。げ〜山越えるとかいな
?でも近道なんやろうなと思い、くねくねとひたすら登って行くが、行け
ども行けども山の中。気付いたらめっちゃ高い山のてっぺんにいた。こり
ゃとんでもない山越えさせられたと気付いた時はもう遅い。戻ったら余計
時間がかかりそうだから強行突破!まぁナビのとおりに行けばいつかは・
・・と思っていたら!なんとリカちゃんが入らない狭さの道になり、呆然
・・・。もうカーナビを信用するのはやめにして現地の人に上陽までの道
を聞いて、なんとか切り抜けた。たかが久留米から星野村に行くのに1時
間半もかかってしまった。どこが最短距離じゃ!もうカーナビへの信頼度
はかなり落ちた。
 
へとへとになって「星香園」さんに到着して、事の次第を牛島さんに報告
したら「うわー!あの道は俺でもめったに通らんのに・・・」と言われた。
もうなんかぐったり。そんな姿のワシを見て牛島さんはえらいウケてた。
 
「星香園」さんを後にしたのが午後6時半。それでもまだ帰れない。今度は
「韓一館」さんへ。社長と打ち合わせ。そしてようやく帰宅。午後9時。そ
れからデスクワーク。でも!きつくない!疲れてない!←空意地
 
「カーナビ」
 
だまされて
無人の山に
ワシひとり
 


9月29日(土)曇り

なし


 
これはぎゃーとるずに登場するこん棒ではありません。「太田鈑金」さん
に飾ってあるかぼちゃです。すごくないですか?ちなみに食べれません。
 
(写真はホームページでどうぞ)
 
今日はついに「緒方石油店」さんの新看板娘のS子ちゃんの働く姿を撮影し
てきた。まだ寝起きで眠そうな顔でリカちゃんのライトを拭いてくれた。
超かわいかった。まさに「緒方石油店」さんの次代の星だ。
 

 
午後の「日栄」さんが終わってから「ワキタ総合印刷」のワキタさんと榎
本さんと3人で新しいお客さんの「宗像整体スクール」さんを訪問。ワキタ
さんのおかげでまたまた嬉しい出会いがあった。須山先生という人は極め
て強い信念の持ち主で、医療に対する一般の価値観を改めさせることを主
眼とし、最終目標は日本を治したいというのだから大したたまげた。実に
スケールの大きい人だった。これからたくさん学ばせてもらうことになり
そうな予感。ワキタさんありがとうございました。
ちなみにワシと榎本さんは整体をちょっと体験した。治療中、全然痛くな
かったので整体への認識がだいぶ変わったかも。
 
夕方、「ブライダルミュージアム ビッビ」さんに打ち合わせに行った。
貸衣装に関する打ち合わせは担当が女性のKさんにかわった。ドレスの写
真を誰かに着せて撮るという話になり、身長が高いKさん自身が着てはど
うかと提案したらチーフも乗り気だった。きっといい写真が撮れると思う。
 
「自然治癒力」
 
持つべきは
己を癒す
力なり
 


9月30日(日)晴れ

なし

ご存知でしたか?今日で9月終わりです。冗談じゃない。こないだまで暑
かったのに。
 
なかなか苦戦するM島さん宅でのDVD作成。問題一つクリアすれば次の問
題。でもこういうのを乗り切って完成した時には得るものが多い。M島さ
ん頑張りましょう!
 
午後からデスクワーク。夕方から姫と走りに行こうと玄関で靴の紐を結び
終えてさぁ出発!という時に・・・姫が「タオルは?」しまった!タオル
忘れた。また靴を脱ぐのが面倒なので姫のほうを見ると、「もう靴履いた
もん!」と目から取りに行きたくない光線を発射された。しょうがないか
らせっかく結んだ靴紐をほどいてタオルを取りに行くワシの背中に姫は言
った。「2枚ね!」なんという巧みな罠!そしてワシがとってきてあげた
タオルを見て、「それいや!」こにくらしきは我妻か。
そして今日もマラソンは姫に置いて行かれた。もう全然ダメ。とてもじゃ
ないが一緒に走れるペースじゃない。
 
今夜から新たなる韓国ドラマを見始めた!その名も「テジョヨン」。100
話ぐらいあるらしい。マジすか。長いつきあいになりそうや。
 
「後姿」
 
先行けと
うながす我に
ためらへど
離れゆく君
足どりや軽し
 


10月1日(月)晴れ

Yes

「コスモ不動産」さんの事務のTさんが退職した。Tさんはかつてワシに
横光利一を教えてくれた恩人。おかげでワシの文学観が大いに変わった。
誠に感謝の言葉もない。Tさん、ありがとうございました。
 
午後から「韓一館」さんだったのでランチを「韓一館」さんで食べた。さ
すが社長が絶対の自信を置くだけあってめちゃめちゃうまい。そのことを
社長に言ったら、「韓国に行ってもうちくらいおいしい店は少ないよ」と
言ってた。帰りにお土産にキムチを頂いたけど、夜姫と食べたらこれまた
めっちゃうまいのでビックリ。姫が「味の奥行きが全然違う」と感心して
た。すごいな。さすが清家社長。
 
「粕屋のお客さん」での会話。
 
社長:「しんぐさん、小説できたって?」
ワシ:「はい。なんとかできました。250枚」
社長:「どこの文学賞に応募すると?」
ワシ:「○○賞です。玉砕してきます」
社長:「おー、○○賞ね。受賞記念パーティーはどこですると?」
ワシ:「受賞しませんよ(笑)」
社長:「じゃぁ応募記念パーティーをせなね」
ワシ:「応募でですか(笑)。それじゃ誰でもするやないですか」
社長:「ちょっと、原稿を一枚記念に貰っとこうかな。後で値打ちが出る
かもしれんけん」
ワシ:「出ません出ません(笑)」
M田さん:「しんぐさん、なすとにがうりありますから帰りに持って帰っ
て下さい」
ワシ:「ありがとうございます!」
社長:「お、M田さん、今日日記に載るばい。粕屋のお客さんでなすとに
がうりを貰ったて」
 
なんかあちこちで期待されとるな。まずいな。まぁいいか、見事玉砕して
みせよう。それも一つの生き様だ。
 
「雷山千如寺」さんで書類の作成。ここでも小説の話題が出た。ここが舞
台だから和尚さんには先に読んでもらわんといけん。奥さんに登場してま
すよと言ったら、「えー!きれいに書いて下さい(笑)」と言ってた。き
れいに書いてますがなちゃんと。
 
「筆」
 
才なくとも
筆を止めれぬ
さだめかな
 


…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

年齢というものには元来意味はない。
若い生活をしている者は若いし、
老いた生活をしているものは老いている。
  
(井上靖)  

若いのに老人みたいな人もいるし、年配でも若々しい人もいますもんね。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★---------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/10/4 第394号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★---------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。