国際情勢

JOG Wing 国際派日本人のための情報ファイル

政治・経済・外交・社会・文化などの分野において「元気な日本」を作るためのオピニオン誌です。

全て表示する >

Wing-Mel No.2891 1分で読む日本の名歌(11) 第21代・雄略天皇 〜 籠(こ)もよ み籠持ち

2019/08/12

■■■ JOG Wing ■■■  国際派日本人の情報ファイル  ■■■

   1分で読む日本の名歌(11) 第21代・雄略天皇 〜 籠(こ)もよ み籠持ち

■■ 転送歓迎 ■■ No.2891 ■■ R01.08.12 ■■ 7,761部■■

籠(こ)もよ み籠持ち 掘櫛(ふぐし)もよ み掘櫛持ち この丘に菜(な)摘(つ)ます兒(こ) 家聞かな 名(な)告(の)らさね そらみつ 大和の国は おしなべてわれこそ居(を)れ しきなベてわれこそ座(いま)せ 我れこそは 告(の)らめ 家をも名をも

『万葉集』全二十巻の巻頭に置かれた歌。『万葉集』の第一頁はこの春光あふれる雄略天皇の御製から始まる。

 天皇は山の辺ぞ春の若菜を摘む名もない女性に親しく問いかける。「籠(かご)よ、立派な籠をもち、土を掘る掘串よ、その立派な掘串をもって、この丘で若菜を摘んでいる乙女よ、あなたの家はどこ、お名前は何、私はこの大和の国すべてを治めている天皇である。私の方からまず名告ろう、私の家も私の名前も」。

女の手にもつ籠を「み籠」、掘櫛を「み掘櫛」とそれぞれ語頭に「み」を添えて呼びかける親しみの表現、「菜摘ます子」の「す」という敬語に示された、あたたかな節度のある言葉づかい、そこから一転して自分は大和の国の天皇であるという堂々たる名告りに移り、「おしなべて」「しきなべて」とたたみこむような力強い言葉で、結婚をうながす激しい気迫。

 そこに示された「天皇」と「名もない民」とのふれあいに、この国独自の君臣の間の素朴な情愛が見事に表現されている。「おしなべて」「しきなべて」の「なべて」は靡びかせての意で、天皇の威光の盛んなことを示す。

[1] 小柳陽太郎『名歌でたどる日本の心―スサノオノミコトから昭和天皇まで』草思社、H17
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/479421426X/japanonthegl0-22/

----------------------------------------------------------
購読申込・購読解除・既刊閲覧・:
  まぐまぐ: http://www.mag2.com/m/0000013290.htm
  Melma!:  http://melma.com/backnumber_256/
Mail: ise.masaomi@gmail.com または本メールへの返信で
Japan on the Globe 国際派日本人養成講座
      http://blog.jog-net.jp/
相互広告: 弊誌読者の参考になるメルマガとの相互広告歓迎。
-----------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:1999-03-10  
最終発行日:  
発行周期:3回/週  
Score!: 89 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。