国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2808 1分で読む日本の思想(16)  戦国武将たちの歌 〜 動乱の日々に歌を詠んだ武将たち

2019/09/20

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

1分で読む日本の思想(16)  戦国武将たちの歌 〜 動乱の日々に歌を詠んだ武将たち

■■ 転送歓迎 ■■ No.2908 ■■ R01.09.20 ■■ 7,741部■■


川中島で武田信玄と五度にわたって戦った上杉謙信もまた、和歌にも長じ独特の詩人的直感で戦陣での体験をすぐれた歌に詠んでいる。

加賀(石川県)の湊川(手取川)で織田軍を撃破して越前(福丼県)に入り野営した翌朝、初雪に見舞われた時の歌は雪の清浄無垢な美しさを伝えている。

 豊臣秀吉: 淀君との間に生まれ三歳で夭折した愛児・鶴松を夢にみて偲んでいる歌には切ないまでの親心が感じられ、世継ぎを亡くして落胆するさまが迫ってくる。

__________
野伏する鎧の袖も楯の端もみなしろたへのけさの初雪 上杉謙信
【訳】野宿している武士たちの鎧や武具も全て真っ白にしたことだ、今朝の初雪は

なき人の形見の涙残しおきてゆくへも知らず消えはつるかな 豊臣秀吉
【訳】夢の中に出てきた亡き愛児鶴松が涙だけを残して行方も知られずに消えてしまったことよ。

1. 國武忠彦『語り継ごう 日本の思想』、明成社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。