国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2802 1分で読む日本の思想(14) 太平記 ― 南北朝の動乱を描く軍記物語

2019/09/06

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

   1分で読む日本の思想(14) 太平記 ― 南北朝の動乱を描く軍記物語

■■ 転送歓迎 ■■ No.2902 ■■ R01.09.06 ■■ 7,761部■■


 正成は後醍醐天皇の挙兵以来一族をあげて忠誠を尽くし、進退変わる所がなかった。智略を尽くして敵の大軍を翻弄する籠城戦、潔く死に就く場面の描写は『太平記』中の圧巻と言える。
正成の死に関して『太平記』は、尊氏の反乱後、天皇の恩を忘れて尊氏に組して、道に背く者が多い中で、「智仁勇の三徳を兼て、死を善道に守るは(人として正しい道を行って死んだのは)、古へより今に至る迄、正成程の者は未無りつる」と評し、
また尊氏側近の武将の著作とされる『梅松論』も「実に遠慮(思慮深しの勇士とぞ覚えし。(略)まことに賢才武略の勇士とも、かやうの者をや申すべきとて、敵も御方も惜しまぬ人ぞ無かりける」と賞賛している。敵味方の区別を超えて正成を称え、その死を惜しんでいることが分かるのである。

__________
聖運遂に開かるべし

【訳】天下統一の成功は、武略と智謀の二点にかかっております。もし数の勝負で戦いましたら(略)勝利は困難です。しかし計略を用いて戦いましたら(略)敵は怖れるに足りません。
戦さの常でございますから、一時の勝敗だけを御覧になられませんように。正成一人まだ生きているとお聞きになられましたら、天皇のご運は最後には必ず開かれるとお考え下さい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1. 國武忠彦『語り継ごう 日本の思想』、明成社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。