国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2817 1分で読む日本の思想(19) 荻生徂徠 ― 学問は歴史に極まり候

2019/10/11

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

1分で読む日本の思想(19) 荻生徂徠 ― 学問は歴史に極まり候

■■ 転送歓迎 ■■ No.2917 ■■ R01.10.11 ■■ 7,741部■■

 父方庵は徳川綱吉に仕える侍医であったが、延宝七年(一六七九)藩主綱吉の機嫌をそこない上総国(千葉県)に流罪となり、徂徠も十四歳でそれに従った。そこは、人里から離れた僻地で、学友もなく、良書も少ない環境で、徂徠は一人で『大学』などを繰り返し読んだ。父の罪が許されて江戸に戻ったのは、二十五歳の元禄三年(一八九〇)、早速、芝増上寺の近くに塾を開き講義を始めたが、生活は貧しかった。

四十歳ころに朱子学から古文辞学へ転向する「天の寵霊(恵みごという体験を持った。それは、明代十六世紀後半の古典文学者、李攀竜と王世貞の書物との遅遁で、古文辞を知ったのである。古文辞とは、中国の前漢以前の古代言語で、「六経」(易・書・詩。礼・楽・春秋の六つの経書)の文章をいう。美しく豊かで簡潔であったが、難解でもある。
「六経」には、「先王の道」が記されている。「先王の道は天下を安んずるの道」である。中国古代の尭・舜・文王・武王・周公、孔子などの聖人が確立した天下を安泰にする道である。具体的には、「礼楽刑政」(礼節上国楽・刑罰。政令)を指す。
これを学び知ることが、学問であり人間の生き方の根本であると知った。そこには、朱子学の内面的な型どおりの心の議論や高大な理屈はみられないとして、これより朱子学への批判がはじまる。

__________
天下を安んずるの道

孔子の道は先王の道也。先王の道は天下を安んずるの道也。(略)道なる者は統名なり。礼楽刑政凡(およ)そ先王の建つる所の者を挙げて、合せてこれに命(なづ)くるなり。礼楽刑政を離れて別にいはゆる道なる者あるに非ぎるなり。賢者はその大なる者を識り、不賢者はその小なる者を識る。

【訳】孔子の道は尭・舜などの先王が作った道であり、天下を安泰にする道である。(略) 道とはすべてのものを合わせた総称である。礼節や音楽や刑罰や政令など、先王が作り出した全てのものを合わせて名づけたものである。礼や音楽や刑罰や政治などを離れて、別に道というものがあるのではない。賢者は大きな道を知り、賢者でないものは小さな道しか知ることができない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1. 國武忠彦『語り継ごう 日本の思想』、明成社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。