国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2899 1分で読む日本の思想(13) 北畠親房 〜 大日本は神国なり

2019/08/30

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

  1分で読む日本の思想(13) 北畠親房 〜 大日本は神国なり


■■ 転送歓迎 ■■ No.2899 ■■ R01.08.30 ■■ 7,761部■■


 北畠親房(1293〜1354)は、南北朝時代初期における南朝方の中心人物の一人。

儒教・仏教をはじめ、歴史・和歌などに精通していた親房は、『神皇正統記』の冒頭で「大日本は神国である」と書き始め、日本の国の成り立ちを説明し、歴代天皇は天照大神の子孫で、その皇統として位が譲られていくと述べている。

天皇即位の際に継承する三種の神器をあげ、「鏡」は明徳・正直・無私を、「勾玉」は慈悲・純愛を、「剣」は正邪を判断する知力を示すと説明。以上の三条件が具わってこそ、君徳ある日本の天皇であるとし、特に鏡については「心の鏡」、つまり「心性」を磨くことの必要を繰返し述べている。

__________
鏡は一物をたくはへず

鏡は一物をたくはへず。私の心なくして、万象をてらすに是非善悪のすがたあらはれずと云ことなし。其すがたにしたがひて感応するを徳とす。これ正直の本源なり。玉は柔和善順を徳とす。慈悲の本源也。剣は剛利決断を徳とす。智恵の本源也。此三徳を嘉受(あはせうけ)ずしては、天下のをさまらんことまことにかたかるべし。(略)鏡は明をかたちとせり。心性あきらかなれば、慈悲決断は其の中にあり。

【訳】鏡は一物も蓄えず平らかで、私心を去ってあらゆる事物を照らし、善いことも悪いこともすべてが現れ見えてくる。そうした姿そのままに感じることを徳とする。これは正直の本源である。玉は柔和で温順であることを徳とする。これは慈悲の本源である。剣は剛く鋭利で、決断することを徳とする。これは知恵の本源である。この三徳をあわせて受け持ってなければ天下を治めることはまことに難しいにちがいない。(略)鏡は何でも写し出す。従って清浄な心があれば慈悲も決断する力もその中に生まれる。

1. 國武忠彦『語り継ごう 日本の思想』、明成社、H27
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。