飲食店ガイド

ESEグルメール

福岡の本当においしいお店だけを本音で紹介するサイト「福岡えせグルメ」から新規紹介店の情報等を毎週お届けします。

全て表示する >

ESEグルメール

2007/03/28

☆★---------------------------------------------------------------☆★

                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/3/29 第368号
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i

☆★---------------------------------------------------------------☆★

えしぇ蔵は仕事であちこち飛び回りますが、移動するコースによってランチ
するお店が限られてきます。最近ではどういうお店でランチを食べているか
整理してみましたので参考にされる方はどうぞ。

春日周辺
「手打ちそば 若菜」「うどんそば 一喜」「コロッケの店 ひさや」
「福助うどん」

大野城周辺
「そば処 山月」「イタリア料理 イル・ソーレ」

那珂川周辺
「POUSSE(プス)」「拉麺空海 」「中華そば ひさご 」「NANA CAFE」

飯塚周辺
「王香(ワンシャン)」「うめーや 」「麺屋 千寿」「牛牛うどん」
「ピッツァリト」「ラーメンと餃子の店 竜園」「らーめん翔山」

久山・篠栗周辺
「蒟蒻ぎゃらりー・ささぐり」「とんかつ亭 ひさやま」「地蔵とうふ」
「家庭料理&カフェ みゅう 」「ラーメン匠 」

新宮・和白周辺
「コットン」「博多屋 鷹羽」

雑餉隈周辺
「天ぷら 仲よし」「家庭料理 ごはん屋」

大手門・荒戸周辺
「とまと庵」「荒戸うどん」「ラ・ブリオッシュ デラ フランチェスカ」
「パスタとピザの店 らるきぃ 」

名島・千早周辺
「米一のカレー 」「博多 濃麻呂」

大橋周辺
「広島風お好み焼き ねこじた 」「讃岐うどん ○香(まるこう)」
「ポモドーロ」

赤坂・大名周辺
「大名ちんちん 」「鈴木商店 」「ニューヨークヘルスキッチン」

志免周辺
「和仏料理Mishima 」

・・・こんな感じでしょうか。

…… 蔵書からのお知らせ ………………………………………………………

「今週のオススメ」

壇一雄 「火宅の人」

最後の無頼派壇一雄の作品ですが、こういう生き方ってどうなんでしょう?

野上弥生子 「大石良雄」

他の忠臣蔵ものと違って、一人の人間としての大石内蔵助を描いた作品です。

蔵書 http://blog.goo.ne.jp/zosho

…… 新規紹介店 …………………………………………………………………

◇「和菓子」に「茶房 きくち」を追加しました。

太宰府名物の梅ケ枝餅はどの店も同じ味ではないのですよ。

◇「そば・うどん」に「葉隠うどん」を追加しました。

博多のうどんの王道を極めますか。よろしいんじゃないでしょうか。

…… えせ蔵日記 …………………………………………………………………

3月18日(日)晴れ

Nirvana

M島さんが終わった後、「質みよし」さんで着物撮影に使う照明の電球を買
いにヨドバシカメラへ。ワシが撮影した着物の写真がヤフオクのセミナーで
「プロが見てもきれい」と誉められたらしい。そう聞くと更に張り切ってし
まうな。思い返せばいろいろ試行錯誤したもんな。電球の種類変えてみたり
ホワイトバランス変えてみたり照明のあてかた変えてみたり・・・でもまだ
まだ納得いくものではない。今スタジオを作ってるそうなのでそこで撮れば
もっといいものができるかも。
 
ヨドバシカメラに来たら寄らずにおれないあおい書店。ここはぼちぼち品揃
えがいいから好きだ。岩波文庫と新潮文庫が充実してる。今日も1冊買って
しまった。次に読む本を選ぶ時っていうのは他に対した趣味はないワシにと
って一番楽しい時間かも。
 
午後から「マツノデザイン店舗建築」さんへ。セガールしゃちょーの娘さん
のパソコンが無線LANにつながらないということで修理した。ものの3分くら
いで終わった。
 
ワシ:「終わりました」
セガールしゃちょー:「は?もうなおったと?」
ワシ:「はい」
セガールしゃちょー:「なんでー?なんでそんなに早いと?フワ〜イ?」
ワシ:「こうこうなってたので、こうこうしてなおりました」
セガールしゃちょー:「オーウ、スゴイネー、ジシザペーン、アイアムキッ
チン」
ワシ:「なんすかアイアムキッチンて?(笑)」
セガールしゃちょー:「ワーケワカリマセーン、コーヒーノミマショー、
コーヒー」
ワシ:「絶好調ですね」
セガールしゃちょー:「オーウ!コーヒーナイネー、コマッタネー」
ワシ:「全部日本語やないですか」
 
セガールしゃちょーは今日も絶好調。
 
今日は久しぶりに津屋崎コースを走ろうと姫と出かけた。10キロちょっと。
ぼちぼちいい運動になった。
本日も姫劇場は面白かった。走っててほこりを吸い込んで喘息みたいになっ
て死にかけたかと思えば、帰りはえらい元気になって「こっちにいってみよ
ーよ」と知らん道を走ったり、とんでもない車の止め方をしたり、物おとし
たり、こぼしたり、冷蔵庫の扉で頭打ったり、自分の失敗が自分でおかしく
て涙流して笑ったり・・・忙しい人だ。姫劇場は我が家でほぼ毎日公演中。
遊びに来れば無料で見れます。
 
「舞台」
 
いながらに
無心にふるまふ
君を見て
楽しからずや
我が家の舞台
 


3月20日(火)晴れ

なし

けふはちょつと趣向をかへてみて、明治の文学小説のやうに書いてみやうか
とおもふ。なぜさういふことをするのかと問はれてもなんとも答えやうがな
いが、所詮私のしていることの半分は意味のないことで、ましてやこの日記
そのものがそれほど意味のあるものではないので、かふいう酔狂をしたとこ
ろで誰もなにもいはないだろう。
 
「ウイルホーム」さんに到着するといつものやうに精気に満ち溢れている社
長に迎へられ、これもいつものやうに課題を山のように出された。それを黙
々とこなしていると病み上がりの奥さんが出勤してきた。さすがにけふはい
つもより静かな様子だつたが、その後に出勤してきたIさんとの会話が始ま
る頃にはいつもの奥さんに戻つていた。
「うちの片付けがはかどらないわ」
Iさんが仕事の手を動かしながら一人つぶやいた。
「どうも主人が家にいるとはかどらないのよね」
「旦那さんがいるとはかどらないんですか?」
奥さんが尋ねると、
「そうなの。やつぱり一人の時のほうがはかどるわ」
Iさんはさういふと渋い表情になり、
「やっぱり転職させるんぢやなかつたわ」
と言つた。怪訝に思つた奥さんが尋ねた。
「どうしてですか?」
「だつて、土日が休みなんだもん。私と休みが同じだから一人になれないわ」
「ははは。Iさん、気をつけないとさういふことみんな先生の日記に書かれ
ますことよ」
「いやあね」
「旦那さんに先生の日記を知られてはまずいわね」
屈託のない二人の笑ひを横に、私は黙々と作業を続けた。
 
ここまで書いてみて、いつものやうにすらすらと書けない自分に気付いた。
この書き方は普段の数倍気をつかふ。疲れたのでまた次回試みやうとおもふ。
 
「文学」
 
われひとり
日々文学に
親しみて
いづこにありしか
語らふ仲間
 


3月21日(水)晴れ

Pink Floyd

お弁当持って姫と駕与丁公園へ。風はまだ冷たいがいい天気で気持ちよかっ
た。そして今日の弁当のすごさ!韓国の宮廷料理の弁当みたいな感じ。うま
かったぁ〜。その後ちょっと腹ごなししてから公園のまわりを走るつもりだ
ったが、食後1時間もたたないうちに姫が「はしろー!」と言い出して、ま
だワシは満腹感が残ってるのに走り始めた。さすがにくるしぃ・・・姫はど
んどん先に行って、ワシは置いていかれてしまった。しかしここ最近でどん
どん速くなってる姫。もう一緒には走れんなぁ。追いつかんばい。苦しみも
がきながらなんとか3周走った。約12キロ。
 
夜はとあるグルメイベントにワシと姫とハニーさんと姐さんの4人で参加した。
完全会員制の秘密のイベント。選び抜かれた名店が集まって腕を競うわけだが、
そこに我らが「ル・シュクル」さんが出場!このイベントに選ばれるのはほん
とにすごいことだから、多くの人が推薦してくれたということが我がことのよ
うに嬉しい。会場はすごい人数でごった返してて、いろんな食べものをゲット
しにくかったが、4人で手分けしてなんとかかき集めて食べた。でもやっぱり
「ル・シュクル」さんのモンブランが群を抜いてうまかった。さすが林田さん。
やっぱりあなたはすごい人だ。
 
「職人」
 
客に媚びず
世に流されず
手を抜かず
寡黙な職人
味で競えり
 

(「ル・シュクル」の林田さんご夫妻に捧げます。)

3月22日(木)晴れ

Queen

「ワキタ総合印刷」さんにはワシが作業する机がないのでいつも社長の机を
使わせてもらう。さすがに座り心地がいい。右にワキタさん、左にオチさん
を従えて全体を見渡せる位置にある。お客さんが来ると必ずワシの方見て挨
拶する。おー、社長と思っているのか?なはは。でも社長が来るとこそこそ
〜っとパソコン抱えて移動する姿は情けない。
 
「ブライダルミュージアム ビッビ」さんにいたら「ランドリー・キッチン」
のY部長が奥さんと一緒に写真選びに来られた。フフフ。仲睦まじいところ
を見てしまった。フフフ。
 
「ヘアーショップ ムーヴ」さんは今日はなんだかみんな大忙し。システム
もほぼ完成してきて4月からの本格稼動に間に合うかな。新しいシステムと
いうのはどんなに便利なものでも最初はとっつきにくいもの。まずは慣れて
もらわんといけん。
 
久しぶりに「運輸総合整備」さんへ。新しい社員の人にパソコンの指導。
終わってからすぐに二丈町へ移動。「眞光院」さんでもパソコンの指導。だ
いぶ日が長くなってきたから二丈町のたそがれが楽しめる。帰りに車を止め
てぼーっと海を眺めてしまったりする。おぉ母なる海よ。
 
夜、自宅になす3号さんが来た。南関あげというものを持って来てくれた。
ありがとうございます!なるほどこれを使うから南関いなりというのか。
どうやって食べようかな。これで酒のつまみでも作るか。
 
城山三郎先生御逝去。日本はまた一人偉大な作家を失った。このままいくと
日本に作家がいなくなってしまう。
 
「城山三郎」
 
まっすぐに
生き抜いたるかな
城山氏
自ら描きし
人のごとくに
 

(城山三郎先生に捧げます。)

3月23日(金)晴れ

なし

春日差す中、南へ東へか。「システムハウス」さんと「小笠原」さんと
「質みよし」さん。もう車の窓は全開で走る。それくらい暖かかった。桜
はまだかいな。
「質みよし」さんで今日もせっせと撮影したのは着物と小物類。えらいき
れいな振袖があった。着物は美しい。ほんとに世界に誇れる民族衣装だな。
芸術を着て歩くのと同じだ。
 
明日は姫が夜いないので自炊しないといけない。帰りに買い物した。メニ
ュー考えながら買い物するのおもしろいな。ついでにワインも買ってしま
った。ムートンカデ。明日一人でゆっくり飲もう。ワシを止める者は誰も
いないのだ!ぬわっはっは。
 
「振袖」
 
振袖や
人の心も
染めにけり
 


「太田鈑金」さんでタイヤ替えてもらった。このタイヤってグリップもよ
くて安くて長持ちで申し分ない。太田さんが言うには音がうるさいらしい
が、スポーツカーだから静かに走るつもりもないので問題なし。逆にタイ
ヤ音が心地よかったりする。今日は雨だけどなんか妙に走りに安心感があ
った。
 
「オアシス珈琲」さんのジャスコ穂波店が新装オープンして1週間。売上は
順調らしい。社長が店頭でお客さんに説明を始めると人だかりができてよ
く売れるらしい。奥さん曰く、「ジャパネットたかたのたかた社長状態」
だそうな。店頭での呼び込みって大事よね。売上全然違ってくるし。また
説明しがいのある商品だもんな。
 
「江田建設」さんでホームページ修正の打ち合わせ。専務がえらいブログ
頑張ってる。三宅さんには姫が診てもらってる名医を紹介してもらったの
でほんとに感謝の言葉もない。出会いが出会いを生むといろんな可能性が
開けてくるから楽しいもんだ。
 
土砂降りの中、星野村の「星香園」さんへ。
 
ワシ:「牛島さん、お茶ってやっぱ手摘みのほうが断然うまいんですか?」
牛島さん:「そうすねぇ。お茶の木ってですね、柔らかい新芽を摘まれる
のが一番いやなことなんですよ」
ワシ:「ストレスになるんですか?」
牛島さん:「そうです。手積みなら葉をきれいにとれますから1回ですむと
ですけど、機械でやると木が平らになるでしょ?葉が中途半端に切れたり
するけん、何回かに分けてするとですよ」
ワシ:「何回もされたらそれだけ余計ストレスになるわけですね?」
牛島さん:「そうです。木が元気なくなるとですよ」
ワシ:「うわぁ〜またとるとぉ〜みたいな?(笑)」
牛島さん:「もう勘弁しちゃって〜みたいな(笑)」
ワシ:「へぇ〜そうなんだ。ストレスにね。ふ〜ん」
牛島さん:「でも手でとるとは大変ですよ。昔はうちも50人くらい手伝い
に来てもらいよったですけど、熟練した人でも1日15キロくらいしかとれん
です。それだけとっても最終的にお茶になると1割くらいの重さにしかなら
んですもんね」
ワシ:「え?じゃ10キロとったらお茶になる時は1キロになってるんですか
?」
牛島さん:「水分がなくなるけんですね」
ワシ:「へー」
牛島さん:「品評会とかに出すようなお茶は上から3番目までの葉だけを使
って作るとです。”三つ葉摘み”ていうとですけどね」
ワシ:「3枚だけ?」
牛島さん:「そうです。だけん、とってもとっても増えんとです。1本から
3枚だけやけんですね」
ワシ:「残った葉はどうするんですか?」
牛島さん:「とりますよ。上3枚とったらその下はすぐ硬くなり始めるけん、
できれば次の日くらいには残ったのもとらんといけんですもんね。もうえ
らい重労働ですよ」
ワシ:「要するに手間がかかってるものはやっぱおいしいちゅうことです
ね」
 
勉強になった。これからお茶の木を見る時の見方がかわるばい。
 
今夜は姫がいないので自炊。牛肉のえしぇ蔵流ワインソース、ハッシュド
ポテト、パプリカときゅうりのマリネを作って、姫が作った小さい玉ねぎ
のなんとかとパン、そしてムートンカデでテレビ見ながら一人酒宴。飲み
ながら思った。ワシは酒飲みではないなと。誰か話し相手がいないと酒が
進まない。壇一雄は一人でワインを2,3本あける酒豪だったが、ワシは一人
では1本も飲めない。たいがいで切り上げた。
 
姫が帰って来て、ワシになんと包丁をプレゼントしてくれた!うっきー!
うれしー!八女の鍛冶屋さんだそうでえらい評判のいい包丁らしい。しか
も「えしぇ蔵」の刻印入り。感動!早速明日から使うばい。
 
「春の雨」
 
破れ屋の
軒のしずくや
春の雨
 


…… 誰かの名言 …………………………………………………………………

「人は幸運の時は偉大に見えるかもしれないが、
  真に向上するのは不運の時である。」

(シラー ) 

苦労するほどよくなるのです。

--------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、
『まぐまぐ(http://www.mag2.com)
『melma!(http://www.melma.com)
を利用して発行しています。
--------------------------------------------------------------------

☆★---------------------------------------------------------------☆★
                     φ(・_・;) ESE グルメール
                          2007/3/29 第368号
                         発行責任者:神宮吉昌
                    http://www.s-harvest.com/ese/
                    http://www.s-harvest.com/ese/i
                     福岡県粕屋郡新宮町夜臼1-4-24
☆★---------------------------------------------------------------☆★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-12-13  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。